母なる自然からの贈り物。
おじいちゃんが教えてくれたのは、
あまくておいしいみかんの物語でした。

1年間大切に育てたみかんは、1キロで10円。
見た目が美しくなければ、捨てられる運命。
そんな悲しい物語をきっかけに、このプロジェクトを立ち上げました。

毎日を楽しく過ごしながら、好きなものを選んで、
「自分にとっていいこと」が「世界にとっていいこと」になったら
ちょっぴり幸せになれそうな気がしてきませんか?

私たちが提供する機会は、ほんの小さな一歩にすぎません。
でも、きっとそこに新しい発見や喜びがあります。

自分らしく正しい選択ができるように。
私たちはフルーツの救世主です。


熊本県玉名郡玉東町で、80年以上続くみかん農家である私(The Fruits Company 代表:大西裕輔)の祖父は、私が幼い頃から、甘くておいしいみかんについての様々なストーリーを共有してくれました

1年間大切に育てたみかん、そのみかんで作ったジュースが1kg、10円にしかならないというのは悲しいストーリーの1つです。さらに、どんなにおいしいみかんであっても、美しくないと人間に判断を下されたものは、店頭に並ぶことなく廃棄処分されています。この悲しい物語が私たちにとって大きなエネルギーとなりました。

「生産者も正当な対価を受け取れる仕組みを作って、この美味しさをより多くの人に手軽に届けたい」

その想いとともに仲間とブランドとして販売される予定のない規格外フルーツを正当な価格で仕入れ、100%ストレートジュースを自分たちで作ることにしました


私たちにしかできない伝え方を考えたとき、同世代の若い人たちを中心に、好きなもの(例えばそれが味だったり、デザインだったり、機能的な部分だったり)を購入していたら、知らず知らずのうちにフルーツや生産者にとっていいことをしていたという手助けをすることでした。

今世界で生産されている食料の1/3は廃棄され、その中でもフルーツは廃棄率が高いと言われています。またフルーツや野菜を含めた日本のフードロス(本来食べられるのに廃棄される食品)は 約643万トン(※1)にものぼります。

資源や環境、生産者にいいことしようと思って製品を選ぶことって簡単そうで意外と難しいし、続かない。だからその製品を選ぶ理由は、デザインでも味でも機能的な部分でも、なんでもいいんです。単純にあなたが好きな物で。でもその先に少しでも資源や環境、生産者に優しさがある製品だったら?少しずつ自分の意識も、そして大袈裟かもしれませんが世界も変わっていくかもしれません。

そんな手助けをThe Fruits Company™はやっていきたいと考えています。

※1 参照:農林水産省・食品廃棄物等の利用状況等(平成28年度推計)


私たちのジュースは国産フルーツの100%ストレート果汁で作ったジュースです。フルーツ果汁以外何も入っていません。香料・人工甘味料は必要ない、フルーツの甘さだけで十分甘いジュースが出来上がります。

さらに全てのジュースは、規格外フルーツを使用しています。規格外フルーツとは、育て方も味も同じなのに規格外(曲っている、キズがついている、色が薄い、太さが足りないという)という理由で、定められた規格にあてはまらないフルーツのことです。

賞味期限は、未開封の場合2年開封後は1週間を目安にお召し上がりください。


このプロジェクトにおいて多くのご要望をいただいた250mlの飲み切りサイズをついにリリース。長野県産りんご(ふじ)の規格外品を使ったりんごジュース(250ml)をご用意。濃厚でありながら、すっきりとした味わいで、丸ごと果実をかじっているかのようなジュースに仕上がっています。

さらに今回、『日常使える和紙製品のブランドSIWA』とのコラボレーション商品としてスクエアバッグもご用意千年の歴史ある和紙の産地で1つ1つ丁寧に作られたスクエアバッグは、ジュースを入れてプレゼントとしてももちろん、普段使いもしていただける商品です。

そして非売品のThe Fruits Company™ Uniform HoodieCAMPFIRE限定で販売いたします。この機会によろしければ是非。

発送は2021年2月から順次予定しております。


ご支援いただいたお金は、新たな季節の規格外フルーツを救うストレートジュースの開発に当てさせていただきます。

また本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


左:德永龍平 / 右:大西裕輔

大西裕輔|Yusuke Onishi(Co-founder / Director)

1997年生まれ、熊本県熊本市出身。東洋大学卒。

2015年に大学入学のタイミングで上京。2016年4月に発生した熊本地震の際、団体を設立し、約500万円の寄付を達成。2018年にはアメリカへ留学。学業の傍、サンディエゴにあるセレクトショップGYM STANDARD(現:SWISH PROJECT)でスタイリストを担当。帰国後、BOOK AND BED TOKYOにて店舗ディレクターを経て、広報アシスタントを担当。大学在学中の2019年10月に映像に特化したトータルクリエーティブエージェンシーに入社し、2020年4月に退職し、その後独立。フリーランスで活動する傍ら、2020年5月にThe Fruits Company™を立ち上げる。


德永龍平|Ryohei Tokunaga(Co-founder / Contents Director)

1996年生まれ、熊本県熊本市出身。熊本県立大学卒。

高校からストリートダンスをスタートし、数々のイベントに出演。ダンスカルチャーを通じたコミュニティ生成のため、地元熊本でイベントのオーガナイズも務める。
大学ではアメリカ文学を専攻し、主に黒人文学を研究。ダンスや文学で得た知見を元に2017年にはカナダへ留学。2019年大学卒業後、ダンス等で表現を探求する中で、あらゆるものと世界中の人がコネクトすることで価値が生まれる瞬間を感じてみたい、その役割を担ってみたいと思いデジタル領域に興味を持ち、上京。制作・開発・広告運用まで一貫して行うクリエイティブテックエージェンシーに入社。2020年、デジタルマーケティングをサポートする傍ら、The Fruits Company™を立ち上げる。


  • 2021/02/13 21:27

    皆様へ今回は多大なるご支援をいただき誠にありがとうございました。2月11日にて本プロジェクト『【フルーツの救世主】規格外フルーツからできた100%ストレートジュース』が無事終了いたしましたのでご報告申し上げます。今は言葉にならない感謝の気持ちでいっぱいです。当初の予測を遥かに超えるご支援をいた...

  • 2021/01/23 11:22

    無事にプロジェクトがスタートしました。そしてたくさんのご支援いただきありがとうございます。おかげさまで開始1日目にも関わらず、目標金額の約60%を達成することができました。皆さんも今日から立派なフルーツの救世主の一員です。実は私たちプロダクトは違えど2回目のクラウドファンディングで、以前は別の...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください