新感覚!大迫力な臨場感のあるリアルサウンド体験を可能にする「ARES POWER 」

映画館の座席のような振動感とより臨場感のあるサウンドの体験を可能にする「ゲーミングチェア」が登場です。

音楽の低音に連動して振動するユニットを搭載し、より臨場感や迫力のあるサウンド体験を可能にする本製品を試してみませんか?

ARES POWERの「「ゲーミングチェア」は、搭載された低音シンクロバイブレータにより、臨場感のあるサウンド体験に必要な「振動」をリアルに味わうことができる製品になります。

一度このスピーカーを体感すると他のスピーカが物足りなくなる、そんな臨場感を体験しましょう!

今回のプロジェクト「PTU-04」は大振動スピーカー開発のスペシャリストAres Powerが生産する最上位に位置する3Dチェアーです。

 

PTU-04は接続機器の低音を迫力ある振動で表現する製品です。

座面と背面に強力な低音シンクロバイブレーターが設置してあり、低音を同時に連動させる為よりリアリティのある音が体験できます。

身近にあるデバイス(スマホ、PC、TVオーディオ、ゲーム機等)とBluetooth接続することで使用が可能になります。

また、オーディオジャックを使用していただくことでBluetoothが無くても機能を体感頂けます。

もちろん仕事用のチェアとしても最適な人間工学に基づいた疲れにくいデザインになっています。

低音連動振動以外にいくつかのパターンの振動のみの稼働も可能ですので疲れた際にご利用頂けます。

 

PTU-04は人間工学に基づいて設計されています。

スピーカーは背もたれに2個搭載されており、音が効果的に聞こえる位置にスピーカーが設置してある為心地よいサウンドを体験できます。

また、約90度~180度の背もたれ設定で使用シーンに合わせた使用方法が可能になっています。

PTU-04は勿論通常のチェアーとしても使用出来、長時間の使用にも適しています。

そして最大の特徴は、「あらゆる低音を衝撃レベルで体で感じる機能」を備えた次世代型の3Dチェアーである事です。

 

 

 

ARES POWER PTU-04の使い方

まずは椅子の高さ、ひじ掛けの高さと向き、リクライニング角度を自分好みに調整します。

ヘッドホンを使用する場合はイヤホンジャックにヘッドホンを差して設定します。

主電源をONにします。その後決定/電源ボタンを長押しします。

PTU-04には音楽とは別で「8種類の振動」を楽しめる機能が搭載されています。

振動選択でお好みの振動を選択し決定/電源ボタンで振動を選択できます。

その後

1→Bluetooth接続
2→デバイス機器(PCやスマホ)のボリューム最大化
3→本製品でボリューム、振動の調節

の順番で接続して行きます。実際のボリュームはPTU-04側で調整します。

(*2のデバイス側のボリュームを上げないと大きな振動は得られませんのでご注意ください)

 

様々なデバイスに接続し低音の衝撃体験を味わえます。

ARES POWERとの出会いは香港での展示会でした。

各ブースを観覧していく中、最初ARES POWERのブースはスルーしました。

理由は簡単です。一目見ただけでは「何をしているのか分からない」からです。

ただブースでイスを置いて、黒いベストを着た人が「これ凄いよ!」と言っているだけなので全く興味が沸きませんでした。

そして2.3周したころでしょうか。偶然立ち寄ったブースがARES POWERの隣のブースでした。

広い香港フェアーを歩き回った私は、足が疲れたので何も考えずに、近くにあった展示してあったARES POWERブースのイスに座りました。

その瞬間「?!!」と、一度飛び上がりました。

冗談ではなく、私のお尻と背中を誰かが殴ったかと思ったからです。

その様子を見ていたARES POWERスタッフは爆笑していましたが、落ち着いて近くのモニターを確認すると銃撃戦の映画が流れていました。

そうです、私はイスから銃弾を感じて飛びはねたのです。

そこからは完全にARES POWERに心を奪われた私は、真剣に話を聞きARES POWER製品について多くの情報を得ました。

その中でARES POWERスタッフは日本では販売していないと言っていました。

ー「ARES POWERは何故日本で売らないのか?」

をスタッフに聞いた所、売らないのではなく「売れない」との事でした。

先日、日本のギフトショーにも出展したらしいですがあまりご好評ではなかったそうです。

なぜなら、私も最初そうだったように、見ているだけでは何が凄いのか全く分からないからです。

このARES POWER製品は体験型商品の代表格と言って良い程「使ってみて分かる衝撃」なのです。

ARES POWERスタッフは、日本人はゲーム、映画、音楽の楽しみ方は、現状のレベルで満足している人が多く、より臨場感のある音を感じて楽しみたいという人が少ないと思っているようです。

そこで私は「そんな事はない!日本にもARES POWER製品を有効に活用して日常生活や趣味に刺激を求めている人がたくさんいる!私と手を組んでARES POWER製品を日本で広めよう!この衝撃を日本人に味わってもらおう!!」

と、熱い約束を交わしてこの度このプロジェクトを公開させて頂く事になりました。

✔ヘッドホンやイヤホンはもう飽きた

✔迫力ある映画やテレビにもう少しリアリティーを足したい

✔映画の振動を体験してみたい

✔シューティング、カーレース等の振動をリアルに感じながらゲームしたい

✔ゲームの銃撃戦にリアリティを足したい

✔電車や車の移動時間中にもっと刺激が欲しい

✔低音を体感しながら音楽が聴きたい

✔臨場感あふれるスポーツ観戦をしたい

✔人に自慢出来る物が欲しい

✔友達等のプレゼントが決まらない

✔音の世界に入ってみたい

✔お子さん等にリアルサウンドを体験させたい

✔車の中で音楽や、映画を見る時の臨場感UPさせたい

✔完全に集中して一人でゲームや映画、音楽鑑賞に浸りたい

✔リビングで迫力のある映画、TVを見たい

✔眠くなるオフィス等のイスに設定して眠気覚ましに

製品名 :Seat Audio Vibration Cushion

製品NO :PTU-04

サイズ :縦約135㎝~145㎝ 横約75㎝

重さ  :約23.7㎏

箱サイズ:84㎝×64.5㎝×32.5㎝

素材  :PU(ポリウレタン)、ファブリック、アルミ合金

電力  :DC12V、2.5A、30W

接続方法:Bluetooth、オーディオジャック

電池  :リチウムイオンバッテリー

充電時間:約3時間

使用時間:約6時間

振動器具:背もたれ部+座面部

音響  :3オーム、5Wスピーカー×2

※PUとは、「Polyurethane (ポリウレタン)」の略です。

柔らかくしなやかで、肌の様な風合いがあり、より本革(天然皮革)に近い質感があります。疑似本革としては、最高級にあたります。

弾力性、柔軟性が高く、やわらかいカーブがポイントのソファ等に適しています。

PVCレザーに比べると通気性があり、撥水性も高いのでメンテナンスが非常に簡単です。(PUレザーのお手入れの基本は乾拭きです。)

この強力な振動ユニットが座面と背面にセットされています。

 

 

 

・完成したPTU-04本体

・専用充電器

・日本語説明書

・組み立て説明書

・組み立て工具

*生産の途中で付属品が変更される場合がございます予めご了承ください

Q・送料はいくらですか?

A・送料はリターン代金に含まれております。

Q・配送はどこでも可能ですか?

A・はい。沖縄離島以外でしたら配送可能です。

Q:保証は付いていますか?

A:はい。本体(内部機械)保証は1年間とさせて頂きます。

その他メッシュ素材や、外側のPU素材については保証はございません。ご了承くださいませ。

Q:充電式ですか?

A:はい。リチウムイオン電池内蔵で3時間の充電で約6時間ご使用いただけます

Q:使用する事に年齢制限はありますか?

A:6歳以上を対象とさせていただきます。

Q:説明書はついていますか?

A :はい。日本語の説明書が付属します。

 

私たちは「世界中の素晴らしい製品を通じて笑顔をお届けする」ことをミッションとする会社です。

これからもお客様が笑顔になれるような製品をご紹介して参ります。

今後ともご支援よろしくお願い致します。

株式会社ベルクレール

アレスパワーは2018年に設立されました。

今迄培ってきた知識を全て注いで音を体感出来る製品調査に乗りだしました。

私たちは、仮想体験の研究と人間の感覚増強装置の開発に専念しています。

様々なシーンの現場で研究し、シートクッション、背もたれ、休憩用シート、電気シート、を

異なる年齢層、業種の人に対して試験を繰り返してきました。

モバイルインターネットによってもたらされる高速で便利な機能は、

ますます多くの人々の生活に便利さを与え、生活を豊かに変えています。

携帯電話は、もはや仮想空間と現実を行き来する端末として使用されています。

私たちは仮想体験製品に関する専門家でありスペシャリストです。

6件の発明特許を含む18件の認可および最新特許を取っています。

弊社の研究の方向性は、人体の聴覚と視覚の外部認識に基づいて感覚を高め、

人々が仮想環境により入り込みリアルに体験できるようにすることです。

この技術を使い身近な家庭、職場、オンライン、スマホ、電子競技などの

様々なシーンで仮想空間を味わえるよう、弊社は仮想現実のゲーミングチェアーを開発しました。

全社員の想いのこもった製品です。是非、弊社の自信作のスピーカーを体感してみて下さい。

 

世界にはまだまだ世の中に知られていない製品がたくさんあります。

理由は様々ですが技術や製品自体は素晴らしくても宣伝方法を知らない、情報を発信出来る場所まで行けない、

他の国での販売方法を知らない等、個人的な感想ですがARES POWERは担当者が強くアピールしてきません。

ヤル気は凄く感じていましたが現地で話していても、

「製品の説明をしっかり行って体験している姿を見て満足気に微笑んでいる」

という感じでした。恐らくブースに訪れた人全員に同じような対応をしていたのだと思います。

「これではせっかく素晴らしいARES POWERの製品が埋もれてしまう」という思いもあり

今回、ARES POWER製品の日本上陸を試みました。

ARES POWERの担当者も話していましたが、恐らく私と同様ここでどんなに文字を書いても伝わりにくいです。

是非一度体験してください。

「低音の衝撃体験」楽しんで驚いて感動してください。

クラウドファンディングのプロジェクトにつきましては、あらかじめ以下の点をご了承ください。

【商品について】
写真は試作品サンプルのものを使用しております。開発中の製品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。もし変更になる場合は、必ず事前にお知らせいたします。

【価格について】
ご支援人数が予測を上回ったり、為替レートが大きく変動した場合、正規販売価格が予定販売価格を下回る可能性がございます。

【納品について】
ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。生産過程において、想定外の状況が発生した場合、納品が延期される可能性がございます。もしこのような状況が発生した場合は早急にお知らせし、進捗状況を明確にご理解いただけるようにいたします。

【返品・交換について】
使用感は個人によって異なります。そのため、使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。
ご了承くださいませ。

【海外の販売について】
並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。

・配送や仕様など変更点が生じた場合には、「活動レポート」から速やかにご案内させていただきます。
・クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

※沖縄県・離島にはお届け出来ませんので予めご了承頂けます様お願い致します。

■特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名: 株式会社ベルクレール
◯ 事業者の所在地:〒105-0022 東京都港区海岸1-2-3-21F
◯ 事業者の連絡先:Tel: 03-5403-6361 メール:tokushou@belleclair.co.jp
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。
◯ リターン価格:各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※ リターン価格とは別にCAMPFIRE のシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はCAMPFIRE が受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください