▼はじめにご挨拶

はじめまして!

合同会社FIKAの福山です。

これまでUNPLANという外国人旅行者向けホステルを運営してます。

UNPLN Kagurazaka

この度初めてクラウドファンディングを利用します。

▼エピソード


この話を頂いたのは約4ヶ月前。

「銀座のほぼ中心に位置する商業施設の広大な屋上が期間限定で自由に使える」

ということで心躍りました。

<話をもらったときの写真>

 


それには訳があります。

ここは今年の初めまである企業が11F、12Fと屋上をテナントとして使用してました。

ところがその企業が急遽退去することになり、突然テナントが空きました。

ある事情でその場所は居抜きのまま残されてます。

あまりに急なことだったので、次のテナントが決まって入居するのは随分先になります。

それまで何もせずに置いておくのはもったない、商業施設を盛り上げるためにも屋上を何かに使って欲しい、ということで私に話が来たのでした。

 

立地は最高、スペースも450㎡と巨大です。こんなところをBBQ場にできたらどんなに楽しいでしょう。

色んな人が集まって、銀座の屋上で肉を焼けば、盛り上がらない訳がありません。様々な出会いがあって、きっと楽しい夏の想い出になるでしょう。

想像しただけでも楽しくないですか?

 


早速バーベキュー場を運営してくれる会社と話を詰め、ビルオーナーに企画書を提出しあとはGOがかかるのを待っていました。

 

しかし相見積りをとる、まだテナントを利用できる状態になっていない、など様々な事情でその話はストップしました。

自分たちでは如何ともし難く、準備をしながらも再びGOがかかる日をまち続けました。

そのうちにバーベキュー場運営会社には投資回収が難しいということで撤退されてしまいます。

もうこの話はなかったことになるのかな。。。

そう諦めかけた矢先、ビルオーナーから「御社にお願いしたい」と連絡が来たのです。

ところが既に7月に入り、バーベキューのハイシーズンは過ぎようとしてました。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由


私はこれまで様々な「人が集まる場所」を企画してきました。

面白い人が集まれば様々な化学反応がおきます。そこで新たな友達ができたり、恋人ができたり、ビジネスパートナーが見つかったり。

外国人旅行者向けホステル、UNPLANを始めたのも、外国人旅行者に楽しい経験をして欲しい、偶然の出会いを提供したいという想いからです。

この場所を内見した時、絶対楽しい場所になる、と確信しました。

一方でこの段階で事業を始めるのはリスクがあります。

投資回収に与えられた時間はわずか3ヶ月です。

もし準備をしていた自分たちが手を挙げなかったら、そのまま使われることは無いでしょう。

それを考えると自分たちがやらない理由はなかったのです。

 

▼これまでの活動

 

とはいえ、屋上バーベキューはやったことがありません。

ノウハウも無いので、保健所、消防署を回って許可を取るところからはじめました。

屋上を掃除して使える残置の家具を整理し、屋上のデコレーションを設計、

必要家具の購入から採用まで急ピッチで進めました。

お金をセーブするため、クロスの制作、プラントの設置など全て手弁当です。そんな中、バーベキュースペースをデザインしてくれる人、音響をセッティングしてくれる人、照明の設置を手伝ってくれる人。自然にいろんな人が協力してくれるようになりました。

<落ち葉を清掃するスタッフ>

 

▼プロジェクトの概要

 

そして、完成したのがこれです!

 

どうでしょう?ここでBBQしてみたくなりませんか?

人が集まることは大歓迎です!BBQ以外でも使用可能なので、音楽イベント、企業内イベント、PRイベントなど思い思いの形でこのスペースを活用して下さい!

ただ、利用可能な期間はわずか3ヶ月です。めったにない機会なので沢山の人に使ってもらい、沢山の出会いを作って欲しいです。

是非一緒にこの場所を盛り上げてください!

 

みんなで言っちゃいましょう!

「ギンザでBBQするんだけど、よかったら来ない?」

 

 

▼資金の使い道

初期投資はいろいろと手弁当でやったものの、バーベキューグリルやプロパンガス設備や家具の購入、電気やグリーンなどのデコレーション、その他で約200万円がかかっています。

その一部にあてたいと思います。

▼リターンについて

主にはバーベキュー場として利用していただいた時に

使えるリターンにしたいと思います。

ただ、何よりも大きな目玉は貸し切りでです。

▼最後に

今回このプロジェクトを進行するにあたりいろいろと手伝ってくれた方がいました。

全ての方を紹介はできないのですが、特にデザインでイメージパースを作ってくれたり、秋葉原や日暮里への買い出しについて行ってくれたトルコ人建築士のIlginと電飾をDIYで作ってくれたり、音響機器を貸してくれたDJのYu Odorahさんにはこの場を借りてお礼を申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください