はじめに

結舎(むすびや)従業員一同、新型コロナウイルスに罹患された方々の、一日も早い回復をお祈り申し上げると共に、世界各国における新型コロナウイルスの流行が、少しでも早く収まり普段の生活に戻れるようにお祈りしております。 


ご挨拶

はじめまして。結舎(むすびや)の杉です。
私たちは福井県の池田町でホーリーバジルを育て、ホーリーバジルを使ったお茶やハーブ水などを作り、全国各地のお客様へお届けしています。池田町の大自然に囲まれ育ったホーリーバジルティーは味や香りがとても良く、おかげさまで多くの方に親しまれております。

ホーリーバジルとは?

インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、5000年もの昔から心・身体・魂のバランスを保つ事が健康であると考えられています。
ホーリーバジルは最もその力があるハーブのひとつとして、サンスクリット語で「比類なきもの」を意味する「トゥルシー」と呼ばれ、親しまれ、大切にされ今日まで伝承されてきました。
世界の植物の中で最もよくオゾンを発生させ、空気浄化作用があり、比類なきエネルギーを持つ植物と言われています。
ホーリーバジルに含まれる多くの成分のひとつである、ポリフェノール(ロズマリン酸)は、免疫促進や抗ストレス作用があると言われています。
ホーリーバジルティーはカフェインが含まれておりませんので副作用がなく、お子様からご年配の方も安心してお飲み頂くことが出来ます。
※妊娠中の方は過剰な摂取はお控え下さい。


ホーリーバジルとの出会い

13年前、千葉県の福祉施設で自然栽培の野菜作りをしていた頃、研修先の方からホーリーバジルのお茶を頂いた時、何か心に残るものがありました。
その後すぐに、栽培をしている方を訪ねて話を伺うと、ホーリーバジルの豊かな香りは精神を安定させ、中に含まれるポリフェノールなどの成分が自然治癒力を高め、生活習慣病の予防・改善に繋がるという、多くの資料や文献を見せて頂きその魅力を知って感動しました。
その時に分けて頂いた10粒の種を大切に育て、繋いで、今年は20000本を栽培します。


池田町の栽培環境と畑の様子


池田町の雪景色

池田町は、福井県の中でも豪雪地帯と言われています。今年の積雪は、1m60cmくらいでした。
この一面の雪に包まれた環境が、土作りや食物の栽培にとても良い効果を与えてくれます。


春の景色

春になると雪はゆっくり溶けて、じわじわと土にしみ込み、作物を力強く育て味を良くしてくれます。
山の雪は豊かな川の流れになります。池田町の春の訪れは遅く短いので、水仙や梅、桜が一斉に咲きます。

       

  竹炭作り

この頃に山で採れた竹や、ホーリーバジルの枝を乾燥させたものを炭にして畑に施します。

         

種まき

無農薬、無肥料の畑に種を蒔きます。これまではポットで苗を育成し畑に植え替えていました。
昨年試験的に、畑に直接種を蒔いて育ててみた結果、長雨の影響を受けずにこれまでよりも大きく育ちました。
不耕作地をお借りして6年間、微生物の力を生かし土を育て、畑を作ってきた結果だと思っています。


 ホーリーバジルの畑

7月に入ると盆地の為、気温が一気に上がり、30度超えの日々が続きます。この気温の上昇が、ホーリーバジルの成長にかかせません。この頃夜明けの畑は一面、山からの朝もやで覆われます。この朝もやの水分が、ホーリーバジルをしっかり潤してくれます。畑の草も土の乾燥を防ぎ、ホーリーバジルの成長にとって大きな役割を担ってくれます。

   

みつばちプロジェクト

ピンクの可愛い小さな花が咲き始めると、福井県の養蜂家にみつばちの巣箱を置いてもらいます。
この頃、結舎の畑の周りには他の花が少なく、ほとんどホーリーバジルの蜜で作られたハチミツが取れます。
ホーリーバジルの花の蜜を吸ったり花粉を食べているみつばちは、他の花のを食べているみつばちより、元気の良さが違うとの事で、養蜂家の方も非常に驚かれています。

 収穫の様子

7月の末からホーリーバジルの収穫が始まります。
収穫の時には一本一本手で丁寧に刈り取り、池田町のきれいな水で洗った後、すぐに乾燥させます。         

      

結舎の収穫祭 

2019年に開催した収穫祭の様子です。
ご来場の皆様には、ホーリーバジルの花でサシェ(匂袋)を作って頂き、ホーリーバジルのお茶とホーリーバジルパウダーを入れて作ったお菓子を頂き、お土産に1株収穫してお持ち帰りをしていただくというコースでした。3日間で150人以上のお客様が池田町へ足を運んで下さり、畑中がたくさんの笑顔に包まれました。
2020年に「じゃらん」さんと提携して予定をしていたイベントは、新型コロナウイルスの影響で全て中止になりました。新型コロナウイルスが落ち着いた頃に、種まきや花摘み、収穫等のイベントを皆様と一緒に出来たらいいなと思っています。


 メディア取材

2020年はいろんなメディアから取材を受けました。

9月4日福井テレビ「おかえりなさ~い」の番組の中で20分程放送されました。放送後、多くの方が畑を見に来られ、しばらくの間ゆっくり過ごされていました。皆さん笑顔になられ、中にはこの畑の中に住みたいと言われた方もおられました(笑)

11月1日には、「ハーブ作りに全力を注ぐ夫婦が送り出す、池田町の豊かな自然に育まれた、ホーリーバジル」のタイトルで、月間誌「センチュリー」に取り上げていただきました。

2021年1月15日には、全国農業新聞に「耕作放棄地再生、ホーリーバジル栽培」と言うタイトルで、地域での取り組みとして掲載されました。

この3つのメディアの取材を受けながら、先人達により守り継がれている、池田町の素晴らしい自然の中で仕事が出来ることに感謝しています。

          

結舎の商品 

                ホーリーバジルティー 

乾燥させた花と葉は、有機JAS認証取得の製茶工場で衛生的にパック詰めをします。
ティーバッグも生体分解出来る素材を使い、味や香りはもちろん、形も茶葉の成分が全体に広がりやすくなるように三角テトラにしています。

           

               

ホーリーバジルパウダー

若葉のみを使ったパウダーです。お湯に溶かしてお茶のように飲んだりするのはもちろん、サラダやスイーツ、お肉料理などに一振り加えるなど、使い方次第でどんなアレンジもできるスティックタイプです。結舎のInstagramでもいくつか紹介していますので、ぜひご覧ください!


結舎が、今後取り組もうとしていること

ホーリーバジルの文献では、花・種・葉・茎・根の五つの部分全てに、薬効があると言われています。それぞれの特性を生かした、精油・種油・虫よけ・芳香剤・入浴剤・等の様々な商品の開発を始めました。
その一つが、今回リターンの商品にサンプルとしてお届けするホーリーバジルウォーター(生体水)です。抽出に熱や水を加えていない、ホーリーバジル100%で出来ている非常に貴重な生体水です。優しく心休まる癒しの香りをお届けしたいと思い開発し、このプロジェクトを通じ商品化していきます。
また、これまでに開発したカメムシ・ムカデの忌避剤は、2年間の実験で良い結果が出ています。
まだ市場に出ていない、美味しいホーリーバジルのはちみつも、早く皆様にお届けしたい商品の一つです。
将来2025年迄に、ここ池田町で5万本のホーリーバジルの観光農園を開業する予定です。
日本一のホーリーバジルの畑の中で、心も身体も癒されて頂きたいと思っています。


資金の使い道

集まった支援金は結舎の商品をご愛飲・ご愛用頂いている方達への安定した商品供給の実現と、ホーリーバジルを使った商品開発の、多くのご要望に応える為、特殊乾燥機の購入と設置場所のリフォームに使わせて頂きます。


リターンのご紹介

ホーリーバジルティー(2g×30包)
ホーリーバジルパウダー(1g×30本)
ホーリーバジルウォーター(生体水)(100cc)

※ウォーター(生体水)は今後発売予定の商品です。
水を全く使わず、ホーリーバジル100%で作るもので、今後は化粧品などに利用できるように開発している段階もので、今回はそのサンプル品となります。サンプル品は香りを楽しむものとしてお使い下さい。
お部屋や玄関、トイレなどお好きな場所にスプレーして頂けると、心地良い香りを楽しむ事ができます。
ホーリーバジルウォーターはノンアルコールです。


最後に

このプロジェクトにより、多くの皆様にホーリーバジルの素晴らしさを知って頂き、健康で幸せな日々を過ごして頂けますようにとの思いを込めて、今後も商品を製作していきます。
新型コロナウイルスも落ち着き、ホーリーバジルの花が満開の時期には、ぜひ池田町に来て頂けると幸いです。


会社の紹介

合同会社 結舎(むすびや)
〒910-2505 福井県今立郡池田町水海54-3-1
※ホームページも公開していますのでぜひご覧下さい。


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンを皆様にお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください