【2/16 追記】

皆様のご支援のおかげで1000%を達成することができました!本当にありがとうございます!
NEXTゴールを200万円に設定し、残りの期間頑張って参ります。

先日の地震はびっくりしました。久々の大きな揺れに驚き、皆様から心配と安否のご連絡をたくさん頂きました。ご心配本当にありがとうございます。

あの日の記憶が蘇りました。幸い津波の心配もなく、棚から物が少し落ちる程度でした。こんな状況にも関わらず皆様からは日々ご支援、ご協力頂きまして誠にありがとうございます!

東日本大震災から10年、記憶から薄れかけてきた頃の大きな揺れで、あの日の出来事を忘れないでほしいと改めて思います!

小規模ですが余震が続いていますが、しっかりとした防災対策をし引き続きではありますが、皆様からのご支援ご協力をお願いしたいと思っております。
まだまだお得なリターンご用意ございますので、この機会に石巻の牡蠣をご賞味ください。

はじめに

数あるプロジェクトの中からご覧頂き、誠にありがとうございます。
宮城県石巻市小網倉で牡蠣(カキ)販売をしております、カスタムクリエイト代表の佐藤と申します。

今年、東日本大震災から10年目という節目の年に、極上の牡蠣のファンディングを通して皆様に恩返しがしたく、プロジェクトを立上げさせて頂きました。

昨年10月、スペインの医療研究チームが「亜鉛」の不足が新型コロナで死亡するリスクを高める、との研究結果を発表しました。

「亜鉛は細胞の修復に重要な物質であり、亜鉛が不足すると壊れた細胞がなかなか治らず、重症化したり死亡リスクが上がる可能性がある」との権威の方のご意見もあるとのことでした。

亜鉛を多く含む食材の代表格である牡蠣を通して、コロナ禍の日本中の皆様の健康のお助けをしたい、と心から思っております。
「普段は牡蠣なんて食べない...」という方も、この機会にぜひ小網倉の極上牡蠣をご賞味ください!
※ご興味ある方は「亜鉛不足 コロナ」等のワードで検索頂けますと、関連記事がご覧になれます。関連論文(英文)をお読みになられたい方は下記のリンクをコピーしてご覧になってください。
https://www.maturitas.org/article/S0378-5122(20)30346-7/fulltext

牡蠣には亜鉛以外にも、肝機能を強化するグリコーゲンやタウリン、ビタミンB群 等が含まれております。吸収率の良いヘム鉄も含まれているので、貧血対策にもオススメです。

通常よりもかなりお安く(MAX45%オフのリターンをご用意しております)、被災地である石巻市小網倉の牡蠣をお求め頂けますので、コロナ対策の一助としても、この機会にぜひお手に取って頂き、ご家庭で『極上のおうち時間』を過ごして頂ければと存じます。
(現在、一般販売をストップしておりますので、「ここキャンプファイヤーでしか手に入らない」特別価格のリターンがほとんど、となっております)
リターンの中には被災地にお越し頂き、実際に牡蠣を目の前で水揚げし、その場で食して頂く体験型のリターンもご用意しておりますので、ぜひ石巻にお越し頂き、「被災地の今」をその目でご覧になって頂ければ幸いです。

10年前の3.11 東日本大震災の経験

2011年3月11日、東日本大震災により、我々の住む石巻市は甚大な被害を受けました。
震災で直接亡くなった方が約3000人、関連での死亡者が300人くらい、行方不明の方が400人程度と記憶しております。

私自身は地震のタイミングに仕事で仙台まで出ておりました。震災直後、まったく情報の無い中、家族を心配しながら石巻に7時間かけて戻りました。


「女川町が壊滅状態」

「閖上海岸に数百名の死体が打ち上げられている」

というラジオからの情報がくっきりと記憶に残っています。

夜11時頃、やっと石巻市につきました。
私の会社は石巻の中心に位置し、浸水によりたどり着くことはできませんでした。
電話も繋がらず、家族の安否も分からないまま、妻の勤める石巻赤十字病院に向かいました。
余談になりますが、当病院は前年に移転をしておりまして、もとの場所にあったら壊滅状態だっただろうとのことです。

病院につくと、そこには妻の姿があり、私は妻と一緒に泣き崩れ、そのまま病院で朝を迎えました。

翌日、自宅に帰ろうと行けるところまで車で向かい、知り合いの高校からボート部のボートとオールを借り、ボートで自宅を目指しました。

私の当時の自宅は2階建てで、1階の上まで水に浸かっており、2階から家に入りました。

そこには奇跡的に逃げ延びた両親がいました。

両親曰く、自宅から見た夜空が真っ赤に染まっていたとのことで、それは南浜町の火事でした。
南浜町一帯は戦争ドラマで見た「戦争の焼け野原」そのものでした。

まっくろこげになった死体がそこら中にあり、自身の身内を見つけた方が車の中で焼死体を見て泣き崩れているシーンが脳裏にこびりついています。

それから5日間、まったく水がひかず、ボートで周りの方にご飯を配り、妊婦さんやサポートの必要な方をボートと車で赤十字病院に送って...というのを必死になって5日間行いました。

病院は更に悲惨で、病院の外でブルーシートの上にたくさんの人が横たわっており、赤とか青のテープで「この方は亡くなっている」「この方はまだ息がある」という選別を行っているのを目の当たりにしました。

ドラマや映画以上のことが目の前で、石巻で起きていました。

皆様への感謝の思いを極上の牡蠣に乗せて...

甚大な被害を被った我々が住む石巻市、まだまだ手が回っていない部分、土地も多々ありますが、この10年でかなり復興したと感じています。

それも、周りの皆さんのご協力、ご支援あってのことだと現地に住む者として痛感しております。
震災直後、たくさんの県外の方が助けて下さいました。

・毎週のように大型バスで復興のお手伝いにたくさんの方がいらっしゃってくれたり
・企業の方が浜のほうにいらして下さり、お手伝いをして下さったり
・わざわざ高校の修学旅行を石巻に設定して下さり、ボランティアを学生さんがして下さったり
・たくさんの支援物資を全国から頂戴したり...

と挙げるときりがないくらいのご協力を頂戴しました。
この場を借りて、皆様に御礼を申し上げたいと思います。

現在、新型コロナウィルス感染症の影響で、日本中がとてもしんどい状況にあり、皆様大変な苦労で毎日過ごされていることと存じます。

あの時頂戴したご恩を、今度は我々がお返しする番なのでは?と個人的に感じております。

我々ができること、それは

「自慢の極上の牡蠣をお手に取りやすい価格で日本中に届けること」です。

我々の自慢である小網倉の極上の牡蠣を日本中に届けることで少しでも恩返しが出来ればと考え当プロジェクト立上げに至りました。

また、このプロジェクトを立ち上げた理由の一つとして

「3.11の東日本大震災で起きた出来事を風化させたくない!」

という思いもありました。
今一度、皆様一人ひとりが震災について考えて頂く機会にして頂ければとても嬉しく思います。

小網倉の牡蠣へのこだわり

牡鹿半島の一部にあるリアス式の入り組んだ海外線を見渡すと、周囲を壮大な山々が取り囲んでいます。森林に降り注いだ雨水は長い年月をかけて地中深くに染み込み、入り組んだ海岸線へと流れてきます。そんな「森と海が共存する地形」が美味しく清潔な牡蠣を育てている大きな要因です。また、暖流と寒流がちょうどぶつかる部分で良質なプランクトンが大変豊富で、上質な牡蠣が育つ環境がベストな状態で整っております。

山々の森の力で浄化された良質な雨水、暖流と寒流がぶつかる奇跡的な上質な海水、とが混じり合った奇跡とも呼べる環境で育つ三陸牡蠣は、他の産地と比べ濃厚でクリーミーな味わいと言われています。

まさに小網倉の牡蠣は「海と森がもたらしてくれた自然の奇跡の贈り物」と呼べるでしょう。
ぜひ、皆様のその舌で、小網倉の濃厚でクリーミーな牡蠣を堪能してください。

■小網倉牡蠣の特徴とご感想

・小ぶりな身に美味しさ凝縮!
皆さんがお店で食べている牡蠣は比較的大きめの肉厚タイプが主流です。
それに比べ、小網倉の牡蠣は比較的小さめなサイズで、欧米で好まれる生食タイプになります。
その小さな身に美味しさが凝縮されており、それが故に『濃厚でクリーミー』をダイレクトに感じることができます!生牡蠣でその濃厚さとクリーミーさを体感してみてください!

・料理のしやすさ抜群!
前述の通り、比較的サイズが小さめ、その分旨味が凝縮されており味は濃厚な牡蠣になりますので調理のしやすさ、具材としての使いやすさは抜群です!
特に、牡蠣のパスタには持ってこいで、手軽にご家庭で本格的な牡蠣パスタを味わうことができます。
一粒一粒が小ぶりで使いやすいのに、その一粒で濃厚な牡蠣の風味をご堪能頂けます。

・お客様からの反応を一部ご紹介!
このプロジェクトを立ち上げる直前に、先行でお試し頂いたお客様の感想を許可を頂き、掲載致します。

他の牡蠣と比べ、クセや臭みのなさ、それでいて深い味わいを満喫されたご感想を多く頂戴し致しました!
リピーター様が多いのも、小網倉牡蠣の特徴です。
今まで皆さんが食べられた牡蠣とぜひ比べて楽しんでみてください。

リターンのご紹介・スケジュール

今回皆様に小網倉の牡蠣を堪能して頂けるよう、たくさんのリターンをご用意しました。

①生牡蠣を堪能したい!方向け

食べやすい剥き身の牡蠣と、雰囲気の味わえる殻付きの牡蠣のリターンをご用意致しました。
MAX45%オフの大変お得なリターンとなっておりますので、ご自身の必要量に応じてご支援ください。
また、一部業者様向けの量が多めのリターンがございますが、一般の方でもご支援頂けます。牡蠣三昧を楽しんでみてください。
※全て数に限りがございます。人気のリターンはお早めにご支援ください。
※全てクール便にてお届け致します。

②生牡蠣とお酒を堪能したい!方向け

「極上の牡蠣に合う日本酒も欲しい!!!」というお声が事前に多かったため、今回地元宮城県の酒造様にお願いし、小網倉の牡蠣にベストマッチする日本酒と牡蠣のセット「晩酌堪能限定コース」をリターンに入れさせて頂きました。
セットでお届けさせて頂く日本酒は、宮城県の墨廼江酒造様『墨廼江(すみのえ) 特別純米酒』になります。穏やかな香りと米の旨味がバランス良く調和している日本酒で魚介類との相性はバツグンです。その中でも小網倉の牡蠣とは最高の相性となっております!

小網倉の極上の牡蠣と共に、極上の一杯を楽しんでみてはいかがでしょうか?

③プロの味付けの極上牡蠣を堪能したい!方向け
「生牡蠣もいいけど、手軽に使える牡蠣製品も欲しい!」というお声も事前に頂いたため、三養水産様のご協力のもと、「牡蠣のくんせいオイルづけ」をリターンに追加しました!宮城県産の牡蠣を丁寧に蒸し、下味を付け桜のチップでじっくり燻しております。オリーブオイルにはニンニクと香草で風味付けしてあり、牡蠣の美味しさを引き立てます。そのまま食べるのももちろん、お酒のお供にも...ありとあらゆる料理にもお使い頂けます。(残ったオイルは調味オイルとしてお使い頂けます。)
②の「晩酌堪能限定コース」との相性も抜群なので、合わせてのご支援で贅沢に「牡蠣三昧」をお楽しみ頂くのも一興かと思います。

④現地で牡蠣を食べたい! or 被災地の現状を知りたい 方向け

今回プロジェクトを立ち上げさせて頂いた理由の一つである「東日本大震災の被害の事実を風化させたくない」という思いで作らせて頂いたリターンです。
現地までお越し頂き、震災時〜現在までの石巻のお話をさせて頂きます。また、目の前で牡蠣の水揚げを体験して頂き、採れたての牡蠣を堪能頂けるリターンとなっております。
2021年3月13日(土)に開催予定で、集合場所は宮城県石巻市にあります、小網倉漁港とさせて頂きます。詳細は当リターンの説明文をご覧ください。皆様とお会いできるのを心待ちにしております。

⑤「俺の牡蠣」が食べたい! 方向け

牡蠣のオーナー制度とは采苗(さいびょう)1本約20キロ程度の管理〜水揚げ、牡蠣剥きまでを生産者に任せてオーナー様に届ける非常にお得な制度です。また、オーナー様の牡蠣の管理状況をテレビ電話でお伝えしたり、更にご要望に応じて現地にお越し頂き、水揚げや牡蠣剥きの体験の他、その場で食べたりすることもできます。
購入する牡蠣と違い、ご自身の愛着が込められた牡蠣を年間見守り、最後には食すことができる贅沢なコースとなっております。しかも、500gあたり1,250円という破格の設定になっておりますので、牡蠣好きな方にとってはたまらないリターンとなっております。
また、実際にオーナー様がご自身の牡蠣を食すことができるのは、牡蠣が育った約8ヶ月〜1年後となりますので、事前に殻剥き後の小網倉産生牡蠣を1kgお試しで1度送らせて頂きます。まずは1kgの牡蠣を堪能頂き、ご自身の牡蠣が届くのを楽しみにお待ちください。この機会に、ご自身の牡蠣のオーナーになってみてはいかがでしょうか?
詳細は当リターンの説明文をご覧ください。
※全てクール便にて3月中に、超早割→早割→通常のプランの順で順次お送り致します。

お知り合いの方への『贈り物』としてのご支援も可能です。(応援コース、被災地体験コース、オーナー制度コースは対象外となります。)
お申し込みされた方以外の宛先に送付される場合は、
「お届け先情報」に送付先(相手方)の情報を入れてください。
「備考欄」へご依頼主様(支援者様本人)の情報を下記テンプレートをコピーして入力してください。

名前:
フリガナ:
郵便番号:
住所・都道府県:
住所・都道府県以降:
電話番号:

※納品書等は同封致しません。クール便で発送する生鮮食品であり、また、送付の日時指定も承れませんので、お手数ではございますが送り先の方へ事前に3月頃、お届けする旨お伝え頂けます様お願い致します。

牡蠣の食べ方、調理方法について

剥き後の牡蠣に関しては、水洗いして頂き、醤油やポン酢でご賞味ください。
生食用ではありますが、牡蠣鍋、パスタ、牡蠣グラタン等のあらゆる料理にお使い頂けます。
ぜひ生食と合わせて、牡蠣料理もご家族で堪能されてください。

ちなみに、私佐藤のオススメの食べ方を一つご紹介します。
チーズを牡蠣に乗っけてオーブンで7~8分焼いて食べる、というとてもシンプルな食べ方です。

シンプルですが、とろとろのチーズと熱々の牡蠣が本当に美味しいのでぜひご家庭でお試しください!

資金の使い道

集まった資金に関しては下記の項目に主に使わせて頂きます。

・被災地での牡蠣体験コースの継続的な開催費用

・高機能冷凍庫の購入

・継続販売に向けてのwebでの仕組み構築

最後に

最後まで当プロジェクトの本文をお読み頂き、心から感謝申し上げます。このコロナ禍で皆さん苦労が耐えないこと、容易に想像ができます。しかし、このような社会情勢の時こそ、皆で力を合わせ、助け合いの意識が必要だと、我々は10年前の東日本大震災で学びました。大変皆様からパワーを頂戴しました。今度は我々が恩返しをする番です。上質な牡蠣を、ご家庭でも楽しめる価格帯で日本中にお届けすることが我々のミッションです。一人でも多くの方が、我々の牡蠣を手に取って頂き、そして「美味しい!!!」と笑顔になって頂ければ、我々にとってこれほど嬉しいことはございません。ぜひご賞味ください。

また、末筆になりますが、このプロジェクトに関わって下さった全ての方に、心から御礼申し上げます。
このプロジェクトを通して、更にたくさんの皆様とお近づきになり、我々が胸を張って自慢できる小網倉の牡蠣を通して、価値をご提供させて頂きたく思います。

最後に、私のプロフィールを紹介して筆を置かせて頂こうと思います。皆様、本当にありがとうございました。

実行者の紹介

■佐藤達也(サトウタツヤ) 合同会社カスタムクリエイト 代表社員
宮城県石巻市出身の42歳。普段は建設業と牡蠣販売業に従事し、夜はバスケットボールの外部指導をしています。週末は趣味の食べ歩き。石巻には美味しいものがたくさんあるのでついつい食べすぎてしまいます。その中でも、『特に美味しい』小網倉の牡蠣を皆様の元にお届けできるよう、尽力致します。

=====================

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※皆様のご支援により、資金が想像以上に集まった場合、一般販売の金額が上下する場合がございます。

取材、インタビュー等のお問い合わせは下記のメールアドレスまでご連絡ください。(「クラウドファンディングに関する取材依頼」のように件名に入れて頂けますと迅速な対応ができるかと思います。)

宛先メールアドレス:custom-create@outlook.jp
合同会社カスタムクリエイト代表 佐藤 宛

  • 2021/02/28 11:57

    応援してくださった皆様へ本プロジェクトは、2021年1月29日に開始し、2月27日終了を迎えました。総支援額1,667,960円 総支援者数430名様と多くの方よりご支援を頂く事が出来ました。本当にありがとうございました!コロナ禍で不安な日々を過ごされている中で、予想を超える多くの皆様にご支援...

  • 2021/02/27 12:07

    「東日本大震災から10年」石巻の極上の牡蠣でコロナ禍の日本中に恩返しがしたい!オーナーの佐藤です。限定200個の超早割のリターンが残り14個となっています。残り12時間を切っていますが、支援の程よろしくお願いします!!

  • 2021/02/27 12:01

    「東日本大震災から10年」石巻の極上の牡蠣でコロナ禍の日本中に恩返しがしたい!オーナーの佐藤です。皆様、いよいよラスト12時間となりました。388人もの方々からのご支援本当にありがとうございます。再度、最後のお願いです。ラスト12時間ですがご支援・拡散シェア・ご協力の程よろしくお願いします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください