岩首談議所 FANCLUB

現在の支援総額
¥6,480/月
パトロン数
2人

現在2%/ 目標金額300,000円

このプロジェクトは、ファンクラブ方式(定額課金制)です。
選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

「岩首談義所 FANCLUB」は、岩首談義所を訪れたひとが、いつでもどこでも繋がり、岩首のために、佐渡島のためにできることをあれこれ考える、そんなオンラインコミュニティです。明け方まで地酒片手に膝を突き合わせ、心ゆくまで話し込む、あの濃密なひとときをオンラインでも!

# 岩首談義所 FANCLUB とは

「岩首談義所 FANCLUB」は、岩首談義所を訪れたひとが、いつでもどこでも繋がり、岩首のために、佐渡島のためにできることをあれこれ考える、そんなオンラインコミュニティです。

豊かな山・里・海に抱かれ、木造校舎のぬくもりが懐郷心を呼び起こす場所…たまたま通りかかった旅人、岩首に惚れ込み何度も通うリピーター、岩首の住人や縁のあるひと、ボランティアや研究目的で訪れた学生・教授など様々なひとが行き交い、思想・背景・文化の入り乱れる知の交差点、それが岩首談義所。

明け方まで地酒片手に膝を突き合わせ、心ゆくまで話し込む、あの濃密なひとときをオンラインでも!

# 入会したらどうなるの?

このページから入会していただいた方に、「岩首談義所 FANCLUB」の招待URL(アドレス)をお送りします。
オンライン上に岩首談議所に訪れた人たちで集まり、談議所でのよもやま話をつまみに語り合いましょう!

# このプロジェクトをやろうと思った理由

十年前、長きにわたり地元で愛され続けた旧岩首小学校は、その百年の歴史に幕を下ろしました。佐渡の棚田情報発信基地として、旅人の休憩地として、学生の交流拠点として、岩首住人の憩いの場として、こどもたちの遊び場として、様々なかたちで利用していただいてきた岩首談義所も、資金繰りに苦労しながらなんとか十年目を迎えることができました。

僻地での棚田農業を嫌い故郷・岩首を捨てた軟弱少年が、十数年の東京暮らしを諦め佐渡に帰郷しはや三十年。その間農業、加工業、飲食店営業、農業組合の経営、農作物の個人販売、市議会議員…あげく棚田のPRや旧小学校の活用にまで手を出し、身に余る挑戦を幾度となく抱えながらもがき苦しみここまできました。三回目の成人式も五年前に過ぎ去り、ジジイもいよいよ限界です。

相変わらず課題は山積み...いやいや、愚痴を言ってもはじまらない。どんな些細なことでも結構です。一人ひとりがアイデアを持ち寄り、知恵を絞り、岩首の未来を、佐渡の未来を一緒に語りませんか? 現地に来ることができないのであれば、オンラインで。岩首のこと、棚田のこと、竹灯りのこと、佐渡のこと、イベントの企画、日々のニュース、果ては仕事や恋の悩みまで! 岩首談義に地位や肩書は関係ありません。こどもから大人、学生、大学教授、そして無職のジジイまで! 来るもの拒まず、去る者追わず! 共に語り合いましょう。

# こんなひとにおすすめ

・岩首談義所が好きなひと
・佐渡島が好きなひと
・棚田、農業に関心があるひと
・竹林の整備、活用に関心のあるひと
・岩首談義所に来てみたいひと
・岩首を応援したいひと
・岩首に縁のあるひと
・大石惣一郎が好きなひと(若い女性、大歓迎!)

オンラインサロンの収益は岩首談義所の活動費、棚田・竹林など里山環境の整備、岩首集落の維持管理等に使わせていただきます。

# 岩首談義所を応援していただいているみなさま

東京工業大学大学院 社会理工学研究科価値システム専攻教授 桑子 敏雄
新潟大学 朱鷺・自然再生学研究センター准教授 豊田光世
社会福祉法人・未来保育会理事長 大野広幸
横浜市立大学料理部OB会 一同