はじめに・ご挨拶

日頃はおもに中小企業のリスクマネジメントのサポートをさせていただいている私たちですが、このところは特に、社員のヘルスケアに関する課題解決にも注力してきました。
そこへ新型コロナウィルスが蔓延。得意先企業などから「テレワーク導入で社員のオーバーワークが問題になっている!」との声を多く聞くようになり、中小企業でも簡単にテレワーク社員の勤務時間管理をするための方策を考えることになりました。
そのひとつが、このPC用時間管理ソフト[TIMER ROBO]です。企業側が一方的に管理するこれまでの勤怠管理ソフトとは違って、社員や委託先のパートナーの方々が、みずから進んで時間管理をしたくなるようなソフトにしたいとの願いを込めて開発しました。

このプロジェクトで実現したいこと

まずは、一人でも多くの皆さんに使っていただいて感想やご意見をいただき、より使いやすいように改良を進めていきたいと思います。
特に、現在はDesktop版としているように各PC単体で機能するソフトですが、そこに蓄積された情報を会社側や委託元で簡単に管理できるようなシステム化を図っていくことが次のステップと考えています。
さらに、スマホなど様々なデバイスに対応すること、タブレットを使い施設等で複数人の入退出管理ができるシステムにするなどの進化形も計画しています。
また、仕事だけでなく趣味や学習の際の時間管理ができるバージョンを展開することで、あらゆる人々が、時間を大切に使いながら健康的な生活を送るために役立つツールとしていきたいと考えています。

プロジェクトをやろうと思った理由

以前からその必要性が叫ばれてきたテレワークですが、このコロナ禍によって一気に導入への拍車がかかりました。
ただし、システマティックに導入が進められる大企業とは違い、中小企業ではテレワーク導入にあたって様々な課題が浮き彫りになってきています。そのひとつが、テレワーク社員の勤務時間管理ををどのようにするか?ということです。
さらに、社員の個人事業主化や副業などが推奨されるなかで、その時間管理をどのようにしたらよいのか、ヘルスケアや労災の問題を含めてこれからの大きな課題になっていくと考えられます。
一方、高齢化社会の後押しもあり、フリーランスとなって仕事を請け負うという人も増えています。会社員と違い、比較的自由に時間を使える彼らは、その半面で変則的な生活によって体調不良にならないようセルフコントロールの必要性が生じてきています。
TIMER ROBOは、そういった時間管理が必要なすべての人々が、シンプルかつ楽しく使ってもらえるようなツールにしていきたいと考えています。

これまでの活動

現在、中小企業の多くは実にさまざまな課題を抱えています。
慢性的な人手不足や後継者問題など、以前からあったものに加え、「働き方改革」や「健康経営」など”人財”に関するあらたな対策が必要とされるようになりました。そこへ新型コロナウイルスが襲い、テレワークの促進などが声高に叫ばれるようになりました。
それら”人財”に関する課題解決方法のひとつとして、業務のアウトソーシング化はもとより、フリーランスや副業などの外部人材を上手く使う方法があります。
テレワーク導入と社外人材の活用、「その両方に役立つツールがあったらいいね!」が、そもそものTIMER ROBO開発コンセプトです。

資金の使い道

コロナに関するソーシャルビジネス助成金をいただいてはじめた開発ですが、当初に想定した以上に費用と手間がかかってしまいました。今回、CAMPFIREを通していただいたご支援は、現状でまだ足りていない開発費に充てさせていただきます。
さらに管理システムとするための開発費用は、これから工面していく必要があります。スマホ対応や、ユーザー別バージョンの展開などもまだまだこれからです。
引き続きご支援いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

リターンについて

今回の先行販売は、より多くの皆様に使っていただきたいと思い、通常価格より25%~40%OFFした価格でご提供させていただきます。
ライセンスキーの関係で、1台のPCに1つのTIMER ROBOしかインストールできませんが、2つご購入いただければ割引率は30%OFFとなりますので、2台のPCをお使いの方はぜひ2つの同時購入をご検討いただければと思います。
なお、製品のご提供は、3月後半を予定しております。専用のダウンロードセンター(サイト)から、メールでお知らせするパスワードを使ってダウンロードしていただく形でのご提供となりますので、よろしくお願いいたします。


実施スケジュール

現段階のTIMER ROBOはプライベート版としてPC単体で使用する製品ですが、今後、企業の勤怠管理システムと、Webやクラウドを使ってさまざまに連携させることができるビジネス版を展開していく予定です。同時に、現在会社でお使いの管理システムにTIMER ROBOを組み込んだり、テレワーク時代にふさわしくTIMER ROBOによる新しい勤怠管理システムを構築したりと、多彩な展開が可能になります。
新システム構築やリニューアルにあたっては、これまで数多くの企業管理システムを手がけ、業務系システム開発について、そのシステムの使い勝手の良さに高評価を得ている[TIMER ROBO開発チーム]が直接担当するため、安心です。
現状の勤怠管理システムでお悩みの労務・人事管理者の皆さま、ぜひこの機会に、新システムへの切り替えを考えられてはいかがでしょうか?

TIMER ROBOを使ったシステム構築については、随時ご対応させていただきます。
どうぞお気軽にご相談ください。(TIMER ROBO 開発チーム)

最後に

今回のTIMER ROBOは、あくまで自己管理のためのソフトです。ただ、業務に対するコメントや日々の気づきも入力できるため、日報・月報管理として、勤務者・管理者との双方向コミュニケーションツールとしても使用することができます。
皆さまが、このTIMER ROBOで限られた時間を有効に使い、ワークライフバランスの取れた、より充実した日々を送られるよう願っています。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください