はじめに・ご挨拶

初めましての皆様、日頃PASHA STYLEをご覧いただいている皆様。
改めましてこんにちは。PASHA STYLE編集部 編集長の大森です。

PASHA STYLE(パシャスタイル)」とは、ポートレート専門の投稿型Webサイトとマガジンによる今までにない複合メディアです。一歩先のポートレート(人物写真)を撮りたいと考えるユーザー、さらには作品発表の場を探しているユーザーのためのメディアとして2018年に起ち上がりました。

当サイト「PASHA STYLE」、紙媒体「PASHA STYLE BOOK」には、当メディアをサポート頂くプロカメラマンの皆さまの作品に加えて、HPやSNSに投稿頂いた中から選りすぐりの作品が掲載されます。認定作品へは当サイト、Facebookへの投稿をはじめ、Twitter、Instagramでのタグ投稿も可能です。撮影者はもちろん、モデルさんやヘアメイクさん、スタイリストさんからの投稿も大歓迎!


今ではSNS上のハッシュタグでの認定作品応募数は50万件を超えてきました。(累計)
PASHA STYLE Webからの認定作品直接投稿は多い日で200件を超えます。
日本一、いや世界一難関な審査制投稿サイトではないでしょうか!
このことからも、写真を楽しむ多くの方々の発表の場として、審査を受けられる場として、
少しずつではありますが認知が広がっていることを実感しています。

PASHA STYLE公式 Twitter https://twitter.com/pasha_magazine
PASHA STYLE公式 Instagram https://instagram.com/pasha_magazine

 

 
PASHA STYLEは今年で4年目を迎えます。
3年目であった昨年は雑誌PASHA STYLE Vol.6発刊のためのクラウドファンディング
ここCAMPFIREでさせていただき、182%という高い達成率でゴールすることが出来ました。
ひとえにご支援いただいたお一人お一人のおかげです。
そして、無事Vol.6は発刊。最上もがさんを表紙巻頭ページにお迎えしました。



私たちがこのプロジェクトで実現したいこと

PASHA STYLE Vol.7 の発刊、それに関する制作費を集めることが今回の目的です。

Vol.6発刊のクラウドファンディングの際にも書きましたが、
今、出版業界はおそらくどの出版社さんも厳しい状況となっています。
そしてそれはVol.6を発刊した昨年よりももっと厳しい状況です。

雑誌の大きな資金源としてはもちろんメーカーさんが挙げられるのですが
この状況で広告費が以前のようにかけられるわけがないですし、
自社イベントですらもう開催が厳しい状況と聞きます。


新型コロナウイルスの影響はもちろんのこと、それ以前より

「紙の時代は終わる」「紙の本の需要はなくなる」

と言われてひさしいこの状況。
創刊号の発刊の時、お話をしに伺った先の皆さんが一様に半信半疑でした。

「本当に作るの?」「どんな雑誌を作るの?」「今更写真雑誌って。」
「雑誌は売れない」「なぜ今”紙”なの?」……


だけど無くしてはいけないものでもあるのではないかと思うのです。
それはこの下でお話ししますね。


実現したいことは
「雑誌PASHA STYLE Vol.7を発刊し、皆様の元にお届けしたい」
これにつきます。



プロジェクトをやろうと思った理由

紙の本を皆様にもっと楽しんでほしい。
プリントされた、液晶画面で見る作品とは違い、手触りも匂いもある。
いろいろな感覚を使って写真を楽しむことを知ってほしい。

これは創刊時からずっと変わらず根底にあります。

じゃあ、なぜ今なのか。なぜVol.6だけではダメなのか。


私達は認定作品を集めた「PASHA STYLE認定作品展」
もっとコンセプチュアルなものでいうと「闇の王展」という、いわゆるグループ写真展を開催してきました。
その認定作品展も去年は新型コロナウイルスの影響で中止、
闇の王展は場所を移し、規模を縮小し開催。

その他、私達が開催するものでなくても、大小様々な写真展が中止を余儀なくされるのを
幾度となく見ました。


するとどうでしょう。

印刷した作品を見たり触れたりする機会は
これまでより格段に少なくなったのでは?


もちろん、SNSを筆頭にウェブサイトでも作品は見ることが出来ますし
私達のPASHA STYLE認定作品も最初はWeb上での発表です。
数も実際のプリントを目にするよりも多くを見ることが出来ます。
それも無料で見られますよね。

しかし、やはり紙で味わうことでしか得られないものもあります。
展示会で見ることで、自身でプリントすることで、作品集を買うことで、
得られる経験があります。


昨今のStay Homeが推奨される中、家で良質な、
まだ自分の知らない作者の作品を見ることが出来る。
大好きな作家の作品を見ることが出来る。
紙の手触りをゆっくり愉しみながら、紙の匂いを味わいながら。


それを今回もPASHA STYLEは皆様に提供したい。

雑誌PASHA STYLE Vol.7を、発刊させてください。


Vol.7の特集は CREATIVE Art NUDEmen's portrait の2本。
現在特集ページのクリエーターのキャスティングを行っています。



これまでの活動

雑誌PASHA STYLE発売履歴


2018年1月31日 PASHA STYLE Vol.1 (上段左) 
表紙巻頭ページはSNSでも人気の高いプロカメラマンHASEOが撮影。『はるかぜちゃん』の愛称で親しまれていた俳優・声優の春名風花さんが飾ってくれました。

2018年6月9日 PASHA STYLE Vol.2 (上段中)
表紙巻頭ページはPASHA STYLE編集長 ooxoが最上もがさんを撮影。創作系ポートレートを発表し話題となりました。特集はgirls fotoと題し、女性クリエーターによるポートレイトを掲載。

2018年10月26日 PASHA STYLE Vol.3 (上段右)
表紙巻頭ページは様々な雑誌で活躍中の渡部実加子が女優小島藤子さんを、その感性を存分に活かしたポートレイト作品として撮影。特集はヘアメイクアップアーティストの作品を集めたHair&make up artists × foto.

2019年6月13日 PASHA STYLE Vol.4 (下段左)
表紙巻頭ページは世界的に活躍するフォトグラファー 渡辺伸次がCGを駆使した創作作品に、乃木坂46 岩本蓮加さんがモデルとして参加。特集は「究極のSTREET SNAP」。

2019年12月27日 PASHA STYLE Vol.5 (下段中)
表紙巻頭ページは創刊号も担当しているHASEOが女優松田るかさんを撮影。自身のスタジオでその世界観に普段とは違う松田さんの姿を作品に写し出しています。特集はCREATIVE FINE ARTS. 創作作品を多数掲載しています。

2020年8月31日 PASHA STYLE Vol.6(下段右)
表紙巻頭ページはVol.2に引き続き、タレントの最上もがさんとPASHA STYLE 編集長 大森のコラボ企画。そこにソニーが参入。
世界観あふれる作品を、ソニーの最新機種と注目のレンズを使って撮影します。
特集はfashon & beauty photographyとCREATIVE KIDS FOTO


その他

[YouTubeライブ]週1〜2回、PASHA STYLE編集長ooxoが出演しPASHA STYLE TVをお送りしています。月に1度くらいの頻度でメーカー広報の方やフォトグラファー・クリエーターをお招きし、ライブ配信しています。


[写真展]闇の王展2019、闇の王展2020、PASHA STYLE認定作品展Vol.1、PASHA STYLE認定作品展Vol.2、PASHA STYLE認定作品展vol.3(2021年3月18〜21日開催)


[撮影会]一番大型なものはcreative Re:birth撮影会。
     メーカーさんも参加しての開催で、参加各メーカーさんの用品やレンズ、
     カメラ本体などまで実際にスタジオ内で試用が出来たりという特別な撮影会なのです。
     撮影会は月に1回ほどは開催してきています。


[セミナー]月に1回程度継続的に開催をしております。現状、オンライン開催を織り交ぜてやっております。


[合宿]これまでに過去3回の合宿STYLEでのセミナー撮影会を開催しています。


[教室]PASHA STYLE編集長ooxoが自ら講師を務める基礎講座。コロナのせいでリアルでの開催が難しいため、残念ですが現在休止中に近いです。


[オンラインサロン Creative ZONE]フォトグラファーやメーカー担当者目線でのオンラインレビューが受けられたり、クリエーターコラボ企画としてアクセサリーなどのクリエーターとサロンメンバーとのコラボ作品を創ったり、和気藹々、切磋琢磨しながら写真を愉しむメンバーが集っています。


資金の使い道

皆様からの御支援金は今回も、全額をPASHA STYLE Vol.7の制作費に充てさせていただきます。


リターンについて

普段接することの多くはないプロの第一線で活躍している
ポートレートナビゲーターたちに直接話を聞けたり、支援者様の作品をレビューしてもらったり
支援者様ご本人、または支援者様の大切などなたかをプロのフォトグラファーが
作品として撮影するプラン、撮影のノウハウを持った作品撮りのベテランともいえる
ポートレートナビゲーターが直々にあなたの作品撮りをサポートするプランなど、
様々ご用意しました。

他にもPASHA STYLEロゴグッズ、展示やライブ配信時に編集長が着ている「認定Tシャツ」、
7月に開催予定のグループ写真展への参加権なども。

そして、リターン追加の予定あります。公開後1〜2週間後を目処にプランが追加されます。
是非公開後もご注目ください!(活動報告やSNSなどでお知らせしていきますね)
追加の中には前回限定数が即なくなってしまった衣装リースのプランなども!

全てのリターンの期日を基本的には「2021年12月お渡し」とさせていただいております。
理由としては、新型コロナウイルス対策として、3密を避け、
モデル・タレント・フォトグラファー・関わる全てのクリエーターが

「安全に撮影が行える日程」での撮影を敢行したいからです。

その為、発売日自体を2021年3月末〜4月初旬という幅を持たせて制作しております。
(もちろん、12月以前に雑誌の発売となりますので、発売日後速やかにリターン発送の手配を開始します)

ご理解いただけますと幸いです。 


実施スケジュール

2021年3月27日(土)を支援申込締切としています。

が、制作はそれ以前から開始となります。

Vol.6発刊のためのクラウドファンディングで撮影現場見学のリターン支援者の皆様、
撮影の日程の目処が立ちづらくお待たせしております。
今回のこのクラウドファンディングの撮影現場見学のリターン支援者の皆様と
前回の支援者の皆様には、このVol.7撮影の日程を含め、いらっしゃっていただける日程が
決まり次第、CAMPFIREへご登録のメールアドレスにご案内をお送りします。

その他、プランごとに支援者様に一斉にご連絡をすることがありますが、その際には
PASHA STYLE各SNSにも「お知らせをお送りしております」と流すようにいたします

是非PASHA STYLE公式TwitterInstagramをフォローしてください。

雑誌の発売予定は2021年3月末または4月初旬です。

→→→2021年4月20日に発売日決定しました!

リターン品の発送は発売日後からを予定しております。



最後に

このプロジェクトをやることにより、皆様の中でおひとりでもおふたりでも
新しく私たちのこの活動を一緒に楽しんでくださる、写真を楽しんでくださる方
PASHA STYLEを知ってくださる方が増えることを望んでいます


写真を「」で見ること。

ツルツルとして、発光するテレビ画面や携帯画面とは違います。
無機質で、無臭なそれらと、紙とは全く違う。
思い通りの色が出ない。思ったイメージと違う。

そんな難しさも含めて紙印刷です。

そして、雑誌はもちろんですが、展示で大きな紙で印刷する事、額に飾る事、それらによって見る者を作る者たちが苦労して作り込んだ写真の世界観へと効果的に誘うのです。

A2以上の大きな紙で印刷してこそ、今時の高機能カメラの性能も、高いレンズの性能も生かされるのです。

PASHA STYLEもそういう意味では、少しでも写真のクオリティが生かせるように、線数(画像でいう解像度)を通常175lpiなのを210lpiまで引き上げています
(lpi=line per inch、1インチあたりの線数)

それによってA4見開きサイズとはいえ、画像解像度でいえば420dpi相当の描画を表現しています


ぜひ、目を凝らして穴が開くほどに見て欲しい。
紙の手触りと、においを、満足いくまで楽しんで欲しい。


最後まで読んでくださり、ありがとうございます。




最後の最後に

PASHA STYLEにご協力くださっているメーカーさん・クリエーターさんからの応援メッセージをいただきましたので、ご紹介させてください。


「 PASHA STYLEは雑誌デジタル化の流れに逆らって、あえて紙にこだわった写真作品の雑誌です。PASHA STYLEを手に取り、めくった時の新鮮さは忘れられません。

写真に厚みを感じ、触れられる楽しさを思い出させてくれたのは、やはり『紙』だからこそ。

フォトグラファーや作品に関わる創作者達の熱い思いは、PASHA STYLEのレイアウト、紙質や印刷品質へのこだわりを通して滲み出てきます。

クリエイター達が作り上げた写真は、PASHA STYLEという場において作品として完成していく、そんな雑誌だと思います。

少しでも多くの方に、写真を手にとってご覧いただきたいと思います。
みなさんも、PASHA STYLEをぜひ応援してくださいね」

ニッシンジャパン株式会社 國頭公之



「写真やそれに携わる物は無くても生きていけるかもしれません。

しかし制限の多い世の中になり、

夢見る時間、美しい物を眺め、うっとりする時間の尊さに気づいた人も多いのではないでしょうか。

その時間を叶えてくれるのが、雑誌PASHA STYLEです。

是非応援お願いします」

ドレスデザイナー アリスガワアリス



「出版業界では、大手写真雑誌の撤退が続いている。

そんな今、大きな意思と強烈な拘りを持って創り続けているのが

PASHA STYLEである。

SNS全盛の今、それは時代に逆らう行為かもしれない。


ただ、彼らは知っている。

雑誌を手にした時の、重み、ページをめくる時の手触り、そして紙とインクの匂い…

まさに五感を刺激しながら写真に対峙する感覚は、SNSとは全く違う刺激や感動を与えてくれるということを。


その確信を糧にPASHA STYLEというポートレートに特化したカタチに固執する彼らは

まさに出版業界に舞い降りた『反逆のカリスマ』である。


彼らと共に『ポートレートフォトグラフィー』の道を歩めることを誇りに思う!」

フォトグラファー 硯谷昭広


「今は、書籍は紙ではなく電子で読む方も増えてきているかと思いますが

PASHA STYLEは是非、紙で見ていただきたい本です。


紙やプリント。レイアウトどれにも拘りをもって制作され、まるでファッション誌
美術誌を見ているかのような誌面に仕上がっています。

紙の質感や、印刷の香り。。五感を刺激されながら見ていただきたいです。


PASHA STYLEのこだわりは”作品第一主義”だと思っています。

作品を魅せるための紙や印刷のこだわり、作品の世界観を崩さないレイアウトなど

どれも、作品をよりよく魅せるよう配慮した結果だと思います。


作品を制作する人達の気持ちを大切に扱うからこそ
このような本が出来上がるのではないかと思います。
Vol.7も素晴らしい本になると思っています。


PASHA STYLEの活動を皆様で盛り上げていただき多くの方に見ていただけるよう、

皆様のご支援よろしくお願いします。」


株式会社コシナ 佐藤 和広


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください