・現金を触るのは1週間に2,3回程度
  ・ドリンクのテイクアウトが増えた
   ・レジ袋は買わない

コンパクトながら使い勝手の良い「キャッシュレス時代のお財布Ⅱ」
ドリンクキャリーに変身する「ドリキャリ財布」
ライフスタイルに合わせて、単品でも、セットでも、 色違いでも。

日常といっても、いろいろ

例えばリモートワーク中、ブレイクしたくなったら「ドリキャリ財布」 だけを持って外に出れば良いのです。これなら、サンドイッチとカフェラテを片手で持つことが出来るので、有料のレジ袋を買わなくても片手を空けられます。

出社の必要があれば、交通系ICカードと職場のIDカードを「キャッシュレス時代のお財布Ⅱ」の外ポケットに入れて。ランチで現金の支払いが生じても、スマートな所作で出し入れできます。

休日に少し遠出するのなら、両方を。「ドリキャリ財布」 はペットボトルもにも対応していますから、散策しながら水分補給が可能です。「キャッシュレス時代のお財布Ⅱ 」 がコンパクトなので、両方を持ってもポケット2個あれば手ぶらで歩き回れます。

すべて税込み・送料無料
発送は3月中旬~速やかに、追跡可能な郵便受け投函を優先して発送しますが、発送物が大きくなった場合は対面配達になる場合がございます。

<ご注意とお願い>
・「キャッシュレス時代のお財布Ⅱ」は向きに注意してお使いください。
・「ドリキャリ財布」でドリンクを運ぶ際は、水平方向の皮革部分の長さと、布部分の可動域でバランスを調整して、安全を確かめてから、なるべく揺らさないようにお持ちください。また、蓋のない容器は入れないでください。

・本品は天然皮革の特性上、擦れ・キズ・シワ・色ムラ ・内側のケバ付き・色移り等 の可能性がございます。
・色の名称は主観的感覚に基づいております。また、モニターやご覧になる環境によって、見え方が異なる場合がございます。
・迷彩柄は、表示のサンプルと出方・配置が異なります。

資金の使途

皆様からのご支援は、バングラデシュの革職人への支払い・輸入費用・リターンの発送費用・今後の商品開発のために、大切に使わせていただきます。

実施スケジュール

・2020年1月22日  クラウドファンディング開始
・2020年3月5日 クラウドファンディング終了
・2020年3月8日~ リターン発送開始
・2020年3月末 リターン発送完了

ふたつのお財布の生い立ち

だいぶ後の方になってしまいましたが、初めまして。横浜市在住の AJMANAと申します。バングラデシュ人の夫とデザイン担当の妻で、今回のプロジェクトを立ち上げました。
皮革産業が盛んなバングラデシュですが、コロナ禍による打撃は、自国の流通不全と主要取引先であるヨーロッパのメーカーからのキャンセルという形で襲い掛かりました。幸運と呼ぶには惨状が過ぎますが、今回小ロットを短納期で対応してもらえた理由でもありますし、継続の動機にもなっております。

「キャッシュレス時代のお財布Ⅰ 」は、お札とカードを重ねて入れる、ブックカバー型のマネークリップのようなタイプで、小銭入れは付いていませんでした。 シンプルなデザインが好評でしたが、「小銭入れがないと」という声にお応えして開発したのが「キャッシュレス時代のお財布Ⅱ」 です。両方に共通するのが、「中身が落ちないの⁉」という疑問。・・・落ちないんです。むしろ、カラビナひとつでロックできるので、一般的なお財布より安全かもしれません。

「ドリキャリ財布」は、コンビニで買ったカフェラテとスイーツを手で持って帰宅したときに、鍵を開けるのもままならないと、個人用に作成したのがキッカケです。密を避けて、ドリンクのテイクアウトやオープンエアでのニーズが高まったのを肌で感じ、製品化しました。

AJMANAは、外観の美しさや性能機能の追求よりも、使うひとが少しだけ意識を加算して、それによってはじめて完成する、そんなデザインを心掛けています。手動のコーヒーミルのように、手放しの便利では引き出せない所作が、使うひとに宿れば幸いです。

これまでつくってきた皮革雑貨は☟からご覧いただけますので、よろしかったらアクセスしてください。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/03/11 22:37

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/03/06 23:45

    ご支援応援ありがとうございます。昨日でプロジェクトが終了し、目標は達成できませんでしたが、ご支援くださった方、ご検討くださった方がいらっしゃったことで、大変励みになりました。春財布に間に合うよう、来週からリターンの発送を開始いたします。ご支援くださった方は、今暫くお待ちくださいませ。

  • 2021/03/04 22:03

    いつもご支援応援ありがとうございます。このプロジェクトも残り1日となりましたところで、ようやく目標の半分を達成しました。厳しい環境中、予定していたイベントの自粛などの痛手もありましたが、ご覧くださった方、ご検討くださった方、ご支援くださった方に感謝しております。また、お迷い中の方がいらっしゃい...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください