初めまして。障がい児童福祉施設向け業務サポートアプリ「リンク」です。私たちは、年齢も大学も見た目もバラバラなギャップが溢れる宮崎の大学生4人です。
 実は、藤島と栗坂は放課後等デイサービスと宮崎市独自のサービスの日中一時支援でアルバイトをしています。その中で、職員が連絡帳や書類業務に多くの時間を費やし子ども達と接する時間が減っていることに疑問を抱きました。また、今西は脳梗塞の影響で左半身麻痺になってしまった父親の介護を自宅で行っている当事者です。宮下は高校からプログラミングを学んでおり、Web制作の技術を得意としています。
 そんな、奇跡的に集まった4人でこの問題を解決するべく、立ち上がりました。

※このプロジェクトは「All in方式」で行っております。目標金額に達しなくともこのプロジェクトは実行致します。

 ところで皆さんは、「放課後等デイサービス」や「障害児入所施設」などの障がい児童福祉施設で児童たちはどのようなサービスを受けているのかを知っていますか。これらの施設は障がい児童の養育の為、また保護者の環境支援のために設けられた施設です。日々の活動内容としましては個人の能力に合わせて発達支援を行っております。 そこに通っている児童たちは、様々な障がいを抱えていますが、みんな元気いっぱいに過ごしています。私たちは児童たちと接する中でいつも多くのパワーをもらっています。

 しかし、私たちが実際にアルバイトをするなかで「情報共有不足」と「書類業務に職員が多くの時間を費やし子どもと接する時間が削られている」ことに問題を感じました。

そこで私たちはこの問題を解決するためのアプリを作成いたしました。

 開発している「リンク」は、様々なデバイスからアクセスのできるWebアプリです。これまで、不足していた児童の情報共有を増やすことによりサービスの向上を目指しています。操作を簡単にし、誰にでも使いやすいアプリに仕上げました。

アプリの詳細については以下のHPに詳しく明記しておりますので
そちらをご参照ください。

https://1248link.wixsite.com/website


 こちらは職員のホーム画面です。施設にはダンスや農業といった様々な特徴の療育方法があります。そこで、それらに対応できるように施設に応じてチェック項目をカスタマイズすることで解決します。記入した内容は自動で書類に反映され、印刷もできます。情報共有の面では、利用者の他の施設での様子やスケジュールなどの情報を見ることで解決します。

 ホーム画面とカレンダー画面では、複数の施設を一括で閲覧することができ、その日の様子が一目で分かります。これにより、過去の様子も見ることができ、子供の成長が目に見えてわかります。


 障がい児童の特徴として複数の施設を併用するというのがあります。これには、障がい児童福祉施設の2つの背景が隠されているからです。

 1つ目は障がい児童福祉施設には定員数が決められているということです。施設には、国で定められた施設の広さと職員の人数によって利用してよい児童の定員数が定められています。

 2つ目は障がいの度合いに応じて1施設を利用できる回数が決められていることです。たとえ全日、施設利用を希望したとしても毎日同じ施設に通所することが出来ません。障がいの度合いにより、1施設の利用してもよい日数が決められています。よって、複数の施設を利用せざる得ないのです。これにより、施設間での情報共有は非常に大切なものになると考えられます。

 しかし、施設間の情報交換というのは「担当者会議」と呼ばれる、今後の支援内容など大まかな方針を決める場のみであり、児童1人1人の情報を十分に共有できません。児童の中には起伏が激しく環境の変化に影響を受けやすい児童もいます。他の施設、つまり違う環境での児童の様子はかなり有力な情報です。よって情報共有をしないということは、サービス向上のチャンスを無駄にしているのです。


 書類業務には主に2種類あります。1つ目は国保連(国民健康保険団体連合会)や役所などの行政に提出する書類です。これは、日々の児童の利用状況やサービス内容などを記載したもです。2つ目は保護者との日々の連絡帳です。保育園の連絡帳の内容に加えて、服薬や障がいについてなどを記載します。この2つの内容は一部重複しており、職員は何度も同じことを記載しなければならないのです。

また、既存のサービスでは、それらをまとめることができませんでした。

 そこで、他の施設でもこの2つの問題を抱えているのかの現状を知るために私たちは27事業所にインタビューに伺いました。実際に27事業所全てがこの2つの問題を抱えていました。そして、多くの施設が施設間の情報共有をしたいと思いながらもできないことに頭を悩ませていました。また、働き方改革の1つとして書類業務の効率化を行うために連絡帳アプリや書類作成ソフトを取り入れた事業所もありました。しかし、それらのアプリやソフトでは書類業務のどちら一方でしか対応できずに結局2度手間になっているとのことでした。


 

 実際にアルバイトをしている私たちだからこそ、施設職員の立場でこのビジネスを考えることが出来ます。宮下は実際にこれまでにWebアプリを制作したりゲーム開発を趣味で行っていることからアプリを作成するノウハウは既に獲得済みです。今西は、自宅で脳梗塞の影響で左半身麻痺になった父を介護している当事者としてみることが出来ます。

 確かに、保育園や幼稚園などと比べたら市場規模は小さいです。しかし、市場規模が小さいからこそ一般企業が手を出しにくい放課後等デイサービスという分野に絞って事業を展開していくことが出来ます。だから私たちにしか出来ないんです!

2021年2月 モニター施設で試験実施予定(放課後等デイサービスピースヒルみらい様)
2021年3月 営業開始
2021年4月 販売開始


・広報費(チラシ・施設向けのパンフレット・名刺)
・サーバー維持費
・アプリ開発費
・手数料
・会社設立費
・営業費(訪問販売をするにあたり交通費)


Twitter:https://twitter.com/Link_venture_
Instagram:https://www.instagram.com/1248link/?hl=ja
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100056098304286 


※ 以下、順不同です。

Step1 新規会員登録


  • 2021/03/15 18:49

    お世話になっております。とうとう、クラウドファンディングも残り2日で終了になります。長かったような、短かったような…。ご支援して頂いた多くの方々のおかげで現在、目標金額の50%を超えることが出来ました!!しかし、目標金額であり180万にはまだまだというのが現状です。そんな中、私たちにとっては嬉...

  • 2021/02/27 15:00

    今回、本田様からご支援頂いたことを心より感謝申し上げます!本田様の期待に応えられるよう私どもも頑張っていく所存です!また、これまで支援してくださった方々にも合わせて御礼申し上げると共に、今後も一緒にプロジェクト成功へと務めていければ幸いです!!!

  • 2021/02/26 10:00

    こんにちは、リンクです。皆様のおかげで、オフィシャルサポートメンバーが100人を突破致しました!!まさに、「100人で食べたいな富士山の上でおにぎりを♪」なので、いつか皆様に直接お礼ができればなと」思います。こんなにも大勢の方に支えられていて光栄です!!有難うございます!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください