皆さんご存知でしたか?

実は日本は起業するには公的創業支援制度がとても充実している国なんです!!
にも関わらず、起業家が世界と比べて圧倒的に少ないという現状。それは何故でしょうか?

例えばアメリカでは成人100人あたりに起業家の割合が11.4人、中国は14.9人であるのに対して、日本はたったの3.7人という現状です。

現在の日本では、起業や副業に挑戦してみたいと思っても諦めてしまうケースが非常に多いんです。そもそも起業家が少なく、起業や副業を身近に感じる環境が無かったり、また「お金」や「起業」について小さいころから学校で教わることもありません。

つまり、自ら稼ぐことについては誰にも教わることなく日本人は育っています。
その結果、起業に挑戦する人はごく一部という環境になっているのです。

もっと「個人」の得意や才能を生かして、自由に気軽に起業や副業に挑戦できる環境を創りたい

昨年から新型コロナウィルスの影響により、私たちの社会環境は大きく変化しました。先行きが不透明な少子高齢化、年金問題、働き方改革、5GやAIなどテクノロジー進化等、それに合わせて働く環境も大きく変わろうとしています。

そんな変化の激しい時代を生き抜く上で、自ら稼ぐことのできる「起業」や「副業」という働き方にもっと“自由”に挑戦できる世の中にしたい。

そんな思いで、オンラインを活用し、みんなが気軽に起業や副業を学べたり、教えたり、支援できる場所。スキルシェア型の起業支援スクール「みんなの起業大学」を開校したいと考えました。


❶起業副業を目指したい方が安心してゼロから学ぶことができる「スキルシェア型オンラインスクール」を開校したいと思います。

※スキルシェア型とは?
起業に向けて個人ごとに持っている得意分野や知識経験をみんなに分かち合うことです。


起業・副業を学びたい人、そして先輩起業家専門家講師としてノウハウや経験を教えられる人、例えば、起業の基礎からビジネスプラン、マーケティングや集客手法、資金調達法等の専門分野単位で「学びたい」と「教えたい」のコンテンツをオンライン上でマッチングさせることで、お互いに効果的で効率的な学習の場を構築していきたいと思います。

例えばこんなスキルを講座に!

❸最終的には起業を学ぶだけではなく、起業後の経営活動においても軌道に乗るまでの一貫した支援サービスを提供していきたいと思います。

例えば資金調達のひとつとして公的支援制度の活用サポートや、会社設立時における行政書士・税理士との連携、そしてビジネスプランコンテスト等の開催を通じてベンチャーキャピタル(投資家)とのマッチングなど、起業してから軌道にのるまでのトータル支援サービスを提供していきたいと考えます。


起業準備に向けた6つの不安を解消します。
❶経済的な不安解消

一般的な起業スクールの受講料の平均価格帯は約20万〜30万円、更に高額になると70万や100万以上となるものもあり、途中解約ができない契約になっていることが多く、入会時における経済的ハードルが高いのが実情です。
「みんなの起業大学」では、自分の受けたいコンテンツ毎に講座を自由に選択できるチケット制を導入し、入学時に高額な受講料を一括払いすることへの不安を解消いたします。

❷時間的な不安解消

一般的な起業スクールでは、受講期間が約3ヶ月〜12ヶ月となっています。時間帯も日中または夜の時間帯に集中しているケースが多いのですが、「みんなの起業大学」では時間の制約をもっと柔軟にして、各コース事に選択できるプランをご用意させていただきたいと思います。
例えば深夜講座や早朝講座など開催時間もライフスタイルに合わせて選べるコースをご用意します。

❸距離的な不便解消

今まで起業を習うには都心まで通う必要がありましたが「みんなの起業大学」は、オンライン上での講座となるため、好きな場所、好きな時間で学びことができ、更に講師とても稼ぐことが出来るようになります
つまり物理的な距離の制限はなくなり、世界のどこにいてもネット環境があれば参加が可能となります。そのことで今まで起業という選択肢すら無かった会社員やOLさんをはじめ、専業主婦や子育てママさん、50代60代のシニア層の方など、多くの人に起業を学び、教えるチャンスが提供可能となります。


❹精神的な不安解消

起業を目指す中で最も大切な部分となるメンタルケア、起業を途中で断念してしまう方に多いのが「孤独感・自信喪失・継続性」などの精神面があげられます。「みんなの起業大学」では、一人だけで悩むのではなく、常に相談できる専属の起業支援アドバイザーを設置します
受講される方のライフプランに寄り添って各コンテンツの習得状況をコーディネイトし、日々の活動についてもサポートする存在を設けることで、確実に起業に向けた行動変容を促していきます。


❺支援内容に対する不安解消

起業副業を教えるスクールは世の中に数多く存在していますが、起業準備の入り口から開業後の支援まで、全てをトータルでサポートするサービスはあまりありません。結果的に受講生側から見ると起業するまで多種多様な情報を自分で取りにいかなければならず、多大な労力と精神的な負担がかかります。
そこで「みんなの起業大学」では、あらゆる起業副業に関する専門家との相互支援のネットワークを構築し、スタートアップから創業までを一貫してサポートできるプラットフォーム型のスクールを構築していきます。


❻将来展開への不安解消

「みんなの起業大学」では、起業を学ぶ・教えるだけの場に止まらず、更にビジネスプランコンテスト等のイベントを設け、BtoB、法人新規開拓、ベンチャーキャピタルからの出資などビジネスアイディアを実現させていくための幅広いサポートも実施していきたいと考えます。
また、同サービス内においてもオンライン上の起業支援プランナー養成プログラム」を用意し、起業家を支援する起業家を育成する等、ぞれぞれが稼ぐための実践の場を数多く用意させていただきます。


講師にとっても安心安全で便利なオンライン環境を整えます。


❶新型コロナウイルス感染を心配せずオンライン化で安心。

新型コロナウイルス感染症等により、リアル対面式での講座を自粛をせざるを得なくなった時の対策としても「みんなの起業大学」ではオンラインによる講座開催が可能です。

❷好きな場所・好きな時間・好きな支援スキルで講座を開き講師として稼ぐことができます。

インターネット環境さえ整っていれば、自分の得意な分野、経験、知識を使って講師業として活動頂くことが可能です。


❸集客活動の負担軽減

起業スキルやノウハウに関してコンサルティングや講師業をされる方にとって、集客と営業活動はとても労力がかかる仕事です。そこで「みんなの起業大学」ではネット上に講師登録をして頂き、ご自身の好きな時間に講座のプログラム登録をしていただくだけで、起業準備生から直接受講オファーが入る仕組みを構築します。また、生徒からの人気が高まればサイト内で口コミランキング等を開示する仕組みを導入することにより、より生徒を獲得しやすくなるメリットがあります。


❹専門分野に特化できる

起業に向けたノウハウやスキルは多種多様にあり、先生業を営む個人が提供できる範囲には限界があります。しかし「みんなの起業大学」ではピンポイントの専門分野だけで講座を開催することが可能です。
例えばビジネスプラン設計のマーケティングにおける「ポジショニング戦略」だけを特化した講座や、集客におけるSNS「Instagram」の初級編だけに特化した講座等の細部のカテゴリーで講師業が可能となります。

❺面倒な事務作業をシステム化(スケジュール登録・レッスン管理・請求支払い対応)

「みんなの起業大学」では予約管理システムのWEBサイトを活用した運用設計を行っていくため、講師にとって面倒な事務作業をシステム化により軽減します。また生徒さんとの料金の請求支払いについてもクレジットカードにより一元管理されるため未払い等のリスクなく安心して講師業に専念していただけます。


❻適性な料金設定の維持

講座販売時の手数料を軽減し、教える側にとっても利用価値があるサイトを構築していきます。また、講座料金においては価格競争の比較だけにならない様に、受講生からの評価を可視化することで、品質を担保した教育環境を整えます。そのことで講師にとっても適性な料金設定を維持させることが可能となります。

❼起業副業専門家同士のコミュニティー形成

それぞれの分野で専門性をもつ起業家がコミュニティとして集まりビジネスコンテストや各種他業種交流会などの企画を設けることで、自分の専門外に関するネットワークを広げることができ、ご自身のビジネスにおける新たな発展と機会を見出すことが可能となります。


現在、コロナ禍の影響もあり個人の起業や副業に興味を持たれている方が多くなっています。
また一方で、起業を選択し個人起業家として日々SNSを活用して情報発信と集客やサービス提供に努力されている個人起業家も非常に多く存在しています。

しかしながら、全てが個人ごとの単位で存在している状況です。個人起業家という小さな存在であっても、個と個が繋がり価値を創る場があれば、それはまるで魚群のよう大きな力を発揮できるのではないかと考えました。時代はあきらかに「個」が力を発揮する時代に向かっています。

かって日本には世界に誇る大企業がたくさんありました。しかし、この30年の間に日本企業は世界からその姿を消しました。下の表をご覧ください。


◆この30年の間の世界時価総額ランキングの比較

世界時価総額ランキング上位50社のうち
30年前、日本企業は上位に32社、現在ではトヨタ1社のみ。

何故、日本はこうなってしまったのでしょう?

私は、子供たちが生きるこれからの日本の未来を考えたとき、もっと夢と希望を持って「起業」に挑戦するという選択が一般的になる世の中にしたいと考えます。

そして、そこから生まれる新しいアイディアやイノベーション、社会を変えるような革新的なビジネスが誕生することで、世界や日本の暮らしがより豊かになっていければと考えています。

ただ、そこには大きく乗り越えなければいけない課題が存在します。

それは、日本人の起業に関する「無関心者の割合」は約7割強と世界に比べ圧倒的に高い状況であるという現状です。

下のグラフは、世界と比較した起業に無関心な日本人の割合です。

資料:「起業家精神に関する調査」報告書
(平成26年3月 (財)ベンチャーエンタープライズセンター)より中小企業庁作成

つまり、身近に起業や副業を学び教えられる環境がなければ、今後も日本は大きくは変化せず、どんどん世界から取り残されてしまうのではないかと感じています。

自らの才能に気づき、ビジネスの主体となって働く「起業・副業」という選択肢が増えれば、日本はもっと夢と希望と情熱を持った人が多くなると確信しています。

起業・副業をもっと気軽に学べて、相談できて、自らも教えることができ、そして仲間が創れる。
学生、会社員、主婦、シニア、みんなが参加できるそんな場を創りたいとの想いで、この「みんなの起業大学」プロジェクトをやりたいと決意しました!

私は、株式会社BEの代表をしています小久保修司と申します。

1997年に大学卒業後に(株)AOKIホールディングス(東証一部上場)に就職し、営業現場や経営戦略企画業務を担当しながらM&Aや株式公開業務などの経験を経て、子会社であるブライダル専門企業のアニヴェルセル(株)で常務取締役として約22年務めて参りましたが、2019年に小さい頃からの夢であった起業という挑戦に向けて独立をすることを決意しました。

当時、会社役員をやめることに周りからの反対もありましたが最終的に2つの理由で退職を決断しました。

1点目は、時代が大きく変わろうとしている今だから、自分らしく生きることへの挑戦がしたかった。
2点目は、結婚し子供を二人授かったことで人生における価値観が大きく変わった。

この2点から

私はもっと自分らしく“家族”を大切にした生き方や、新しい時代にあった働き方の創造に挑戦したいと考えたのです。

ただ、それまで会社員として企業に務めていた私は、退職後、約半年間は様々なビジネスセミナーやスクールに通い、何百万円もの自己投資をしながら自分のビジネス創作を行ってきました。そして起業の準備活動の中で私は痛感したのです。

自由とは「選択」と「責任」であり、会社員が一人でゼロから起業するには非常に精神的ハードルが高く、答えの見えない自問自答の繰り返しの重圧との戦いであることを。

まず起業を目指そうとしても周囲に起業をしている人がおらず、起業を教えてもらう環境がそもそも少ない。そして起業を学ぼうとすれば数十万、数百万するスクールに通って学ぶしか方法がなく、しかも知識ノウハウは学べても、実践していくのは自分一人の責任であり孤独が常につきまとう。だから途中で挫折してしまう人が多く、起業して1年目に存在している確率は約4割、およそ6割の人が挫折しているという現状です。私自身も起業準備中に何度も悩みました「自分には起業する才能がないのではないか・・・」と。


そんなある日、私は、ある可能性のヒントと出会うことになります。

それは誰もが全員もっている、その人としての「天才性」です。
その人にとっての使命と天才性が明確になれば、個は無限の可能性があることを知ったのです。
私自身の使命と天才性は、未来を描き幸せをプロデュースすることでした。

そこで私は、同じように自分らしい生き方として「起業」を選択し自立して生きる生き方をより多くの人に届けたいという想いから、個の自立支援を行う会社として株式会社BEを立ち上げました。

そして、私自身が感じた個人が起業しようとする時の不安・不満・不足の環境を全て補う支援スクールを創りたいと考えました。

起業へのチャンスは、起業家精神旺盛な人や優秀なビジネスマンだけに与えられるものではなく、学生さんや会社員、OL、子育てママさん、シニアの方まで誰にでも本来は挑戦の機会があるものです。そんな環境が身近にあれば、もっと日本に起業家が溢れるのではないかと思います。

それを一人ではなく、より多くの先輩起業家や専門家の皆さんと共にシェアリングエコノミーという形であれば、オンライン上にその舞台を実現することは可能であると考えたのです。


そして、今回のプロジェクトメンバーはブライダル業界を経験しています。そこに起業支援のヒントがありました。
結婚式を創り上げるには、料理、ドレス、お花、カメラマン、司会、映像、美容など、たくさんの商品とサービスがあり、それぞれに専門スタッフが存在しています。それらを一人の専属ウエディングプランナーがお客様との打ち合わせを繰り返しながら長い時間をかけて結婚式を創り上げていきます

そう、まさにこの仕組みを起業家支援にも取り入れたいと考えたのです。

起業や副業を準備していくプロセスはとても不安と孤独がつきものです。
ましてや、今は情報があまりに多すぎる情報過多の時代です。
その人にとって何が一番最適な情報であり、どう組み合わせるのがいいか、そのコーディネイターであり良き相談役となる存在(専属起業支援アドバイザー)を設けることで、起業を挫折させない仕組みを構築していきたいと思います。


◆プロジェクトチームメンバー紹介


◆支援パートナー紹介

また、今回プロジェクト立ち上げに向けけてご協力をいただける。上場企業の(株)ライトアップにてオンラインレッスン事業のコンサルタントとして活躍されている松葉洋弥さんや、地域密着のレンタルオフィス事業を全国に展開している一般社団法人 地域創業公益支援機構 代表理事 鈴木洋平さんにも全面的に支援を頂きながら本プロジェクトのビジネス設計とシステム構築を行っていきます。

主にオンラインレッスンのプラットホームの制作費用、ホームページ制作費用、諸経費(外部デレクション等)及び講師と生徒募集に関する広告宣伝費に使わせて頂きます。


リターンについては学びた方・教えたい方・ご支援の3区分をご用意させて頂きます。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
 目標金額に満たない場合も計画を実行しリターンをお届けします。

◇2021年1月  ご支援受付開始
◇2021年2月  受付終了/プラットホーム制作
◇2021年3月  講師・生徒の一般募集開始
◇2021年4月  「みんなの起業大学」開講


これからの時代を見据えた時、終息が見えないコロナの影響だけではなく、数多くの社会的課題の中で私たちは生きていかなければなりません。

しかし、今の日本は未来への夢や希望を他人任せにしている人が実に多いと私は感じています。

かつて高度成長期と言われた昭和時代から平成、そして令和へと時代が変化していく中で、組織に属した働き方から、個人自らが自分の才能に気づき、ビジネスの主体となって働く「起業」という選択肢が増えれば、日本はもっと夢と希望と情熱を持った人が多くなると確信しています。

⭐️今の仕事に限界を感じる会社員やOLさん
⭐️定年退職後も元気とパワー溢れるお父さん
⭐️自分らしく輝きたい専業主婦の方
⭐️在宅で子育て中でも自立したいママさん
⭐️世界を目指して起業を志す学生さん

⭐️とにかく新しいことに挑戦したい全ての方

こんな方々に、もっと身近で手軽に起業や副業を学べる環境があれば、
今までは活かされなかった才能やアイディアから新しいビジネスが誕生し、
もっと日本が面白くなる。そんな世界を想像すると私はワクワクが止まりません。

従来型の一方的に教える講義やスクール形式ではなく、それぞれの個と個の才能を繋ぎ合わせるシェアリングエコノミー型の起業スクールがこれからは必要だと考えました。

「みんなの起業大学」を通じて、多くの方が好きな場所・好きな時間で起業や副業を学んだり
先輩起業家となって、自分が人に教えたりできるような「場と空間」を創り出します。
そのことで一人でも多くの起業家の夢と希望の実現に貢献をしていきたいと願います。

どうか、その実現に向けて機会を与えて頂ければ大変嬉しく思います。

最後まで興味を持ってお読みいただき誠にありがとうございました。
皆様からのご支援とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

発起人:株式会社BE 
代表取締役 小久保修司

  • 2021/02/26 06:37

    ご支援頂きました皆様へ昨日2月25日をもちまして本プロジェクトの募集が終了致しました。たくさんの皆様からのご支援とご参加により当初目標80万円に対し951,000円(目標対比119%)を達成することができました!本当にありがとうございました。心から厚く御礼申し上げます。今回のクラウドファンディ...

  • 2021/02/24 09:24

    皆様からの多くのご支援とご参加により、おかげさまで当初目標金額を100%達成する事が出来ました!本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。たくさんのご期待とご支援のお声も頂いており大変嬉しく、とても励みにもなっております。ご参加頂く皆様にとって価値ある学校となるよう引き続き開校に向け...

  • 2021/02/22 17:13

    【「神奈川県NO1起業サポーター」鈴木洋平氏による個別相談60分】鈴木さんは、起業支援11年、現在7社の経営と15事業を展開し、幅広い知識と経験で1万5千人を超える人脈を活用しながら横浜市や神奈川県の行政からも起業関連事業を受託するなど、地域密着のレンタルオフィス事業を全国に広げるビジネスを展...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください