皆様、今回で第8回目となる当プロジェクトをご覧いただき誠にありがとうございます。
Sharkyuu Gamesのユウと申します。

ボードゲームが好きで2017年からアナログゲーム制作を始め、
2018年に500円ゲームブランドの「PAYASO」(パジャッソ) を立ち上げました。

そして今回のテーマは「1人でも遊べるゲーム」!
コロナの影響で人に気軽に会えなくなった今
誰にも会えない日でも気分転換に1人で遊べるゲームを、
そしてビデオ通話や友達に会えた時にも遊べるように
1人から3人まで遊べるゲームを考えましたので、
ぜひこの機会に支援していただければ嬉しいです♪




2018年の500円ゲーム企画から始まったブランドで、
一番の特徴が全てマッチ箱サイズのゲームとなっています。

キャッチコピーは「Carry the fun / 楽しいを持ち歩く」いろんな場所へ持ち運びやすく、
どこに持って行っても話題となるデザインとなっているのが、
このブランドの魅力の1つです。

◆『PAYASO』 紹介動画


◆ブランド名『PAYASO』の意味は?

ブランド名のPAYASOは、スペイン語で道化師やピエロのことを指します。


◆なんでピエロなの?

ピエロを題材にしたのは、昔から人々を魅力して楽しいという感情を作ってきた、
伝統的なキャラクターだからです。

このブランドのゲームは、その人を楽しませるという伝統的な魅力を詰め込んだ
小さなサーカスであり、そのゲーム1つ1つがショーでもあります。
そんな1つ1つのショーで観客である皆様プレイヤーを楽しませるという思いで、
日々ゲームを考えています。

◆『PAYASO』のヴィジョン 

それはこのゲームで遊んだプレイヤーが、自然にゲームを楽しむ観客側から、
ピエロ側(プレイヤーを楽しませる、ゲームを広める側)になり、
まるで移動式のサーカスが世界中を回るように、世界中の人々を楽しませたいというのが、
『PAYASO』のヴィジョンです。

皆様のポケットに小さなサーカスが増えればその分楽しんでくれる人が増える…
そういう意味合いになっております♪


こちらのゲームは昔から遊ばれていたマッチ棒のカウンティングゲームを
アレンジしたゲームになります。

元となったゲームは2人向けで、15本並べたマッチ棒から交互に1~3本とっていき、
最後のマッチ棒をとったプレイヤーの負けというルールでしたが必勝法がございました。

そのため新たにルールをアレンジして、1人から3人まで遊べるように
カードとマッチ棒を使ったシンプルなゲームに仕上げましたので、
ちょっとした時間の気分転換に遊んで頂ければ嬉しいです。




◆パッケージ箱
マッチ箱サイズ:縦45×横65×高22(mm)

◆カード
カードサイズ:縦55×横35(mm) 

◆マッチ棒

支援により達成した金額に応じてクラウドファンディングに
支援した皆様だけのバージョンアップ特典をご用意いたします。

◆50万円達成
・カードの厚紙化で高級仕様に。

◆70万円達成
・カードにエンボス加工を施しさらに高級仕様に。
※エンボスとは紙などに模様を浮き彫りにする加工です。


◆Sharkyuu Games 代表:ユウボードゲームクリエーター

 幼少より将棋の有段者である父親の影響で、
 将棋やチェスなどに触れる機会が多く、
 自然にアナログゲームで遊んでいた。

 中学卒業までの9年間をロシアで過ごし、
 高校卒業後の大学では物が人に与える影響や
 プロダクトデザインを4年間学。
 その後、某夢の国のキャストとして
 人が楽しむ為のプロセスなどを学ぶ。

 大学卒業後にゲームの勉強のため
 ゲーム会社へ就職し、再度ボードゲームに熱が入る。
 ボードゲーム制作の為に会社を退社し今に至る。  


通販サイト:https://sharkyuu-games.booth.pm/
Twitter:
https://twitter.com/sharkyuu_games


◆動画提供&作成:竹内ラファエロ清人様(Youtuber )


名前:竹内ラファエロ清人
職業:YouTuber
趣味:アンティークインテリア

PAYASOファンの皆さんはじめまして!
アンティークインテリアやヴィンテージ雑貨が大好きなYouTuber竹内ラファエロ清人と申します。

普段はYouTubeをメインに活動していてアンティークの世界観に囲まれながら、
ディズニーの情報配信をしています。
この度、PAYASOさんとお仕事させて頂きボードゲームを紹介させて頂きました!
YouTuber同士撮影のことはすっかり忘れる程熱中し熱狂した一部始終を
ご覧頂けたらとても嬉しいです! 宜しくお願い致します。

YouTube:https://youtube.com/channel/UCiFc7qJmWVnf6u3bTZmhYhg…
Twitter:
https://twitter.com/1_starbucks


2020年1月30日:クラウドファンディング終了
2021年2月:リターン品の発注
2021年3月~4月:リターン品の梱包
2021年4月:リターン品の発送。


デザイン費、印刷費といった初期コストや、
品質向上のために支援して頂いた資金を使用いたします。
何卒よろしくお願いいたします。



数多くの製作者様や関係者様に応援メッセージをいただきました!(泣)

◆ボードゲームデザイナー:SM Rabbit代表 狐鞭 様

グラフィックデザイナーが本業である私から見ても、
Sharkyuu Gamesの作品の熱量とクオリティは異常だと思います。

その熱量を最大限に(値段まで)圧縮して形にしているのが
本ブランドのデザイナーであるユウさんの変態性だと思っています。
ユウさんと一度Zoomでおしゃべりした際に、涼しい顔をして
ずっと哲学の爆弾を投げられているような感覚を感じました。
(気づけば朝の4時になっていました)

安いからとかマッチ箱だからとかではないんです。
マッチ箱で、500円で、爆弾を毎回作っているデザイナーの作品を気にならない訳がないでしょう。
ボードゲームをこの小さな箱に詰めるという彼のパフォーマンスを
リアルタイムで体感し続けられることに感謝。
本人は否定するかもですがユウさんはアーティストだと思ってますよ。


◆ボードゲームデザイナー/イラストレーター:Polygonotes 様

小箱に詰まったアートや世界観、ゲーム性、というのが
このボードゲームの大きな魅力ではないでしょうか。

PAYASO作品は、まさにこの魅力、特長を凝縮し、
最もシンプルな形で作り上げられた、一つの完成の形であると思います。
また、Polygonotesも「芸術的で、知的で、素直なモノづくりを。」
をテーマに活動しており、PAYASOのコンセプトには以前より
強く惹かれておりました。
PAYASOが更に沢山の方々へ、喜びと驚きをお届けできることを祈っています。

◆ボードゲームデザイナー:SoLunerG 様 

PAYASOのコンセプトに共感し『WeddingRing』と
『Where is my parts』で作品作りに関わらせていただきました。

PAYASO作品といえばお洒落なヴィンテージデザインが特徴で、
独特なレトロな世界観はカフェやバーなどと相性が良く、
ちょっとした待ち時間にサッと取り出して遊ぶのもオススメです。

シンプルなルールによってボードゲームに慣れていない方も気軽に遊べるようデザインされ、
コンパクトなマッチ箱に楽しさが凝縮されていますので、贈り物として、ボードゲームの入り口として、ライトなゲームとして、様々な方に遊んでもらいたいです!


◆T.A.WORKS:といろ様

今回PAYASOさんの「CLUMSY SANTA」でコラボという形で
関わらせていただきました、T.A.WORKSのといろです。

実はSharkyuuさんとはゲーム制作同期で年も近く刺激し合う中でした。
今や500円ゲームといえば「PAYASO」!!
このままオンリーワンに突き進んでいってほしいです!



◆Youtuber:竹内ラファエロ清人様

「彼は天才だ。」
1番最初にユウさんのボードゲームを手に取った時の感想です。
昨今インターネットの発達によりスマホゲームやオンライン通信が発達し、
人と人との繋がりがネットを介して繋がる一方、
人間関係が気薄になっている傾向があります。

そんな中アナログゲームPAYASOは複数人での対面形式で
オフラインの直接やり取りがメインとなり、必然的に生のコミュニケーションを取って
プレイヤー同士深い人間関係を築くことになります。

YouTuber同士PAYASOをプレイしたところ白熱し熱狂し狂気の世界に入り、
プレイ後は深い絆で結ばれ仲良くなりました。
PAYASOは持ち運びやすいボードゲームでありオシャレなインテリアであり
最強のコミュニケーションツールです。
人の人生や生活の在り方を根本から変える今まで見たことのないボードゲームを手にした瞬間
「彼は天才だ。」と痛感しました。

今回の新作もパッケージを見た瞬間ワクワクし今後のシリーズも楽しみです!
PAYASOファンの皆さん、ユウさんこれからも応援しています!楽しんでください!!

YouTuber : 竹内ラファエロ清人


皆様のおかげで、第7回のクラウドファンディングを行うことができました!
そして今後も皆様のご協力の元、新しいボードゲームファンを増やすべく、
500円ゲームを制作していきます♪

未だ油断できない現状が続いておりますが、こういう時こそ楽しむ何かを提供できるよう、
1人でも多くの方々を笑顔にできればうれしいです。

今後もご愛顧いただけますよう、よろしくお願いいたします。

※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。
 目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください