はじめに、私たちが本プロジェクトを立ち上げた理由。
       皆様方に、知っていただきたい真実を書きつづります。


       -  「やすらぎの最期」と「隔離された最期」  -
      
             ■ 「やすらぎの最期」とは ■                 

            「どんなにステキなプレゼントよりも」  

            「また明日も変わらぬ夜明けが見たい」  

        これは、「残り僅かな命」と知った末期がん患者様の言葉。

        そこに、「人として一日でも長く生きたい」との願いあり。

        その後、患者様はご家族様に看取られ息をひきとりました。

                            

            ■ 「隔離された最期」とは ■           

            「苦しくないですか?」 「大丈夫・・・」  

            数時間後、「・・・・」 「急変・心肺停止」  

        これは、「新型コロナウイルス」に感染した患者様の最期。

        そこに、「人として一日でも長く生きたい」との言葉なく。

        その後、患者様は隔離病床にて遺体収納袋に包まれました。

         

          ■ 「いのちつなぐ活動」に向けて ■

        人は誰しも「必ずや訪れる最期」について理解しています。

        その「最期を迎える日」まで一生懸命に生き続けています。

        だからこそ「最期を迎える日」とは「生に感謝すべき日」。

        そう思うことが「人として道理にかなうこと」でしょうか。

        

        しかしながら「新型コロナウイルス」は「不条理」であり。

        ある日、突然にして「人の大切な尊い命」を奪い去ります。

        それは、ご家族との面会も叶わぬ「孤独な最期」であって。

        今日現在の最先端医療をもちいても防ぐことができません。


        そこで、私たちが「コロナ禍の不条理」に成すべきことは。

        必ずや訪れるであろう「新型コロナ第4・5波」への準備。

        これまで学び得た教訓を通じた「いのちつなぐ活動」です。

        

        近日、私たちは一時的な感染減少に心のゆるみを生じます。

        その後、ワクチン投与の安堵から日常生活に羽を広げます。

        そして、「新型コロナ変異株に格好の環境」をつくります。

        

        すなわち「新型コロナ第4・5波」は「必然なる出来事」。

        必ずや「隔離された最期を迎える人」が増えるに違いなく。

        

        だからこそ、変異し続ける病原体との闘いに終止符を打つ。

        その確固たる目的をもって「事前準備」が急がれています。

        「新型コロナ感染重症者」の「尊い命」を救済するために。

        「コロナ撲滅」に向けた「いのちつなぐ活動」が急務です。

        「発熱・発症者」の「適切な患者移送」にご支援願います。



        


 はじめまして、私儀 (社)日本患者移送支援協会 代表理事 宮武勇司と申します。 

 当協会は、全国47都道府県にて「新型コロナ感染患者の移送活動」を行っています。

 その目的は一つ、「コロナ感染重症患者」の「尊い命」を「医療機関へつなぐこと」。

 それは、ダイヤモンドプリンセス号から始まった「過酷な現場最前線」の活動につき。

 これら「新型コロナウイルス現場最前線」を知りうる私たちが学び得たことを生かし。

 その教訓をもって、「いのちつなぐ活動(次なる準備)」に全力を投じてまいります。

 そこで、このたびはCAMPFIRE様にご縁を頂きまして活動基金の呼びかけを行います。

 本基金は、「新型コロナ阻止・撲滅」に直結した活動財源として有効活用いたします。

 一刻も早く、「人々の不条理な最期」などなき「あの日常生活」を取り戻す覚悟です。

 つきましては、以下本文(本プロジェクト)にお目を通して頂ければ幸いに存じます。

 皆様方からのご支援・ご協力を心よりお待ち申し上げます。

 


 当協会は今、先の見えない「新型コロナウイルス(COVID-19)・現場最前線」にいます。

 その最前線とは、新型コロナに感染された方を医療機関へ移送すべく重要な任務であり。

 当協会「患者移送従事者」は「新型コロナとの闘い」に昼夜問わず全力を投じています。


 昨年は「ダイヤモンドプリンセス号・コスタアトランチカ号」の患者隔離移送を経て。

 引き続き「厚労省・空港検疫所・保健所・医療機関」からの要請に車両・人員を派遣。

 今日もまた「新型コロナ感染者の患者隔離移送」を全国各地にて任務遂行しています。

 そこで、「新型コロナウイルス(COVID-19)」の国内感染拡大が始まり1年が経過。

 それは、私たち「患者移送従事者」にとっても「無我の境地」を見続けた1年であり。


 まずは、「コロナ感染100人」に「15人」が「重症者」との現状に身を震わせて。

 さらに、「コロナ感染100人」に「2人」は「感染死者」との真実に無念さを実感。

 そこに、「受け入れざるを得ない現実」から「コロナの脅威」を感じ続けてきました。

 よって、このたび皆様方への呼びかけは「コロナ現場最前線の悲壮なる願い」であり。

 「一人でも数多くの尊い命をつなぐため」の「新たな患者移送」にご支援を募ります。

 


 さて、新型コロナウイルス(COVID-19)の脅威とは「一瞬で人の命を奪い去ること」。

 その脅威は今、「病原体変異」によって「伝播力・毒性」を高めているのでしょうか。

 すでに、「新型コロナ変異株」の感染も確認され「第4・5波」の足音が聞こえます。

 緊急事態宣言(一時的抑制)の先に、「次なる脅威」は避けられないものと思います。

 世界的に始まったワクチン接種もまた、そこに持続期間も科学的に担保されておらず。

 繰り返し「新型コロナウイルス(COVID-19)」が私たちを脅かし続けることでしょう。

 そこで今、私たちが成すべき事は「これまでの経験」を生かした「事前準備」であり。

 限られた時間の中で「新たな危機対策(事前の備え)」こそが「尊い命」を救います。


 次に、我が国土は2011年の東日本大震災を経て「地震活動期」にあるとも言われ。

 「新型コロナ・大地震」という「重なり合う災害」も最悪のケースとして警戒が必要。

 本年2月13日に発生した福島県沖地震からも「重なり合う災害」の恐怖を感じます。

 「コロナ禍」における「首都直下・東海・東南海・南海地震」は要警戒と思われます。

 当協会のスタッフは「東日本大震災」においても数多く傷病者の患者移送業務に従事。

 たからこそ「新型コロナ・大地震」という「重なり合う災害」に恐怖を感じています。

 「我が国が経験したことのない大惨事」を想定した「いのちつなぐ活動」が急務です。

 すべては「これまでに経験したことのない自然災害」から「尊い命」をつなぐために。

 まずは、「新型コロナ感染者(中等症・重症)」の生命維持に向けた取り組みが急務。


 よって、「新たな移送体制の構築」は「重なり合う災害」にも即時対応できる仕組み。

 言わば、「コロナ感染患者・被災傷病患者」を迅速・適正に救済する体制が求められ。

 ここに、私たちは「民間救急車の高規格化(車内医療行為が行える環境)」を構築し。

 「医療機関までの道のり」において「軽症者を重症化させない仕組み」を実現します。


 それは、一人でも数多くの「尊い命」を救うべく「いのちつなぐ新たな活動」であり。

 ここに、私たちは「いのちつなぐ活動」として幅広く皆様方からのご支援を募ります。

 


        「民間救急車」から「民間ドクターカー」への進化

 このたび「いのちつなぐ活動」の主たる目的とは「尊い命を医療機関へつなぐこと」。

 「医療機関までの移送中」に「病症患者が少しでも重症化しないための最善策」です。

 「新型コロナ感染者」も同じく、「軽症者が重症化しないこと」が何よりも重要です。

 そこで、「何」が「どう」あって「コロナ感染軽症者」が「突然の重症」に至るのか。

 ここに、「無我の境地」を見続けた私たち「患者移送従事者」が提唱する大きな要因。

 それは、「発熱者(疑陽性)」が「医療機関(コロナ病床)」へ到着するまでの過程。

 そこに、「医療機関(コロナ病床)」へと「命をつなぐ移送品質」に大きな課題あり。

 言わば、「民間救急車」が「民間ドクターカー」へと「進化」すること急務であって。

 まさしく「一刻を争う病原体との闘い」に「新たな移送体制」の進化が求められます。

 

 日本国内に「医療機関保有」の「ドクターカー」は限られた数台しか存在しておらず。

 これら少数の「医療機関保有ドクターカー」だけでは「数多くの生命」を救えません。

 

 そこで私たちは今、「自費」にて「民間ドクターカー」を全国配備する施策を計画中。

 まずは、限られた資金にて「既存の民間救急車」に「救命用医療機器」を車内へ装備。

 当協会の保有救急車(全国30台)を「高規格化」することから始めたいと思います。

 コロナ禍にあって「患者移送」に従事する私どもに「国・行政の支援」はありません。

 「患者移送」に従事する「医師・看護師・救命士」に「公的支援」は一切届きません。

 しかしながら「新型コロナ現場最前線」にて「命の救済」を緩めることはありません。

 今日もまた明日も変わらず「コロナ終息」に向けて「今ある力量」を投じる覚悟です。

 

 ここに、本計画の早期実現化に向けて「民間救急車の高規格化」へご支援を募ります。

 皆様方のご支援を有効活用しつつ、「人の大切な尊い命」を救い続けたいと思います。



         ■ 「いのちつなぐ新たな民間救急」 ■

     - 「新型コロナウイルス」に闘い挑むための「新たな民間救急車」 -

 ① 「患者移送車(民間救急車)」に「新型コロナ専門医・看護師」が同乗すること。

 ② 「患者移送車(民間救急車)」にて「コロナ対処療法(薬剤投与)」を行うこと。

 ③ 「患者移送車(民間救急車)」にて「気管切開術・人工呼吸器装着」を行うこと。

         ① 患者移送中における「コロナ専門医の同乗」

 ● もしも、患者移送車内に「コロナ専門医」が同乗していれば「何」が変わるのか。

   ★ そこに「いのちつなぐ新たな活動」は「中等症から重症化する人々を救えます」。

         ② 患者移送中における対処療法(薬剤投与)

 ● もしも、患者移送車内で「対症療法(薬剤投与)」ができれば「何」が変わるか。

 ★ そこに「いのちつなぐ新たな活動」は「重症者の症状を軽減すること可能です」。

         ③ 患者移送中における「気管切開術・人工呼吸器装着」

 ● もしも、患者移送車内で「気管切開・呼吸器装着」ができれば「何」が変わるか。 

 ★ そこに「いのちつなぐ新たな活動」は「一人でも数多くの尊い命を救済します」。



 

     - 新たに変異し始めた新型病原体と向き合う時代に生きる私たち -

 さて、「インフルエンザウイルス」とは古代エジプトより数千年も生き続ける病原体。

 20世紀以降にあっても、4度のパンデミック(世界的流行)を引き起こしています。

 今日現在もなお、私たち人類は「ワクチン」にて免疫向上を図ることしかできません。

 そして21世紀、わずか20年ほどで次々と「新たな病原体」の脅威に直面する人類。

 あの「SARSコロナウイルス:重症急性呼吸器症候群」は「2002年」に感染拡大。

 つぎなる「MERSコロナウイルス:中東呼吸器症候群」は「2012年」に感染拡大。

 このたびの「新型コロナウイルス:COVID-19」は「2020年」に感染拡大。

  今日現在までの20年間、「新型病原体」は「日々進化(変異)」の過程にあって。

  ある結果に達するまでのプロセス(道のり)に沿って生き続けているのでしょうか。

  「新型コロナウイルス:COVID-19 」は「次なる脅威」を起こすに違いなく。

  だからこそ、私たちは「病原体に打ち勝つためのプロセス(道のり)」を間違えず。

  「科学的根拠」を待たずして「いのちつなぐ活動」を起こす必要があると思います。

  当面、コロナ禍にて私たちが目指すべきは「コロナ抑止・社会経済の両立」であり。

  重要視すべきは「コロナ感染による軽症者が中等症・重症に陥らないための施策」。

  これら「重症化させないための活動」を怠らず「社会経済の回復」を実現すること。

  これこそが「コロナ禍」において私たちが目指すべき指針であると確信しています。

  

  「人々の大切な尊い命」を「重症化させることなく最適な医療機関へとつなぐこと」。

  その目的を達成させるべく「いのちつなぐ活動」へのご支援を宜しく御願い致します。

  


【1】目標金額(5,000,000円/CAMPFIRE手数料差引分)に達したご支援の場合

 * 当協会保有の民間救急車に「シリンジポンプ(機械式注射装置)」を搭載します。

   「シリンジポンプ」は新型コロナ感染重症者に対する抗菌薬投与等に使用します。

   「シリンジポンプ」は「大規模災害現場」においても「救命処置」に役立ちます。


【2】目標金額(5,000,000円/CAMPFIRE手数料差引分)を上回るご支援の場合

 A.新型コロナ感染者の遠距離移送に同乗する「専門医・専従看護師」に支給します。

   「専門医・専従看護師」は民間救急車の車内にて「救命・医療処置」を行います。

   「専門医・専従看護師」は「大規模災害・被災現場」にて「尊い命」を救います。

 B.ご支援額に応じて「車載型人工呼吸器(レスピレーター・トリロジー)」を車両搭載します。

   「車載型人工呼吸器」は新型コロナ感染重症者の遠距離移送に不可欠な装置です。

   「車載型人工呼吸器」は「大規模災害現場」において「生命維持」に役立ちます。


 C. 「民間ドクターカー(車内陰圧型・飛沫循環抑制車両)」の随時購入を行います。

   民間ドクターカー購入額:20,000,000円(医療機器搭載費含む)/1台当たり

   目標:全国9拠点(北海道・東北・北陸・関東・中部・関西・中国・四国・九州)

【3】目標金額(5,000,000円/うちCAMPFIRE手数料差引分)に達しない場合

 * ご支援額に応じて新型コロナ患者移送に必要となる諸費用に活用いたします。

   ・ 民間救急車の車内に設置する感染防止具(室内隔離養生シート)購入

   ・ 民間救急車の運行に使用する感染防止具(防護服・N95マスク)購入 

   ・ 民間救急車の運行に従事する医療従事者(医師・看護師)の手当補填

   

   新型コロナ患者移送に従事する車両・人員に行政等からの公的支援はありません。

   皆様方のご支援は新型コロナ患者移送(現場最前線)に直結した財源となります。

 


  世界中で新たに変異し始めた「新型コロナウイルス(COVID-19)」との闘いにおいて

  私たち(社)日本患者移送支援協会【日本民間救急ネットワーク・ニッポン寝台】は、 

  「民間ドクターカー(病原体隔離移送車)」導入に向けたプロジェクトを開始します。


 

  すべては「新型コロナウイルス(COVID-19)」から「尊い命」を守り抜くために。

  ここに、「いのちつなぐ活動基金」として数多く皆様方からのご支援を募ります。

  皆様方からのご支援は、「新型コロナウイルス終息」へ直結した財源となります。

  皆様方とともに「あの日常生活」を取り戻すべく全身全霊で業務に取り組みます。



             - 新型コロナウイルス関連移送業務 -

                 (2020.2~今日現在)


 ダイヤモンドプリンセス号(神奈川)/2020.2月                       各国大使館・領事部の要請に基づく羽田空港(チャーター機)への濃厚接触者・隔離移送

    

 コスタアトランチカ号(長崎)/2020.5月                          コスタクルーズ本社の要請に基づく船舶乗組員の母国送迎(フィリピン・インドネシア)


③ 東京都立病院会(東京)/2020.5月                           新型コロナウイルス感染重症者の病症確保を目的とした中等症・軽症者の病院間転院移送

  

 厚生労働省(空港検疫所)/2020.5月~今日現在                         日本国内の国際空港にてPCR陽性者・濃厚接触者の指定医療機関に向けた隔離患者移送

     

 全国47都道府県・保健所/2020.5月~今日現在                         発熱者の医療機関(PCR検査実施病院)向け隔離移送および陽性患者の病院間転院移送


⑥ 各種スポーツ開催会場/2020.5月~今日現在

発熱者の医療機関(PCR検査実施病院)向け隔離移送および陽性患者の移送待機業務




  このたび、「いのちつなぐ活動」は「尊い命をつなぐこと」を目的としています。

  従いまして、返礼品等による御返礼(リターン)をご準備することができません。

  ご支援頂きました方々にはメール(メールご登録の方)にて御礼を申し上げます。

  なお、活動内容の進捗につきましては以下ホームページにて公開させて頂きます。


  ニッポン寝台(日本患者移送支援協会) : 公式ホームページ   

  http://k-mtw.co.jp/nippon_sindai.htm


  

        - 皆様方からのご支援を未来の救命活動へつなぎます -

  本活動は、日本国内において「民間人による救命活動の在り方」を切り開きます。

  「次世代を担う若者たちに、胸を張って取り組んで頂ける仕組み」を創造します。

  本活動「いのちつなぐ活動」が「大切な尊い命」を救い続けることお約束します。

  皆様方のご支援は、次なる時代が創造する「未来の救命活動」へとつながります。

 


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合もご支援額に応じて「いのちつなぐ活動」を実行します。


<活動実行者>

団 体 名 : 一般社団法人 日本患者移送支援協会

代 表 者 : 代表理事 宮武勇司

協会所在地 : 香川県丸亀市原田町2196-1ニッポン寝台ビル2F

協会連絡先 : 0120-455-911(ニッポン寝台コールセンター)

活動エリア : 全国47都道府県(救援車両台数50台・救援従事者100名)

主たる活動 : 1.末期癌患者・難病患者・臓器移植患者・病原体感染患者の移送業務

        2.大規模災害時における医療機関との連携に基づく救急救命活動業務        

        3.民間救急車・ドクターヘリ・医療ジェットを活用した患者移送業務

        4.上記、各号を行うために必要とする寄付金(支援金)募集活動業務

特記事項等 : 当協会事務局・ニッポン寝台コールセンターは2010年創業当初より

        国内にて想定される大規模自然災害(地震・台風等)に影響を受けない

        香川県丸亀市(四国山脈と瀬戸内海に囲まれた地域)を拠点としました。

        大規模自然災害時に公的機関等より人的救助要請を受けた際は、当協会

        事務局・ニッポン寝台コールセンターから全国出動拠点(50ヶ所)に

        対して迅速・的確な民間救急車・医療従事者の派遣要請を行います。

        



   来春こそは、すべての人々が「満開の桜」を見られますように・・・。

      (社)日本患者移送支援協会【民間救急・ニッポン寝台】 スタッフ一同より

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください