はじめまして。⼤阪府出⾝のサッカー選⼿、松本光平です。今回、ABCテレビ『Re:スポーツ』の協⼒の下、新たなクラウドファンディングを設⽴致しました。去年5月に、トレーニング中に両目を負傷し、目がほとんど見えなくなりながらも、術後のリハビリを乗り越え競技復帰を果たしました。このような状況になっても、私が今もプレーできているのは、クラウドファンディングのお陰でもあります。実は、負傷後の手術は、クラウドファンディングで集まった皆様からの支援金で受けることができました。その結果、最悪の事態だった眼球摘出を免れることができ、また、苦しいリハビリを乗り越え、今では再びプレーできるまでに回復しています。自分自身がこんな状況になったからこそ、自分が活躍する姿を見せる事によって多くの人に希望を与えられるのではということを糧に怪我をする前の自分よりも絶対に上手くなってやる!という強い思いで日々練習に励んでいます。

私は、大阪府で生まれ、幼い頃からサッカーが大好きなサッカー少年でした。中学校時代には、セレッソ大阪U―15に所属し、山口蛍選手や柿谷曜一朗選手らとチームメイト、高校時代はガンバ大阪ユースに所属し、倉田秋選手や宇佐美貴史選手らとともにチームは全国大会での優勝も経験しました。


そして、高校卒業後と同時に高いレベルを目指し海外でのキャリアをスタートさせました。イングランドの名門チェルシーFCの下部組織やニュージーランドのオークランド・シティFC、ワイタケレ・ユナイテッドなど、トライアルも含め10 カ国以上でプレー。国際大会も経験し、オークランド時代には、親善試合では日本代表とも対戦しました。


そんなキャリアの中で、2019年には日本人で唯一、FIFAクラブW杯の舞台に立つことができました。

しかし、その翌年の2020年5月、ニュージーランドの自宅でのトレーニング中の事故で失明の危機に突然襲われました。目の視力はほとんど見えない状況で、かすかに見える左目の視力は水中で目を開けているような感覚です。今でも目の前の料理もどんな料理なのかは口にしてみないとわからない状況で自炊をしていても肉が焼けているかどうかもわかりません。そして段差などの凹凸が目で把握することができないため、階段などの上り下りには今も苦労しています。


そんな中、現地や日本の専門医にも視力の回復の可能性は1%2%と言われてきました。それでも、わずかな可能性にかけて手術を執刀したいと言っていただける病院を見つけ、募集させていただいたクラウドファンディングでは3日で目標金額の300万円に到達。手術を受けることができました。

正直、私自身このクラウドファンディングでの反響には誰よりも驚きました。そして同時に、この支援を無駄にするわけにはいかない。この想いを原動力に、自分が競技に復帰し、他の選手に負けないプレーをして、プロアスリートとして世界で活躍し続けることが恩返しだと思い、コロナ禍でチームに合流できない中でも、その実現へ向け日々練習に励んでいます。私は、2月に開催予定のクラブワールドカップにオークランド・シティFCの一員として出場予定でしたが、コロナ禍の影響によりチーム自体が不参加となってしまいました。しかし、次のクラブワールドカップはこの日本で今年の12月に開催が決まっています。現在、私はその大会に出場すべく、トレーニングを続けています。

 

私は現在も、かすかに見える左目をたよりに、練習や試合では競技用メガネをかけながらなんとかプレーを続けることができていますが、片目に負担をかけている分、左目の視界もここからさらに低下していく可能性が十分にあると言われています。

ただ、唯一見える左目に頼らざるを得ない状況の中で、左目の視力回復、少なくとも維持が現役を続けるためには必要不可欠です。この目でプレーするためには各分野のエキスパートによる専門的な分析、動作解析、視覚機能向上トレーニングなど、今まで以上の努力と専門店なトレーニングが必須になります。

また、眼の焦点(遠近感、スピード、距離を測る)、視野(入ってくる情報量を多くする、見える範囲を広げる)、追跡(眼球運動)といった点を鍛えるためにはスペシャリストによるサポートも必要になり、肉体的負担、経済的負担は今後どんどんと大きくなっていくかもしれません。それでも、継続的な治療を続けていき、プロアスリートとして一日でも長く、より向上を目指してプレーを続けていくことが、今の自分にとっての使命だとも感じています。


現在わずかに見える左目の視力回復、維持を行うと同時に、各分野のエキスパートによる専門的な分析、動作解析、視覚機能向上のためのトレーニング費用、パーソナルサポート費用、眼のスペシャルリストによる、手術を受けずに視力向上を促す眼球ケアなどの治療費をこのクラウドファンディングでご支援頂き、一日でも長くプロアスリートとして現役を続け、今年12月に日本で開催予定のクラブワールドカップ出場を目指します。


【資金の使い道】

集まった資金*は、競技を続ける上で必要になる専門的トレーニング、及び視力回復・視力維持を目的とした治療費を中心に今後の活動資金として利用させていただきます。

*クラウドファンディング手数料(10%)や返礼品製造・郵送費等を差し引いたもの

---------------------------------------------------------
第一生命では、入力いただいた内容を以下の業務などに活用します。
● 関連会社・提携会社を含む各種商品・サービスの案内・提供
● 第一生命の業務に関する情報提供・運営管理
※ 各種商品・サービスの詳細は、こちらでご覧いただけます。

https://www.dai-ichi-life.co.jp/personal_date/index.html

----------------------------------------------------------

【リターンについて】


長く海外で生活を続けてきましたが、事故をきっかけに、1人で生きているのではないことを改めて実感することができました。この先、様々な障害を持つ方を勇気づけられる存在となることはもちろん、応援して下さる多くの方々の想いを背負って、ハンディキャップを乗り越え、再び世界の舞台で活躍する姿をお見せできるよう、常に前を向いて精一杯突き進んでいきます。世界中がコロナ禍で苦しい状況の中で、大変心苦しいお願いとなりますが、1人でも多くの皆さまからのご支援を心よりお願い申し上げます。

【プロフィール】

●氏名 松本光平
●生年月日 1989年5月3日
●年齢 31歳
●出身 大阪府大阪市
●趣味 筋トレ
●特技 走ること
●所属 
  マネジメント:11aside
  チーム:オークランド・シティFC
●経歴 
2002-4年 セレッソ大阪U-15(柿谷選手と同期)
2005-7年 ガンバ大阪ユース(倉田秋選手が1歳上)
2008年からは単身海外に渡り、トライアルも含め10カ国以上でプレー。
2019年 ニューカレドニアのクラブ、ヤンゲン・スポートで大会唯一の日本人選手としてクラブW杯出場


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください