はじめに・ご挨拶

はじめまして!CJ ANGKOR NUTSのプロジェクト責任者、藤井秀雄と申します。

こちらのページをご覧いただき誠にありがとうございます。

私たちCJ ANGKOR NUTSは、2019年11月に走り出したばかりの日系カンボジア企業です。

日本の農業モデルとカンボジア農業モデルの融合をはかり、

現地の方々と共にブランディング農業を行い、

カンボジアの農産物や加工品の開発と販売を目的として設立いたしました。


このたび、私たちはカンボジアでオーガニック農法と日本の農法を駆使して、

最高品質のカシューナッツをつくるプロジェクトを立ち上げる事にいたしました。

 

皆様には、このプロジェクトを知っていただき、ぜひ応援していただきたく、

クラウドファンディングに挑戦しますので、プロジェクト内容をご覧いただけたら幸甚です。

こちらがカシューナッツの木です。植樹後3年~4年で実り始めます。

カシューナッツの木に実るカシューアップルです。カシューナッツはカシューアップルの下の部分にできます。

カンボジアのカシューナッツ事情と今後

カンボジアのコンポントム州、プレアビフィア州では、

カシューナッツの栽培に適した土地が広がっており、

以前からカシューナッツの栽培がおこなわれてきました。

美味しいカシューナッツが収穫できます。

しかし、収穫量を増やすための植え付けや収穫の技術に関して、

多くの農家はあまり情報をもっていません。

また、カンボジアでは加工技術も発展していないために、

収穫された殻付きカシューナッツの多くは安くベトナムに輸出されてきました。 


カンボジアの農林水産省は2019年、カシューナッツの生産に関する研究を担当する

ワーキンググループを設立し、今後生産を10倍に増やすという目標を掲ています。

また、加工品の開発が農家の収益向上のカギとなってくることは間違いありません。


私たちは、カシューナッツの加工品の開発と販売を大きな目標としています。

よりおいしい製品をつくるためには、原料の品質も非常に重要になってきます。

原料もある程度自社生産していくのがベストと考えました。

また、近隣のカシューナッツ農家とも連携し、必要な技術の提供などの支援を行って、

カシューナッツの品質向上をはじめ、経済的に苦しい農家の自立支援などを行っていきます。


私たち、カシューナッツ栽培をはじめます!

やはりカシューナッツをつくるならオーガニックがいいでしょ。

ということで、いろいろと現地のスタッフと検討しました。

プレアヴィヒア農場責任者 チャム

プロジェクト責任者 藤井


オーガニックだといろいろ大変じゃない?とか、

カンボジアのスタッフにオーガニック栽培が果たしてできるのだろうか?

いろいろな意見が出ましたが、出た結論は。。。ほったらかし栽培!

少し雑な名称ではありますが、やることは草取りと剪定がメインで、

余計なことはしないという、とてもシンプルな栽培方法です。

施肥(肥料を与えること)はしますが、こちらは日本が誇るボカシ肥料を使っていきます。


ボカシ肥料とは

ボカシ肥料とは、土の微生物そのものを活性化させてバランス良い生育を促す有機肥料で、

米ぬかなどの有機肥料に土やもみ殻などを混ぜて発酵させてつくります。

生の有機肥料は、発酵分解されるまで時間がかかり肥料として効いてくるのが遅いのですが、

ボカシ肥料は発酵済みなので即効性があります。非常に使いやすい有機肥料です。

CJ ANGKOR NUTSと交流のあり、

ミャンマーで農業支援をしている日本のNGO団体・グレーターメコンセンターでは、

たくさんのボカシ肥料を作って現地で実績を上げています。

グレーターメコンセンターのボカシ肥料です。このボカシ肥料はとてもいい仕事をします。


私事ではありますが、私、藤井は2007年に脱サラし東京から福島へ移住し、

2011年3月の東日本大震災まで兼業農家をしておりました。

この10年でご縁のあったカンボジアにて、リベンジともいえる挑戦でもあります。

実際に、私が福島で農業をやっていた時、

ほったらかし農法×ボカシ農法で、柿やビワ、枝豆やロメインレタスの栽培しておりました。


いよいよ念願の農場の土地探し

CJ ANGKOR NUTS メンバーの一人である小島氏から、

小島氏:「早くカシューナッツ植えたいよね?もう土地買っちゃおうか?あまり予算はないけど。」

CJ ANGKOR NUTS メンバーの一人である小島氏。日本側の調整業務などを担当しています。


チャムと私:「・・・そうですね、安くていい土地を探してみます。」

ということで、バイクで各地を巡る、過酷な土地探しが半年にわたって繰り広げられました。

そしてある日、チャムから連絡が入りました。

チャム:「いい土地があります。森じゃなくて平らな土地です。」

藤井:「値段が問題だね。とにかく頑張って土地のオーナーと交渉してくれるかな。」

翌日、チャムから再度連絡が。

チャム:「こちらの希望の金額で売ってくれるそうです!やりましたー!」


プレアヴィヒア農場土地詳細

場所:カンボジア王国 プレアヴィヒア州

面積:10ha 

カンボジア王国はタイ・ベトナム・ラオスと接しています。有名なアンコールワットがあります。

農場があるプレアヴィヒア州。アンコールワットのあるシェムリアップに接しています。

世界遺産のプレアヴィヒア寺院も近くにあります。いつか遊びに来てください。


カシューナッツの苗木にこだわる

農場へ植樹するカシューナッツの苗木選びも厳選しました。

コンポンチャム州とプレアヴィヒア州の苗木農家さんをいくつも回りました。

その中でも、とても良質の苗木を栽培しており、お人柄もいいオーンさんの農場で調達しました。

いい苗木が見つかりましたー!ぜひ木のオーナーになってください。(チャム)

栽培を一緒にお手伝いいただく、農家のセンさんとペンさん。そのご家族です。


今年、カシューナッツの木を2000本植樹します。

皆さんのご支援にお応えすべく、美味しいカシューナッツを作ります!

スタッフ一同がんばります!


リターンのご紹介

おいしいカンボジア産カシューナッツを是非ご賞味ください。

5,000円以上のご支援で農場に建てる看板にお名前を掲載いたします。

いつか農場へ見に来てください。

10,000円以上のご支援では、木にお名前のプレートをおかけします。

また、日本ではあまり知られていない、

カシューナッツをペースト状にしたカシューバター150gもお付けいたします。

このカシューバターは、プノンペンにあるオーサカ・ベーカリーさんにご協力をいただき

おつくりします。オーサカ・ベーカリーさんは、日本人の小谷みどりさんが経営しており、

貧困や親の虐待で学校に通えなかったカンボジア人の若者へ働く場を提供しています。

私たちは、オーサカ・ベーカリーさんとカシューナッツを使った商品開発を

積極的に行ってまいります。


ご支援額:3,000円

1 カンボジア産カシューナッツ 150g 

(新鮮なカシューナッツをお届けするため2022年4~ 5月頃発送になります)
 ※まだ実らないので農園と同じ地域で採れた弊社ブランドのカシューナッツ150gになります。

2 心を込めたお礼のメッセージ


ご支援額:5,000円

1 カンボジア産カシューナッツ 150g
 ※まだ実らないので農園と同じ地域で採れた弊社ブランドのカシューナッツ150gになります。

2 心を込めたお礼のメッセージ

3 農園に建てる看板にお名前を掲載いたします。(法人名でも個人名でもOKです) 

  いつの日かプレアヴィヒアへ遊びに来てください。


ご支援額:10,000円

1 カンボジア産カシューナッツ 500g
 ※まだ実らないので農園と同じ地域で採れた弊社ブランドのカシューナッツ500gになります。

2 オーサカ・ベーカリー×CJ ANGKOR NUTS コラボ

  カンボジア産カシューナッツで作ったカシューバター 150g

バケットに塗るのはもちろん、クラッカーに乗せたり、カレーの隠し味にどうぞ。とても美味しくいただけます。

3 心を込めたお礼のメッセージ  

4 カシューナッツの木へお名前プレートをおかけいたします。(法人名でも個人名でもOKです) 

5 農園に建てる看板にお名前を掲載いたします。(法人名でも個人名でもOKです)

  いつの日かプレアヴィヒアへ遊びに来てください。


ご支援額20,000円

1 カンボジア産カシューナッツ 1kg
 ※まだ実らないので農園と同じ地域で採れた弊社ブランドのカシューナッツ1kgになります。

2 オーサカ・ベーカリー×CJ ANGKOR NUTS コラボ 

  カンボジア産カシューナッツで作ったカシューバター 150g×2

バケットに塗るのはもちろん、クラッカーに乗せたり、カレーの隠し味にどうぞ。とても美味しくいただけます。

3 心を込めたお礼のメッセージ

4 カシューナッツの木2本へお名前プレートをおかけいたします。(法人名でも個人名でもOKです) 

5 農園に建てる看板にお名前を掲載いたします。(法人名でも個人名でもOKです) 

  いつの日かプレアヴィヒアへ遊びに来てください。


ご支援額30,000円

1 カンボジア産カシューナッツ 1.5kg
 ※まだ実らないので農園と同じ地域で採れた弊社ブランドのカシューナッツ1.5kgになります。

2 オーサカ・ベーカリー×CJ ANGKOR NUTS コラボ

  カンボジア産カシューナッツで作ったカシューバター 150g×3

バケットに塗るのはもちろん、クラッカーに乗せたり、カレーの隠し味にどうぞ。とても美味しくいただけます。

3 心を込めたお礼のメッセージ

4 カシューナッツの木3本へお名前プレートをおかけいたします。(法人名でも個人名でもOKです) 

5 農園に建てる看板にお名前を掲載いたします。(法人名でも個人名でもOKです) 

  いつの日かプレアヴィヒアへ遊びに来てください。


資金の使い道

皆さまからいただいたご支援は、

リターンの費用、農地の購入費、農場整備費、苗木購入費、人件費の一部に使わせていただきます。

最後に

収穫量が安定してきましたら、

日本でも私たちのプレアヴィヒアの農園でとれた

カシューナッツを流通させたいと思っております。

そのまま食べていただくのはもちろんですが、

スイーツショップさんやパン屋さんなどにも、

ご利用いただきたいと思っております。

また、カシューナッツやカシューアップル加工品の開発も積極的に行っていきます。

弊社の収益の一部は、カンボジア農村地域の自立支援のため使わせていただきます。

CJ ANGKOR NUTSを今後とも応援していただけたらありがたい限りです。

どうぞよろしくお願い申し上げます!


CJ ANGKOR NUTS CO,LTD.

#112.St472.S/K Toul Tompong1.Khan Chamkarmon Phnom Penh 12310 


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/03/10 17:17

    皆様ご支援ありがとうございます。コメントでいただきましたが、お送りするのは、生ではなくローストしたカシューナッツとなります。皆様からのご支援お待ちしております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください