はじめに・ご挨拶

皆様からの御支援により目標額【120万】を想定より早く達成でき、今後の存続営業が可能になりました、誠に有難うございます<(_ _)>

この度じょにお元店長が復帰する事が決まりました。しばらく療養しながらになりますが完全復帰を目指し、定休日を無くせるように体制を整えます。復帰に伴い配信、イベント運営の活性化を図ります。

この業界、泳ぎを止めたら下流に流され消えてしまいます。 

今後の永続的な安定運営および中野TRF発展の為 「NEXT目標」として【200万】を設定させて頂きたいと思います。中野TRF発展の為、今一度皆様からの御協力、御支援を宜しくお願い致します<(_ _)>

NEXT 資金の用途

じょにお店長復帰に伴い春のGUILTY GEAR最新作「GUILTY GEAR -STRIVE-」に向けて新館拡充(配信・設備)計画を従来より強化させたいと思います。(APM3の導入予定は現時点ではございません。)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

東京都・中野ブロードウェイ4階で、ビデオゲームゲーセン 「中野TRF」を運営している喜多と申します。

『サブカルの聖地/中野ブロードウェイ』の4階(通路!?)で『ビデオゲーム専門店』として2004年より現在まで18年営業しております。


このプロジェクトで実現したいこと

緊急事態宣言を受け、当店では土・日・祝日の20時閉店、平日の「全休」を余儀なくされ3月7日以降の通常営業再開後も、いつまで新型コロナウィルスの影響が続くか分からない状況で毎月の家賃/管理費、その他の維持費は掛かってしまいます。

3月の通常営業再開後にも『古き良き「熱き」時代のゲーセン』のスタイルを維持・保全しつつ「新しい時代のビデオゲーセン」のスタイルをも模索し「ビデオゲームゲーセン文化 」を未来永劫存続させて行きたいと思っております。

資金の使い道

①今回のプロジェクトで集まった資金は当面の営業維持の為にまず使わせていただきます。
②次に新型コロナウィルスの影響がいつまで続くか分からない状態ですので、3月7日以降の通常営業再開後の安定運営の為にも、ある程度の見通しが立つまでは資金をプールさせて頂きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

③新型コロナウィルスの影響が落ち着いたら「新しい時代のビデオゲーセン」を模索する為に本館付属の「新館レンタルスペース」を更に進化発展させ「近未来型ビデオゲーセン(ゲーミングスペースとの共存)」を構築していく為に使わせて頂きます。

④新館ゲーミングスペースの強化費用(高性能ゲーミングPC、高性能ゲーミングモニター、他)

⑤老朽化したマシンの今後のメンテナンス維持費

 その他、イベント開催維持費など
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※③~⑤は順不同で、支援金額総計次第で可能なものから順次実現して行きます。

①  営業再開後に新型コロナウィルスの影響が落ち着くまでの店舗維持費 約50万
② 新型コロナウィルスの影響が落ち着いた後の発展及び保全費用 約50万


リターンについて

①1000円 CAMPFIRE内メッセージでお礼、活動報告の支援者限定公開が読めます 

②5000円 当店HPに支援者のお名前(ハンドルネーム) を掲載します。※備考欄に掲載用のハンドルネーム(10文字以内)をご記入ください

②10,000円 支援者のお名前(ハンドルネーム)を集めて1枚のポスターにして当店の店内に掲示、当店が続く限り掲示します。 ※備考欄に掲載用のハンドルネーム(10文字以内)をご記入ください

③ 100,000円 『企画持ち込み』 当店で開催可能なお好きな企画を持ち込めます。新館1日貸切りでのイベント、又は本館にて特別開催(複数台可)★ ★本人不在でも大丈夫です、遠方の方が企画だけ投げるのもOK!★★詳細はメールか現地でのやり取りとなります。 ※前回のリターンでは『サイバーボッツ大会の定期開催』という企画を実行しております。(企画の実行は当店主導になるので、支援金額以外の経費・費用は掛かりません)


最後に
インベーダーブームの頃から共に歩んできた「ビデオゲームゲーセン」文化を 一生をかけて守っていきたいと思っております。今後も「中野TRF」を維持継続できるよう何卒ご支援を宜しくお願いいたします。

中野TRF 喜多 衛一郎


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

★イラスト・羽風くじら、緋色 (メイドゲーセン@TRFの元メイド店員達)
★TRFロゴ・曽我部修司(ペルソナ3・旋光の輪舞など)

当店の沿革

※1998年 10坪ほどの小さなお店「荻窪EXC」開業(店名はゲーマー時代のスコアネーム「EXCHANGER」から。

※2000年 「GGX(梅喧)」で当時無類の強さを誇っていたモミアゲ氏を店員としてスカウト(第1回サミーズカップ全国大会出場https://www.guiltygearx.com/old/archive/ggx/event/007sm_03_04.html 11ブロック)(※以後、昨年4月のコロナによる人件費削減の為の退職まで20年間共に歩む)

※2004年 2店目としてビデオゲームに特化したゲーセン「中野TRF」を開業

※2005年 「世界初・メイドゲーセン@TRF」プロジェクトを当時の店長ちぬゾウ氏が企画、メイド店員達がTV・雑誌・新聞など多数のメディアに取り上げられました。

※2005年 史上最年少店長(18歳)「ぶっぱぎゅう」氏を誕生させるなど業界に話題を振りまく、GGXXのカイ全1プレイヤーである彼のカイ講座では、あの通路に100人集まった。

※2007年   ニコニコ動画にて「AC/北斗の拳」動画が大ブレイク!
https://www.nicovideo.jp/tag/%E4%B8%AD%E9%87%8ETRF?sort=v&order=d

※2008年 当時の店長じょにお氏がスティッカムにてGGXX-ACのライブ配信(業界初)を始める。

※2009年 「荻窪EXC」時代からのキリハメ常連「K.I」氏が店員として「入荷」される。初めての1人勤務の日に行われた突発北斗の拳大会(第1回 月曜拳)は伝説となる。https://www.nicovideo.jp/watch/sm6611626  3月16日 中野TRF北斗の拳大会 「はじめてのおるすばんSP」 その2(再生数451,138 )

※2009年  ニコ生中継にて「ストIV 」「AC/北斗の拳」等を『ゲーセンからライブ配信』という新しいビデオゲームの楽しみ方を定着化させる。「ストIV 無差別級大会」のライブ配信には「ウメハラ」「マゴ」「ふ~ど」をはじめ現プロゲーマーが多数参戦。
【“尻職人”倉持由香がプロゲーマーと結婚!「ストIV」きっかけで“カプ婚”】https://thetv.jp/news/detail/211180/ 


※約20年来の知人・プロゲーマー「マゴ」氏https://twitter.com/magotto3/status/1231228806175715328  今日は俺が初めて常連になった荻窪EXCっていうゲーセンの連中との18年ぶりぐらいの飲み。中野TRFのオーナー見た瞬間、懐かしすぎて泣きそうになってもた。午後11:46 · 2020年2月22日·Twitter




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください