皆さん、はじめまして。2020年に現役を引退した奈良県橿原市出身の元バドミントン選手・髙橋礼華です。学生時代、体育の授業や遊びでされた方も多いと思いますが、バドミントンは、スピード感と駆け引きが魅力の競技であり、子どもからご年配の方までが楽しめる生涯スポーツです。

最近では、桃田賢斗選手や山口茜選手をはじめとした世界でもトップレベルの日本人選手がたくさん登場し、その急成長する実力は今や世界から見ても「バドミントン大国」と言われるほどです。そのお陰で、有り難いことに国内での競技人口も増加し、バドミントンを始めた多くの方に競技の楽しさを知っていただいていると私自身も実感しています。そんな中、東京五輪を目指してきた私は、新型コロナウイルスの影響で五輪開催が延期となり、2020年8月に現役を引退しました。選手として、もう一度五輪で活躍し、楽しさを伝えることはできませんでしたが、引退したからこそ、子どもたちへできることもあるのではないかと思いました。

私自身、競技を離れて改めて感じたのは、「やっぱりバドミントンっていいな」という子どもの頃に経験した純粋な思いでした。この思いを次の世代に伝えるために、五輪金メダリストの私にできることは、この先、自分自身が今感じているバドミントンの楽しさを届け、その魅力をより多くの方々に知っていただける機会を作ることではないかと考えています。

ゆくゆくはメジャースポーツと言われるまでに発展させていくきっかけにもなるかもしれない。そんな想いで、今回のクラウドファンディングへの参加に至りました。


(生後4か月の妹・沙也加(左) と写る当時2歳の髙橋礼華(右))

私は奈良県橿原市で生まれ、6歳の時にバドミントンと出会いました。母親がバドミントンをしていたので、練習について行って遊びでやっていたら楽しくなり、のめり込んでいきました。当時はピアノ、水泳も習っていましたが、小学4年生の時に全国大会で優勝したことがきっかけで、バドミントンに専念するようになりました。

(小学4年時の髙橋礼華【若葉カップ】)

(小学4年時の髙橋礼華(左)と妹・沙也加(右))

(小学校の卒業文集)

やっぱりスポーツは、試合に勝つと楽しいですよね。もちろん勝つことだけではなく、出来なかったことが出来るようになったり、スポ―ツを通じて出会った仲間と再会できたり、バドミントンを通じて私はスポーツの楽しみ方を学ぶことが出来ました。その頃は30歳までバドミントン選手としてプレーをしている姿は想像していませんでしたが、大きな転機となったのは高校時代、1学年後輩の松友美佐紀選手とダブルス“タカマツペア”を組んだことでした。

(高校時代の髙橋礼華(右))

高校3年生の時にはインターハイで優勝し、卒業後は実業団へ。タカマツペアを続け、2014年には、女子ダブルスで日本勢初の世界ランキング1位に立つこともできました。

そして、2016年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを手にすることができました。2大会連続での「五輪で金」を目指していましたが、その4年後となった昨年、新型コロナウイルス拡大によって東京五輪延期となり、2020年8月に現役を引退しました。


「日本は強い」と言われますが、直近のリオ五輪では私たちの金メダルと奥原希望選手の銅メダルの2つしかメダルを獲れていません。女子ダブルスでは、私たちの前には、ロンドン五輪銀メダリストの先輩フジカキペアがいて、私たちタカマツペア、そして、新たな金メダル候補が何人もいます。年々選手も強くなってきていますし、注目度も上がってきている今は、日本でも本当の意味でのメジャースポーツになるための発展の真っただ中だと思っています。 

盛り上がりを見せ始めたバドミントン界の系譜を未来に繋げていくためにも、今はとても大事な時期です。新型コロナウイルスで何もできない状況を変えていかなければいけません。現役引退後、バドミントン講師として全国を飛び回らせていただき小学生を中心にバドミントンの楽しさを少しでも伝えられるよう頑張ってきました。教える難しさ・楽しさを感じるとともに、思ったこと…それは小さいころに真摯にバドミントンに取り組んできたことが、“今”に繋がっているということでした。

新型コロナウイルスで試合がなくなり、競技を離れてしまいたいと思う子もいるかもしれない。そんな子どもたちにもう一度純粋にバドミントンを楽しんでもらいたいと心から思っています。


そうした中で、今回のプロジェクトを絶対に実現したいと思っています。私は、現役を引退して競技の原点である“楽しさ”に回帰することができました。

また、今現在、日本人選手の活躍により世界でトップを狙える競技として、多くの方にバドミントンを始めていただけていることはとても嬉しい限りです。競技をやっていく中で本当の楽しさを私なりに描いた形が、小学生向けの“楽しさ重視”の大会開催です。まずは私の地元である奈良県で大会を開催できればと思っています。

(小学6年生当時の髙橋礼華)

バドミントンを競技として捉えた時、どうしても「辛さ」にもぶち当たってしまいます。ただ、そこに楽しさがあるからこそ、続けられるスポーツでもあると思っています。その楽しさを伝える、魅力ある大会を発信していくために、大会では、シングルスだけではなくダブルス、さらに3対3など、公式にはない独自の特別ルールを設けるなど、イベント感覚の楽しい大会にしていきたいです。

さらに、会場にキッチンカーを用意して、私自身が選手やそのご家族と楽しく会話ができる場所を提供するなど、大会を観に来ていただく方へも「観戦ってこんなに楽しいんだよ」ということを届けていければと思っています。今回の大会がスタートとなり、将来的にはバドミントン選手をもっと知ってもらったり、楽しくバドミントンを観戦してもらったりとたくさんの方がバドミントンに興味を持つ手助けになれればとも思っています。


【大会概要】

■大会名 髙橋礼華ドリームカップ
■開催時期 2021年年内 2日間予定
 ※新型コロナウイルス等の状況を鑑み、開催時期を決めさせていただきます。
■大会目的 
新型コロナウイルスの影響により多くの小学生大会が中止となっている。特に小学6年生にとってその悔しさ、虚しさは計り知れないものがある。本大会では小学生の選手たちにとって最高の思い出作りとなるよう手助けするとともに、選手相互の絆を深め、バドミントンの楽しさを改めて再認識してもらうことを目的とする。
■開催場所 奈良県
■会場 調整中
■参加規模 
  奈良県内の小学生に向けての大会とする
■参加資格 
  奈良県小学生バドミントン連盟に所属するチームの6年生(予定)
■入場制限
  一般の方は入場することができません。


【資金の使い道】

今回クラウドファンディングでは、目標金額を300万円として、以下のために充てさせていただきます。

・大会運営費
・返礼品製造、郵送費
・クラウドファンディング手数料(10%)


---------------------------------------------------------
第一生命では、入力いただいた内容を以下の業務などに活用します。
● 関連会社・提携会社を含む各種商品・サービスの案内・提供
● 第一生命の業務に関する情報提供・運営管理
※ 各種商品・サービスの詳細は、こちらでご覧いただけます。

https://www.dai-ichi-life.co.jp/personal_date/index.html

----------------------------------------------------------

【リターンのご紹介】


私自身も、現役時代、決して1人では金メダルを獲得することはできませんでした。この大会も、多くの方の支援があってこそ開催が実現できるプロジェクトです。この先の未来を担う「バドミントン大国」を下支えするために、1人でも多くの皆さんからいただく応援で、国内から新たな形で盛り上げていきたいと思います。その第一歩を踏み出していくためのご協力、ご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!


【プロフィール】

●氏名 髙橋礼華
●生年月日 1990年4月19日
●年齢 30歳
●出身 奈良県橿原市
●所属事務所 RIGHTS.
●好きな言葉 ポジティブ!
●成績 2016年 ヨネックス全英オープン女子ダブルス優勝
    2016年 リオオリンピック女子ダブルス優勝
     日本バドミントン界で史上初の金メダリスト


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください