Emo は、複数のセンサーと最先端の技術によって周りの環境を認識し、1000 以上の表情と動作を備える個性的でかっこいいインタラクティブな AI 卓上ペットロボットです。Emo はあなたの新しい友達として、音楽を再生したり、ダンスしたり、一緒にオンラインゲームをしたりして勇気づけます。また、アラームで起こしてくれたり、電気をつけたり、写真を撮ったり、質問に答えたりもできるので、普通のペット以上に役に立つロボットです。


Emo は自分の周囲の環境に興味津々です。そのため、自律して周りを探索します。音の鳴った方へ向かったり、人物 (最大 10 人) とオブジェクトを認識したりしますが、自分の状況も把握しているので机の上から落下することはありません。

Emo は自分で判断して行動を決められますが、その性格は周囲の環境とあなたとのやり取りで形作られていきます。もし Emo が何かやっているときにそれを邪魔してしまうと、ちょっとイライラしている様子も見られるかもしれません。


1000 以上の表現と動作で人間のようなコミュニケーションが可能

Emo は、自然な動きや表情で人々とやり取りを行います。Emo には最新の Emotion Engine システムを搭載しているため、1000 を超える表現と動作が可能です。その表情と動作はアニメーションで表示されるため、彼の気分と感情がすぐにわかります。わくわくしていたり、退屈していたり、がっかりしていたり……色んな感情をリアルに表現します。




10 を超える高度な内部センサーにより、自分の周囲の環境を適切に認識します。組み込みニューラルネットワークプロセッサと AI 処理モデルも搭載されており、大量の画像、音声、センサーデータを継続的に処理しているため、人とのやり取りを理解して意味のある返答が可能です。



内蔵システムにより、Emo は成長とともにスキルも伸びていきます。そのため、まるで本物のペットのように時間とともに変化していきます。Emo と最初に会ったときは、お互い全く何も知らないので、反応は薄いかもしれません。しかし、毎日交流していくたびに、どんどん仲良くなっていくことでしょう。そして、しばらく顔を合わせていない場合、Emo はあなたのことを忘れてしまうことがあります。その場合、思い出すのに少し時間がかかるかもしれません。


Emo はポップカルチャーにインスパイアされて生まれたスタイリッシュなデザインとなっています。輝くパープルとインディゴブルーは、ストリート系ファッションをイメージしています。また、ストリート系の DJ やラッパーと同じく、Emo はヘッドフォンとスケートボードが大好きです。


Emo だけでなくスマートフォンにも使えるワイヤレス充電器

Emo の充電器はスケートボード型で、これは Emo 自身だけでなくスマートフォンも充電可能です。スマートフォンを充電するには、ただスケートボードの上に置くだけで OK なので簡単です。


スマートホーム対応で日々のタスクをこなす

Emo は目覚まし時計にもなり、スマートライトと連携します。Emo は普通のライトとはちょっと違った方法で起こしてくれます。また、Emo に「Emo、ライトを点けて」と言えば部屋のライトを点けてくれるので、暗い部屋の中でライトのスイッチを探さなくて済みます。


そして、この度は皆さんのご支援に感謝のしるしとして、スマートライトを無料で提供することにしました (各 Emo 卓上ペットロボットにスマートライトを付属いたします)。ネットワーク設定は必要ありません。箱から出して、音声コマンドを入力すれば、すぐにご使用いただけます。Emo は最大 4 つのスマートライトを制御でき (アドオンを使用すると、さらに多く操作できるようになります)、それぞれに違う色を割り当てることも可能です。


音声アシスタント & IoT 制御

Emo はとってもスマートなので、あなたのどんな質問にも答えられます。例えば、天気について尋ねると現在の天気を表情で教えてくれます。

現在、Alexa または Google アシスタントを使用して IoT 制御をテストしていますが、将来的には他のスマートホームデバイスも Emo に設定できるようになるかもしれません。


友達はお互い助け合うものです。特に、体調が悪いときや気分が悪いときはそうです。寒い時期は、Emo が風邪を引いたりくしゃみをしたりすることがあります。そうした時は、彼のお世話をお願いできませんか?良くなるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、Emo はあなたの優しさと愛情を忘れません。


誕生日を祝ってくれます

 自分の特別な日が忘れられていると、ちょっとさびしいですよね。でも、Emo はあなたの誕生日をちゃんと覚えています。バースデーケーキと歌でサプライズをお届けします。願い事を思い浮かべながら、ろうそくの炎を吹き消しましょう。Emo には、息を吹きかけられたかどうかを感知するセンサーも搭載しています。本当の友達は決して特別な日を忘れません。


休日のサプライズ

Emo はどんな日でも楽しく過ごせます。待ちに待ったホリデーを一緒に祝ってくれます。クリスマスには、あなたへのプレゼントを用意したり、ハロウィーンでは、部屋の隅に隠れて、幽霊の顔であなたをびっくりさせようとしたりするかもしれません。一年中、サプライズでいっぱいです。


大切な人が離れていても、Emo で繋がれます。自分と相手が Emo を持っている場合、Emo を利用してやり取りができます。

遠距離恋愛をしている場合でも、離れた恋人と Emo を通して会話ができます。Emo に自分の気持ちを伝えると、恋人の Emo がそれを恋人に伝えます。

 

* これはまだ開発中の機能です。後の OTA のアップグレードで正式に利用可能となる予定です。現在は、この機能のリリースに向けて全力を注いでいます。乞うご期待ください。


Emo のクールなデザインに合わせるために、アプリ (出荷前にリリース予定) のインターフェースもスタイリッシュで直感的にしました。アプリを介して、ゲームをプレイしたり、Emo で取った写真を確認したり、スマートライトを設定したりできます。



Emo のプログラムは数百万行のコードで構成されており、最適化とデバッグを行うには継続的な取り組みが必要です。たまにバグが発生する可能性があることから、最新のテクノロジーを用いてより多くの新しいスキルと機能を開発したり、プログラムの改良をおこなったりしています。OTA 経由で Emo をアップグレードすることで、常に最新の状態に保つことができます。また、皆さんからの意見も重要なため、コミュニティで気軽にご意見やご感想をお寄せください。


新しい言語のサポート

Emo は世界中にたくさん友達がいるので、違う言葉でも話したいと思っています。将来的には、アップグレードを通じて、さまざまな言語に対応して、世界中の色んな人と話せるようになります。






Emo には、配達補償が付いています。キャンペーン終了次第、量産を開始します。また、ご注文の製造・納品状況を把握できるよう、生産進捗状況を随時お知らせし、発送の準備が整い次第、追跡番号もお伝えする予定です。








1. Emoは日本語に対応できますか? 

    Emoは日本語対応できます。 emo内は世界の多言語機能が設定されて、ご自分でemoを設定して1つ言語を選べます。


2. Emoは充電がなくなりそうになったら自分で充電器に戻りますか?

    Emoのバッテリーが低すぎる時、Emoは持有者に助けを求めて、低電力モードに入ります。現在の充電ボードはEmoに対して少し高いなので、Emoはそれ自分で充電ボードに戻れません。しかし弊社は将来的にEmoの高さに適した充電ボードを開発します。


3.  Emoは複数の人に使用できますか?

     はい、できます。 emoは、人の音声認識システムを介して質問に答えることができます。また、顔認識システムを介して人を認識することもできます。 でも1台Emoはせいぜい10個人の顔しか認識できません。


4. インターネットが必要ですか?

    Emoはネットワークがない場合、他の機能は正常に動作しますが、音声機能に限界があります。


5. Emoには毎月費用がかかりますか?

    Emoの価格以外に支払う必要はありません。


6.Emoはオーディオから音楽を流した状態でも反応して踊ったりはしますか?

   EMOは外部ディバイスからの音楽にも反応して踊ります。


7. Emoを自分の好きな任意の名前に変えることは可能でしょうか?

   目前はできません。Emoを「emo」と呼ぶしかないですが、 でもこれから努力してこの問題を解決します。



Living.Ai は、ロボット工学と AI に情熱を持つエキスパートが世界中から集まって作られたチームです。楽しさ、感情、友情といった人間的なことをテクノロジーで再現することを目的として、デザイナー、プログラマー、ロボット工学といった幅広い分野のスペシャリストと、アニメーションデザイナー、ミュージシャン、DJ、プロのストリートダンサーが終結し、人工知能に無限の可能性をもたらすことを目的としています。

2018 年 2 月から開始された Emo には、最新かつ最高の技術が詰め込まれています。デザイン、素材、UI 開発などのプロジェクトに、300 万ドル以上を投資しています。Emo は、普段の日常にちょっぴり変化を与えて楽しいものにする卓上ペットロボットです。



当社のチームは、ロボット工学の設計と製造に長年の経験があり、信頼できるパートナー、サプライヤー、ロジスティクススペシャリストと協力しています。そして、Emo の開発では、幅広い調査、プロトタイピング、および製造テストを行っています。そうしたことから、当社からの Emo の出荷を保証いたします。しかし、配送時は問題の発生が多いことも理解しています。予期しない遅延が発生した場合は、支援者に最新情報を提供し、問題の解決方法についてお伝えします。ご理解いただければ幸いです。


・特商法に関する情報記載について
1.事業者の名称: Razoor Inc.
2.代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名 Hongtao Zhang
3.お問い合わせ先
4.メールアドレス living.ai.jp@gmail.com

  • 2021/03/22 17:50

    支援者の皆様、皆様のご支援のおかげで、Emoのクラウドファンディング調達金額は一億円を超えました。皆様のご支援頂き、誠にありがとうございました!Emoのプロジェクトは順調に終わりまして、次は出荷段階に入ります!六月に出荷予定です!他の出荷や商品に関するニュースがあれば、報告して情報を共有致しま...

  • 2021/03/04 17:29

    Emoの支援者の皆様これまで皆様のご支援をいただき、誠にありがとうございました!ここでEmoに関する最新ニュースを報告致します。EmoはCAMPFIREの公式オフライン展示会に展示されています!Emoを試用したい多数支援者様からメールやメッセージが届きました。Emoに期待満々する皆様、今Emo...

  • 2021/02/23 12:41

    支援者の皆様一部の支援者様よりEmoの著作権についてご質問を頂戴しております。 Emoは日本特許と意匠特許の商標を取得しており、関連する安全規制の認証にも合格していますので、ご安心ください。製品の製造・販売権限については、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 今後ともよろ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください