プロジェクト本文

【リターンメニュー追加のお知らせ】

当初ご用意したリターンでは、レリーズケーブルと赤外線レリーズケーブルのどちらか1本をセットにしていましたが、「2種類のケーブルが両方欲しい!」というご要望を多くいただきましたので、2種類のケーブルがセットになったリターンを新たに設定させていただきました。

◆すでに支援いただいている方へ
ケーブル1本のみの支援メニューをご用意いたしました。ケーブルなしで支援いただいた方はこちらをご支援いただくことでケーブルありと同内容に、ケーブル1本のリターンで支援いただいている方はケーブル2本と同内容になります

◆これからご支援いただく方へ
ケーブル2種類のセットをご希望の方は、新たに用意した2本セットのリターンを選択してください。ケーブルが1種類またはケーブルなしをご希望の方は、従来からご用意しているリターンを選択してください。

SmartTriggerは、Bluetooth 4.0+LEに対応したデジタル一眼カメラ用周辺機器です。デジタル一眼カメラに装着し、スマートフォンからSmartTriggerにBluetoothで接続することで、カメラと離れた場所から好きなタイミングでシャッターを切ることができます。

st01

これまで遠隔からデジタル一眼カメラのシャッターを切るにはリモートレリーズやリモコンといった周辺機器が用意されていましたが、リモートレリーズは本体とケーブルで接続する製品が多く、ケーブルの長さを超える場所やケーブルを妨げるような場所では撮影できないという制限がありました。また、リモコンは本体の赤外線受光部に向ける必要があるため、撮影者の位置が受光部が見える場所に限られるという課題もあります。

SmartTriggerは、スマートフォンからワイヤレスに操作できるため、ケーブル接続型のリモートレリーズの課題を解決し、より幅広い撮影へと導きます。省電力性能を高めたBluetooth 4.0(Low Energy)に対応しているため、単4電池1個で長時間の駆動が可能です。
リモートレリーズ

専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetoothで接続、好きなタイミングでシャッターを切ることができるほか、指定時間でのタイマー撮影も可能です。

st02

撮影者がタイマーを設定してから集合場所にかけよる必要はありません。集合場所から好きなタイミングで写真を撮れます。タイマー設定を使うことで手元のスマートフォンをポケットにしまい、余裕を持ってポーズを決めてから写真を撮ることもできます。

st03

こういった手の離せない撮影も問題ではありません。

ブツ撮り

シャッタースピードが遅く、本体のシャッターでは手ぶれが起きるようなブツ撮りも、リモートから手ぶれを気にせず撮影できます。Eye-Fiなどの無線LAN対応SDカードを使えば、撮影した写真をすぐにPCで確認することもできます。

st04

インターバル撮影・Time Lapse

時間を指定して連続撮影するインターバル撮影も対応しています。インターバル撮影した写真は編集ソフトなどを使って1枚に合成したり、連続でアニメーション再生するTime Lapse動画を作成することもできます。

アイディアや加工しだいでは、こんなTime Lapse動画を作成することもできます。


cat2525jp(http://d.hatena.ne.jp/cat2525jp/ ) さんのTime Lapse作品
※Time Lapse動画のサンプルです。SmartTriggerで撮影した作品ではありません

接続ケーブルについて

SmartTrigger本体とデジタル一眼カメラは付属のレリーズケーブルで行ないます。レリーズケーブルに対応していないデジタル一眼カメラでも、赤外線リモコンに対応した機種であれば赤外線レリーズケーブルでSmartTriggerを利用できます。
※レリーズケーブルをお持ちの場合はケーブルが付属しない単体モデルも選択できます

st09

対応機種

<レリーズケーブルでの接続>
・キヤノン製 EOS デジタル一眼レフカメラ(Kissシリーズ, 1Dシリーズ, 7D, 5Dシリーズ, 10D, 20D, 30D 40D, 50D, 60D)
・ニコン製 デジタル一眼レフカメラ
(D80,D70S.D4,D300S,D3S,D3X,D3,D800,D800E,D700,D2シリーズ,D1シリーズ,D300,D200,D100(MB-D100併用),D3200,D3100,D5100,D5000,D7000,D90)
・ソニー製 αデジタル一眼レフシリーズ(RM-L1AMの対応機種 http://www.sony.jp/ichigan/products/RM-L1AM/compatible.html
・ペンタックス製 デジタル一眼レフカメラ(K-r、K-x、K-mを除く)
・オリンパス製 デジタル一眼レフカメラ (E-5, E-3, E-1, E-300等、RM-CB1の対応機種 http://www.olympus.co.jp/jp/support/cs/dslr/acce/dslr_cable.html)
・パナソニック製 デジタル一眼カメラ DMC-L1, DMC-L10,DMC-G1,DMC-G10, DMC-G2, DMC-G3,DMC-GH1,DMC-GH2,DMC-GX1

<赤外線レリーズケーブルでの接続>
・ニコン製 レンズ交換式アドバンストカメラ(V1,J1,P7000,P7100,P6000等ML-L3対応機種 
・キヤノン製 EOS M等 RC-6の対応機種
(http://cweb.canon.jp/camera/eos/accessary/detail/4524b001.html)
・ソニー製 NEXシリーズ(NEX-5, NEX-5N, NEX-7等、RMT-DSLR1の対応機種 http://www.sony.jp/ichigan/products/RMT-DSLR1/compatible.html)
・オリンパス製 デジタル一眼カメラ (E-30,E-620,E-520,E-510,E-500,E-420,E-410,E-330,E-300等、RM-1の対応機種
http://www.olympus.co.jp/jp/support/cs/dslr/acce/dslr_cable.html)
・ペンタックス製デジタル一眼カメラ(-5/ K-7/ K-r/ K-x/ K-m/ K20D/ K10D/ K200D/ K100D Super/ K100Dなど、リモートコントロールFの対応機種http://shop.pentax.jp/g/gS0037377/
※ケーブル付の支援をいただいた場合に、どちらか1種類をお選びいただけます

開発者向け情報

開発者向けにSmartTriggerのさまざまな情報を公開していきますので、その情報を元にさまざまな機能を開発することも可能です。標準状態では加速度センサーを活用し、スマートフォンを持ってジャンプしたタイミングでシャッターを切る隠し機能を搭載しています。そのほかにもさまざまな機能を開発することができます。

st05

st06

開発状況

リモートでシャッターを切る機能やタイマー機能、ジャンプのタイミングでシャッターを切る機能などはすべて開発機で実装済み。試作第1号機では電源として単3電池を想定して開発を行ないました。

st07

製品版ではさらなる小型化を図ると同時に単4電池1本で動作するようになります。試作1号機ではアクセサリーシューへ取り付ける仕組みでしたが、製品版では小型化によってストラップで本体にぶら下げることが可能になり、アクセサリーシューを占有することもありません。

st08

■スペック

・サイズ(mm) 31.6×63.0×12.6mm(幅×高×厚)

・重量 未定

・動作時間 7秒に1回の連続撮影で24時間以上(ケーブルレリーズの場合)15秒に1回の連続撮影で24時間以上(赤外線ケーブルレリーズの場合)

・対応機種 iPhone 4S、第3世代iPad、MacBook Air(Mid-2011以降)、Mac mini(Mid-2011以降)

・対応OS iOS5以降、OS X 10.7以降

・対応メーカー キヤノン、ニコン、ソニー、ペンタックス、オリンパス、パナソニックなどのデジタル一眼カメラ
※詳細は「対応機種」の項目をご確認ください

・対応カメラ ケーブル接続する場合: リモコン端子があること
赤外線を使用する場合: ワイヤレスリモコン対応であること
* 対応機種の詳細は「接続ケーブルについて」の項目もあわせてご参照ください * 全機種動作確認はしておりません

・本体ジャック 2.5mm or 3.5mm(現時点設計中)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください