■2021/02/05
◯ 達成率100%を超えました!
ご支援者の皆さま、ありがとうございます! ついに目標達成となりました!
このあともギリギリまで改良を重ねていきたいと思いますので、
引き続き、お力添えのほど、なにとぞよろしくお願いいたします!
シェアだけでも、とても嬉しく思います!

◯ 4Gamer.net様で取り上げていただきました!
https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20210204082/

◯ 現在の活動状況
皆さまにもっとお楽しみいただけるよう、引き続きお題のクオリティアップを図っております。
現在、300案以上のお題が出ており、1つずつテストプレイを重ねていっております。

引き続き、拡張パック向けのお題も募集しております!
こちらもどうぞふるってご応募くださいませ!
お題のご応募はこちらからお願いします!


2021/01/24:
おかげさまで、達成率が50%を超えました!
みなさま温かいご支援ありがとうございますm(_ _)m
拡張パックのお題はまだまだ募集中です!!
みなさまのご応募お待ちしております\(^o^)/
■お題応募フォームはこちら!

★紹介動画★

★プレイ動画★



まるでテレビのバラエティ番組のような、
トークが盛り上がるボードゲームを作りたい!
そんな思いから企画したボードゲームです。

「大喜利みたいにウマいこと言えない…」
「面白いことを言うのはハードルが高い…」

そんな方でも大丈夫!
軽快なお題テキトーな議論が場を予想外の方向に盛り上げます!


あそびかたはとってもシンプルです。
カードで決めたお題に対して各自が回答を考え、その回答をプレゼンでプッシュします。
最終的に自分の案が選ばれれば得点となります。
しかし、このお題にはひとクセもふたクセもあり… 斜め上からの回答がたくさん出てきます。
イロモノやド正論が飛び交う中で、自分の回答が「お題に最もふさわしい案」として選ばれるように、口からでまかせの説明で案を押し通していきましょう。

一つのお題に対して、5つの回答を出していきます。
(※『あいうえお』 なら『あ』 から始まる回答から順に、『い』から始まる回答、『う』~と続けて行きます。)
5つが終わった時点で一番得点が高かった人が勝利となります。

ゲームは以下のような流れで進行します。詳しくはこの次の段落でプレイの様子とともにご紹介します。


実際のプレイの様子をご紹介します。
プレイ人数は2~8人です。メンバーが揃ったらゲームスタート!

--

まず、お題カードを使って、お題を決めましょう。
選んだカードのオモテ面でお題が、となりのカードのウラ面で『あいうえお』『かきくけこ』などの回答条件が決まります。
今回のお題は「どうしても見たくない映画に誘われてしまった時の『あいうえお』」に決まりました!

--

お題が決まったら、みんなで同時に回答を考えて、ホワイトボードに記入します。
まずは『あ』からはじまる回答です。

--

回答を記入したら、順番にオープン!
お題は、「どうしても見たくない映画に誘われてしまった時の『あ』」。
順番にみんなの回答が出揃ったら、一人ずつ回答をプレゼンします。
静かにロジカルに説明する人、熱くパッションで押し通す人、正論ド真ん中の直球から突拍子もない変化球まで、色々な回答が出ることでしょう。
さらに説明中にガヤが入ったり、他人の説明に乗っかろうとする人がいたり…
予想もつかないドタバタな展開になっていきます!笑

--

全員の説明が終わったら、審判が一番納得した案を独断と偏見で選びます。
その人の案が採用です!

--

この流れで、『あ』 から『お』まで行っていきます。
最終的に、5つの回答が決まったら、ゲーム終了です!

↑最終的にはなんとも独創的な『あいうえお』が決まることに…笑


【でまかせボンバイエ!】は、ビデオチャットツールを使ってのプレイも可能です!
オンラインで遊ぶ場合は、お題をカードで決めた上で、回答を一斉にオープンします。
回答ボードをカメラに映したり、チャットで回答を書き込んだりしながら、オンラインでもでまかせトークで盛り上がりましょう!
私たちはコロナ禍の開発でオンラインでもテストプレイを繰り返していましたが、大変盛り上がりました!


各種コンポーネントは、オリジナルでデザインを描き起こしています。

・お題カード:40枚(お題80種類 × 五十音8種類、 合計640通り)
・回答用ホワイトボード:12枚
・ホワイトボードマーカー:8本
・日本語説明書:1冊



カードに書かれた80種類のお題に、『あ行』 や『た行』 などの五十音を組み合わせて出題します。
同じお題でも、組み合わせる五十音によって難易度や回答の傾向も変わり、遊ぶたびに意外な回答が飛び出してきます。
また、本クラウドファンディングでは皆様とともに作る拡張パックもリターンにご用意しております。

--

お題はカードの表と裏を使って決めます。
裏面に五十音が書かれており、カードをめくるとお題が出てきます。
全てのカードをシャッフルしてお題と五十音を同時に決められるので、遊び始めのセットアップが簡単です。


回答を記入するホワイトボードも、オリジナルのデザインを描き起こしました。
1箱には8色のボードが入っており、最大8人で遊ぶことができます。
さらに、回答が選ばれた人には虹色のボードが配られます。


今回のクラウドファンディングでは、「でまかせボンバイエ!」に興味を持っていただいた皆さんと一緒にゲームを作っていく企画も実施しております。
つきましては、もしやってみたら面白そうなお題を下記のフォームに投稿していただけますと嬉しいです是非みなさまのアイデアをお貸しください!

みなさまからご応募いただいたお題の中からいくつかを拡張パックに収録予定です!
また、収録させていただく際は任意でハンドルネームを記載いたします!

■お題応募フォームはこちら!
上記URLをクリックするとGoogleFormが開きます。


【でまかせボンバイエ!】 で遊んでみたいお題がありましたら、是非ご応募いただけますと幸いです!
どんなお題でも歓迎です!お気軽にお願いいたします!

本クラウドファンディングでしか手に入らない、限定仕様の回答ボードです!
感謝の気持ちを込めて1枚ずつ手作りさせていただきます。
他の回答ボードとは違い、ゴールドをイメージしたデザインを採用しております。
裏面には、今回のクラウドファンディング限定である事を示す、”Special Thanks” Editionの文字をあしらっております。
【でまかせボンバイエ!】を9人で遊ぶ時、9枚目のボードとしてもお使いいただけます。


2021年4月頃を予定しております。
工場生産の都合で多少前後する可能性がございます。

※本商品の画像、説明は開発中のものとなります。
 実際の商品とは異なるものになる可能性がございますのでご留意ください。

※このプロジェクトはAll in 形式で、資金が集まらずとも必ずリターンを履行します。
※本商品はクラウドファンディング終了後、ゲームマーケットその他でも販売を行う可能性がございます。

このページをご覧いただき、ありがとうございます。
ソウキタカ代表のぬまおと申します。

私たちは、2018年1月に旗揚げした社会人7名によるボードゲーム制作団体です。

日頃からボードゲームやデジタルゲームを愛してやまないメンバーが集まり、明けても暮れてもボードゲーム制作に取り組んでいます。


遊びながら「そうきたか!」と笑い合えるようなゲームをみなさんに届けたい。
みなさんに「そうきたか!」と言われるようなクリエイター集団でありたい。

という想いのもと、
自分たちが「これは本当に面白い!」と心から思えるゲームになるまで、強い信念で夜な夜な開発をしています!

仲間と一緒に日頃ボードゲームをやっていて、くだらないやり取りにふと感じる幸せを言語化していくところから、【でまかせボンバイエ!】は生まれました。

コントや悪ノリにも近い、口をついて出るでまかせの会話、全員が流れに身を任せて喋る適当なおしゃべりが、言いようもなく楽しい。そして、それが気軽に・即興で楽しめるようなゲームを目指しました。

世間はコロナ禍に入り、毎月行っていたボードゲーム会が開催できなくなりました。我々の心にもぽっかりと空いた穴は、きっとそうしたコミュニケーションの欠損にも原因があるのではないかと思います。

テストプレイを重ね完成が近づいてくる中で、このゲームはそんな心の穴を埋めてくれるものになるかもしれないと気づきました。

完成したゲームは、おしゃべりをするゲームではありますが、
「大喜利みたいにウマいこと言えない…」
「面白いことを言うのはハードルが高い…」
そんな人でもあっという間に盛り上がれるような内容に仕上がりました!
軽快なお題テキトーな議論が場を予想外の方向に盛り上げます!

このゲームは一緒に集まって遊ぶのはもちろん、ビデオチャットツールなどを使ってオンラインでもプレイが可能です。大好きな仲間たちとこれから仲良くなりたい未来の仲間たちと、このゲームで「そうきたか!」と、思いっきり笑ってもらえたら幸せです!

最後になりますが…、是非!拡張パック用のお題を応募してもらえたら嬉しいです!
世界一笑って楽しめる拡張パックを作りましょう!

■お題応募フォームはこちら!

ソウキタカゲームスの作品:

■勇者が一撃でやられた!(定価4,000円+税)
2018年春に頒布した、第一作。奥深い心理戦のゲームでご好評を頂き、これまで3回重版しております。

■雪が解けるまえに(定価3,000円+税)
2018年秋に頒布した、第二作。交渉・交換を重ねて得点を増やすセットコレクション。可愛らしいアートワークでもご好評を頂いております。


メンバー紹介:

■ぬまお

企画担当。ゲームと麻雀が大好き。ボードゲームは正体隠匿系や軽めの戦略ゲーが好みです。
仲間でワイワイが大好きなので、こんなご時世にも負けずに楽しめるボードゲームを作りたくて頑張りました!
感染対策は万全にしつつ、是非楽しんでもらえたら嬉しいです。

■すぐる

エンジニア担当です。最近はLine謎解き作りました。デジタルとアナログを融合したゲームも作りたいです。

■すわっち

じっくり考えるボードゲームが好きで、とことんやりこむタイプです。大喜利はあまり得意ではないですが、そんな僕でもこのゲームは楽しめるよう作りました。

■まーおす

アートワーク担当。戦略×アクション系のゲームが得意。
大喜利で爆笑したり、リソースをコツコツ管理するゲームも好きです。
「遊びやすさ・分かりやすさ」に拘って、コンポーネントの設計を考えたり、グラフィックを作ったりしています。
今回はモックの制作もがんばりました!
Twitter:@Maoss_Art

■林竜太郎

宣伝・広報担当。愉快な仲間とともに、常に新しい"ものづくり"にチャレンジしていきたいです。
活動拠点は東京都池袋。
Twitter:@rh_soukitaka

■たまつ

Twitter中の人、常に遊びたいと思い生きる。
ボードゲームは軽~重まで幅広く遊んでます!
言葉を使った大喜利はセンスとおしゃれ度を何よりも優先して「おぉぉ!」と言わせたい!

■はじめちゃん 

おじさん担当です。おじさん力最高出力。ゲームは雑食。



  • 2021/02/04 21:33

    こちらの記事で、ゲームメディアの4Gamer.net様で記事に取り上げていただきました!

  • 2021/02/04 21:31

    皆さまにもっとお楽しみいただけるよう、引き続きお題のクオリティアップを図っております。現在、300案以上のお題が出ており、1つずつテストプレイを重ねていっております。引き続き、拡張パック向けのお題も募集しております!こちらもどうぞふるってご応募くださいませ! お題の応募フォームはこちらです。

  • 2021/02/04 21:29

    ご支援者の皆さま、ありがとうございます!あと一息で目標達成です。引き続き、お力添えのほど、なにとぞよろしくお願いいたします!シェアだけでも、とても嬉しく思います!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください