はじめに・ご挨拶

 はじめまして「雫に濁る」 監督の坂本 保範(さかもと やすのり)です。
今回、数多くのプロジェクトの中からご興味を持って頂き、本当にありがとうございます。  

 クルマの街、愛知県豊田市で普段はサラリーマンをしながら「地方にクリエーティブな土壌をつくる」ことを目標に【NegaPosi FIIM】を4年前に立ち上げ「自主映画監督」や「他作品のプロデュース」【とよたいかんぬ映画祭】を主催しています。

そして、一旦あきらめた映画監督に【OVER50】から再挑戦しています!

※過去の受賞歴
Tokyo Lift-Off Film Festival2021/うえだ城下町映画祭/THE FILM OF シックスセンス2020/山形国際ムービーフェスティバル/ ひろしま映像展/ プラネット映画祭 / インディーズムービーフェスティバル/ 小坂本町映画祭/ とよたデカスプロジェクト 
他、2004~2005 NYに映画留学し課題として13本の映像作品を制作



※この予告編は昨年TEST撮影したもので制作したものです。
本撮影は2021年7月-8におこないます



映画「雫に濁る 」について

【企画意図】

 この作品は古今和歌集より「むすぶ手のしづくににごる山の井のあかでも人に別れぬるかな」より、「あかぬ別れ」(名残惜しい別れ)をテーマに創作した物語です。


 予期せぬ大事なヒトとのわかれ(死)は、
残された人に「あかぬ別れ」 (名残惜しい別れ)を生みます 。
「もう会うことのできない悲しさ」と「故人との暖かい思い出」が入り混じった複雑な時、
ひとはなにを想うのか?

 この作品は、切ないけど暖かい…
観終わった後、幸せな気持ちになれる映画を目指します。


【あらすじ】

 古い館でひとり、誰かの帰りを帰りを待つ初老の女
「ただいま」と元気よく現れたのは
50年前に自分をかばって亡くなった…幼い姉だった。

老人の妹と幼い姉という不思議な構図の中で繰り広げられるファンタジー作品です。
(上映時間15分を想定)

【 キャスト】

■ 山口 妃菜(やまぐちひな):ヒナ役

 kids heartプロモーション所属
女優目指して TVや舞台で精力的に活動。
主な出演作に、【舞台】『キミのために散る』 『赤毛のアン』 『覇王の子』 他
名古屋演劇杯『最優秀俳優賞』受賞

■ 折橋衣月

 豊田市で主に演劇を中心に活動、また、とよたこども創造劇場スタッフとして、地域小学校での読み語り活動もおこなっている。

主な出演作に
【舞台】 「光の春」「ただいまを待つ家」「銀河鉄道」
【映画】「Ben-Joe」

【スタッフ】

監督・脚本:坂本保範 2020監督作品 

地方から新しい自主映画文化を!『カズキのパラドックス』海外映画祭挑戦!
https://camp-fire.jp/projects/view/373567

先回ご支援していただいた方ありがとうございます!


撮影監督:柴田真和 ビデオSALONザ・ベストムービー大賞受賞



助監督: 笠井和男 西井一敏 北岡真紀子 馬場祐己 


ヒトモノカネのない地方,そしてシロウトばかりで自主映画をつくる理由!
「Connecting The Dots・点と点をつなげ」 By スティーブ・ジョブス

 自分の足元で映画をつくることで、地元に多くの才能【Dots】をほりおこし、つなげる「まちほりおこし」と
とよたいかんぬ映画祭による「まちおこし」をやっています。

とよたいかんぬ映画祭とは? 
「いこうぜ!カンヌ⁈」を合言葉に集まった(だまされた?)メンバーで映画を制作(入口)と映画祭(出口)を一つにし、監督・役者・スタッフ全員が舞台に登壇。そして観客も地元の風景、役者に触れ、チケット購入で活動を応援する。「まちおこし」と街の才能をほりおこす「まちほりおこし」を両立する「新しいスタイルの映画祭」です。


と…バカな活動を3年つづけたら…


豊田市で生まれた作品が国内外の様々な映画祭に入賞⁇

【焦げ】  
福岡インディペンデント映画祭・田辺・弁慶映画祭・横濱インディペンデント映画祭

【See you again】 
INDIE FILM FEST・ Best Indie Short部門ノミネーション・ Independent Shorts Awards・ Best Indie Short部門 Best original score部門 Bronze Award 受賞

【カズキのパラドックス】 
Tokyo Lift-Off Film Festival2021・ うえだ城下町映画祭・THE FILM OF シックスセンス2020 ※現在海外映画祭にエントリー準備中



5つの鍬でクリエーティブな土壌を耕しています!

「耕さないと土は死ぬ…」 By うちのばあちゃん?

文化不毛の地もおなじ…
 どんな大作映画が撮影されても…どんな有名俳優が出演してくれても…
そこに住むヒトが自分で足元を耕さない限り
それを変えることはできません。
※2020年はコロナ渦で初のオンライン開催! 参加者も558名!

登壇もオンラインで!


といいつつ…


 実は…名前の由来にあるカンヌ国際映画祭に一度もエントリーしたことがなく…
最近では「いかんのかい!」「カンヌ映画祭 」と揶揄されています…Σ( ̄ロ ̄lll)


 汚名返上をかけ、とよたいかんぬ映画祭4年目の集大成として「雫に濁る」でカンヌ映画祭短編コンペティションに挑戦します!


4年の活動をとおしてヒトとモノは揃ってきましたが…
やっぱり赤字で運営~ 
すべて自腹の自主映画道!

目標金額は40万円

資金の使い道 

■クラウドファンディング手数料  17% 68,000 

■映画制作費 282,000
・キャスト費
・人件費
・機材費
・場所レンタル費
・撮影
・編集/MA
・衣装費他
・CG制作
・弁当代

■ カンヌ映画祭エントリー準備費 50,000
・字幕制作費
・映画祭エントリー費

  


※本プロジェクトは目標金額に満たない場合でも制作、
完成させカンヌ映画祭にエントリーします。


実施スケジュール 

2020年6月 プレビズ用撮影 

プレビズ制作

※プレビズ(動画コンテ) とは?

NegaPosi FIIMではプリプロダクションにおいてプレビズ(動画コンテ)を制作しています。具体的にはセリフや音楽によるタイムラインをつくり、その部分に構図などのカメラ情報、役者への演出意図もおりこみ動画をメンバー全員で共有します。

これにより、撮影の質を上げるとともに役者・スタッフに無理をさせない映画制作をおこなっています。

<2020年>

7月     撮影 > 緊急事態宣言を受け撮影延期

12月     プレビズ完成


<2021年>

 5月     撮影 > 緊急事態宣言を受け撮影再延期

 7月~8月  撮影 > 今度こそ撮影!

7月     クラウドファンディング終了 応援者の方全員にお礼メール

9月~11月  編集・CG作業  エンドロールに支援者のお名前記載作業

12月     先行オンライン試写会

       翻訳+エントリー準備

<2022年>

1月    カンヌ国際映画祭 エントリー
      ※2月末締め切り オフィシャルセレクション:短編部門(15分以下)

5月    結果発表


7月    支援者全員に感謝メールと結果報告書

10月   第4回とよたいかんぬ映画祭 上映 

※2021年開催予定でしたが緊急事態宣言を受け
他作品の完成時期が見通せない為、2022年に延期しました。



リターンについて

 お返しできるものは少ないですが、舞台挨拶予定の、とよたいかんぬ映画祭チケット提供、オンライン先行試写会招待、映画を創る過程で生まれた副産物提供 、(シナリオや絵コンテ)などをご用意しました。

※第4回とよたいかんぬ映画祭は2021年開催を目指していましたが、5月の緊急事態宣言を受け、他作品含め、10月までに完成させることは難しいと判断し、2022年の開催に切り替えました。誠に残念ですがご了承ください。



① 監督からのお礼メールPDF (2021・10月)+結果報告書PDF (2022・8月) 1,000円
 応援して頂いた方に心を込めて監督よりご連絡させていただきます!


② 「雫に濁る」上映の第4回とよたいかんぬ映画祭スペシャルシート チケット提供 (1枚) 2,000円
※第4回とよたいかんぬ映画祭はコロナの影響で開催を2022年に延期になりました。
※会場は豊田市内を予定。会場までの交通費、宿泊費は自己負担になります。また、不測の事態により延期の場合は次年度に繰り越して使えます。


③ 「雫に濁る」上映の 第4回とよたいかんぬ映画祭スペシャルシート ペアチケット提供  3,000円
※第4回とよたいかんぬ映画祭はコロナの影響で開催を2022年に延期になりました。
※会場は豊田市内を予定。会場までの交通費、宿泊費は自己負担になります。また、コロナ等により延期の場合は次年度に繰り越して使えます。


④ エンドクレジットお名前掲載 4,000円
 感謝を込めて!支援して頂いた方のお名前を作品のエンドクレジットにて流させて頂きます。

※「支援時に必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。記入がない場合はCAMPFIREにて使用されているハンドルネームを使用させて頂きますのでご了承ください。また、特定の人物を比喩するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。」 

⑤ 「一緒にみよう!」監督とオンライン試写会ご招待!  5,000円
 日時を設け指定された時間にアクセスして頂けき、作品に対するご意見やご感想、アドバイスなどいろいろなお話が聞けたら幸いです。※Google meetにておこなう予定です。2022年初旬予定


⑥ 脚本PDF + 絵(写真)コンテPDF 7,000円
 作品を見ていただければわかると思いますが僕の作品では綿密な絵コンテとプレビズを制作して本撮影をおこなっています。いわば映画の設計図です。この絵コンテにすべての思いが詰まっているといっても過言ではありません!プラス 何度も何度も書き直した最終原稿です。

⑦ 現場オフショット写真データ 8,000円
 現場での色々なシーンのオフショットをデータにしてお送りさせて頂きます。個人利用のみの範囲で楽しんでもらえたら幸いです。みんなで和気あいあいリラックスしているプライベートな仕上がりです。


⑧ 作品ダウンロード 10,000円
 エンドクレジットにお名前を頂き、英語字幕を入れた最終版をお送りさせていただきます。皆様のお陰で形になった最終形態?是非よろしくお願いします!


 ⑨ 第4回とよたいかんぬ映画祭スペシャルサポーター +チケット 50枚 30,000円
 現在準備中の第4回とよたいかんぬ映画祭特別招待券50枚を提供。
そして大感謝!スペシャルサポーターとして映画祭で発表させていただきます


⑩ 【企業様向け】YouTubeなどで流すプロモーション動画制作 + 第4回とよたいかんぬ映画祭スペシャルスポンサーとして上映させていただきます。300,000円
 映画で培った能力を武器に監督自ら誠心誠意つくらせていただきます。1分半ほどの企業CM 
※youtube等用途に応じて制作させていただきます。※すいません…費用の関係で愛知県限定なります。


最後に

 学生時代に映画や演劇に夢中になっても、映像のみで身を立てる難しさや、仕事と家庭の両立など、様々な理由で映画創りを諦めた人たちはたくさんいると思います。

 実は私自身も映画創りを一旦、あきらめたひとりです…

 あれから十数年たち、īPHONEなどで簡単に映画がつくれるにもかかわらず、日本中で自主映画を創る人はどんどん減ってきています。それは東京はおろか、地方では更に深刻です。

 この現状を変える為に再び、「とよたいかんぬ映画祭」という器を創り、地元で「映画つくりの楽しさ」を広める活動をおこなっています。

 役者やミュージシャン、様々な才能が繋がり、悪戦苦闘しながらも自主映画制作をおこなっています。

 そう、映画って「観る」よりも、「創る」ことのほうがワクワクするんです!

 一見、おバカなドン・キホーテプロジェクトですがメンバーは三河エリアをはじめ名古屋、愛知全域、東京と様々な才能がつながり映画をつくっています。

また、支援とは別に、プロジェクトに参加したい、一緒に映画をつくってみたい!方のご連絡もお待ちしています!コロナも悪いことばかりでもなく、遠方でもオンラインで気軽に参加できる環境ができました。


 ヒトモノカネがなくても映画を創るワクワクが全国に広がれば、今の日本映画に漂う閉塞感が打ち破れるかもしれません!


是非!応援よろしくお願いします。

NegaPosi FIIM  代表 坂本保範

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください