はじめまして!
私たちはコンサート運営学生団体、「スターマイン」です。

スターマインは、代表の飯沼爽(さやか)の呼びかけにより、2020年12月から活動をスタートしました。代表 飯沼爽現在企画内容に賛同した有志の学生約20名で運営しています。代表の飯沼は東京藝術大学音楽学部1年に在籍しており、また、スターマインのメンバーのほとんども音楽大学に在籍する1年生の有志です。

私たちは2020年4月、コロナの時代に大学生活のスタートを切りました。
しかし、思い描いていた夢とは全く違う現実に直面しました。
音楽大学生は実技が専攻科目であるにも関わらず、対面でのレッスンはゼロ。
感染症対策の影響で演奏会はことごとく中止。
楽器演奏をする学生は家で音出しができず、練習場所さえままならない。
先生や友人の演奏を肌身で感じて刺激を受けることも、会うことすらできない。
生の音楽に触れる機会はほとんどなくなりました。

思っていたものとは違う現実を生きた2020年。
多くの学びの機会を奪われる感覚があった。
しかし、世の中は変わり続け、価値観の根底からの転換が起きています。
「今まで通り」は通用しない世の中に変わろうとしています。
私たちも変わらなければならない。

私たちは、
いま、音楽のためにできることはないのか
という思いを胸に集まった仲間たちです。
そして、
若手音楽家たちが活躍の場を奪われてしまっている現状を打開し、
ポストコロナの時代に、ウイルスと共生できる文化活動としての音楽の未来を模索することを目指しています。

そしてこの度、
新型コロナウイルスの影響で活動を制限されている
未来ある若手音楽家に演奏の場を提供するべく、
【「いま、届けたい」支援コンサート〜若手音楽家たちが創るポストコロナの新時代〜】を企画しました。

3/13(土) YouTube配信

開催にあたり、運営資金の一部をクラウドファンディングにて募らせていただくことになりました。
また私たちの活動を、
音楽を愛する方にも、音楽に興味のない方にも、
広くみなさまに知っていただきたいと考えております。
HP・SNS・YouTubeチャンネル開設していますので、そちらのフォロー&拡散を心よりお待ちしております。

ホームページTwitterInstagramFacebook【公式】スターマインチャンネル Starmaine channel

どうぞ、応援よろしくお願いいたします!



①昨今の新型コロナウイルスの流行の影響下にある若手音楽家のために、発表・研磨の場を設けること
②若手スタッフがコンサート運営を学ぶ場を設けること

この2点の実現を目指しています。


①について

・2/24(水)・25(木)、戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホールで、客席数を大幅に減らし、事前募集による招待客制で演奏会を行います。

・出演者はSNS上で募集をかけることにより、演奏機会を求める意欲ある音楽家が集まりました。従って演奏会の質の向上が見込め、若手演奏家同士が刺激し合う、研磨の場が作れると考えています。

3/13(土)、Youtubeプレミア配信(チャンネルへ移動します)で、演奏会の映像を「オンラインコンサート」という形で公開します。

・これによって、若手演奏家の周知が期待でき、また感染を気にせず自宅でコンサートを楽しんでもらうことができます。


②について

・未来の音楽界を担う学生たちが、このコンサート運営を経験することによって、彼らの今後の活動に生かすことができます。



2020年、新型コロナウイルスが流行しました。
その影響で、大学生は夢見ていた学びの「場」の多くが、失われました。
やっとの思いで入学しても、キャンパスに足を踏み入れることはおろか、家から出ることもできない。
朝起きて、一日中パソコンの前に座り、狭い部屋の中で1日を終える。
これが求めていた学びの姿だったのだろうか…?

目の前の現実。
それは、コロナの感染に脅かされる人々。逼迫する医療現場。厳しい経済状況。

そんな中、日本では「不要不急の活動の自粛」が叫ばれており、音楽をはじめとする文化活動は隅に追いやられ、演奏会などの公的な場は次々とキャンセルされていきました。


私たちの調査では、現役音大生の演奏会出演回数は2019年と2020年を比較すると、平均で一人当たり約8回から2.7回へ、すなわち約65%以上減ったことがわかりました。

さらに、2019年では20回、35回、12回という回答が見られたものの、2020年には10回以上演奏会に出演したという回答はゼロでした。

これらを見ても、音楽大学生にとって厳しい状況であるということがわかります。


音楽大学生は演奏会ないしは発表会に向けて日頃鍛錬を積んでいます。
成長のターニングポイントとなる目標が失われていく状況は、これから先の、音楽家への道標が見失われていく感覚でした。
音楽を学ぶことができないというだけでなく、
音楽を演奏する喜びを他者と共有できないもどかしさ、やるせなさを抱き、
表現する歓びを感じられず、生きるエネルギー、糧を得ることができずに過ごす日々が続きました。

しかし、このままではいけない。

音楽に携わる身として、音楽をそして演奏する場を共有することの素晴らしさを実感しているからこそ、
「できないからやらない」ではなく、
この状況でもできる道をなんとか模索していくことが
音楽の灯火を途絶えさせないために必要なのではないか。

音楽界の未来を担う、若い音楽家たちの活躍の場を復活させ、
ポストコロナの時代に、ウイルスと共存する社会と音楽の共生のあり方を見つけたい。
また、思い描いた学生生活を送ることができずに燻っている自分たちのためにも、勉強の場を作りたい。

そんな思いから、この企画が立ち上がりました。



ご協力いただいた資金は、出演者・運営メンバー全員へのPCR検査・ホール設備使用料やプログラム制作費用、クラウドファンディング手数料に充てさせていただきます。


現在の収入は、協賛頂いている企業様からの協賛金、応援いただいている方からの寄付金、出演者からの出演料、国からの助成金となっています。
演奏会を開催するにあたって感染症のリスクを最大限に抑える必要から、
出演者・運営メンバー全員へのPCR検査を実施することになりましたが、
上記の運営資金ではその費用が賄えません。

感染拡大のリスクを可能な限り抑え、安心安全の演奏会の実現のために、皆様のご協力をお願い申し上げます。



リターンはHPや配信概要欄へのお名前の記載、そして特典映像がついてくる(あくまでコンサートをさらに楽しんで頂くための要素の一つとしてご用意しているため、コンサートのアーカイブを消す際【2021年3月末日】に一緒に消去致します。)といったプランをご用意しております。



【2021年2月】 演奏会準備

【2021年2月中旬】 出演者・スタッフへのPCR検査の実施

【2021年2月24日、25日】 演奏会本番(出演者の家族、友人などの招待客制)

【コンサート終了後】 コンサート映像の編集・広報活動

【2021年3月12日】 クラウドファンディング終了

【2021年3月13日】      オンラインコンサート本番(Youtubeプレミア配信)

【2021年3月末日】YouTube配信アーカイブ削除



音楽界はいま、苦しい局面に立たされています。
以前のように、何の気兼ねもなく音楽で表現活動することがもはやできなくなってしまいました。
しかし私たちは、「そんな状況だからこそ生まれる新しい音楽の形がある、そしてそれを創り出していくのが、まさにこれからポストコロナの時代を生きる私たちの役目なのだ」と信じています。
皆様からの応援が、メンバー全員の励みになり、また未来の音楽界を創り上げる礎となります。

私たちの思いに共感していただけましたら、ぜひ、温かいご支援をお願い申し上げます。

最後になりますが、スターマインのYouTubeチャンネル【公式】スターマインチャンネル Starmaine channelにご登録いただき、3/13(土)にはぜひ、未来ある若手音楽家たちに会いに来てください!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください