皆様のご支援により、当プロジェクトは目標金額に到達いたしました。

ひとえに、ご支援いただいた方々のお気持ちによるものでございます。
誠にありがとうございます。

今後は掲載期間の終了まで、私共の取り組みに関する周知等、ご協力いただけますと大変幸いです。

個別のお礼に関しましては期間終了後に、お一人ずつお送りさせていただきます。

追加リターンを少数ですがご用意しております。
また、価値あるコーヒーを作れるよう精進してまいります。
2021年6月ごろの発送とはなりますが、残りのリターンと合わせまして、おいしいコーヒーをご自宅でも、お得に楽しんでいただければと思います。


初めまして。

「コーヒーロースター」の開業を目標に取り組んでおります、「Introduction」代表の佐藤大地と申します。

2021年6月、広島県広島市に、
夫婦2人で選りすぐった機材と素材をそろえ、
”スペシャルティコーヒー”を中心に、コーヒーの様々な楽しみ方をお届けする空間を作ります。

スペシャルティコーヒーとは、コーヒーの多様性をきっかけに、素晴らしい風味特性のあるコーヒーを指して使われる言葉です。

それまで、複数の作り手のものを混合して流通していたコーヒー。これを農園、作り手ごとにフォーカスすることで、より良い取り組みのもと、高品質なテイストを作っている農園が見つかりました。
一貫した体制で、透明性のある流通のもと、マイクロな視点でより良いものを正当な価格で評価する。
そうすることで、トレーサビリティとサスティナビリティが重視され、農園の取り組みと生産者の顔が見えるコーヒーが手に入るようになったのです。

しかし、良いものを、より適切なかたちでお届けするのには、やはり最後の担い手であるロースターやバリスタの知識と理解、そして技術が必要です。

自身の得た経験と探求心を最大限活用して、この「これからのコーヒー」をお届けしてまいります。

私たちのつくるものを、より多くの方に知っていただき、楽しみにしていただけるよう、当プロジェクトを立ち上げました。


このプロジェクトで実現したいこと

当プロジェクトの本旨は「事前購入」です。

一定の金額が集まった場合、その大半をリターンのご用意にあてさせていただく予定です。

残額に関しては、よりよいものをお届けするための、店舗準備に充てさせていただきます。

「早期割引」

非常にお得な内容をご用意していますので、
ご家族やご友人にもご紹介いただけますと大変うれしいです。

皆様のお気持ちが、私たちの準備へと繋がります。
オープンへの期待を込めていただき、またご支援いただけますと幸いです。


コーヒーロースターをやろうと思った経緯

少し、自分のことについてお話しさせてください。
(リターンの内容が気になる方は飛ばして頂いても大丈夫です)

生まれ

私は東京都、世田谷区の出身です。広島ではありません。
小さなレストランを営む両親のもとに、5人兄弟の3番目として生まれました。
父が料理人、お世辞にも繁盛店とは言えませんでした。

17歳の時、店の「おてつだい」で初めてコーヒーをつくったそのレストランは、あえなく閉店し、次いで家族はバラバラに。

悲しいような悔しいような不思議な気持ちを味わったことを覚えています。

出会い

その後、なんとか東京の大学に通っていたころ、私はアルバイトや文化祭を通して、やはり生まれの影響か「何かを作って提供すること」に大きな喜びを感じるようになりました。

私はその時に出会った「スペシャルティコーヒー」にのめりこんでいったのです。自信をもって、優れた嗜好品を、楽しく提供しているバリスタに心を打たれました。


変化

24歳の時、様々なコーヒー屋を経験し、世田谷区三軒茶屋にある気鋭のロースターに入社。根無し草だった私は、広島転勤も二つ返事で引き受け、1人で初めて広島に来ました。

人、空気、自然、街並み…すべてが新しく輝き、温かいものに囲まれました。

人に恵まれ、環境に受け入れていただき、広島が大好きになりました。

次第に、東京に戻るより、ここで自分のできるコーヒーを「この人たちのために」作りたいと感じ始めました。


 きっかけ

「いつかコーヒーを仕事にしたい」という夢を持つ、東広島出身の現在の妻と出会いました。

「二人で協力して、自分たちにしかできない、コーヒー屋を作ろう」

育ててくれた職場と周囲の多大な理解を頂き、広島に”自分の居場所”が出来ました。


これから

料理人とバリスタ…父とは違えど、私は自分のできる限りを提供できる、新しいお店を作ります。

自分を支えてくれたすべてに感謝して、自分のできることを、この広島で還元していきたいです。

ほんのわずかでも、皆さんの生活の活力になれるような、ライフスタイルに根差していけるお店を目指して、夫婦2人で尽力してまいります。開業後の店名とロゴ(予定)
「BREATH」は息、生命、活力、休息の意味


これまでの活動(作り手について)

佐藤 大地…オーナー。ブランディング、コーヒーの監修。

・東京を中心に、数々のコーヒーロースターで計10年勤務。
・広島県、福岡県のラテアート大会ではどちらも上位入賞。
・『Japan Barista Championship』にも2度出場(全国20位代)



佐藤 香奈恵…共同経営者。財務・渉外、焼き菓子を監修。

・広島県の金融機関に11年勤続し役席。3月に退社予定。
・ファイナンシャルプランナーなど、財務に関する資格を所持。
・営業の優績者表彰の経験も活かし、事業の安定に尽力する。



「Introduction」…2020年11月より始まった2人による活動

・instagramにて、店舗準備や出店に関する情報を発信。
・現在は友人のラッキー焙煎機で試行錯誤、時折豆を販売し毎度完売。
・少数回だが、広島県内のドリンクスタンドなどでイベントや出店を行う。


開業する新店舗…2021年6月中旬開業予定。現在準備中。

名称 「BREATH HIROSHIMA」

営業時間 10~19時(予定)週6日営業

立地(予定) 広島県広島市南区段原南2丁目2-2 1階


・スペシャルティコーヒーの豆販売、ドリンク、焼き菓子。
・場所は広島県広島市南区段原。比治山からすぐの立地。
・焙煎機はドイツ「PROBAT」の5㎏焙煎機を導入予定。
・エスプレッソマシンなど、その他機材も実力のあるものを厳選。


資金の使い道

目標金額:100,000円

リターン用資材購入合計:約65,000円
 コーヒー豆:約38,000円(10kg×3)
 パッケージ費用:約4000円
 紙等その他資材:約3000円
 燃料費:約2000円
 梱包・発送費:約18,000円

値引き分原価:約15000円

手数料+消費税:約10,000円(10%+税)

残額:約10,000円
こちらは店舗の設備・資材に充当させていただきます。


リターンについて

今回は開業前購入の早期割引としまして、割引率の高いリターンをご用意しています。


①「ディスカウントチケット」…割引率30~50%
 店舗がオープンした後、ご来店いただいた際に合計金額から値引きできるチケットです。

②「アーリーコーヒービーン」…割引率20~38%
 PROBAT到着後、今回のリターン専用にご用意するコーヒー豆を1~3種類、発送いたします。

③「貸し切りプレオープン」…4組様限定。当プロジェクト支援者様限定のプレオープン
 6月前半に店内1時間貸し切り。感染症リスクを抑え、カウンターの中などすべてご案内。特典付き。

④「店舗設備3時間レンタル」…1組様限定。当プロジェクト支援者様限定の場所貸し出し。
 焙煎機、マシンを含む全設備をオーナー立会いのもと貸出。イベントやセミナーにもどうぞ。


焙煎したてのスペシャルティコーヒー 600円~店内・テイクアウトドリンク300~600円

ラテアートも間近で楽しんでいただけます


詳しくはリターン詳細をご覧ください。


実施スケジュール

2021年3月中旬 プロジェクト支援募集終了

2021年4月上旬 リターン用資材購入

2021年5月上旬 ディスカウントチケット発送

2021年5月下旬~6月上旬 コーヒービーンズ発送

2021年6月上旬 限定プレオープンなど

2021年6月中旬 グランドオープン


最後に

わたしたちができる限り、「価値ある商品と時間」をみなさまにお届けします。

このような時世下でも、開業に向けて前向きに取り組んでおりますが、正直不安の無い日はありません。

皆様からのご期待とご支援のお気持ちが、私たちの最大の糧となります。

コーヒーを通して、広島の生活にポジティブな連環が生まれるよう、尽力してまいりますので、皆様とのご縁が共に前に向かって進んでいけますよう、
どうぞよろしくお願いいたします!


<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください