2021年春、ガーナのアブイ・チタ村に小学校に続き中学校の開校を

日本で子どもたちに将来の夢を聞くと、何通りの答えが返ってくるでしょう?

アフリカの中でも識字率が低い西アフリカ、ガーナの中でも貧困世帯が多い
アブイ・チタ村の子どもたちに聞いてみました。その答えは10通りほどでした。
その背景には身近にいる大人たちの職業の種類の少なさ、そして、自分の家族や
村の外の世界を知る機会の少なさが大きく影響しています。

私たち、認定特定非営利活動団体Doooooooo(以下、NPO Doooooooo)は
2018年にこのアブイ・チタ村に公立の小学校と幼稚園を建設しました。
現在、380名以上の子どもたちが通っています。
子どもたちにとって、学校は自分たちの世界と夢を広げる貴重な場所となっています。

しかし、この村には中学校がありません。

他の地域の中学校に通うにも歩いて片道2時間かかることから、子どもたちの多くは
学校に通うことを諦めてしまいます。現在中学校に通うことができている子どもたちは
Doooooooo Schoolの卒業生の2割にも満たない状況です。

子どもたちが引き続き自分なりの夢を探し、見つけ、実現するまでのステップを
「みなさま」と共につくっていきたい。

そんな想いからNPO Dooooooooは2019年より中学校の建設をはじめました。
2021年春に開校し、子どもたちを迎え入れることを目指しています。

アブイ・チタ村の学校建設現場の様子
2018年に開校した公立の小学校・幼稚園 Doooooooo School

アブイチタ村はガーナの北東部に位置する、広大なボルタ湖に面し、ガーナでは珍しく山もあり、緑豊かな美しい地域です。 約1000人の人々が暮らしています。
家は、土壁に茅葺屋根が一般的で、電気は通っていますが水道はなく移動手段も徒歩のみ、という貧しい村です。

そのため、私たちが2015年に訪れたときには学校もありませんでした。
明日を生きるため、小学生に満たない程の子どもたちが、親の農業を手伝ったり、マーケットへ出稼ぎに行くなど、学校に行くことなく働く日々が続いていました。

その後、村人たちとコミュニケーションを交わす中で、「子どもたちに教育を!」と願う大人が多いことが分かりました。しかし貧困から、その願いが叶えることは難しい状態です。こうした村人たちの思いを受け、「もし、自分の子どもが学校に行くことができなかったら」と、その状況を我々は想像し、彼らの願いを叶えるため、そして子どもたちに教育を届けるため、「この地に学校を建てよう!」と決意しました。

この想いに共感き、多くの方々にご支援いただいた結果、2018年にこの村にDoooooooo Schoolという公立の小学校と幼稚園を建設、開校することができました。

Doooooooo School開校式に子どもたち、村のみなさんと撮影した集合写真


小学校を卒業しても学び続けたい、学ばせてあげたい

開校から2年間、学校運営が、常時順調に進んでいたわけではありません。
しかし、私たちだけではなく、村の方々、国・自治体を含めた「みんなで作る・育てる学校」という建設当初から目指してきた学校の在り方の実現に向けて、1つ1つ問題に対処してきました。

ガーナでは、子ども達を仕事、家事、育児の労働力としている家庭が、特に地方地域では非常に多くなっています。子どもたちの親世代もそのような家庭環境にあった人々が多いことから、そもそも親世代が学校に子どもを行かせること、教育の重要性についてあまり理解がされていません。このままでは学校ができても子どもたちは学校に行けず、その負の連鎖が次の世代にまで引き継がれてしまいます。
そこで、私たちは1件1件、各世帯を訪問し、その親世代に子どもたちが学校に行くことの大切さについて対話を重ねるなどをし、村の人々と向き合ってきました。

そして、村の人々の意識が変わってきたことを実感した出来事がありました。

倉庫を改修して作られた手作りの中学校この写真は、小学校卒業後、村に中学校が無いことから次の学びの場を失ってしまった子どもたちのために、村の人々が資材置き場として使われていた小屋の倉庫を改修し、手作りで作った中学校です。
これを見た時、私たちは子どもたちの次のステップとなる中学校をこの村で建設することを決断しました。

RichardもDoooooooo Schoolの卒業生であり、現在中学校に行くことができていない一人です。
彼も学ぶことを続けたいという想いからこの手作りの仮設の中学校で勉強し、いつか中学校が村にできることを待ち望んでいます。


子どもたちの夢の選択肢が増えるような中学校を

新型コロナウィルスによる影響などもあり、当初の予定より工事は長期化してしまいましたが、建設状況としてはいよいよ2021年春に建物の完成の目処がたちつつあります。

昨年冬の校舎屋根建設の様子

しかし、校舎の屋根と壁ができただけでは、子どもたちや村の未来を変えるような学校とはなりません。以下の付属建物・設備の整備や、運営費用の確保のため、みなさまのお力が必要です。

①給食室の建設

小学生に加えて中学生分の給食を安定的に供給するため、中学校と小学校の間に大きな給食室を建設が必要です。

学校の給食は、子どもたちへの栄養供給や食育だけではなく、通学率や進学率の向上、子どもたちの家族の食糧不足問題の改善にも繋がります。


②学校教師の寮の建設

教師が寝泊りできる寮が必要です。

ガーナでは学校が教師の住居から遠いケースも多く、長距離の通学が厳しくなり学校に来なくなってしまうことが残念ながら多くあるため、寮は必須となっています。


③運営費用

公立の学校の教科は英語、算数、歴史、理科と必要最低限のものとなっています。
情報と学べる知識が限られた環境で育つ子どもたちの夢は限定されてしまいます。

私たちは子どもたちにより沢山の夢の選択肢を持ってもらいたい、そんな想いから、学校のカリキュラムを拡充したいと考えています。

例えば、体育。運動場を整備し、子どもたちが楽しんで体を動かすことで身体能力を高めたり、スポーツを通じて協調性を学ぶ機会を与えたい。

美術ではクリエイティブにものをつくり、表現する楽しさを知ってもらいたい。

PCを設け、ICT教育を導入することで、より広い世界を知る術を学んでもらいたい。

そして、この村に存在しなかったような職業に就く子どもたちを増やしていきたいです。

資金の使い道とリターン

ご寄付頂きました資金は、中学校校舎および付属施設の建設費用、運営費用に充てさせていただきます。

【建設費用:2,500万円】
校舎建設費用:1,000万円
給食室建設費用: 400万円
教師寮建設費用: 600万円
必要備品購入費用: 500万円

【リターン】
ご寄付金額ごとにThank you mailのみのプランと、NPO Dooooooooが連携するアパレルブランド、CLOUDY(クラウディ)のアパレルやグッズをリターンとしたプランをご用意しました。
また、10万円以上のご寄付では開校後の中学校校舎にお名前を刻印したプレートの掲示もお選びいただけます。
100万円のプランでは、代表の銅冶より講演をさせていただきます。今回の中学校建設に至るまでの経緯や、いただいたご寄付による現地の変化、そして、教育支援以外にもNPO Dooooooooが取り組んでいる活動について等、最新の状況をお伝えさせていただきます。


実施スケジュール

2021年春の開校を目指し、2021年3月末まで寄付を募らせていただきます。
開校の時期が決定し次第、こちらでもご報告させていただきます。

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


最後に

2020年3月から今年の1月まで、ガーナでは新型コロナウイルスの影響により、国内の学校が一斉休校となってしまいました。日々の食事を給食に頼っている貧困世帯も多い中、改めて地域にとっての学校の大切さを痛感いたしました。

しかし、この中学校では、地域のライフラインとしての学校や、必要最低限の学びを得る現地の公立学校以上の場にしていきたいという想いがあります。
子どもたちがより多くの夢の選択肢を知り、自分の夢を見つけ、将来次の世代が目指すライフモデルとなるような学びの場を目指しています。

ぜひ子どもたちのために共にアクションしていただけますと幸いです。


認定特定非営利活動法人Dooooooooについて


NPO Dooooooooは2010年に設立された認定特定非営利活動法人です。ケニアのスラムに住む子どもたちの支援から始まり、現在ではガーナに学校を建設し教育機会の創出を、工場を建設し雇用機会の創出をしています。

「まずは動く」をスローガンに、雇用(Hiring)・教育(Education)・健康(Health)を軸にアフリカへのアクションをつづけています。

これまでの活動については、以下各種SNSでもご報告させていただいております。

ぜひあわせてご覧ください。


【Instagram】https://www.instagram.com/npo_doooooooo/

【Twitter】https://twitter.com/NpoDoooooooo

【Facebook】https://www.facebook.com/NPODoooooooo

【note】https://note.com/do_academy

【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCqByXsJ5ZORSfQB1D2xmgvQ

税制優遇について


認定特定非営利活動法人Dooooooooが寄付金の受付及び領収書発行を行います。
このプロジェクトの寄付は寄付金控除の対象になります。「寄附金控除」「税額控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、認定特定非営利活動法人Dooooooooが発行した「領収証」の提出が必要となります。領収証は年に一度、確定申告時期にお送りしています。すぐに領収証が必要な方はご連絡ください。
※領収証はGoodMorning又はCAMPFIREではなく当法人が発行・郵送いたします。

お問い合わせ先

認定特定非営利法人Doooooooo
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-16-26協和ビル201
e-mail: info@doooooooo.org

  • 2021/03/03 09:28

    学校へと続く道。いつも通う道の先に見た事がない青色の標識が。よく見ると【DOYA ST】の文字。今回の中学校開校に際して、村のみんながサプライズで標識を用意してくれました!そしてなんと。。学校へと続くその道が【DOYAストリート】と名付けられたのです。温かすぎるサプライズとみんなの想い。こうい...

  • 2021/03/01 11:03

    3/1中学校開校に先駆けて2/22実施した開校式。この村の子どもたちはマスクを持っていない子も多く、いくら人里離れた集落と言えども、コロナ対策の衛生管理教育の一環として全員にマスクを配布しました。NPO Dooooooooが連携するアパレルブランド、CLOUDYのワーカーのみんなが手作りで子ど...

  • 2021/02/28 09:18

    3月1日より私たちの中学校ではICT教育が開始されます。40台のパソコンをNPO法人class for everyone様にご寄付頂きました。子どもたちが1番楽しみにしていた授業。これからは、週に2回、パソコンを使った授業を行っていきます。子どもたちがICT教育を通して、また1つ夢の選択肢が増...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください