第一弾では、多くのみなさまからご支援を賜り感謝申し上げます。誠にありがとうございました。また、熱い思いをメッセージとしてご投稿いただきました。改めて、身を引き締めてクラブ一丸となり、今シーズンを戦っていくことをお約束いたします。今後も変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、ベガルタ仙台は、クラウドファンディング「STANDIN' SENDAI 杜の都から世界中を照らせ」第二弾を2月10日よりスタートいたしました。前回同様に、チーム、サポーターのみなさまに多大なご尽力を賜り実現しました。選手からは当クラブのために貢献したいとの思いから、スパイクをはじめ、ユニフォームやキーパーグローブを積極的にご提供いただいております。

今回もサポーターのみなさまに、企画起案のご協力をいただきました。目玉となる#ベガルタ仙台書初め大会は、ユニークなアイデアから誕生した新企画となります。監督と選手が、「スタンディング仙台」を書き上げました。作品はリターンとしてご用意しておりますので、ぜひご購入ください。

また、サポーターのみなさまからご提供いただいた「STANDIN’ STANDIN’ SENDAI FOREVER」の横断幕について、氣志團さまからご許諾をいただきました。スタジアムに掲出していただいている、腕に腕章を巻いたビジュアルが入った本来の横断幕デザインを今回のステッカーに採用することができました。ご許諾につきまして、この場を借りて心から御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

■ベガルタ仙台のクラウドファンディング「STANDIN' SENDAI 杜の都から世界中を照らせ」について

ベガルタ仙台は新型コロナウイルス感染症の影響で大幅な減収による経営危機のため、ファン、サポーターのみなさま、全てのステークホルダーのみなさまからの善意をお受けするかたちとして、昨年9月26日にクラブ緊急支援プロジェクトを開始いたしましたが、当クラブに所属していた選手の不祥事を真摯に受け止め深く反省し、10月22日から中断しておりました。2020シーズンが終了し、新シーズンを迎えるにあたりまして、サポーターのみなさまのご意見に注意深く耳を傾け、クラブ緊急支援プロジェクトのあり方について社内で何度も慎重に協議を重ねました。

当クラブといたしましては、一歩ずつですが着実に、力強く前進するために再開に踏み切ることを決断いたしました。ともに「STANDIN' SENDAI」を合言葉とし、クラブにご支援賜りますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。

■第一弾はこちら

●ベガルタ仙台 代表取締役社長 佐々木 知廣からのメッセージ

平素より当クラブの活動にご支援と応援をいただき、心から御礼申し上げます。また、新型コロナウイルス感染症の対応のためにご尽力いただいているエッセンシャルワーカーのみなさまに心から感謝申し上げます。

昨年は、新型コロナウイルスの影響により制限付きの試合を実施せざるを得ず、安全安心な観戦環境を優先した運営としたため経営としては大変厳しく、結果として年度末決算において債務超過の状態となることが確実になっております。

この状況を克服するため、Jリーグの助言を得ながら、経営改善のためにクラブ一丸となって取り組んでいるところですが、コロナ禍の影響が見通せない中、道筋は厳しいものであることも現実です。

東日本大震災から10年の節目の年、J1で継続して戦うベガルタ仙台が、地域の希望の光として輝き続けるため、少しでも早い経営改善を図りながら、一方でチーム強化費の確保を実現していきたいと考えております。

こうしたクラブの現状については、選手のみなさまにもご理解をいただき、昨季限りで退団した選手を含めてみなさまから「クラウドファンディング用に」と、日ごろの愛用品などをご提供いただきました。これらに、サポーターのみなさまのご協力により用意したグッズなどを加えてリターン品とし、3弾に分けてクラウドファンディングを実施させていただくこととしました。いただいたご支援は、チーム強化費などに活用させていただきたいと思います。趣旨にご賛同いただけるファン、サポーターのみなさまのご支援を、何とぞよろしくお願い申し上げます。

“STANDIN‘ SENDAI 杜の都から世界中を照らせ”
株式会社ベガルタ仙台
代表取締役社長 佐々木 知廣


●ベガルタ仙台 監督 手倉森 誠からのメッセージ

このたび、ベガルタ仙台の監督に就任しました、手倉森誠です。2020年は新型コロナウイルスの影響を受け、世界的にも激動の1年でした。今なお、猛威を振るう新型コロナウイルスに立ち向かう医療従事者のみなさまに心より感謝申し上げます。

Jリーグではコロナ禍において、試合中断や無観客試合、入場制限などの制約がかかり、各クラブは大きな打撃を受けているのが実情です。当クラブにおいても、ファン、サポーターのみなさまに多大なるご心配をおかけしております。

しかし、再び被災地、東北の希望の光になるため、もう一度立ち上がり、ひとつでも多くの勝利を届けることはもちろんですが、私たちができることを考え、選手、スタッフ、ファン、サポーター、スポンサーなど、すべてのステークホルダーのみなさまとともに一丸となって戦ってまいりたいと思います。

本クラウドファンディングでは、2020年から引き続きベガルタ仙台でプレーする選手に加え、今シーズンは他のチームでプレーする選手たちからも快くリターン品をご提供いただきました。

「STANDIN′ SENDAI」のもと、震災復興10年の節目である2021シーズンを飛躍の年にするために、力強く突き進む所存でございます。ぜひ、みなさまのお力をお貸しいただきたいと思います。引き続き、チームへの熱い応援、後押しをよろしくお願いいたします。

ベガルタ仙台 監督
手倉森 誠

クラウドファンディングは2021年1月15日(金)~2021年 4月4日(日)までの期間で実施いたします。
プロジェクトは第一弾~第三弾の3つに分けて実施いたします。それぞれの期間で新しいリターン品もございますので、各期間のリターン品をご覧いただけますと幸いです。
※日程は多少前後する場合もございますため、予めご了承ください。

<第一弾> 
期間:2021年1月15日(金)~ 2021年2月9日(火)
目標金額:300万円

<第二弾>
期間:2021年2月10日(水)~2021年3月8日(月)
目標金額:300万円

<第三弾>
期間:2021年3月9日(火)~2021年4月4日(日)
目標金額:400万円

合計:1,000万円


<価格:80,000円>


<価格:20,000円>

<価格:20,000円>

<価格:15,000円>

<価格:15,000円>
●サポーター発案「ベガルタ書初め大会」開催!

ベガルタ仙台の選手、監督が「STANDIN' SENDAI 」のスローガンを思いを込めて書き上げました。是非サポーターのみなさまも#STANDIN' SENDAI #ベガルタ仙台書初め大会のハッシュタグをつけて投稿し、楽しんでいただけますと幸いです。


書初めの様子を映像としてお届けいたします。ぜひご覧ください。




<価格:15,000円>


<価格:1,000円>

<価格:3,000円>


<価格:5,000円>


<価格:10,000円>

<価格:18,000円>

<価格:20,000円>



本プロジェクトを最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
引き続き、変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください