若柳流壽慶會
(葉月流三代目家元 葉月綾乃助) 

 若柳慶次郎 ご挨拶

昨年の今頃より新型コロナウイルスの大流行により、今まで普通の生活を送っていたのが信じられないほど世界が変わってしまいました。私たち舞踊家や舞台に関わる方々だけではなく、世界中の人々にとって大変厳しい世の中となりました。この第五回慶次郎会は昨年5月に開催予定でしたが、コロナの影響により今年の3月に延期となりました。概要でも触れましたが、出演を楽しみにしていた高齢のお弟子さんが昨年の延期決定後に残念ながら旅立たれました。私も門弟一門も大変なショックを受け、舞台に立たせてあげられなかったことを後悔いたしました。舞台を無理にでも開催した方が良かったのか、延期は正しかったのか、いまだに正解は分かりません。しかし、お弟子さんたちにとって稽古は舞台のためのものであり、皆さん舞台が楽しみで日本舞踊を習いに来ているのです。その楽しみを取り戻させてあげたい一心、そして時間は永遠ではない、今を大切にしなければいけないと気づかされたことで開催を決意いたしました。今回、私は静御前と佐藤忠信の主従関係の道行「吉野山」にて狐である佐藤忠信を踊ります。ずっと憧れていた演目であり、芸歴45年、師籍25年の節目に大きな記念となる大作であります。今日に至るまで苦難があり、何度か踊りをやめようと思うこともありました。そんなとき思い出したのは、この言葉でした。上京したときに叔母からもらった手紙の言葉です。



5歳から45年間、踊りの一本道を歩んできた私には芸の道しか歩くことは出来ないと、コロナ禍で表現の場が減少し、弟子の死に直面した今、改めてこの言葉が耳に響いております。門弟のため、スタッフさんのため、どうかこの先もこの一本道を歩ませていただけるよう何卒皆様のお力添えをお願い申し上げます。



慶次郎会とは

若柳慶次郎門弟のお稽古の成果を発表する舞台です。第一回目は2008年5月に開催されました。3年ごとに開催され、昨年、第五回目が開催予定でしたが、コロナにより今年の3月に延期となりました。若柳慶次郎芸歴45年、師籍25年の節目の回でもあります。毎回楽しみにしてくださるお客様も多く、回を重ねるごとに来場するお客様が増えてきました。舞台に立つ門弟たちも力が入り、お勉強をさせていただいております。

 

このプロジェクトで実現したいこと

第五回目となる舞台でみんなに笑顔を届けたい!日本舞踊を知らない方、興味があっても敷居が高いと思ってる方に見ていただき、日本舞踊の魅力を知っていただく事を実現したいと思います。こんなコロナ禍の時期に…ではなく、こんな時期だからこそみんなの笑顔で不安に打ち勝ち、無観客では生じないお客様と舞台人たちの持つエネルギーを感じてもらえたらと思います。


門弟、佐々木悠人くん(8歳)「初めての『ドキドキ』はいつも舞台です」



プロジェクトをやろうと思った理由

第五回慶次郎会は昨年の5月に開催予定でした。この舞台を最後の舞台出演と決めていた参加予定の高齢のお弟子さんがいたのですが、舞台の延期決定後、志半ばで亡くなってしまいました。このことは「今を大切にする」ということを改めて痛感し、心に深く刻みこまれた経験でした。これがきっかけとなり、このプロジェクトを立ち上げることになりました。コロナ禍で離れていくお弟子さんも出始め、舞台出演を不安に思うお弟子さんもいますがマスク着用、チケット裏面への氏名住所の明記、受付での検温及び消毒の徹底と感染対策をしっかりと行い、リモートや配信では体験できない生の臨場感をぜひ味わって欲しいのです。毎回楽しみにしてくださるお客様、演者、スタッフの不安な表情を笑顔に変えたい!そんな強い気持ちで今回クラウドファンディングに挑戦してみようと決意しました!





これまでの活動
若柳流寿慶會 若柳慶次郎

幼少の頃より、日本舞踊・新舞踊・民謡を習う。16歳頃、現在の師匠、若柳寿多郎師に出会う。18歳で上京し日本舞踊家としての修業に励む。25歳の頃、若柳流寿慶會に入門。その後、総師範として若柳慶次郎の名を許され、本格的な舞踊活動に取り組む。舞踊の発表会主催や創作舞踊の振付、舞踊音楽の編集も手掛ける。
また各流派の方々とも交流が深まり、創作舞踊を主体とした創作舞士「舞神(むしん)」を立ち上げる。毎年、東京新聞主催の「名流祭」や関東舞踊協会の特別顧問を務めながら出演している。アリオ・カルチャースクールの新舞踊の講師や、地元の小学校を訪問し「伝統文化を体験」する体験会の講師として日本舞踊を広める活動をしている。

2003年 邦楽と舞踊主催の大会にて優秀賞を受賞
2008年 慶次郎会 創設
2014年 舞神 創設
2017年 和舞ガールズKarenプロデュース(「千本桜」振付)
2018年 サンバ立石音頭 振付


葉月流 葉月綾乃助(葛飾区新舞踊連盟副会長 )

創流1996年、流祖・葉月綾乃(若柳綾鶴)
若柳流寿慶會の新舞踊部門として、三代目家元・若柳多嘉子の許しを得て創流。現在、二世宗家・葉月綾之丞(若柳寿多郎)、三代目家元・葉月綾乃助(若柳慶次郎)




資金の使い道

日本舞踊の舞台は舞台セット、衣装、かつら、各人件費など多くの費用がかかります。コロナ禍でキャンセルが相次ぎ、資金不足となってしまいました。各関係者にご迷惑をかけることのないスムーズな運営のために使わせていただきます。さらにリターンで活動の幅が広がれば私たちも嬉しいです。


若柳慶次郎が芸歴45年、師籍25年の節目にずっと憧れていた演目「吉野山」を演じます。
役どころは実は狐である佐藤忠信です。歌舞伎舞踊でセリフもあり、なんと50分以上の大作です!

リターンについて

当日のチケット(全席自由席です)に加え、さまざまなリターンを用意しました!いつも舞台を楽しみにしていただいている皆様、若柳慶次郎のYoutubeチャンネルで応援して頂いている皆様、そしてこのクラウドファンディングで初めて知っていただいた皆様、この機会にぜひ生の若柳慶次郎と門弟一門に会いにいらしてください。また出演してくださる舞踊家の諸先生方にもリターンのご協力をいただいております。随時追加リターンも発表させていただきますので、ぜひご支援よろしくお願いいたします。


実施スケジュール

『第五回慶次郎会』 

2021年3月13日(土) 

開場10時30分 開演11時 

葛飾区亀有リリオホール 



最後に

私たちのいる日本舞踊界はまだデジタルに慣れておらず、発信力も微弱です。世界では「鬼滅の刃」や「ナルト」などのアニメの大ヒットから日本文化に興味のある外国人の方が多くいます。国内だけではなく海外へも和の心を伝えられたら嬉しいかぎりです。
海外からの行き来が難しい今、身近な皆様に400年以上続く日本舞踊の魅力を感じていただけたら、そして同じ空間で舞台の緊張感を味わっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。ぜひ会場でお待ちしています。最後までお読みいただきありがとうございました。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/04/28 20:39

    慶次郎会クラウドファンディングにご支援いただきありがとうございました。慶次郎会事務を担当しております門弟の葉月綾莉寿です。4月予定のリターンのご送付が始まっております。昨日の夜に「当日、来場はできないけれど是非応援したい!」リターンとして慶次郎会当日の若柳慶次郎の写真にサインとメッセージを添え...

  • 2021/03/30 12:37

    慶次郎會クラウドファンディングにご支援ありがとうございました。慶次郎會事務局を担当しております葉月綾莉寿です。慶次郎先生から皆様へ御礼と会についてご報告があり動画が投稿されました。ぜひご覧くださいませ。いよいよ4月からリターンの発送が始まります。今しばらくお待ちくださいませ。今後ともよろしくお...

  • 2021/03/16 00:16

    慶次郎会クラウドファンディングにご支援いただきありがとうございます。慶次郎会事務局を担当しております門弟の葉月綾莉寿です。3/13(土)第五回慶次郎會は盛況のうちに終演いたしました。大雨の足元の悪いなかご来場いただきました皆様、ご支援いただきました皆様、誠にありがとうございました。台風のような...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください