はじめに・ご挨拶

はじめまして。かき小屋新橋店の店長大野と申します。私たちのお店「かき小屋」は、その時期一番おいしい産地を厳選して仕入れる焼き牡蠣をはじめ、ホタテ貝やエビなどの様々な海の幸を目の前で焼いて召し上がっていただくお店です。網焼きにした新鮮な牡蠣や魚貝類は素材の旨みがギュッと凝縮され、焼き立てはアツアツでジューシー。料理に会う自分好みのお酒も楽しんでいただけるようお酒の持ち込みも可能で、ワイワイと楽しんでいただけ、仕事仲間やご家族など、多くのグループにご利用いただいていました。

新橋にある私たちのお店「かき小屋新橋店」


コロナが飲食店を大きく変えてしまった

ご存知の通り、このコロナ禍で飲食店はどこも厳しい状況となり、私たちのお店も例外ではありませんでした。昨年4月の緊急事態宣言以降、売上げが前年の半分以下という状況が続き、昨年の売上げ対比4%という月もありました。飲食店の売り上げは、席数×単価×回転数ですが、ソーシャルディスタンスで席数を減らし、入店者数の制限に加え、営業時間の制限という事になると、もはや商品価格を上げるしか売上を回復する手立てはありません。しかし、価格を上げればお客様の足はますます遠のいてしまいますので、価格維持は死守しました。

コロナ前のお店。多くのお客様にご利用いただいていました。

リモートも増えたコロナ後。この日は週末でしたが来店は5組でした...


試行錯誤を続ける日々

お店で召し上がっていただくのとは別の方法でお客様に牡蠣をお届けできないかとスタッフ一同で考えました。新鮮な牡蠣の一番おいしい食べ方、生食は保険局の規定もありテイクアウト販売は慎重にならざるを得ませんでした。生食用の牡蠣を使ってカキフライやソテーなどで提供しました。しかし、できたてのカキフライはとても美味しいのですが、冷めてしまった料理を温めなおして召し上がっていただくというのは「調理したてを食べていただく」という私たちのこだわりとは違うのではないかと考え、取りやめるなどの試行錯誤も続きました。


去って行った仲間たち

営業時間が短縮となった事に加え、店内で食事されるお客様も減ってしまったため、やむなく少人数での店舗オペレーションとなりました。勤務シフトも大幅に減る事になり、去って行った仲間もいます。長く働いてきてくれた仲間を失う事はとても辛く、身を引き裂かれる思いでした。

仲間たちとの記念写真

そのような中GoToイートが始まり、都外の同業者からはお客様が戻ってきたという話を聞きました。都内に店を構える私たちも、東京でのGoToイートの開始に期待を寄せ、ウィルス対策の徹底や環境整備、よりお客様に喜んでいただくための様々なキャンペーンなども用意して準備を進めました。しかし、ご存知の通り延期となり、通年で一番予約の多くなるはずの忘年会シーズンにほぼ予約が無いという危機的状況となってしまいました。


今年1月の緊急事態宣言で、心が折れた

この試練を乗り越えられるよう新たな思いで頑張っていこうと初詣で誓った矢先、1都3県への緊急事態宣言により飲食店の営業時間は夜8時までとなりました。売上のほとんどがディナーである私たちの店では、夜8時までの営業では、スタッフの雇用も守る事ができません。もはや満身創痍で、これ以上営業を続けるのも限界です。会社としても増え続ける都内の感染者を減らすための協力をするという方針を決定し、最終的に営業時間の短縮ではなく、完全休業を選ぶしか道はなくなってしまいました。


仕入れを止めた生産者さんからの言葉

生産者の方々には、休業の報告とそれに伴い仕入れを止めてもらう連絡をしなければなりません。とても心苦しく、何を言われても仕方ないと覚悟を決めていました。しかし、連絡した生産者さんたちからは「大変だよな、大丈夫かい?」「仕方ないよ、お互い頑張ろう」と逆に励ましの言葉をいただき、涙が出そうになりました。


「まこと牡蠣」の生産者、マルテン水産 佐々木 眞さん


ちなみに緊急事態宣言は1月7日でしたが、1月9日までの2日間、夜8時までの時短営業でお店を開きました。実はその週に発注していた仕入れがあり、それをキャンセルしないという決定によるものでした。しかし、その2日間もほとんどお客様の来店がない状況で、むしろ食材ロスを増やす結果となってしまいました。現況下では、需要減を見越した仕入れ発注がとても難しいものになっています。


牡蠣へのこだわりと責任

店名「かき小屋」を掲げる私たちにとって、生産者さんが一生懸命育ててくれた牡蠣を多くの人々に召し上がっていただき、楽しい会話で笑顔になって欲しい、それが日々店舗を運営する励みでしたが、それら全てが失われてしまいました。

私たちは創業当初から「一次生産者には値下げ交渉をしない」というポリシーを貫き続けてきました。最終消費者であるお客様との接点である私たちお店には、生産者の皆さんが一生懸命に育ててくれた牡蠣への責任があると考えているからです。 多くのお客様に楽しんでいただけるお店づくりをすることで、生産者さんに安定的・継続的な発注ができ、新鮮・安心な食材を提供してもらうというサイクルを構築していました。しかし、それが崩れてしまった今、生産者さんが思いを込めた牡蠣をご家庭でも食べていただけないかと考え、クラウドファンディングでの告知に至りました。 


陸前高田「マルテン水産」さんの養殖場


ご家庭で牡蠣を召し上がっていただけませんか 

お店のメニューに「カン缶焼き」というものがあります。短缶(一斗缶を短く切ったもの)に牡蠣を入れ、そのまま火にかける蒸し牡蠣料理です。元は漁師さんが焚き火で一斗缶に牡蠣を入れて食べた浜料理ですが、ワイルドに牡蠣を楽しめるという人気のメニューです。

ご家庭の「カン缶焼き」ガスコンロでもカセットボンベでも、お酒を少し加えてそのまま缶ごと蒸し焼きにすれば簡単にアツアツ出来立て、ご家族でできたてのプリプリな牡蠣の甘味や旨味を感じられる蒸し牡蠣が楽しめます。


人気メニュー、牡蠣のカン缶焼き


また、今回声掛けした生産者さんたちも、二つ返事で協力してくれる話になり、一般のスーパーなど店頭にはまず並ぶ事のないブランド牡蠣「まこと牡蠣」の殻付生食用やむき身、産地の工場で加工する牡蠣の燻製オリーブオイル漬け、カキフライ、カキグラタンなどの加工品も直送していただけることが決まりました。

陸前高田の牡蠣ブランド「まこと牡蠣」


本田水産さんの加工場


石巻「本田水産」かき屋の親父、本田 太社長

牡蠣を使った加工品もセット。特に燻製はお酒のつまみに最高です。


資金の使い道・スケジュール

ご支援いただいた支援金は、生産者さんへの牡蠣代金、リターン品の費用、梱包・発送費、スタッフ人件費などに使用させていただきます。

リターン品は3月より順次発送いたします。


最後に

お客様に喜んでいただく事が嬉しくて働いていた私たちでしたが、ふと、もうお店が以前のように戻る事はないんじゃないか、と不安に思う事があります。でも、今はやれることに全力で立ち向かうしかありません。何年後かに「あんな時もあったよね」と皆が思いだしながら、三密など気にせず笑顔で食事をできる日が訪れることを願って止みません。皆さまのお力添えを何卒よろしくお願いいたします。


かき小屋 新橋 

〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-6-1 

1月10日(日)より3月7日(日)まで休業予定

※2月13日より時間限定で営業再開いたしました。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/03/11 21:10

    このプロジェクトは今日で終了となります。ご支援いただいた皆様に心より感謝申し上げます。今日はあの日からちょうど10年です。世の中には人智では何ともならない出来事に巻き込まれて、絶望の淵に陥る事があります。今回、このプロジェクトに協力いただいた陸前高田のマルテン水産さん、石巻の本田水産さんもあの...

  • 2021/03/08 11:58

    ご支援いただいた皆様、ありがとうございます。本日から通常営業の予定でしたが、ご存知の通り、一都三県での緊急事態宣言再延長に伴い21日まで時間限定の営業となります。営業再開に向けての勤務シフトの調整と、ちょうどこの時期は卒業の関係でアルバイトの入れ替わりがあるため、新しいスタッフの確保などが必要...

  • 2021/02/24 15:23

    2月21日時点で100名以上の皆様にご支援いただき、 支援総額が100万円を超えました。驚いています、感謝です、ありがとうございます!中でもカン缶焼きは多くの皆様にリターン品として選んでいただき、準備した数に到達しました。生産者の方々もとても喜んでくださり、追加提供してくださるとのことなので、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください