はじめに・ご挨拶

この度は、同志社大学自主制作映画サークルF.B.I.卒業制作『夢見るペトロ』応援プロジェクトをご閲覧いただき誠にありがとうございます。

私たちは同志社大学の公認サークルである自主映画制作サークルF.B.I.に所属し、約3年間映像制作に取り組んできました。

4回生である私たちは既にサークルから引退し、OBOGとして活動をしていますが、もうすぐ学生生活が終わるという今、これまで共に作品作りをしてきた仲間達と学生生活の集大成となるような作品を制作したいと考えております。

そんな気持ちとは裏腹に、新型コロナウイルスが流行している現在、映画制作はそれ以前とは同じように行うことができません。

行動が制限された状況の中でも、映画に対する情熱を持ったスタッフやキャストに恵まれ、企画を立ち上げることが出来ました。


◉フィルムへの挑戦

私たちの学生生活の集大成となるこの作品は、16mmフィルムを使用します。

フィルム撮影では、色味の柔らかさや諧調の豊かさなど、
デジタルでは表現できない質感や、色味を表現できます。


この作品の脚本は、浮遊感のある、ファンタジックで繊細な世界観を持つ作品です。
フィルムにぴったりの作品であることは間違いありません。


この『夢見るペトロ』を「フィルムで撮ろう」とご提案してくださったのは、今回撮影監督を務めてくださる古屋幸一さんでした。


数年前、映画の現場でご一緒したご縁で、今回、16mmフィルムで映画を撮る、という企画が実現しました。


フィルムでの撮影というのは、誰しもがそう簡単に実現できるわけではありません。

なぜなら、とにかく費用が嵩むからです。

現在、ほとんどの映画はデジタルカメラで撮影されており、私たちがこれまでサークルで撮影してきた作品も、全てデジタルカメラでの撮影でした。

私たちのサークルにフィルム撮影を経験したことのある学生は、一人もいません。


しかし、言い換えればこの作品は、皆にとって、初挑戦の場なのです。


せっかくいただいた機会を「お金がないから」と、無碍にすることはできませんでした。


◉新型コロナウイルスによる経済的打撃

さらに、今回の撮影メンバーの大半は学生であり、新型コロナウイルスの影響を受け、大学から活動の規制を受けたり、アルバイトをすることが出来なくなったりと、
映画制作に際して充分な資金を用意することが出来ません。


そこで、この度クラウドファンディングを行い、みなさまのご協力を得たいと考えました。



『夢見るペトロ』は、みなさまの手によって作られ、育てられ、一本の映画として完成した暁には、

国内外のさまざまな映画祭に出品予定です。


どうか、ご支援・応援のほどよろしくお願い致します。


作品内容

映画『夢見るペトロ』

◉テーマ「あらゆる境界線と、その曖昧さ」
過去と現在、幻想と現実、子供と大人。こうした境界は、時としてとても曖昧なものです。
見えていたものは、本当に存在していたのか。見えないものは、存在していないと言い切れるのか。

確かに私はあの人のそばにいたのだ。


今回の映画は、こうした曖昧さの中で現実と折り合いをつけようとする女の子の物語です。


◉あらすじ

さゆりは、チラシ配りのアルバイトをしながら暮らす21歳。
バイト仲間のとみこと一緒に、毎日チラシを配っている。

ある日、飼っていたインコのペトロを失くした兄・りつが訪れ、突然自身の結婚を告げる。
さゆりは、兄の結婚という現実から目を背けるように過去へ、幻想へと沈み込む。

現実の世界とよく似た幻想の世界で出会ったのは、
似ているようでどこか似ていない、りつやとみこだった。

りつは幻想の世界を彷徨い、
とみこは現実世界で突然いなくなった恋人・ユタを幻想の世界でも探していた。


彼らに導かれるように、さゆりは、迷いながらも少しずつ前へと進んでいく。



スタッフ


監督  田中さくら

同社大学文学部文化史学科日本史専攻4回生。
所属サークルにてこれまで5本の短編映画を制作。
YouTubeにて過去作品公開中。

 Instagram(@suttenten99)
 Facebook


助監督 庄璃花子

同志社大学経済学部経済学科4回生。
サークルでは数々の作品に助監督として携わる。
本作の監督田中さくらとは、前作『くすぐったい雲』、『イチとチャコ』で共同脚本・監督を務める。


撮影  古屋幸一(J.S.C.)   

日本撮影監督協会(J.S.C.)会員。
撮影機材運営や撮影業務全般を行うFOO(フー)を運営。

撮影担当作

「見えないほどの遠くの空を」(2011年)榎本憲男監督 
「逢う時は他人」      (2013年)小林政広監督
「桜並木の満開の下に」   (2013年)船橋淳監督
「ひかりをあててしぼる」  (2016年)坂牧良太監督
「ミスター・ロン」     (2017年)SABU監督
「ふたり」         (2019年) 根岸 里紗監督
「転がるビー玉」      (2020年)宇賀那健一監督 ほか多数

 

照明  小野寺啓太蔵並遙

録音  木暮篤宮城智之     

美術  濱中春(武蔵野美術大学)  

衣裳  西嶋美有 

制作  亀山広樹




キャスト 


さゆり役 前田紗葉(まえだ すずは)

京都芸術大学(京都造形芸術大学から名称変更)俳優コース2回生。
映画『無限の住人』(三池崇史監督、2017)、NHK土曜ドラマ『みをつくし料理帖スペシャル』(2019)、NHK連続テレビ小説『おちょやん』(2020)などに出演。

 Instagram(@suzuha_m)
 Twitter(@suzuha_my)


 【コメント】

私は今回、本作品の監督・脚本である田中さくらさんにお誘いいただいて、このような社会の状況であっても好きな映画の光を消したくない、お芝居がしたいという個人的な思いと、今回が学生として最後の映画制作になる田中さんの本作品に対する思いを受けて、参加を決めました。

初めて学生の自主映画制作に参加させていただきます。
フィルム撮影も初めてになりますので、どんな作品になるのかとても楽しみです。

十分な感染対策とともに、沢山の方に観て頂けるよう、
長く愛される作品になれるよう精一杯頑張ります。



りつ役 千田丈博(せんだ たけひろ)

同志社大学法学部出身。元同志社大学自主制作映画サークルF.B.I.所属。 


【コメント】

去年の暮れ、大学にいた頃の後輩にあたる監督の田中さくらさんに誘って頂きました。驚きつつ、嬉しかったです。

演技に縁のない素人ですが、田中さんや制作の庄さんを始めとするスタッフの方々による過去の作品を好き(4年前に初めて観させて頂いた「沈丁花」以来、何れも繊細な物語とテンポの良い映像の掛け算が楽しい作品だったことを思い出しながら、脚本を読ませて頂き、フィルムでの撮影に力を入れるというコンセプトも聞いて、きっと面白いんだろうなあ、と観客気分で「夢見るペトロ」に期待を膨らませています)な身としては、

のうのうと、また、学生時代、彼女らに借りを並べて店を開けるほど作った者としては、背筋を正し、お邪魔することにしました。

撮影に参加させて頂くほんの少し間、他のキャストやスタッフの方々の足を引っ張らないよう、

何より「夢見るペトロ」が皆さんにとって特別に素敵な作品でありますように、りつ役を演じようと思います。



とみこ役 雪乃(ゆきの)

Instagram(@no_127)

京都芸術大学俳優コース3回生。

 【コメント】

さくらさんには、チャーミングなママが営む喫茶店で「何か一緒にやれたらいいね」と珈琲をご馳走していただき、後日、本作のお誘いに二つ返事でお引き受けいたしました。

経験がないフィルム撮影に今からとてもワクワクしています!

皆さんに観てもらえる日まで、とみことして演じきりたいと思います。




ユタ役 中川真初(なかがわ まうい)


Instagram(@the_reformed_sun)

同志社大学経済学部経済学科3回生。
短編映画『イチとチャコ』(2019年、田中さくら・庄璃花子共同監督作品)では主演を務める。

 【コメント】
初めて脚本を読んでユタの役柄を知った時は、なかなかの衝撃でした。
僅かな出演シーンではありますが、強烈な印象を残せるよう、一生懸命頑張ります!


さゆり役(幼少期) 石橋咲陽(いしばし ひなた)

株式会社オフィスミナミカゼ所属。

【コメント】

モデルとして、スチール撮影やファッションショーへの出演をしながら、映像の世界で演技をする事を目標に毎日頑張っています。

今回夢が叶い、この『夢見るペトロ』が私のデビュー作となります。

大人のさゆりと子供のさゆりの気持ちを想像して、一生懸命頑張ります。
沢山の方に見て頂きたいです!


使用撮影機材

ARRIFLEX SR3HS Advanced  スーパー16規格

・400フィート、約120メートルで約11分(24コマ/秒)撮影可能

・撮影シチュエーションに合わせて、カラーネガフィルムの感度を使い分けますが、今回は感度250のデイライトフィルと感度500のタイングステンフィルムを使用する予定です。




資金の使い道

フィルム

 購入代          10万

 現像・デジタライズ代   40万

交通費・食費・宿泊費     4万

クラウドファンディング手数料 支援金の10%

※全て概算
※資金の集まりによって使い道は変更いたします



リターンについて

・監督からのお礼メール

監督田中さくらより、ご支援いただいたみなさまへ、心のこもったメッセージを送らせていただきます。


・エンドロールにお名前を掲載

エンドロールにお名前を掲載させていただきます。希望される方のみとなりますので、その場合はオプションの欄から「希望する」をご選択ください。


・完成作品のDVD

記載されている住所に完成DVD(プレス)を送付させていただきます。30,000円からはBlu-rayもご用意しておりますので、オプションにてご選択ください。


・脚本データPDFを提供

撮影稿のPDFデータを記載のメールアドレスに送付させていただきます。


・オリジナルステッカー

『夢見るペトロ』オリジナルのステッカーをお渡し致します。


・劇中で使用した小道具(何が届くかはお楽しみ)

劇中で実際に使用した小道具をお届けします。内容は箱を開けてからのお楽しみとさせていただきます。


・オリジナルポスター(A2)

『夢見るペトロ』オリジナルポスターをお渡しします。ぜひお部屋に飾ってください。


・スタッフ、キャストからのお礼のビデオレター

ご支援いただいたお礼を、動画でお伝えさせていただきます。
いただいたメールアドレスにギガファイル便にて動画ファイルをお送りいたします。


実施スケジュール

2月上旬 撮影準備、クラウドファンディング開始
2月下旬 撮影開始
3月上旬 撮影終了
4〜6月 仕上げ作業(アフレコ、編集、劇伴製作など)
7月   完成予定、リターン開始


最後に

ご支援くださった皆様に、「応援してよかった」と思っていただけるよう、私たち撮影スタッフ・キャスト一同、ただひたむきに映画作りに励んでまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

なお、活動の様子は、Twitterやこちらのクラウドファンディングページにて発信します。
ぜひ、ご覧ください。

  • 2021/02/23 20:47

    本日、クラウドファンディングのプロジェクトを無事達成いたしました!皆さま日頃より応援いただき、本当にありがとうございます!クランクインまであと僅か、気合を入れて着々と準備を進めています。そこで・美術や衣装のクオリティ向上・撮影後のスタジオでの編集作業・映画祭への出品のため、新たに【80万円】を...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください