支援していただいたお金でMacBookを購入し、ブログ(https://rikublog.jp)に自分の感じたことなどを、ドン引きされるぐらい発信します。 ブログで影響力を高め、ボランティア活動や事業を立ち上げ、自分のようにお金に困っている人を支援します。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

ページを閲覧していただきありがとうございます!

大学一回生の國房璃玖(くにふさりく)です。

 

KURILOG』というブログを運営しています。

人生初めての告白についても赤裸々に書いています。

 

現在のぼくの状況について簡単に書かせてください。

➔大学に進学➔一人暮らしを始める。➔大学へ。

 

家賃や学費などは自分で払うという約束の元、大学進学を許されました。

 

生活費のためにアルバイトで毎日消耗中。

 

MacBookはずっと買いたいと考えています。

しかし、こんな生活では貯金なんて一向に貯まらない。

 

▼「Macbookをプレゼントする」という動きが流行りだす。

ある日ツイッターで『MacBookおじさん』というのが流行り始めたのです。

ブロガーなど、影響力がありお金をもっている人たちが、優秀だと思った人(学生限定というのが多い)に、Macbookをプレゼントするというもの。

実際にぼくの友達である@fwww0707くんは、スズキタクさんに選ばれ、プレゼントしてもらえるように。

 

ぼくも実際にDMを送りましたが、結果はまだわかりません。

 

▼スズキタクさんのツイートをみてクラウドファンディングで支援金を集めようと決意。

応募が多すぎた結果、スズキタクさんは以下をツイート。

ぼく「これだっ!!!!!!」

 

このツイートを見て速攻でクラウドファンディングサイトに登録。

 

大学生で、現在18歳。世間から見れば自分が若くて未熟者というのを理解しています。

 

ぼくはその「若くて、未熟者」というレッテルを掲げ、クラウドファンディングを募集します。

行動力なら誰にも負けない自信があります。

問題は「お金関係」のみ。

 

ブログで影響力を高め、その影響力を使ってもっと皆が豊かになる支援がしたい

発信を続け、ブログという個人のメディアの影響力をまず高めます。

高まってきたら、ボランティア活動などの情報拡散などします。

 

根底にある目標は「ぼくのようにお金で困る学生を減らす」こと。

 

優秀でやること全てが素晴らしいのに、「お金問題」が引っかかって行動が制限されている人がとても多いです。

 

▼なぜMacbookなのか

現在の記事作成は9割スマホでしています。

多々ある不便の中、なんとか記事を作成。

 

スマホがあれば記事作成ができることは間違いないですが、スマホでの作業効率はPCに勝てないんですよね。

 

Macbookなら、荷物として持ち運べることができ、充電持ちもいい。

圧倒的な作業効率化が望めます。

 

▼最後に

こんな若者でも支援したいと思っていただければ、ぜひ支援金をお願いします。

 

若者(大学生)代表と言われるように日々精進していきます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください