はじめに・ご挨拶

東京都台東区の古民家日本文化の発信基地として空間にする計画に賛同してくれる支援者を募集する運びとなりました。

私たち(株式会社SHISEILABO 所在地:山形県天童市)は2020年に日本の食文化を海外に届けるブランド「Foodots(読み:ふーどっつ)」を立ち上げました。Foodotsは当社のCOOである伊東寛雄の立ち上げたサービスです。彼は長年、日本の食文化に未来を感じ、仕事プライベート問わず「日本の食」「日本食文化の素晴らしさ」にスポットを当て続けてきました。

お店が作られた背景 - ジビエと鮨の悠々庵

日本食文化の世界への発信基地として、私たちはリアルな空間である古民家「悠々庵」を開業することを決めました。

時にはレストランとして、時にはLIVE配信の場として、そして時には若手料理人の修行の場として、日本食文化をあらゆる方法で全世界へ発信する拠点として、新たなレストランのカタチを目指します。
そして、この夢のような構想を支え続けてくれているのが、日本食文化を世界に発信し続けている料理人「堀盛雄」氏と京都で活動する猟師兼料理人の「中島健太郎」氏です。

ヘッドシェフ・料理人「堀盛雄」氏

京都の猟師兼料理人「中島健太郎」氏

日本食文化を全世界へ。海のないモンゴルで鮨を伝承する料理人・ヘッドシェフ「堀盛雄」

悠々庵のヘッドシェフは堀盛雄(ほりもりお 1級着付け師/調理師/健康運動指導士/柔道2段/空手(剛柔流)2段/アマチュアレスリング2段)が担います。彼は18才から料理を仕事とし、19才で渡仏。フランス料理界の重鎮、アラン・サンドランス氏に師事した経験を持ちます。彼曰く、「サンドランス氏のフレンチの考え方が和食と通ずるものがあった。日本人なら和食をと考えた。」

フランスから日本に戻り銀座で和食料理屋で修行。修行中に常連客のメキシコ人(初代日本のメキシコ人プロサッカー選手)と意気投合し、メキシコで日本料理屋をオープンさせます。「誰もが、本来の和食を、美味しく食べることができる」をコンセプトにしたお店であり、メキシコで大成功を収めました。

彼は、人材を育てることにも余念がなく、これまでに学んだ調理技術を惜しみなく次の日本料理のシェフに伝え歩いています。都内でインバウンド向けの鮨体験を提供した経験も持ちます。

※メキシコでは悪役覆面プロレスラー(リングネーム: EL ENMASCARAD JAPON)としても活躍。現在は日本で寿司や和食の味体験を訪日外国人観光客向けに提供し、日本の文化を世界に発信することに注力している日本文化の発信基地としてのお店を提供するに最も適したシェフと言えます。

豊洲で新鮮な魚をお買い物

新鮮な魚で握る料理体験 -モンゴルとのライブ配信


京都で活躍するジビエの達人。猟師「中島健太郎」との出会い

私たちは、3年前から都内に日本文化の発信基地としてのレストラン・空間づくりを行いたいと考えておりました。2020年に京都福知山で猟師兼料理人として地道にひたすら前向きに活動している中島健太郎さんと出会ったことで「日本のジビエ」を提供する文化づくりが環境やわたしたちの生活に直結する諸処の問題を解決する一つのきっかけになるのではないかと考え、サービスコンセプトにジビエを導入しました。ジビエを考えることは里山の保全にもつながり、環境問題や社会問題に直結しています。日本文化の発信基地には相応しいテーマであります。

※ジビエとは・・・狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)で、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。当レストランでは「鹿肉」「イノシシ肉」を提供します。

ジビエについての詳しい解説はこちらをご覧ください

>>猟師の厨房 健太郎の京都ジビエ

中島健太郎氏 / 猟師兼料理人中島健太郎の凄みは、ジビエの加工技術にあります。

彼は日本でも有数の、「血抜きの達人」であり「内臓摘出のプロフェッショナル」です。彼の技術的な特別性が、最高のジビエを提供するための条件になります。

中島健太郎氏のジビエ料理


私たちの商品・お店のこだわり

提供する空間・サービスの特徴をお伝えします。私たちは、下記のような取り組みに賛同いただける方々と一緒に空間やサービス、日本文化の発信基地としての空間づくり、日本文化を考えていきたいと思います。

■京都福知山のジビエ料理を提供します。これはSDGsの取り組みの一環です。

■鮨を提供します。また鮨づくり体験を提供します。日本の鮨文化を継承する取り組みです。

■日本酒を提供します。これは日本の酒蔵を守り育てる取り組みです。

■日本ワインを提供します。これは日本ワイナリーを守り育てる取り組みです。

■国内産の調理器具や全国各地の焼物を販売します。これは日本文化を守る取り組みです。

■堀シェフが海外シェフに日本料理を教える取り組みを行います。これは和食文化を世界に浸透させるための取り組みです。

■海外での開業を目指す若手料理人が参画し、料理提供できる空間づくりを目指し、若い料理人にとって一つの登竜門となる場所づくりを目指します。海外ユーザーとつながる動画配信を行います。

■レストランからのライブ配信やYouTuberとのコラボにより言語の壁を超越する動画配信が永続的な価値提供を手伝います。


プロジェクトで実現したいこと

プロジェクトでは、最高級の技で素材加工されたジビエや最高の鮮魚・素材で作られる料理の提供を実現します。また、世界中の人々に古民家から動画・ライブ配信や日本産の調理器具や焼物などを販売する新しい飲食店の形を提供します。


資金の使い道・スケジュール

資金は支援者に使用用途と金額を報告のもと使います。概ね、日本文化(食器、焼物、調理器具)の発掘、内装の意匠の費用、サプライチェーンの開発などに利用予定です。


株式会社SHISEILABOの食文化に関する取り組みについて
〜Foodotsでは食文化に関わるサービスを提供、運営しています。

■日本料理、日本国内の飲食店情報を無料で配信するメディアを運営。

■日本産の調理器具や食材を海外に輸出するオンラインショッピングサイトを運営

日本産の調理器具や山形県の蕎麦などを海外の一般のお客様、輸入会社にお届けするサービスです。

■海外のシェフにライブで日本料理を教える料理体験サービスを配信しています。

初回はモンゴルのシェフにお鮨を教える番組を配信しました。



■海外在住の人々が料理について語り合うYouTube番組「Crazy For Food」を配信しています。

Crazy For Foodでは「世界の料理を知れば、もっと人生は楽しい!」をコンセプトに、世界の各地に住む3人をお招きし、毎回食にまつわるテーマで異文化交流をお届けする企画です。 出演者はアニメのアバターで登場するポップで楽しい番組です。

※初回配信の出演者は下記

アライグマ・・・Cydonie Brown(シドニーさん)青森県にある三沢基地の海軍で3年勤務の経験を持つ。大阪の道頓堀で暮らしていた時期があり、日本の在住歴は14年。現在は、アメリカコネチカット州在住。普段、料理はあまりせず、旦那様が主夫をされています。 

フクロウ・・・ Teresa Williams Leon.(テレサさん)大学教授として社会学、Comparative Ethnic Studies(比較民族研究)を研究。お母さまが日本人。お父様がアメリカ人。3歳から20歳まで日本で生活。その後、ハワイ、カリフォルニアへと移る。昔からいろんな文化が混じった環境で育ち、食に対しても”Fusion”するのが好き。旦那様はメキシコ系アメリカ人。14歳の娘さんがいます。

オオカミ・・・ Akiko Cruz(アキコさん)1969年から93年まで日本におり、その後27年間アメリカ暮らし。コロナ以前はコロナ以前は旅行業、ラジオ局、ネイリスト等を経て、現在は主婦。お料理とデザート作りが趣味。また、空手、キックボクシングなど格闘技好きでもある。メキシコ系アメリカ人のパートナーと現在18歳の息子さん、14歳の娘さんと暮らしています。

■世界の人々が食文化を次世代に繋げるオンラインサロン「Crazy For Food」を運営しています。

Crazy For Food Online Salon



最後に。

「悠々庵」は堀盛雄、中島健太郎の両者をつなぐ空間であると同時に、Foodotsで提供している様々なオンラインサービスを一つに集約する空間となります。

リアルな空間提供」と「オンラインサービス提供」を上手に合わせた時に初めて、世界と日本を文化で繋ぐことができると考えています。私たちは、日本各地の焼物や調理器具など伝統的な文化的価値の高い商品をリアルな空間で提供することで、東京から日本各地の価値のある地方都市へ人々を動かす空間づくりを目指しています。

「美味しい」だけではない「世界と繋がった空間」作りを目指します。

日本文化の発信基地としてのお店はクラウドファンディングという形で、日本食文化の価値に賛同する人々とともに創っていきたいと思います。

空間は、料理を楽しむ空間、日本文化(調理器具や焼物)を楽しむ空間、シェフとの会話を楽しむ空間、その空間が作り出す楽しさをぜひ知っていただけるよう精進します。


【店舗の詳細情報】

オープン:2021年4月中旬〜下旬

店舗名:ジビエと鮨の悠々庵

住所:東京都台東区谷中(詳細は非公開)

アクセス:日暮里駅から徒歩8分、千代田線根津駅から徒歩5分

営業時間:完全予約制です。お問い合わせください。

改装予定の古民家「悠々庵」

試作中のメニュー例

ジビエソーセージ

試作中のメニュー例

メニュー:豊洲で仕入る鮮魚の鮨

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

メニュー一例

[前菜] 鹿の酒蒸しと季節野菜の和え物

[造り] 本鮪、白身(サーモン含む)青身、貝類盛り合わせ

[煮物] 大根と人参の角煮ジビエ肉味噌がけ

[サラダ] 初産卵と白髪葱の温サラダ //オリーブ醤油ドレ

[焼き物] 天童牛ステーキ刻み山葵ソース

[箸休め] 猪肉とセロリの八方漬け

[揚げ物] 蒸しレンコンの挟み揚げ //長芋と鹿ミンチの胡椒和え

[寿司] 3-5-7-9貫

季節の水菓子or果実

  • 2021/03/05 09:54

    当社クラウドファンディングに対するご支援、ご閲覧いただきまして誠にありがとうございます。古民家「悠々庵」を準備しております株式会社SHISEILABO代表取締役の武山です。この度の非常事態宣言の延長を受けて、開業予定日の変更を通知させていただきたくご報告させていただきます。当初より4月1日にオ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください