はじめに・ご挨拶

沖縄で唯一のミュージカルスクール、スタジオパフォを主催する西平士朗

沖縄をブロードウェイにすることを目指し、ミュージカル好きに愛される、ミュージカルを知らない人にも好きになってもらえる、そんな本格的で情熱的な舞台作りに尽力しています!

このプロジェクトで実現したいこと

2020年9月、2度の緊急事態宣言を乗り越えてミュージカルライブショー「OVERCOME」を公演しました。

予算はない、でも諦めたくない!そんな私たちに、プロの照明さんとプロの映像さんがボランティアのような価格で協力してくださいました。コロナ禍で、最小限の期間で、最大限の力を出し公演を終えることができたのも、支えてくれた照明と映像の力があったからです。私たちの想いに、最高の技術を提供していただいた技術さんへ、お返しがしたいです!


プロジェクトをやろうと思った理由

2020年は、ミュージカルも、お芝居も、映画の撮影も、風のように飛び去っていきました。

ですが諦めず、「舞台へのカムバック」を目指して暗中模索。


そんな中、ある一つの光が差し込みました。

普段は結婚式場として使っている舞台を、イベント会場として使える機会を頂いたのです!

復活への種まきとして、ミュージカルライブショー「OVERCOME」を企画しました。


コロナで実際に命を落とした人への追悼の意を。そしてこれからもパフォーマンスをしていく我々の覚悟を10曲に込めました。

その中の1曲、「長い道」は祖母が亡くなる前に追悼の気持ちを込めて書いたオリジナルソング。

残念ながら祖母と一緒に本番を迎えることはできませんでしたが、僕たちは共に1つの何かを乗り越えることができました。

次は、今乗り越えようとしている人たちにエールを送るため、新規メンバーを加えパワーアップしたカンパニーとして走り出します!

ストーリー

「見えない未来に怯え、おそれ、苛立ち、もがき苦しんでいたあの頃の僕らにエールを―」

4月から新社会人になり鬱憤だらけの日々を送っていたタクミは、中学時代の軽音部仲間のシンヤとミチオに再会する。夢を追い続けシンガーとして活動しているシンヤ、ダンサー・マドカとして生きることを決めたミチオ、輝いて見える彼らにとっての「OVERCOME」とは?

人生から痛みや涙がなくなることはないけど、僕らは生きることを諦めない。


作曲・構成 西平 士朗

演出 出口 裕子

振付 佐久田 あさか

脚本協力 島袋 千尋


キャスト

ASAMI VICTORIA

安慶名 みりか

池間 美月

稲嶺 はな

大嶺 佳奈

垣花 拓俊

片山 英紀

儀保 孝幸

金城 琉夏

児玉 涼太

米須 久仁子

坂井 雛衣

潮平 けい子

しずく♪

島田 日葵

島田 結梨

末永 真菜

染川 誠ノ助

髙山 勇理

玉城 舞歩

知念 亮太

戸川 蘭

富山 結美

中田 ゆら

仲泊 伽帆

中村 美穂

平田 出

ポーラック 丈生

南 絵茉

本仮屋 雅美

本仮屋 れい

山内 そうけん

山入端 里紗


バンド

玉城 百合香

下地 優輝

椙山 安名

大山 成美

こうた


これまでの活動

西平士朗

沖縄の「ミュージカル屋さん」

沖縄県那覇市生まれ

琉球大学教育学部音楽教育専攻卒業

中村透氏に作曲を師事

卒業後、社会人ミュージカル団体「パフォ部」を結成し、脚本、作曲、演出を担当。

2021年より1年間NYに留学し、HB studioで演技、ムーブメント、ヴォーカルを学ぶ

帰国後、沖縄でミュージカルを広げるべく、スタジオパフォをオープンする。

スタジオパフォを主催

琉球大学非常勤講師

劇団ひまわり沖縄エクステンションスタジオ講師

沖縄ラフ&ピース専門学校講師


芝居、ミュージカル、ライブ、TV、CM、映画への出演多数

作曲家、振付師としても活躍

キャリア教育の一環として学校現場での講演や指導を行う


資金の使い道

会場レンタル、設備代

テクニカル(音響・照明・映像)技術代

稽古場レンタル代

コロナ対策準備品費(アルコールや体温計など)


リターンについて

1、1000円

キャストからのありがとうメール

2、2000円

キャストからのありがとうメール

前回公演の映像 (メールにてURLを添付)

3、4000円

キャストからのありがとうメール

2021年4月公演OVERCOME-yell-チケット

サイン入りポスター(当日受取)

4、6000円

キャストからのありがとうメール

2021年4月公演OVERCOME-yell-チケット

サイン入りポスター(当日受取)

前回公演の映像 (メールにてURLを添付)

5、10000円

キャストからのありがとうメール

2021年4月公演OVERCOME-yell-チケット(先行優先入場)

サイン入りポスター(当日受取)

前回公演の映像 (メールにてURLを添付)

実施スケジュール

4/29(木) 14:00 18:00

琉球新報ホール

最後に

あの頃の僕らは、未来が見えなかった。立ちくらみし続けた日々の中、目の前のほんの些細なことにすら怯え、おそれ、苛立ち、もがき苦しんでいた。トンネルから抜け出す術を知らなかった僕らに、エールを送ろう。あの時があるから、今がある。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください