はじめまして
Bruckner Lecture Concert です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト

ブルックナーレクチャーコンサート実行委員会代表の石原勇太郎です。大学の学部時代から、ブルックナー研究を始め、現在も博士後期課程でブルックナーの交響曲研究を続けています。みなさまと共にブルックナーの魅力を探っていく活動を目指しています。

ごあいさつ

数あるプロジェクトの中から、本ページをご覧いただきありがとうございます。

ブルックナーレクチャーコンサート実行委員会代表の石原です。

2021年6月22日(火)に開催予定の『ブルックナーレクチャーコンサート vol.2』の開催に際し、みなさまにご協力を賜りたく、本プロジェクトを立ち上げました。 

企画内容をご覧いただき、興味を持っていただけた際には、ぜひご支援よろしくお願いいたします! 


「ブルックナーレクチャーコンサート」とは(代表について)

アントン・ブルックナー(1824 - 1896)

アントン・ブルックナーは、オーストリアを代表する作曲家のひとりです。ブルックナーは特にオーケストラで演奏される「交響曲」がよく知られており、日本にも熱心なファンが数多くいらっしゃいます。

しかし、ブルックナーは交響曲だけを書いていた作曲家ではありません。声楽作品や室内楽作品等、ブルックナーの音楽を知る上で欠かせない作品があるにも関わらず、日本では一部の作品を除き、ほとんどが演奏されていません。

ブルックナーレクチャーコンサートの代表である石原は、現在東京音楽大学大学院の博士後期課程にてブルックナーの交響曲研究に従事しています。普段は作品の分析を中心に研究を進めていますが、これまでの研究を通して、ブルックナーを知るためには、交響曲だけを見る(聴く)だけでは不十分なのではないかと感じてきました。

そこで、ブルックナーの様々な面を、研究者だけでなく、演奏家、そしてもちろん、ご来場いただくみなさまと共に探っていきたいと考え、ブルックナーレクチャーコンサートを企画・開催してきました。

これまでの活動

第1回演奏会のチラシ

第1回目は2019年3月8日に「ブルックナーの室内楽 全曲レクチャーコンサート」と題し、世界初演となる作品2曲を含む、ブルックナーの弦楽器を用いた室内楽作品を一晩で取り上げました。


この演奏会は、ブルックナーの世界的な研究機関である国際ブルックナー協会(Internationale Bruckner-Gesellschaft)の機関紙「Studien & Berichte」や、アメリカブルックナー協会(Bruckner Society of America)のメールニュースで紹介されるなど、国際的にも評価されています。

今回の演奏会について

今回の演奏会の速報版チラシ

第2回目となる今回は、ブルックナーの死後、20世紀初頭に室内アンサンブルのために「編曲」された《交響曲第7番》を取り上げます。

「編曲」とは、原曲を編曲者の視点を通して解釈することです。そのため編曲作品は、わたしたち聴き手に、新しい作品の見方を提示してくれることが多々あります。ブルックナーの《交響曲第7番》のような「よく知っている」作品も、編曲者たちの視点を通して聴くことで、これまでとは異なる一面が示され、新しい視点でブルックナーを聴くことの一助となるのではないかと考えます。

なお、先の見えない新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、レクチャーは演奏会とは別日にします。

【演奏会概要】
ブルックナーレクチャーコンサート vol.2
日程:2021年6月22日(火) 19:30開演予定
会場:府中の森芸術劇場 ウィーンホール
曲目:ブルックナー《交響曲第7番》(アイスラー、シュタイン、ランクルによる室内楽版)
出演:桜田 悟(ヴァイオリン)、広川 優香(ヴァイオリン)、堀 那苗(ヴィオラ)、坂井 武尊(チェロ)、布施 砂丘彦(コントラバス)、竹内 彬(クラリネット)、藤井 春香(ホルン)、仲田 みずほ(ピアノ)、高橋 ドレミ(ピアノ)、西沢 央子(ハルモニウム)

チケット:一般 3,000円 学生 2,500円(4月上旬以降発売開始予定)

レクチャー:「私的演奏協会」とその編曲(仮称)
日程:2021年6月12日(土) 14:00 -16:00
会場:都内(近郊)会議室等を予定
出演:佐野 旭司(音楽学)、山岸 佳愛(音楽学)、石原 勇太郎(音楽学) 他

後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム東京、国際ブルックナー協会

現時点では未定の部分がございますが、以下のイベントページで情報が決定次第お知らせいたします。

イベントページ:https://fb.me/e/3sysns6em


資金の使い道

・リハーサル、本番会場費
・楽譜レンタル費
・演奏者、レクチャー講師への謝礼(代表石原は除く)
・本番収録費

リターンについて

① お礼のメッセージ
ご支援いただいたみなさまおひとりおひとりに、お礼のメールを差し上げます。その際、ブルックナーについてのご質問をいただければ、代表からお返事いたします。
メールは演奏会終了後にお送りいたします。

② レクチャー資料(PDF)
6月12日開催のレクチャーに用いた資料とトークの書き起こしをまとめたPDFをメールで送らせていただきます。レクチャーで用いた画像等は権利関係により、そのまま掲載が出来ない場合もございます。その場合は、画像に代わり、所蔵機関や請求番号等の資料情報を掲載いたします。あらかじめご承知おきください。

③ パンフレット
演奏会当日に配布するパンフレットを郵送でお送りいたします。

④ チケット
6月22日の演奏会のチケットです。本公演は「全席自由」のため、座席の指定はできません。返礼品にチケットが含まれる場合は、演奏会よりも前にチケットのみ郵送いたします。その他の返礼品につきましては、演奏会終了後、準備ができ次第お送りいたします。
※演奏会当日の席数は限られているため、チケットを含むリターンは数を限定しております。ご了承ください。

⑤ CD
演奏会のライブ録音CD-Rです。専門の業者に依頼し録音いたします。本演奏会を後日公開することはありませんので、ここでしか手に入れることのできない録音になります。

⑥ DVD
演奏会を収録したDVD-Rです。CDと同様、専門の業者に依頼し録画いたします。映像を後日公開することはありませんので、ここでしか手に入れることのできない記録になります。

⑦ オリジナルスコア
演奏会で取り上げるかもしれない(!?)、代表の石原によるブルックナーの「ある作品」の編曲総譜です。今後販売や公開をすることはありませんので、ここでしか手に入れることのできない限定楽譜です。印刷・製本してお送りいたします(ご希望の方には編曲者のサインを記入してお送りいたします。ご希望の方は備考欄に「サイン希望」とご入力ください)。

⑧ サイン入りパンフレット
出演者全員のサインが入ったパンフレットです。今回は出演者が多いため、数量限定になります。申し訳ありませんが、宛名はお入れできません。出演者については上記【演奏会概要】をご覧ください。

⑨ パンフレットへの広告(お名前)掲載
演奏会当日に配布するパンフレットに広告、あるいは協賛者(社)としてお名前を掲載させていただきます。
※お申し込みいただく際は、必ず備考欄にパンフレットに掲載するご希望のお名前をご記入ください。

最後に

2024年、ブルックナーは生誕200年を迎えます。記念すべきブルックナーイヤーに向け、今後ブルックナーの全ピアノ作品や歌曲等を取り上げるレクチャーコンサートの開催も検討しています。

また、ブルックナーを愛する演奏者、音楽ファン、そして研究者の方々の交流の場となるような団体を設立することも目指しています。

日本のブルックナー受容、クラシック音楽受容に少しでも貢献できるよう、これからもより質の高いレクチャーコンサートを提案できるように活動してまいります。

そのためにも、まずは第2回目となる今回の演奏会をより良いものにする必要があります。改めて、みなさまのご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします!

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください