健全に心地よく住み続けられる街『茨木』のために、お願いがあります。

はじめまして、木曽です。
大阪府茨木市に生まれ、育ち、今年で32年目になります。

私は茨木市での生活が好きです。
優しい街の方々に支えられて、いろんなイベントを開催するなど、自分のやりたいことに挑戦させていただくことができました。

今、そんな街の経済がダメージを受けて、しんどい思いをされている方がたくさんおられます。

お世話になった、茨木の街の飲食店や、飲食店に関わる仕事をされる方の生活の助けになりたい。
孤独な食生活を強いられている方に"おいしいごはんをいただく幸せ"や, "食べるものを選ぶ幸せ"を届けたい。
そのために今、街のみんなが助け合える仕組みが必要です。

なので、茨木の飲食店の営業状況を教えていただき、一つにまとめてマップを制作しました。
実際に足を運んでもらいやすいように、アプリにしました。

このアプリを1人でも多くの人にとどけるために、あなたの協力が必要です。


======================

【内容】『いばらき街ごはん』というアプリを作りました。

『いばらき街ごはん』とは、、、
茨木市内の飲食店の現在の営業状況をまとめて地図上で一覧できるアプリです。
↓『いばらき街ごはん』↓
https://ibarakimachigohan.glideapp.io/

このアプリを利用してもらうことで、利用者の生活圏にある飲食店が現在は何時まで営業しているのか?何時までならテイクアウトできるのか?などの情報を簡単に調べることができます。

これによって、

・コンビニ等に頼らず、街の飲食店の暖かいごはんを選んでいただきやすくなります!
・街の飲食店が活用されることで、飲食店に関わる仕事をされる方の生活をサポートできます!

また、街のお店との交流が生まれることで、今までよりも多くの方に茨木市内のお店を利用していただけるきっかけをつくります。

アプリの利用者と登録店舗数を増やしていくことで、各々の茨木での生活をより楽に豊かにすることにつなげたいと考えています。


======================

【理由】みんなで楽しく暮らせる街『茨木』を維持したいんです。


2021年2月5日 現在、新型コロナウイルスの影響を受けた緊急事態宣言が発令される中で、
飲食店は時短での営業となり、夜は20:00までしか店内飲食ができません。

昼も夜も"不要不急の活動自粛"が求められる空気の中、イベント事業者はもちろんのこと、飲食店の営業が抑圧される中では食材や資材を提供している業者のみなさまへの経済的打撃は計り知れません。

また、夜に飲食店が開けられないことによる影響は経済的打撃にとどまりません。
会社帰りにコンビニのお弁当を買って夕食はやむなく家で1人で食べている方がいたり、
大学生がせっかく茨木に下宿していても、特に誰とも会うことなく孤独な生活をしている方もいるなど、
誰かと一緒にできたはずの食事のはずが、現在は家での孤独な食事を強いられてしまっています。

経済的、精神的にとても健全とは言えない現在、街に住む人たちの悩みを解決する方法を考えていました。

その中のひとつとして、『街の飲食店の営業状況がカンタンにわかるアプリを作って広めること』と考え、アプリを制作するにいたりました。


======================

【特典】サポートいただいた皆様へ

支援いただく皆様への特典として、

・サポーター限定のFacebookグループへの招待をお送りいたします。
・支援いただいた皆様のお名前を『いばらき街ごはんアプリ』の中に掲載いたします。
・皆様のそれぞれの活動へのリンクを掲載いたします。
・公式スポンサーとして、アプリの説明とともに掲載いたします。

※2021年2月5日現在のユーザー数は700名以上、6,000PV以上です。をご用意させていただきました。
※Facebookグループへの招待はどの特典を選んでもお送りさせていただきます。
※それぞれ、情報を掲載情報をいただいてから1ヶ月間の掲載となります。
それ以上の期間のご支援、掲載を希望していただける場合は、
CAMPFIRE community『いばらき街ごはん サポーターズ』 からご支援をお願いいたします。


また、今後の展開と次第ではありますが、
CAMPFIRE community『いばらき街ごはん サポーターズ』では、

・掲載中の飲食店からの割引チケット等を毎月発行(使用期限は発行月中)
・KoToサウンド合同会社が主催、共催するイベントへの会員割引

なども検討しています。


現在は『コロナ禍での対応』として運営して参りますが、アプリの運営にはどうしても維持費が必要です。
皆様からいただいたご支援は、リリースにかかっている初期費用と、約2ヶ月分の維持費(リリースの1月23日から3月末日まで)として、使用させていただきます。

<維持費 22,000円 の内訳>
・アプリ開発ツール Glide 利用料 $32/month
・自動連携ツール Zapier 利用料 $25/month
・他 FAAVO 利用手数料、デザイン費等

<残り 33,000円 の使い方>
・アプリ情報を届けるための広報物の印刷や、その他広報費用
・リターンの商品代の一部 など

※この中には運営の人件費、開発費、技術費等は含まれていません。
※緊急事態宣言解除後も、CAMPFIRE community『いばらき街ごはん サポーターズ』 から一定以上のサポートが得られた場合にはアプリの運営を継続します。


※このコミュニティに使われる写真等について、KoToサウンド合同会社または代表者が権利を所有するもの、もしくは権利者の方から掲載の許可を いただいている物のみを使用しています。


【自己紹介】
運営団体 : KoToサウンド合同会社
代表 : 木曽稔之

・KoToサウンド合同会社
音楽イベントへのミュージシャンの斡旋や、イベントそのものの企画、運営を請け負う会社として2019年10月に設立。
2019年 追手門学院大学 総持寺キャンパス の学園祭内の企画『JAZZ in 追手門』の運営など実施。

2020年に新型コロナウイルスが拡がってからは『いばのみ!(7月〜12月)』や、『まちこめプロジェクト(10月〜)』などを始動。イベント事業の実施が難しい中で、茨木の街の魅力創出のための活動を続ける。


・木曽稔之(きそ としゆき)
立命館大学 情報理工学部卒。
茨木市在住のジャズミュージシャン。
演者として活動するも、2020年初頭のコロナウイルスの影響で演奏活動は一時停止し収入が激減。演奏再開の目処も立たず一時途方に暮れる。
そんな中、4月の緊急事態宣言発令時には「お世話になっている街の飲食店の方々に、自分と同じ思いをさせたくない!」という思いで、『IBAR EATS』の立ち上げに参加、初代の代表を務めるとともに注文受付システム開発の一部を担当。MBS『ミント!』にも出演。

2度目の緊急事態宣言、困る人がいるならできることがあるはずと思い、茨木飲食店まとめマップを作成。
『(音楽を含むあらゆる)エンターテインメントは、基本的に安心して暮らせる社会の上に成り立つ』の考えのもと、安心して楽しく暮らせるまちづくりに貢献できるよう、活動をつづける。
Facebook
Twitter
Instagram

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください