ご挨拶

こんにちは!『KOKO FARM』 の代表を務めます山本芳世です。

私が今回のプロジェクトを始めようとしたきっかけは33年前にさかのぼります。

私は昭和48年、 株式会社 赤塚植物園に男子社員の2人目として入社しました。

現赤塚植物園会長の考えであった『今後変革していくであろう日本の園芸業界』を勉強する為 昭和49年アメリカ カリフォルニア州 サンゲービュリルにある大手園芸店・農場であるサンゲービュリルナーセリーにおいて、2年間、新しい園芸を学ばさせて頂きました。

新しい園芸を学ぶ傍ら、州内のあちらこちらで市民が、団体が、家族が様々な形で菜園を楽しみ、また自分達の収穫物を通して、社会奉仕に参画している場面を見るにつけ非常に興味を持ち、決して忘れる事の出来ない残影となりました。 

デンマーク・オランダでの苗の買え付けの様子(昭和55年頃)

帰国後は現赤塚植物園会長には様々なご指導を受け、また役員として活躍の場を頂きました。
そして15年後の昭和63年、退職の道を選びました。
きっかけは、やはり日本中に家庭菜園村を作りたいとの思いが消えなかったからです。

当時の農地法では、民間が農耕地を活用できない時代でもありましたが、
若さがなす行動でしょうかチラシを作り、配布し、仲間作りを始めたものです。

33年の月日は経ちましたが、その思いは消えることなく、現在に至っておりました。

今回、行動に移した大きな要因は、昨年夏の、ある人の一言でした。

「家庭菜園をやりたい」 

また、昨年実家を建て直した折、旧家から33年前に作った、あのチラシが出てきたのです。

今、様々な方のご尽力で、目標の実現に向け協力体制が整いつつあります。


このプロジェクトで実現したいこと

農作物の栽培やガーデニングを通じて、自然とふれあい、日本中、世界中の仲間と共に、家庭菜園という文化を、ワクワク・ドキドキする最高のレクリエーションに育てる事を目的とした会員制の家庭菜園村『KOKO FARM』をつくります。

その第一歩として三重県津市に家庭菜園村『KOKO FARM』第1号をつくります。    

ここが、これから家庭菜園村『KOKO FARM』の第1号になります

このプロジェクトで集めた支援金は、第1号『KOKO FARM』をつくるために使わせていただきたいと思います。
ぜひ応援してください。
そして一緒に家庭菜園村をつくる仲間になってください。
日本中、世界中に家庭菜園という文化が広まる見届け人になってください。

トラクターで耕します。


私たちの地域のご紹介

家庭菜園村第1号『 KOKO FARM 安濃(あのう)』 は、三重県の県庁所在地である津市にあります。

その津市に安濃町があり、安濃川に沿った広々と広がる田園地帯です。
車で津市中心部から約20分、伊勢自動車道津ICから約5分程の交通便利な場所で4月に開園します。

その他安濃町には、年内に数ヶ所で菜園村を開園予定です。

また赤塚植物園が運営する『高野尾 花街道 朝津味』 と協定し、施設の利用も出来ます。

会員が個々の菜園で収穫した作物で、自家消費できないものは『花街道 朝津味』で販売が出来ます。

花街道 朝津味の様子


プロジェクトを立ち上げた背景

耕作放棄地を無くし、活き活きとした田畑を100年先も子孫の為に残したい。
農家の後継者問題のお手伝いがしたい。
家庭菜園を通してSDGsに貢献したい。
世界中の家庭菜園を愛する人達、団体とコミュニティを築きたい。

そのうような想いでプロジェクトを立ち上げました。


『KOKO FARM』の魅力

KOKO FARMの会員になっていただいた皆様には、以下の内容を楽しんでいただくことができます。

◎各会員が所属する、各農園の共有広場で、収穫祭や自慢の作物の交換会・販売会イベント(各年2回)などを開催します。

◎各農園には、憩いの広場・BBQコーナー・ 簡易トイレ・井戸・道具小屋(農具を適数準備)が設置してあります。
その一角には共有区画があり、本社がトウモロコシ等の季節の野菜を栽培し会員で収穫祭を行います。
その他、日陰コーナーには葡萄棚を作り、苗から栽培します。(3年ぐらいで収穫)
この憩いの広場は、会員様に楽しく、くつろげる場として提供しています。

◎各区画は、当初から赤塚植物園開発のFCCバーク堆肥を最大限に活用しています。
各区画は、堆肥を散布した後、耕運し、時間を掛けて、微生物の力で団粒化しやすい土壌に仕立ててあり、畝立てもなされております。
会員が、すぐに種を蒔き、苗を植えられる状態の畑です。

◎『KOKO FARM』は、趣味を通して会員同士の交流、体験農場での高品種栽培、一人を楽しむ、家族やカップルの共同作業による絆つくり、マイ農具・種苗等を格安で購入できる、会員広報誌の年1回の発行、HPから旬の野菜や花卉の植え時・育て方がわかる、巡回アドバイザー、会員同士がアプリを通して交流できる、会員優待制度みんなの広場開設参加、日本の食の伝統行事・伝統食作りを体験などをテーマにさまざまな催しを開催していきます。

◎自家消費出来ない生産物を、高野尾 花街道 朝津味の売店で販売できます。

◎原則として有機栽培を実行し、健康で安心な食生活を楽しみます。


資金の使い道

・井戸のさく井費用
・農場耕運、畝立て費用
・農具小屋の設置
・各農場に設置する、BBQコーナー費用
・日陰コーナー用葡萄棚の製作費
・鍬、鋤、一輪車、スコップ、ジョウロなどの農具費用
・駐車場整備費用
・農地借り受け費用
・HP、広告宣伝費
・CAMPFIRE手数料


安濃農場開設までのスケジュール

農場耕運、区画割り、堆肥散布、畝立て、井戸のさく井、駐車場、憩いの広場、日除けぶどう棚、 道具小屋、簡易トイレの整備、ホームページ、LINEなどWEB広告用ツール、チラシ、ポスターの制作、季節の種苗種付けカレンダー作成、ロゴマーク作成 など

3月末までの完成を目指し、現在進行中です。


リターン品

・3,000円
【KOKO FARM応援コース】リターン品は「お礼メール」と「報告メール」となります。
● お礼メール
● 報告メール


・10,000円
【収穫祭招待券コース】
『KOKO FARM』の収穫祭に参加できます。
みんなで野菜を収穫したり交流をしたりして楽しみましょう。
● お礼メール
● 報告メール
● 収穫祭招待券 1枚


・20,000円
【収穫祭招待券、ロゴ入りTシャツコース】
『KOKO FARM』の収穫祭に参加できます。
みんなで野菜を収穫したり交流をしたりして楽しみましょう。
また、KOKO FARMのオリジナルロゴが入ったTシャツもお届けします。
● お礼メール
● 報告メール
● 収穫祭招待券 1枚
● ロゴ入りTシャツ 1着


・50,000円
【収穫祭招待券、イベント招待券、ロゴ入りTシャツ、パーカーコース】

『KOKO FARM』の収穫祭に参加できます。
みんなで野菜を収穫したり交流をしたりして楽しみましょう。
また、KOKO FARMのオリジナルロゴが入ったTシャツ、パーカーもお届けします。

● お礼メール
● 報告メール
● 収穫祭招待券 1枚
● イベントご招待券 1枚
● ロゴ入りTシャツ 1着
● ロゴ入りパーカー 1着



・70,000円
【収穫祭招待券、イベント招待券、ロゴ入りTシャツ、パーカー、オーバーオール コース】

『KOKO FARM』の収穫祭に参加できます。

みんなで野菜を収穫したり交流をしたりして楽しみましょう。

また、KOKO FARMのオリジナルロゴが入ったTシャツ、パーカー、オーバーオールもお届けします。

● お礼メール

● 報告メール

● 収穫祭招待券 1枚

● イベントご招待券 1枚

● ロゴ入りTシャツ 1着

● ロゴ入りパーカー 1着

● ロゴ入りオーバーオール 1着




最後に

日本中の人達が家庭菜園を通して、楽しみ・喜び・幸せを得られる為に、この活動に挑戦を始めます。
まだ活動している写真やデザインも少ないですが、近々行う農場整備や畝上げの模様もお伝えします。
どうか、応援!宜しくお願い致します。



『KOKO FARM』の理念

私たちは心【H・E・A・R・T】 を大切にする『KOKO FARM』を目指しています。

 H  ……HEALTH(健康)

新鮮な外気や日光浴、また運動、遊びや共同作業を通して個々のライフスタイルを大切にし 、癒しと、人と人との絆またメンタルヘルスの向上を提供します。                     

E  ……ENVIRONMENT(環境)+ EDUCATION(教育)

家庭菜園を通じて環境問題に積極的に取り組みます。
緑地の確保、日本の肥沃な耕作地を子孫の為に守ります。
KOKO FARMはここからSDGsを始めます。
また、子供達には生物や環境学、食育などの教育の場を提供します。

A  ……AGRICULTURE(農業)

新鮮で安全な食材を、自分たちの手で種まきから栽培、そして収穫し健康で安心な食生活を楽しみ、また社会奉仕活動等にも参加します。

R  ……RECYCLING(再生利用) 

堆肥でリサイクル…微生物の力で、大切な農地の活性に寄与します。

T  ……TRAIDITION(伝統)

日本の伝統食作り(干し芋や味噌作り等)や伝統行事(餅つきや七草粥等)を定期的に開催し、日本に伝わる良き文化を、大切に継承します。
そして、この4月からの3年間で三重県内に約60ヶ所の菜園を開発します。
さらに4年目には2000坪の広大な敷地に、既設された施設ではなく会員が思い描き、好きなものを自由に作る、会員みんなの憩いの広場を建設予定です。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください