こんにちは、まずは下甑島の紹介から!

 鹿児島県の南西に位置する、人口2,000人弱の孤島・下甑島。周りは美しい海に囲まれ、豊富な海の幸に恵まれていることなどから『釣り人の聖地』とも言われています。雄大な自然の他、ユネスコ無形文化遺産に認定されている『トシドン』、漫画やドラマがヒットした『Dr.コトー診療所』のモデルになった先生がかつていた地として文化的にも有名です。最近は、隣島の中甑島と『甑大橋 』で繋がったことで甑3島が車で行き来できるようになり、観光地としても注目を集めています。

そんな下甑島に4月から引っ越してきた室原 誉伶(むろはら ほまれ)と申します。宜しくお願い致します。現在31歳、妻と4歳と1歳になる娘2人と一緒に離島生活中です!
(↓の写真は観光名所のナポレオン岩と室原です!)


改めて言わせて頂きます。今回のプロジェクトの目的は、

『下甑島・築60年の空き家で、「甑の歴史を語る写真展」「甑を愛する写真コンテスト」を開催して島の歴史を紡ぐこと』

です!これから、自分がなぜそのように思うようになったか、さらにその目的を説明させてください!


島で生活していると、ご高齢の方々と話をする機会が多くあります。趣味で畑などをされている方が多いので、年齢を聞いてびっくりするくらい元気な80歳代、90歳代の方が多いんです。そして、ふとした会話から「昔はそこの浜で〇〇がたくさん採れたのよ~」とか「ここの浜は昔はもっと広かったのよ~、運動会もこの浜でしてたの!」とか島ならではの興味深くとても魅力的な昔話が聞けるんです。

そんな下甑島も他のへき地・離島と同様に少子高齢化が進み、人口減少が問題になっています。あと10年、20年すると先程の貴重な話も聞けなくなってしまうかもしれません。もったいない、島の歴史が消えてしまうかもしれない。何とかできないかなと考えていた時に、かつての島の様子を写した白黒写真が目につきました。そういった写真を見ると、おじいちゃんおばあちゃんからは自然に昔懐かしいエピソードがでてくるんです。「ここは、〇〇があった場所だろ?」「いやいや、そこは××だろ!そこであんなことがあったんだ~、ははは!」そこには甑島の歴史が自然に楽しく語られる場所ができていました。こういった写真たちを展示する場があり、更にそこにベンチやドリンク1杯とかあれば、そこに集まってくれた人たちの間で昔話に花が咲くんじゃないかなと思い、写真展をさせて頂くことにしました!

そして幸いにも、下甑島出身のカメラマン2人を紹介していただき写真を展示していただけることになったのです!御2人とも写真集を出版したこともあるプロの方。甑島の歴史をまさにその時代を生きながらカメラのレンズに、自身の眼に焼き付けてきた方々です。古民家での写真展といった無理難題に協力してくださり感謝しかありません。素敵な写真展をします!

(↓のような写真を見て、場所当て大会や昔話が始まるんです!とても懐かしそうで笑顔で素敵なんです!)





現在流行しているコロナウイルス感染症。この影響は海を隔てた下甑島にも届いており、去年は夏祭りやユネスコ無形文化遺産の「トシドン」など多くの伝統行事が中止になってしまいました。島の皆さん同士の交流の機会も減っていて、「寂しいね~」とみんな話されています。今回は、コロナウイルス感染対策に気を付けながらこの写真展を開催し、みんなで笑顔になれる機会を作りたいなと思っています。

そして、より笑顔になっていただくために『甑の歴史を語る写真展』と同時に、島の皆さんから写真を募集して『甑を愛する写真コンテスト』を開催したいと思っています!甑島に関する写真ならなんでもOK!応募していただいた写真をキャンパスにプリントして会場に展示。来場者に投票者になっていただき、コンテスト上位者には豪華景品をプレゼント!!コンテスト参加者には、展示されていた写真(キャンパスにプリントされた自身が応募したもの)を参加賞としてお持ち帰りいただく!そんなことを考えています!写真を見るだけでなく、自身も参加して楽しめる写真展を目指します!

(↓が島内で貼ってもらっている写真展のチラシ!甑島に関わる写真を持っている方は是非応募下さい!)



今回の会場は、築60年の空き家です。実はここ、最近自分が購入した空き家なんです。

自分は、下甑島の南端にある手打診療所ということろで4月から勤務しているのですが、やはり働く上で人手不足を感じていました。下甑島で安心できる医療を提供し続けるためには、この人手不足を解消しなければいけないなと。島に移住者が増えない原因の1つとして、移住しても住める家がなかなか見つからないということがありました。空き家は沢山あるのですが、家の傷みがひどかったり、たまに帰省する際に使用するからなど、様々な理由で利用可能な空き家は実は少ないんです。下甑島で安心できる医療を提供し続けるためにはここをクリアしなければいけないのかなと思いました。しかし、行政も絡む話で自分ではどうすることもできなかったので、とりあえず家を一軒購入し、移住希望者がいた時にすぐに使えるように整備しようと思いました!

良い空き家が無いかな~と島の中を自転車こいで探し回りました。細い路地に入ってみたり、道に迷っちゃったり、休憩がてら浜辺で休んだり。そしてやっと素敵な家を見つけたんです!空き家になってから10年程経っているのでそれなりにボロボロなのですが、床下の梁は太くしっかりしていて、家の中には囲炉裏が2つ、なんと井戸まであるんです!他にも200坪の敷地に畑や物置に使ってた小屋が2棟もあるんです!

そして今回は、この空き家をリフォームする前の状態で写真展をやろうと思っています!今は粗大ゴミは破棄しましたが、畳なども昔のままでぶよぶよの状態です。ここを今後リフォームしていく予定なのですが、古く大きな家なので、地域にはその家に想い出がある方も多くいます。そういった方々に改修前に当時を思い出して頂きたいという思いもあってこの状態の空き家で写真展をやろうと思いました!また、改修後にみんなで喜びたいので、どうせならビフォーアフターのビフォーを見てもらいたいという思いもあり、家だけでなく敷地全部を使って写真展をやりたいと考えています!

(↓は掃除をする前の古民家!柱が丸石の上に乗ってたり、昔使われてたものもあって驚きでした!)

(↓の写真のような感じで、壁一面に写真を飾れたら綺麗だと思いませんか!)



資金の使い道

応募された写真のキャンパスプリント代・・・30人 × 3,000円
『甑を愛する写真コンテスト』景品代・・・1位 20,000円、2位 10,000円、3位 5,000円
当日ドリンク代(人件費込)・・・20,000円
展示費用・・・20,000円
その他手数料など
※応募数により金額に変動はあり得ます。



実施スケジュール

写真展は、3月20日(土)、21日(日)に開催する予定です。

クラウドファンディングの終了は3月21日(日)にしました。
All in方式なので、写真展終了当日のギリギリまで粘らせて頂こうと思います!
その後順次リターンの発注に入らせて頂きます。


リターンのご紹介

より直接的な支援の形をとれるように、『甑を愛する写真コンテスト』に出展する写真のキャンパスプリント代をそのままリターンに入れさせて頂きました!この写真たちはコンテストが終わると、参加賞として応募者の手元に戻ります。写真自体の思い出だけでなく、皆さんに御支援頂くことで、このコンテストの思い出も加わりより素敵な甑の歴史になるはずです。リターンの際には、可能な限り島の方からの御礼の声をお届けできるように頑張ります!

更に今回、下甑島の特産品を多くリターンに提供させて頂くことが出来ました!今回の『写真展をやりたい!』という想いに共感して下さった塩屋さん、漁師さん、酒屋さん(販売免許を取得した販売店経由で発送)などから提供していただきました!改めて商品についての話を伺うと、並々ならぬこだわりの上にできているんだと感じました!是非下甑島の特産品を楽しんでください!ここでしか手に入らない限定品もありますので是非とも宜しくお願い致します!!


最後に

自分はまだ昨年の4月に下甑島に来たばかりで、移住して1年も経っていません。
ですが、島の方々に温かく迎えてもらい毎日楽しく過ごしています。下甑島が大好きでとても住み心地が良いんです。頭上に広がる青空、光り輝く海、雄大な山、人の陽気さや温かさ、生活の知恵など良いところを挙げたらキリがありません。

一方で、この1年で失われていくものも見てきました。来年度には中学校は統合されます。役場までも統合されていきます。日々増えていく空き家、ご高齢の方が亡くなると口伝えの歴史も失われていきます。へき地離島は厳しい状況であることは分かっていますが、何とかしたい。何とかあらがいたい 。少しでも島に残せるものがないかなと今回の写真展をやってみます。必ず島の歴史を紡ぐ、心に残る写真展にします!ご支援をよろしくお願いいたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ネクストゴールを設定させて頂きます!】

皆さんのおかげで、無事に目標金額を達成できました!!本当にありがとうございます!!写真コンテストを開催するために必要な費用を無事に集められたので、ひとまずほっとしています。

ここからは個人的に前々から思っていたところにチャレンジしたいと思います。


室原が今回の写真展と写真コンテストを開催したいと思った一番の理由は、島の皆さんの口から語られる「島の歴史」を残したいと思ったから。「昔はこんな祭りがあってねー」とか「子供のころは色んな所に魚が干してあって学校の帰りに勝手に食べてたわー」とか(笑) そのためにまず、この歴史が語られる場を作りたいと思い写真展と写真コンテストを企画しました

次の一歩はここで語られた島の歴史を、今後失われないように形に残すこと。どうやったら今回語られた「島の歴史」を残すことができるのかなと考えていました。その結果、写真集にすることで、展示された写真について語られた歴史を残せたらいいなと思っています。写真集にその言葉を綴ったり、状況が許せば最近はオーディオブックなどラジオのように音声を残すこともできるようです。

そういった要素を盛り込んで写真集を作りたいと思っています!次の目標のため、写真集を自費出版する費用を支援頂きたいと思います!自費出版できた写真集は島内の公共施設や飲食店に寄贈したいと思います!

支援頂く金額の目標は更に20万円追加させて頂き、40万円とさせて頂きます!

島の人々から語られる「島の歴史」を残すため、皆さんのご支援をよろしくお願い致します!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【『甑を愛する写真コンテスト』応募者多数につき資金不足!更なるネクストゴール設定】

なんと、嬉しいことに『甑を愛する写真コンテスト』の応募総数が100枚を超えました!予定では30枚を想定していました。当初はなかなか写真が集まらず、会う人会う人に声をかけて応募をお願いして、写真集めを手伝ってくださる方もいて。。。写真が集まってくれて本当に安心しました。

甑島の美しい風景や、昔から続くお祭りや伝統行事の写真、今はもう見れない町の様子を写した写真など、皆さん楽しんでみて下さったら嬉しいです!

そして、この状況で生まれた嬉しいハプニングがありました!!どちらもピンチですが・・・(笑)


1つ目は応募数が増えたことで、写真展までに100枚をプリントし終わることが出来ないと印刷会社から言われてしまいました!確認不足の室原が悪いのですが、完全に狼狽し他の印刷会社にも連絡しましたがどこも難しいと。。やばい。。。

ということで、写真展に写真を間に合わせる事を第一に考えてA3程度の大きさにプリントした写真をスチロールのパネルに張り付ける感じで写真展に間に合わせることにしました!薩摩川内市の印刷会社に手あたり次第電話し、ありがたいことに対応して下さる印刷会社が見つかりました!写真が届けば、写真をパネルに100枚貼り付ける作業がこれから待っていますが、何とか写真展に間に合わせますのでお楽しみにしてください!

そして当初の約束通り、キャンパスにプリントしたものは別途注文し、後日お渡しすることにします!


2つ目は資金不足です!最初の予定は3,000円×30枚=90,000円ほどの想定でした。ところが現実は3,000円×100枚=300,000円になりました。

印刷代だけで、30万円!!!!

景品代なども考えると、写真集代が全く無くなってくる感じになってしまいました。。先日、やっと写真集のカメラマンも決まったのに。。嬉しい悲鳴ですがなんとかもう少し活動資金を集めたいと思います!


目標は50万円!!新たなゴール設定ですが、宜しくお願い致します!

  • 2021/03/23 01:46

    当日はあいにくの天気でしたが20日、21日と予定通り、写真展を開催することができました!印刷が間に合わないかもなど嬉しいハプニングもありましたが、たくさんの方の手助けのおかげで大盛況に終わりました!↑は『甑の歴史を語る写真展』の様子。カメラマンの御2人による圧巻の写真は合計400点ほど。来場者...

  • 2021/03/18 03:36

    嬉しい悲鳴ですが、応募数が想定を超えたためキャンパスにプリントして展示するには時間的に難しくなりました。大慌てで期日までに紙に印刷してくれる他の会社を探して発注したのが12日の金曜午後!土日は会社は休み!そんな中、発注した写真が16日に届きました。写真展の3日前!ここは離島です。陸路と違い船の...

  • 2021/03/14 02:10

    なんと、嬉しいことに『甑を愛する写真コンテスト』の応募総数が100枚を超えました!予定では30枚を想定していました。当初はなかなか写真が集まらず、会う人会う人に声をかけて応募をお願いして、写真集めを手伝ってくださる方もいて。。。写真が集まってくれて本当に安心しました。甑島の美しい風景や、昔から...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください