左から、星企画 薬師神社長、愛媛銀行 西川頭取、愛媛銀行 本田会長(兼 愛媛MP後援会 会長)、愛媛MP 河原監督、愛媛MP 薬師神社長、水口酒造 水口社長、水口酒造 水口専務



愛媛マンダリンパイレーツ(愛媛県民球団)は、プロ野球独立リーグ「四国アイランドリーグplus」の愛媛県の球団です。2005年のチーム設立以来、愛媛県内の全ての自治体様や、多くのスポンサー様・ファンの皆様に支えられ、「ファンと共に!地域とともに!」を球団スローガンに掲げ、NPBを目指すと共に、もう一つの私たちのミッションとして、地域の皆さまのもとへ訪れ笑顔を広げる「地域貢献活動」を実施しています。例年は、野球教室、学校・施設訪問、イベント参加、清掃活動など、年間200件を上回る活動をしてきました。

幼稚園訪問

学校訪問・スクールガード

野球教室・企業様イベント・清掃活動・地域イベントなど



私たちは、野球には人を愉快に楽しくさせるチカラがあると信じています。それは試合を観戦いただくだけではなく、スタジアム以外でもより多くの皆様と触れ合うことで、元気を、笑顔を、そして夢を広げていくことが出来るのではないかと思います。今回のプロジェクトを通じて、この野球のチカラで『地域を元気に、子どもたちが明日に向かって笑顔で歩いて行ける』きっかけを創ります。

そこで、

プロジェクトの目的①
愛媛マンダリンパイレーツが年間200件以上活動している、学校訪問や野球教室、地域のイベント・事業への参加などの「地域貢献活動」を、より皆様に喜んでいただける球団事業にする!


プロジェクトの目的②
体を動かすことが大好きな子どもたち、スポーツで明日を夢見る子どもたちが、少しでも前を向いて進んでいくための後押しをする!

※ご支援いただいた一部を、県内のスポーツ振興を目的として「愛媛県」へ寄付をします。


プロジェクトの目的③
リターン(返礼品)の「道後ビール」などで、ご支援していただいた大人の皆様にも楽しく愉快になっていただく!


この3つの目的の実現を目指します。

また今回のプロジェクトを通じて、将来スポーツ選手を目指す子どもたちの増加や、その子どもたちの技術・技能の向上、また県内のスポーツ振興に寄与することを望みます。

そして将来・・・

例えば、その子どもたちの誰かがプロ野球選手になり、
「きっかけは、子どもの頃にマンダリンパイレーツの選手に会ったことです」なんてインタビューに応えてくれれば、こんなに素敵なことはありません。


あらためまして「愛媛マンダリンパイレーツ」の自己紹介をさせていただきます。

2005年のチーム設立以来、愛媛県内の全ての自治体様や、多くのスポンサー様・ファンの皆様に支えられ、「ファンと共に!地域とともに!」を球団スローガンに掲げ、NPBを目指す選手達と共に、地域に密着した活動を続けています。

毎シーズン、リーグ内の他球団と切磋琢磨しながら「年間総合優勝」を目指して戦っています。これまでに2回(2015、2016)総合優勝することが出来、ファンや地域の皆様と共に喜びを分かち合いました。

残念ながら2020シーズンは最下位という結果で終わりましたが、より多くの皆様に試合を楽しんでいただこうと、球団初の試みとしてホームゲーム全試合「インターネット中継(YouTube LIVE)」を実施しました。今シーズンは、有望な新入団選手も加わり、年間総合優勝を目指せる戦力が整いました。皆様に感動をお届けできるよう、チーム一丸となって戦います!

そして毎年10月に行なわれるNPBドラフト会議。
指名を目指す若者達、NPBを戦力外になるも再び返り咲きを目指す元NPB選手達と、愛媛マンダリンパイレーツには全国各地から夢を抱いた野球選手が集まります。これまで約400名の選手達がこの場所で挑戦し、8名の選手たちがNPBの舞台へ羽ばたいていきました。

 [NPB指名及び復帰選手]

 2006年:広島カープ 育成1巡目…中谷 翼 内野手

 2006年:福岡ソフトバンクホークス 育成2巡目…西山 道隆 投手

 2007年:オリックスバファローズ 育成1巡目…梶本 達哉 投手

 2008年:オリックスバファローズ ドラフト5位…西川 雅人 投手

 2010年:横浜ベイスターズ ドラフト8位…靏岡 賢二郎 捕手

 2010年:読売ジャイアンツ 育成2巡目…岸 敬祐 投手

 2011年:読売ジャイアンツ 育成2巡目…土田 瑞起 投手

 2014年:千葉ロッテマリーンズ 移籍…金森 敬之 投手

愛媛マンダリンパイレーツはこれからも選手達の夢を追いかける姿を通じて、皆さまに「チャレンジすることの大切さ」を伝え続けます。


そして今シーズン、就任5年目を迎える元読売ジャイアンツの守護神河原純一監督(投手コーチ兼任)、指導力に定評のある元近鉄バファローズの武藤孝司コーチが2018シーズン以来3年ぶりに野手コーチに復帰、更には元阪神タイガースで代打の切り札としても活躍した伊藤隼太選手が自身のNPB再起をかけて選手兼コーチに就任。
左から、河原監督・武藤コーチ・伊藤選手兼コーチ

そして充実した首脳陣体制に加え、無限の可能性を秘めた新入団選手も獲得し、5年ぶりの年間総合優勝を目指せる戦力が整いました。2021シーズン、皆様に感動をお届けできるよう、仲間と支え合いチーム一丸となって戦います!
2021シーズン新入団選手


愛媛マンダリンパイレーツの選手たちは、NPBでプレーすることを目指し、日々、その夢に向かって努力を積んでいます。そんな中、2020年は新型コロナウイルスの影響で、開幕延期〜無観客試合と、純粋に夢に向かって邁進する訳にはいきませんでした。

ただ逆に、その様な状況だったからこそ、選手たちは「野球ができることの有り難さ」また「夢へのチャレンジを支えてくれる方達への感謝」そして何より「自分たちは野球が好きだ」ということを、あらためて強く感じることが出来ました。

そこで、選手たちが夢に向かって進んでいくのはもちろん、子どもたち自身が抱く夢や希望を、一緒になって実現するために進んでゆくことが出来ないものか?また選手たちの活動や存在が、もっと地元の皆様に笑顔を届けることが出来ないか?

そんな思いが、今回うまく出会い、今回のプロジェクトをスタートさせました。


①球団の地域貢献活動
 (学校訪問、野球教室開催、地域イベント・事業参加など)

②愛媛県へ、スポーツ振興を目的とした寄付

③リターンの返礼品
 (道後ビール・道後オレンジ・エール カラマンダリン)


今回のリターン(返礼品)には、道後の老舗造り酒屋の水口酒造さんにご協力をいただき、愛媛マンダリンパイレーツオリジナルラベルの「道後オレンジ・エール カラマンダリン」と「道後ビール(のぼさんビール)」をつくっていただきました。
※ラベルのデザインは写真と多少異なる場合がございます。
※グラス・コースターは付属しません。


道後オレンジ・エール カラマンダリン 200ml
マンダリン果汁をたっぷりと使用した発泡酒「道後オレンジ・エール カラマンダリン」。

※ラベルのデザインは写真と多少異なる場合がございます。
※グラス・コースターは付属しません。


道後ビール ヴァイツェン(のぼさんビール) 200ml
「野球」の名付けの親、正岡子規の名前のついた道後のクラフトビール「のぼさんビール」。子規が自らの幼名である「升(のぼる)」にちなんで「野球(のぼーる)」と呼んだのが、野球という名前の始まりと言われています。

※ラベルのデザインは写真と多少異なる場合がございます。
※グラス・コースターは付属しません。


私たち「愛媛マンダリンパイレーツ」からの感謝の気持ちを表すのにピッタリのリターン(返礼品)だと思い、ご協力をいただきました。


水口酒造は1895年(明治28年)創業の以来、「道後温泉本館」と共に歩み続けている、愛媛松山道後で唯一の造り酒屋で、銘酒「仁喜多津」「道後ビール」「道後焼酎」「道後サイダー」「梅酒ソーダ」「ビールカレー」をメイン商品として製造販売を行っています。

また水口酒造の店舗兼主屋は国登録有形文化財(建造物)に指定されていて、全国から道後に訪れる皆様に、道後の思い出を心に残していただけるようにと願い「道後物語」を演出させていただいています。※全国新酒鑑評会最高位「金賞」通算7度受賞。

※リターン(返礼品)は、2021年4月3日(土)の愛媛マンダリンパイレーツ 2021シーズン「ホーム開幕戦@坊っちゃんスタジアム」開催まで(2021年3月末を目処)にお送りします。

※愛媛MPオリジナルラベル 道後オレンジ・エール カラマンダリン・道後ビール ヴァイツェン(のぼさんビール)の引換券は、4/3(土)・4/4(日)の愛媛MPホーム開幕2連戦の会場(坊っちゃんスタジアム/愛媛県松山市市坪西町625-1)、4/5(月)以降は水口酒造にきたつ蔵部(愛媛県松山市道後喜多町3-23)にて商品と引き換えいたします。

※引換期間:2021年4月3日(土)〜5月31日(月)
<にきたつ蔵部 営業時間/10:00~18:00 定休日/月曜日(祝日の場合は翌火曜日)・第一火曜日>

※引換券付きのリターン(返礼品)のお申し込みは、上記場所・期間で引換が可能な方のみお願いいたします。



私たちのプロジェクトを最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。





このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください