京都で羊の原毛屋を始めて33年、雑誌スピナッツ100号記念と共に100年後に残す「羊の本」を出版します。

プロジェクト本文

▽はじめに

スピナッツは、京都にある原毛屋、羊の毛を売っているお店です。

英国、オーストラリア、ニュージーランド、日本の牧場から直接フリース(毛刈りしたての羊毛)を仕入れて販売。そして羊飼いとスピナー(紡ぐ人)を繋ぐ染織の雑誌”SPINNUTS”を1984年から年3回発行しています。

来年2018年5月で雑誌SPINNUTSは100号を迎えることとなりました。

100号出版と合わせて、SPINNUTSの30年あまりのエッセンスがぎゅっと詰まった、「羊の本」を作りたいと思っています。

皆様のご出資とご協力で「羊の本」出版を実現させてください。どうぞよろしくお願い申しあげます。

羊毛にかかわる人にとって、新しい出会いの扉になる「本」を目指しています。

 ▽原毛屋を始めたきっかけ

1983年。私こと本出ますみは、インドへ行く前にオーストラリアに途中下車、友人の奥様が、毛刈りしたての羊1頭分の羊毛=Fleece(フリース)を糸車の横にボンと置き、その羊の毛から糸を紡いでいるのを見てびっくり!「糸ってこんなふうにして作るんだ」と衝撃を受けたことからすべては始まりました。 「フリース」とは今出回っている化繊の衣料のことではなく、本来は羊1頭分の刈りたての羊毛をさします。

1枚のコートのように繋がっていて、羊の形に広げることができます。初めて見た光り輝くフリースの美しかったこと。その日“原毛屋になる”と決心し、3頭分のフリースを持ち帰って、「原毛屋SPIN HOUSE PONTA・スピンハウスポンタ」を始めました。1984年のことです。

きっと糸紡ぎなんて、日本では誰もやっていないだろうと思って帰ってきましたが、知らなかったのは私だけで、いざ始めてみると日本にも、手紡ぎや手織りをしている人たちがたくさんいました。その出会う人、知らないことにその度驚いたり、考えたり、感激したことを誰かに伝えたくて、翌1985年から「情報誌スピナッツ」を作り始めました。

そして、2012年「スピナッツ」を代表社名にし、原毛屋スピナッツとして再スタート。現在、開業より早33年が経ちます。

「羊からの恵みを生かす」の気持ちを今まで以上にたくさんの方々へ発信できるよう、日々アンテナを高く張っていきたいと思っています。

▽雑誌「SPINNUTS」とは

スピナッツとは、Spin(紡ぎ)+Nuts(夢中になる)を合わせて造った言葉です。手書き、16ページ、コピー刷りの30部が創刊号。年3回発行される「SPINNUTS」も今年で33年目を迎え、2018年5月号で100号を迎えます。

▽羊の素晴らしさ

さて、羊と聞いて、なにを思い浮かべますか。

「メリーさんのひつじ」の歌。眠れない夜に、羊を数える。

それとも黒い顔の「羊のショーン」でしょうか?

 

羊の学名は「Ovis(オビス)」といいます。

Ovisという言葉は「護る(まもる)」という意味からきています。

遊牧民は、羊から乳と毛と肉を得て、衣食住をととのえ、どんな灼熱の沙漠も厳しい寒さもサバイバルしてきました。

Ovisは、人間が羊をオオカミや天敵とされる動物から「護ってきた」という意味合いですが、トラベラーズブランケットのように、旅先のどんなところでも一番肌に近く、どんな環境でも一枚羽織るだけでシェルターのように人間を「護ってくれる」という意味もあると私は思います。

羊毛に包まれていると、そんな安心感があります。

 そして日本人は、メリノウールを世界で一番消費しているウール大好きな国民。年間1人700g消費しています。だからほんとうは羊にとてもお世話になっているのです。

▽きっかけになった本

私が「羊の本」を作るきっかけになった本が2冊あります。

1冊目はピーターコリンウッドの「THE MAKER’S HAND」という本。いろいろな国のいろいろな手仕事を、イラストと文章で紹介しています。

 技法を解読し、どこで収集したものなのかが載せられています。

手仕事の「種」のような本だと思っています。

この本の存在がずっと私の最初の大きな原動力です。

本という形なら、100年後にぱっと開けられて、理解ができる。さらにその先の未来につながっていくものだと思います。

 

2冊目は1960年代にアメリカの自然回帰のムーブメントに多大なる影響を及ぼした「Whole Earth Catalog」。

カタログとは、本や道具、材料の紹介が載せられていて、どこに行けば仲間がいるのか、何を手に入れられるか、どういったことを学べるか、具体的にアクセスできるよう、導いてくれるものであると思います。

興味のあるジャンルがあれば、この本を見れば欲しいものが手に入るすごい本だと思いました。 

▽羊の本を作るにあたって

きっかけは2010年。「はじめての糸紡ぎ」の本を重版しようとしたとき、パソコンのメディアが変わってしまったため、データが読み込めなくなったことでした。

「10年、20年で作り上げてきたことがデジタルだと残らないのでは?」と危機感を覚えました。

そして羊の頭数は2000年代前半に世界各国で減り、趣味、手芸関係の高齢化も進んでいました。「このままでは手仕事はなくなってしまう」と思ったのです。

その時、手仕事を残せるとしたら「人」か「作品」か「本」、この3つだと思いました。

 

それがきっかけで、2012年と2015年に「今の私を100年後に投げかける」というテーマで「ヒツジパレット」という公募展(2015年度は出品作品数301点)を行いました。

ヒツジパレットというイベントで人と人が出会って記憶に残り、展示された作品がモノとして後世に残り、そして今回この本を作ることによって、手仕事は言葉として残っていくと考えています。

 

この100年でテクノロジーは進化し、インターネットの登場で劇的に世界は変わりました。

そして、自分で衣食住にかかわる物を作らなくても何でも手に入れられる時代になりました。身近ではなくなりつつある羊の恵み―毛肉乳―を使った手仕事の中には、衣食住にかかわる人類の知恵と文化が詰まっています。

その手仕事が今や風化しつつあると私は危惧しています。

しかしまだ今なら1000年2000年前の知恵と文化を理解し、実践できる先輩方がおられます。その先輩方と、次の世代を繋ぐことは、今を生きる私達の役割だと思います。

今ならまだ間に合う、そして今、急いでまとめておかなくては、手仕事の文化、羊の文化は、ただのブームのように立ち消えてしまうのではないでしょうか。

 

雑誌スピナッツは、羊と羊毛にかかわる人たちの出会いの場になることを目指してきました。

そして来年で100号を迎えます。スピナッツの30年あまりのエッセンスがぎゅっと詰まった、羊の楽しさ満載、そして知りたかったこと、会いたかった人につながる「どこでもドア」のような本を作りたいと思っています。

 

羊と羊毛のすべてを網羅した本を作ろうとしているのですが、それにはまず資金が足りません。そして一冊に仕上げるためには、私がただ一方的に取材してご紹介するのではなく、皆様の羊と羊毛にかける熱量のようなものが本の中に出てこなくてはいけないのではないか、と思い、今回クラウドファンディングという形で、広く告知しご協力を賜りたいと思いました。

「羊」というキーワードで先輩と後輩が出会う本。

そして「本」という形で、未来に羊の文化と知恵を「種」のように飛ばしたいと思っています。

皆様のあたたかいご支援とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

▽資金の使い道

印刷費…2,201,000円

ディレクション費…800,000円

ライティング費…1,200,000円

デザイン費…2,400,000円

取材費…480,000円

梱包・発送費…1,125,000円

諸経費…330,000円

出版記念イベント制作費…2,000,000円

CAMPFIRE 手数料…1,040,000円

 

 ◆リターンについて

ご出資、ご協力いただいた方には様々なリターンをご用意しております。

30,000円以上ご出資いただきますと、「羊の本」のPRコーナー(芳名ページ)へお名前、お写真を掲載させていただきます。

100年後に残す「羊の本」にあなたの情報を残しませんか?

 

 

<150,000円>先着18名様

・100年後に残る「羊の本」にPRをご掲載!お写真・お名前・ご連絡先など(サイズ=B5の1/4)

・出版記念イベントにご招待いたします。

・直筆サイン入り「羊の本」のプレゼント!

・2018年度分(100号(2018年5月発行)、101号(2018年9月発行)、102号(2019年1月発行))の雑誌スピナッツ年間購読(お礼の品付き)

・お礼のオリジナルポストカードプレゼント!

 <100,000円>先着24名様

・100年後に残る「羊の本」にPRをご掲載!お写真・お名前・ご連絡先など(サイズ=B5の1/8)

・出版記念イベントにご招待いたします。

・直筆サイン入り「羊の本」のプレゼント!

・2018年度分(100号(2018年5月発行)、101号(2018年9月発行)、102号(2019年1月発行))の雑誌スピナッツ年間購読(お礼の品付き)

・お礼のオリジナルポストカードプレゼント!

 <50,000円>先着32名様

・100年後に残る「羊の本」にPRをご掲載!お写真・お名前・ご連絡先など(サイズ=B5の1/16)

・直筆サイン入り「羊の本」のプレゼント

・2018年度分(100号(2018年5月発行)、101号(2018年9月発行)、102号(2019年1月発行))の雑誌スピナッツ年間購読(お礼の品付き)

・お礼のオリジナルポストカードプレゼント!

<30,000円>先着48名様

・100年後に残る「羊の本」にPRをご掲載!お写真・お名前・ご連絡先など(サイズ=B5の1/24)

  もしくはとびきりの羊毛プレゼント!

・直筆サイン入り「羊の本」のプレゼント!

・2018年度分(100号(2018年5月発行)、101号(2018年9月発行)、102号(2019年1月発行))の雑誌スピナッツ年間購読(お礼の品付き)

・お礼のオリジナルポストカードプレゼント!

<10,000円>

・直筆サイン入り「羊の本」のプレゼント!

・2018年度分(100号(2018年5月発行)、101号(2018年9月発行)、102号(2019年1月発行))の雑誌スピナッツ年間購読(お礼の品付き)

・お礼のオリジナルポストカードプレゼント!

<5,000円>

・2018年度分(100号(2018年5月発行)、101号(2018年9月発行)、102号(2019年1月発行))の雑誌スピナッツ年間購読(お礼の品付き)

 ・お礼のオリジナルポストカードプレゼント!

<3,000円>

・雑誌スピナッツ100号をプレゼント!(お礼の品付き)

・お礼のオリジナルポストカードプレゼント!

 

 ===================================

2017.10.13

この度は「羊の本」にご協力をいただき、本当にありがとうございます。
皆様の温かいご支援を、編集作業のパワーに変えて、日々がんばっております。
と同時に、ご期待に応えられるようにと、緊張感も溢れています。

さて、今回リターンを追加させていただくことになりました。

従来のリターンも含め、同じリターンを複数口ご希望の方へは
こちらから別途ご案内を郵送にてお送りいたしますので
CAMPFIREよりメッセージをお送りくださいませ。

「羊の本」を完成できるようがんばって参りますので
これからも温かいご支援・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

〈15,000円〉

・羊の本にお名前をご掲載!

・原毛屋スピナッツで使える「10,000円のクーポン」をプレゼント!

 (全商品対象)

〈10,000円〉

・原毛屋スピナッツで使える「10,000円のクーポン」をプレゼント!

 (全商品対象)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください