はじめに・ご挨拶

 秋津野水力発電復活プロジェクトは、吉野熊野国立公園奇絶峡(きぜっきょう)から流れ来る水で小水力発電を行い得られた収益で地域づくりを応援しようというプロジェクトです。

今回のプロジェクトでは和歌山県田辺市上秋津地域にあります4つの法人や住民、そしてクラウドファンディング応援団がコンソーシアムを組んで2021年中の実現を目指しています。

周辺アクセス図1周辺アクセス図2


発電設備周辺写真

 まずは4つの法人を紹介します。プロジェクトの窓口として「一般社団法人ふるさと未来への挑戦があたります。一般社団法人はこれまでは放任園地等に太陽光発電パネルを設置し、売電益等で地域づくりを応援してきました。

 そして、農業法人株式会社きてらは、平成11年に住民出資で立ち上げた農産物直売所や地元柑橘だけを使用したジュースやジャムなどの製造販売する農業法人です。

 同じく、平成19年に住民出資で立ち上げた農業法人株式会社秋津野は、使われなくなった上秋津小学校をリノベーションをし、平成20年に都市農村交流(グリーンツ―リズム)施設『秋津野ガルテン』をオープン。農家レストラン、宿泊施設、柑橘の収穫体験やスイーツづくり体験なども行っています。

 さらに、近年の農家の高齢化や後継者不足等の問題を解決すべく、若手人材の育成・雇用の確保及び、農家の技術を継承しスマート農業の導入などで農業の省力化を図ることにより農家の負担を減らし、生産効率の向上を目指して立ち上げました、農業法人株式会社秋津野ゆいもプロジェクトに参画します。 

 

今回、4法人と地域の元気な住民とクラウドファンディングで応援いただけるみなさんと一緒に

    水力発電所を復活させ、地域をもっともっと元気にしていきたいと考えています。



このプロジェクトで実現したいこと

 「水」という地域資源を有効に活用するために水力発電所を復活させ、売電を行うことで得られる収益で、地域づくりの応援を行いたい。


 上秋津地域には明治45年に120kwの水力発電所が稼働し地域に電力を供給されていましたが、   平成16年に発電所に水を送るための送水路が急斜面の山中を手掘りした溝を使っていため、長年の濾水でがけ崩れの危険性が生じ廃止されました。
展示保管中の旧川中発電所で使用されていたタービン(旧川中口発電所) 

 今回の発電所を復活プロジェクトは発電規模的は1/6になりますが先人たちが明治に立ち上げた発電所の復活を目指します。

元発電所跡には発電記念碑と当時の発電機の保存展示が行われており、地域で大事に守られています。
 農村には地域を毛細血管のように張り巡らされた農業用の用水があります。地域の中心を会津川が流れ、この川から取水口を通って用水へと水が送られています。 平地の少ない当地区では、一枚当たりの水田は狭かったことで、政府の減反政策で水をあまり必要としない果樹作(梅や柑橘)への転換がすすんだ結果、取水口の門から多くの水が川へと返される結果となっています。

(上左:水車、上右:ベルバルブ)(上左:水車、上右:ベルバルブ)(小水力発電機設置図案)

ここの取水門に10kwの小水力発電機(フランス製)を2台設置し発電を行い、得られた利益の中から地域の活性化や人材育成、コミュニティービジネスへの支援を行うことで、

昭和の時代から住民が自発的に取組んできた地域づくりを持続性の高い地域のシステムにしていきたい。

小水力発電機設置予定の一ノ井養水〔用水〕取水口

取水口(上部から)









私たちの地域のご紹介

 上秋津地区のある田辺市は、南紀白浜の隣に位置し、和歌山県南部の政治・経済の中心地でもあり交通の要でもあります。平成16年のユネスコの世界遺産に登録された世界遺産 熊野・熊野古道への入り口の町でもあり、世界中から人が訪れるようになっています。
 上秋津地域は田辺市郊外に位置し、中心市街地から車で15分、3方を山に囲まれた中山間地に属する果樹農業が盛んな農村であり、地域づくりの町として全国的にも有名です。

世界農業遺産の里世界農業遺産 みなべ・たなべの梅システム」の梅産地の中心的役割も果たしており、多くの南高梅が栽培されています。
 さらに、完熟ミカンやデコポン、清見オレンジ、バレンシアオレンジといった柑橘・オレンジ類が約80種類以上栽培されており、一年中を何かしらの柑橘が収穫され、地元の直売所にも一年中ミカンが並んでいます。小さな住民出資運営の直売所ですが一年を通してお客さまが訪れています。


食べてよし!泊まってよし!体験してよし!(ランチ盛り付け一例) 

平成20年に元小学校の跡地をリノベーションしオープンした、  都市と農村の交流施設「秋津野ガルテン」にある          農家レストラン『農家レストランみかん畑』は、地元の新鮮食材を利用し、農村のお母さんたち(プロの主婦が作る)が手づくりする料理が非常に人気です。気候の良い季節では手入れの行き届いた校庭でのお食事が人気を呼んでいます。

(左:木造校舎、右:農家レストラン、右奥:宿泊棟)


(スイーツづくり体験) 田辺市は世界遺産熊野古道、中辺路、大辺路ルートの分岐点ということで、秋津野ガルテンの宿泊施設も熊野古道への入り口の宿としても人気です。さらに、南紀白浜温泉にも車で20分という立地とあって親子連れのお客さまでも賑わっています。
 同施設内にあるカフェ&スイーツ工房        『バレンシア畑』では、地元産柑橘を使用した”ジャムづくり体験”等のスイーツづくり体験も人気のメニューです。 欧米・オセアニアを中心に多くのインバウンドのお客様もこの農村で宿泊をしています。


全国廃校活用の泊まりたい宿 ”No.1
(和室8畳4人部屋) 『農のある宿舎』秋津野ガルテンは、平成30年に掲載された、日経プラス1で「全国廃校活用の泊まりたい宿」”No.1”にも選ばれ、一年中多くの方々が宿泊されています。
 さらには、世界遺産熊野古道への入り口の宿として、国内のお客さまをはじめ、欧米・オセアニア型を中心に多くのインバウンドのお客様も農村にある廃校活用の宿秋津野ガルテンで宿泊し熊野古道を目指しています。

 
 

四季折々、見どころたっぷりの農村
 上秋津は、梅の花、ミカンの花があちらこちらに咲き、四季折々の農村景観が楽しめます。上秋津は農村を迷うことなく周遊できるコースなどの設定が行われており、地区内には吉野熊野国立公園に属してる「奇絶峡」や「龍神山」、「高尾山」、「三星山」などもありハイカーなどもよく訪れています。

一年を通して農業を感じられ、そして楽しめる里でもあります。

観梅ウォーク完熟ミカン

プロジェクトを立ち上げた背景

 田辺市上秋津地区は、昭和30年代から住民主体で行政に依存するのではなく自発的な地域づくりを続けてきました。昭和の大合併時に地域にある里山や人工林を管理・運営する社団法人上秋津愛郷会を設立。運営で得られた利益は「住民福祉、教育、地山緑化(環境保全)」だけに使える地域合意を得て60年以上も社団法人は住民の参加で運営は続けられています。
 平成6年には地域にある各種24団体で地域づくり協議会「秋津野塾」を設立し、幅広い地域合意と地域づくりの加速化をはかり、今日に至っています。
 平成11年は農産物直売所を、平成19年には都市農村交流施設をコミュニティビジネスで立ち上げ、地域活性化に大きな役割を果たしてきました。さらに地域づくりを行う人材を育成するため、和歌山大学と連携をし、平成20年から秋津野ガルテンや地域フィールドを活用し「地域づくり学校」の運営も行っています。 しかしながらコミュニティービジネスでは黒字を出し運営を続けるのは大変な努力が必要であります。そして地域づくりに携わる人材育成には時間も費用もかかりますが、地域にとっては絶対必要です。
 今回のプロジェクトの窓口になっている「一般社団法人ふるさと未来への挑戦」は、地域づくりのノウハウの伝承や地域づくり関連組織とのネットワークの維持を行うのと同時に、地域づくりを行ってる人や法人等への支援を目的に平成24年に設立されました。
 今後とも、人材育成や地域づくりに、いたずらに行政の補助金を当てにするのではなく、持続可能な支援体制を地域で整えていく必要性があります。今回、地域資源である「水」を利用した発電で得た収益で人材や地域づくりへの支援を行い、持続可能な地域づくりができる体制を整えていきたいと考えています。

これまでの活動

 平成11年には、地域づくりの大きな転換期を迎えました。 これまでのボランティア型、地域行事・イベント型からの地域づくりでは長続きしないと考え、地域を徹底調査をし地域課題をあぶり出し、課題解決のためにコミュニティビジネスで農産物直売所を開設し、売り場面積20坪の小さな直売所でありながら20年以上経営が持続されています。
 平成20年には新たに地域の活性化を進めるために、こちらもコミュニティビジネスで会社を立ち上げ、廃校舎をリノベーションし農家レストランや宿泊施設などの運営を行っています。農村におけるコミュニティービジネスはこの地域では希少な働き先であることと同時に、女性が地域づくりに仕事を通じて貢献する場でもあります。
 農村と言えば人口減少や廃屋問題、高齢化問題を抱えているイメージが強い中、上秋津地域は昭和の終わりには600軒だった農村でしたが、現在は1250軒にもなっており、田辺市の中でも若い世代が移り住んでくる新しい元気な農村地域になっています。


資金の使い道・実施スケジュール

この発電事業に関する工事は土木、機械、電気工事からなり、2021年3月に着手し、4月末に完了の予定です。

総事業費は約2千万円。そのうちの約75%分を銀行から融資を受け、残りは自己資金で賄う予定となっています。


リターンのご紹介

◆3,000円 

一年中ミカンの実る里『秋津野』の風景写真等をひとつひとつ手作業で加工しました。

〈オリジナルポストカードセット〉&〈感謝のメール〉



◆10,000円 

〈俺ん家ジュース 500ml×2本セット〉&〈感謝のメール〉 

参画組織の一つ「株式会社きてら」運営の「秋津野直売所きてら」横のジュース工場で、

地元農家さん達の美味しいミカンをまる搾りした無添加100%フレッシュジュース!
地元の農家レストランでも使用されている人気のジュースです。


◆10,000円 農家レストラン「みかん畑」のランチバイキングをご利用いただける
 〈ペアお食事券〉&〈感謝のメール〉 

田辺市上秋津にある、旧小学校の廃校舎をリノベーションしたグリーンツーリズム施設「秋津野ガルテン」内にある 農家レストラン「みかん畑」のランチバイキングをご利用いただける〈ペアお食事券〉をお届けいたします。

地元の新鮮食材を使って、地元のお母さんが毎日手作りする”おふくろの味”
お母さんごとによって味付けも日替わりするのも魅力の一つです。


◆20,000円 

〈俺ん家ジュース 700ml×3本セット〉〈感謝のメール〉 

 地元農家さん達の美味しいミカンをまる搾りした無添加 100%フレッシュジュース!
地元の農家レストランでも使用されている人気のジュースです。


◆20,000円 農家レストラン「みかん畑」のランチバイキングをご利用いただける
 〈お食事券×4名様分〉&〈感謝のメール〉 

                 をお届けいたします。



◆30,000円 秋津野直売所「きてら」”きてらセット” 〈夏のみかん あじわいセット〉 &〈感謝のメール〉 

秋津野直売所「きてら」の倒産の危機を救った、特別セット!

春・夏・冬の3回のみ予約販売されているうちの〈夏のみかん あじわいセット〉をお届け。
ここ田辺市上秋津地域は「バレンシアオレンジ」の収穫量は日本でもトップクラス!!
地元農家さんたちが丹精込めて育てた「バレンシアオレンジ」と、地元の恵みを使って作られた「フルーツソース」や、直売所の横の「俺ん家(おれんち)ジュース工場」で地元産みかんのみで作られた100%フレッシュジュース「俺ん家ジュース」、地域の産品等を詰め合わせた贈答やお中元等に人気のセットです。


◆50,000円 農のある宿舎「秋津野ガルテン」で 1泊ご宿泊&みかん狩り体験券

 &〈感謝のメール〉 

 古くから美味しいみかんの産地として知られる田辺市上秋津地区は紀伊半島の西に位置し、黒潮の恵みを受け 一年中みかんが実る里です。

地域内にある都市と田舎の交流施設(グリーンツーリズム施設)『秋津野ガルテン』内にある、木々に囲まれた『農のある宿舎』でご宿泊とみかん狩り体験をお楽しみいただけるご予約券をお届け。
農業体験をしながら田舎でリフレッシュしてはいかがですか?

*体験は地元産柑橘を使用したスイーツ作りか、みかんや梅を利用した染物体験に変更が可能です。


◆50,000円 「夏&冬の きてらセット」

〈感謝のメール〉 

秋津野直売所「きてら」の特別詰め合わせセット!

春・夏・冬の3回のみ予約販売されているうちの

〈夏のみかん あじわいセット〉、〈冬のきてらセット〉のふたつをお届けします。

「夏のきてらセット」は7月中旬頃、「冬のきてらセット」は12月中旬頃お届けいたします。
 *セットの内容は若干変更する場合がございます。

〈夏のセット〉
ここ田辺市上秋津地域は「バレンシアオレンジ」の収穫量は日本でもトップクラス!!
地元農家さんたちが丹精込めて育てた「バレンシアオレンジ」と、地元の恵みを使って作られた「フルーツソース」や、直売所の横の「俺ん家(おれんち)ジュース工場」で地元産みかんのみで作られた100%フレッシュジュース「俺ん家ジュース」、地域の産品等を詰め合わせた贈答やお中元等に人気のセットです。
〈冬のセット〉
地元農家さんたちが丹精込めて育てた甘~い「完熟温州ミカン」と、「ポンカン」「花柚子」「秋津野レモン」などのみかんと、地元の恵みを使って作られた「フルーツソース」や、直売所隣の「俺ん家(おれんち)ジュース工場」で地元産みかんのみで作られた100%フレッシュジュース「俺ん家ジュース」、
地域の産品等を詰め合わせた贈答やお歳暮等に人気のセットです。


最後に

 地域づくりや地域の活性化は言うのは簡単ですが、実現させ持続させるのは非常に大変です。上秋津地域の60年間にわたる地域づくりは住民たちが汗を流し知恵を出してきた結果であり未来へとつないでいかなければならないものと考えます。
 「水」という、どの村や町にもある地域資源は、これからの地域づくりに活かす試金石かもしれません。 発電所設置・稼働までのハードルは高いですが、上秋津地域でこの発電プロジェクトがうまくいけば全国へと広がる可能性は高いです。

ぜひとも、あなたの出資をお待ちしています。



<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください