<はじめに>

こんにちは、写真家の岩波友紀です。主に写真によるドキュメンタリー作品を作っています。ドキュメンタリーなのに美しく、アートのようで社会的意味を持つ作品。そういったドキュメンタリーとアートの狭間を行く作品を目指しています。

11年間、大手新聞社のカメラマンとして、取材と撮影を学びつつ第一線で働いてきました。2011年に東日本大震災が起きたあと、東北、特に福島の撮影を続けたいと思い、会社を辞め福島に移住しひとりの人間として撮影を続けてきました。

現在は会津地方の古民家に住み、古い家を改修しながら妻と娘2人と暮らしています。田舎に住みながら写真家として発表し続けられるよう頑張っています。

<このプロジェクトについて>

10年前に福島で起こったことは、多くの人の記憶にあると思います。巨大津波があり、それにより原発事故が起こりました。放射能汚染によって福島は困難な道を歩むことになります。震災から10年が経ちますが、汚染によっていまだに立ち入りが制限されている土地があり、故郷に帰れない人たちもたくさんいます。それだけでなく、目に見えない放射能により目に見えない被害や問題が福島では存在しています。

「Blue Persimmons」シリーズより

私は福島に移住し、この「Blue Persimmons」(日本語で「青い柿」の意味)という写真プロジェクトを継続してきました。

風景(ランドスケープ)と人(ポートレート)の写真からなるこのシリーズは、原発事故によって分断された人と土地、人と人との関係を表しています。また目に見えない放射能の本当の被害は、目に見えない人の心にあることも表しています。そして葛藤を抱えながらも、この地で生きていくことを表現しています。福島に移住した写真家が、それによって気づいた原発事故後の福島を表現した写真作品です。

この「Blue Persimmons 青い柿 」の写真集を発刊するための支援を募集します。

「Blue Persimmons」シリーズより

「Blue Persimmons」シリーズより

「Blue Persimmons」シリーズより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Blue Persimmons」のステートメントです

このシリーズは、見えない放射能によって分断された福島の人と土地、人と人との関係を表し、福島の人の心に刻まれた見えない被害を捉えたものである。

2011年、福島第一原発は放射性物質を撒き散らした。多くの住民が避難し今でも立ち入れない土地がある。

美しい福島の大地を知っていた私は、故郷の喪失と目には見えない放射能の被害を可視化しようと、福島の風景を記録していった。事故から3年後に私は福島に移住することで、居住者として福島を撮影することになり、別のことに気づいた。普通の生活を送っているように見える人たちの心にも、不安が常につきまとっていた。それこそが目には見えない被害だったのだ。

福島では物理的に境界線が引かれ、土地と人間とが分断された。地方では、土地と人は密接に関係している。避難区域でなくても、汚染された神聖な土地と人は分断されてしまったのだ。そして、物理的だけでなく精神的な分断が起こっていた。経験のない放射能の影響に対して正反対の情報が流れ右往左往する。避難区域の境に境界線が引かれ、立場の違いや考え方の違いで友人が心通わない人に変わった。

見えない放射能と、福島の人の心に刻まれた見えない被害。土地との関係も他者との関係もすでに修復できない。心の中の不安は除かれたことはない。

ある人はなすすべなく見つめ、ある人は自分の信念によって進み続ける。ここでは誰も、何が正しいか、今も今後もわからない。それでもここで生き続けている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Blue Persimmons」シリーズより

この写真プロジェクトは、何か答えを掲示するものではなく、また主義を主張するものではありません。原発事故のことがからむと、政治的な主張や決めつけのストーリーになりがちだと感じていますが、そこから距離を置くことを常に意識しています。原発のことに限らず、世の中の全てのことには答えがなく、何が正しいのかわからないことと思っています。この「Blue Persimmons ー青い柿ー」も、わからない状態の混沌とした福島の状況をそのまま表し、それでも何かが心に残り、何かを考えるきっかけになるべく作っています。

「Blue Persimmons」シリーズより

<「Blue Persimmons」プロジェクトのこれまで>

2011年から撮影は始まり、2021年まで続きました。タイトルの「Blue Persimmons ー青い柿ー」は、廃棄される大量の「柿」と、除染によって福島の至る所に置かれた廃棄物を入れた「青い」フレコンバックから由来しています。

 シリーズの一部は2017年に東京国際写真コンペティションを受賞。2019年には東京と大阪のニコンサロンでの写真展で発表されました。

ニコンサロン大阪 展示風景

シンガポール国際写真祭 展示風景

その後も撮影を続け、2020年にはシンガポール国際写真祭で展示。2021年は、韓国のテグ・フォトビエンナーレで展示予定です。

2020年末には、このシリーズはアメリカのユージン・スミス記念基金の主宰するユージン・スミス賞に日本人では初めて選出されました。ユージン・スミスは写真家集団マグナムにも所属した世界で最も著名なドキュメンタリー写真家の一人で、日本でも「水俣」を長く撮影したことで知られています。彼の後に続く写真家を育てるため生まれたこの基金は、毎年世界で優れた作品に同賞を贈っています。

今回の受賞により国際的にもこの作品のことが知られ、このタイミングで写真集を出版することでより世界へ作品が届くことが期待されます。

2年ほど前から写真集制作の準備をはじめ、ハワイで行われたICP(インターナショナル・センター・オブ・フォトグラフィー)のワークショップにて写真集の基本原型を作りました。その後、これまでに素晴らしい写真集を数多く輩出してきた出版社・赤々舎の代表・姫野希美さんに相談をし、一緒に作っていただけることとなりました。現在写真集制作が進んでいます。


<なぜ、福島を続けるのか>

私は東日本大震災後、ずっと東北と福島にこだわってきました。理由のひとつは、震災前の東北を知っていたことです。新聞社勤務時代に3年間仙台に住み、東北6県の取材と撮影を担当し、東北の素朴な自然、人柄、風土や文化の魅力に一気に引き込まれました。個人的な思い入れが理由のひとつです。

もうひとつ特に福島にこだわった理由は、原発事故のことを知れば知るほど、この問題には全ての社会問題に通じる根本的なことが凝縮されていると感じてきたからです。福島を撮ることで、日本のあるいは世界の全ての社会問題のことに通じ、人間というものを見つめ考えることができると思ったからです。

「Blue Persimmons」シリーズより

<クラウドファンディングでご支援を募集する理由>

皆さんは、写真集出版にどのようなイメージをお持ちでしょうか?写真集は本の中でもコストが非常にかかる上に販売数はとても少ないのです。コストはページ数、大きさ、造本などによってかなりの幅がありますが、軽自動車〜高級外車一台分ほどになります。商業として成り立ちにくく、たとえ作品がどんなに素晴らしくても、出版社はなかなか出版に踏み切れません。出版社から出すのだから支援は必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、出版社にとっても非常に利益が少ないばかりか、利益が出ないリスクが相当に大きいのです。

加えて写真集を作る以前に、撮影や取材での経費がとてもかかっています。今回の写真集ができればそれで終わりではなく、今後もどんな状況下でもひとりの写真家として創作活動を続けたい、持続可能な活動を展開していきたいと試行錯誤しています。その思いから今回のクラウドファンディングを立ち上げました。

「Blue Persimmons」シリーズより


<岩波友紀のこれまでの活動>

写真展、写真集、雑誌媒体などへの寄稿によって作品を発表しています。

(媒体寄稿)

・ナショナルジオグラフィック日本版 「東北の5年間 5つの物語」

・ナショナルジオグラフィック日本版 「PROOF 世界を見る 阿蘇の草原と生きる」

・ニューズウィーク日本版 「置き去りにされた被災者家族の願い」

・Der Tagesspiegel(ドイツ) 2021年3月 「東日本大震災特集」

・朝日新聞GLOBE 2021年1月 「心のレジリエンス」

・DAYS JAPAN 「大川小学校 息子を捜し続けて5年 琴、どこへ行った」

・DAYS JAPAN 「ネパール大地震」

・Harper's Magazine(イギリス)

・写真芸術(韓国)

(写真集)

・「1500日 震災からの日々」(2016年 新日本出版社)

・「NIGHT FOREST 夜の森」 (2018年 私家版ZINE)

・「One last hug 命を捜す」(2020年 青幻舎)

・「紡ぎ音 THREADS IN THE DARK」(2021年 入江泰吉記念写真賞実行委員会)


(写真展・フォトフェスティバル)

2002 「アフガンティーの香り」 コニカミノルタプラザ(新宿) 

2016 「もう一度だけ/One last hug」 ニコンサロン(銀座、大阪)

2017  「Before now and Then」 Focus Photo Festival (ムンバイ)

2019 「Blue Persimmons」 ニコンサロン(銀座、大阪) 

2020 「One last hug」 シリウスフォトギャラリー(新宿)

2020 「Blue Persimmons」 Singapore International Photography Festival (シンガポール)

2021 「紡ぎ音」 入江泰吉記念奈良市写真美術館(奈良)


<資金の使い道>

・写真集「Blue Persimmons ー青い柿ー」の出版費用の一部

・リターンの制作費用・仕入れ代・配送料

・CAMPFIREの手数料

・取材費の一部


<リターンについて(各コースの紹介)>

1・写真集Aコース  【新刊写真集1冊+奥付に名前記載】 8,000円

2・写真集Bコース  【新刊写真集2冊+奥付にお名前記載】 13,000円

3・写真集Cコース  【新刊写真集特装版1冊+奥付にお名前記載】 63,000円   

4・写真集セットAコース   【新刊写真集1冊+奥付にお名前記載+岩波友紀写真集「One last hug 命を捜す」1冊】 13,000円

5・写真集セットBコース  【新刊写真集1冊+奥付にお名前記載+岩波友紀写真集「NIGHT FOREST 夜の森」1冊】   10,000円

6・写真集セットCコース   【新刊写真集1冊+奥付にお名前記載+岩波友紀写真集「紡ぎ音 THREADS IN THE DARK」1冊】12,000円

7・特産品セットAコース   【新刊写真集1冊+奥付にお名前記載+自家製天然酵母パン「いわなみ家」特製パンセット】 13,000円

8・特産品セットBコース  【新刊写真集1冊+奥付にお名前記載+曳地一夫さんの最高級あんぽ柿セット】13,000円

9・純粋応援Aコース  1,000円

10・純粋応援Bコース   【奥付にお名前記載】 10,000円

11・純粋応援Cコース   【奥付にお名前記載】 50,000円


<リターンについて(各リターン品の紹介)>

★新刊写真集

当プロジェクトで制作する写真集「Blue Persimmons ー青い柿ー」(直筆サイン入り)をお届けします。

・出版社/赤々舎

・237×270㎜/208ページ/上製(予定)

・初版1000部(予定)

・予価6,000円+税 (販売許可済)

赤々舎さんにて、写真のセレクト作業

★奥付にお名前記載

写真集を支援していただいた証として、当プロジェクトで制作する写真集「Blue Persimmons ー青い柿ー」の奥付にお名前を記載します。

***「備考欄」に実際に写真集に入れるお名前を「正確に」お書きください。記載の通り写真集に書かせていただきます。原則本名とさせていただきます。会社、団体等も可能ですが、実際支援していただいた方(団体)の名称に限定させていただきます。ご質問ございましたらお尋ねください。

***こちらのリターンがついたコースをご購入いただいた方で、奥付にお名前の記載が不要の方は「備考欄」にその旨をお書きください

★新刊写真集特装版

当プロジェクトで制作する写真集「Blue Persimmons ー青い柿ー」(直筆サイン入り)を、手作りの特製桐箱にお入れします。

サイズは幅約300mm、高さ約260mm、奥行約40mm予定(実際のサイズと異なります)

本写真集のための特注品です。桐箱の蓋部分が額になっているので箱ごと壁に飾ることが可能です。もちろん箱として横置きも可能、本棚にタテ置きで納まります。

額にはオリジナルプリントをお入れします。こちらのプリント本体は特装版に合わせたサイズで、このサイズで限定10枚となります。今後このシリーズのオリジナルプリントは販売の可能性があります。その際にもエディションナンバーを入れた限定点数で販売の予定ですが、この特装版用プリントとは別サイズになります。今回の特装版用プリントは下記の写真を10枚制作します。

プリントと箱にエディションナンバーをお入れします(1/10〜10/10。A.P.を除く)。世界で10点しか存在しないものとなります。

桐箱は「桐の里」福島県三島町の「会津桐タンス株式会社」さんに制作を依頼しています。特装版の木箱の制作を考えた時、福島のことを扱ったこの本には福島県産の木、福島県の製造にこだわることにしました。そこで思いついたのが奥会津の「桐」です。三島町は「桐の里」と謳っているほどの桐と桐細工の産地で、会津桐のみを使用しています。

(三島町のサイトより会津桐)ーー会津桐は、国内で生産されている桐の中でも最上級品と謳われており、その中でも一級品と呼ばれるのが、三島町を中心に栽培されている宮下桐です。雪深い気候と、只見川が運ぶ豊かな土壌に育まれた桐は、緻密な木目と銀白色の色味が美しい材となります。その材質は、国宝級の文化財の収蔵箱の素材として指定されるほど、桐材のなかでも秀でたものです。ーー

正確な本のサイズが決定してからの発注になりますので、送付はほかのリターンコースよりも少し遅れる見込みです。またそのために、現時点で完成品もありません。下記のスケッチや既製品などをご参考にしてください。(最終形は下記イメージ画像と異なる可能性があります)

設計スケッチ。イメージ図

「会津桐タンス株式会社」さんの製品と、蓋部分の額のイメージ。これらの技術をもとに、写真集用の桐箱を特注で依頼します。

オリジナルプリントはこちらの写真になります(写真は選べません)

★岩波友紀写真集「One last hug 命を捜す」

発売/2020年1月

出版社/青幻舎

B5判/192頁/上製

定価/5,000円+税(販売許可済)

ーー津波で行方不明となったわが子を探し続ける父親たちのドキュメンタリー。命とは何か、人はなぜ生きるかという根源的な問いを投げかける。写真集「One last hug 命を捜す」は、宮城県石巻市、福島県南相馬市、福島県大熊町の3家族の足跡を追った“命”を巡る物語です。



岩波友紀ZINE「NIGHT FOREST 夜の森」

発売/2018年

私家版

A4判/90頁/並製

定価/2,000円+税

ーー福島県富岡町には「夜の森の桜」と親しまれてきた桜並木があります。原発事故により全町避難となった富岡町。人はいなくなっても、桜は毎年変わらず花を咲かせてきました。「NIGHT FOREST  夜の森」は2013年から2017年までの夜の森の桜並木をテーマに写真で物語を紡いだ写真集です

表紙イメージ


岩波友紀写真集「紡ぎ音 THREADS IN THE DARK」

発売/2021年2月

出版社/入江泰吉記念写真賞実行委員会

A4判/168頁/上製

定価/4,000円+税(販売許可済)

ーー「紡ぎ音」は、東日本大震災後の被災地で日々の生活もままならない状況にもかかわらず残された人々の手によって行われる「祭り」と「民俗芸能」を追ったドキュメンタリーです。集落が壊滅し、故郷を強制的に追われ、唯一の人々のつながりを保ち続けているのは祭りと民俗芸能でした

入江泰吉記念写真賞受賞による出版です

表紙イメージ


自家製天然酵母パン「いわなみ家」特製パンセット

福島県会津美里町に2019年オープンした自家製天然酵母パン「いわなみ家」。本プロジェクト実行者・岩波友紀の配偶者である岩波聡子さんによるパン屋です。販売日は常に30分ほどで売り切れてしまい、毎週木曜日発送の「お届けパン」も募集後すぐに売り切れてしまうほど皆様にご好評いただいています。今回のリターンは、「お届けパン」と同内容のパンセットをお届けします。

こちらのリターンのうち、「いわなみ家」パンのみ先に6月4日発送のみとなります。写真集は後日に別便での発送となりますのでご了承ください。また食品ですので、到着予想日付近(発送日の6月4日から1〜2日後)に長期不在予定の方はご注意ください。

パンの内容は変更になる可能性があります


曳地一夫さんの最高級あんぽ柿セット

福島県伊達市梁川町五十沢の農家・曳地一夫さんの作る「あんぽ柿」です。あんぽ柿は五十沢の生まれの干し柿の一種です。製造過程で「硫黄燻蒸」することが特徴で、そのことにより通常の干し柿とは違うアメ色に輝く色になります。蜂屋柿という種を使うのも特徴で、とても大きい干し柿です。

曳地さんとは2013年に出会いました。2011年からしばらく、五十沢では放射性物質の影響であんぽ柿の生産を自粛し、全ての柿を廃棄せざるを得なかったのです。当プロジェクト「Blue Persimmons」の象徴的なイメージとなる下記の写真。これは曳地さんが捨てざるを得なかった柿の実の山です。自分が作った柿を自分で捨てなければならない時の曳地さんの表情をよく覚えています。あんぽ柿生産はその後徐々に復活し、今ではほぼ元の通り生産できるようになりました。現在も出荷時に放射性物質の検査を全袋で実施しています。リターンと同じ商品は今年度、全てが検出限界値未満でしたのでご安心ください。

リターンでの発送は最高級品Lサイズの1kg(個数で約12個)を箱に詰めてお送りします。

この写真は、曳地一夫さんが丹精込めて作った柿を廃棄していた時の写真です

曳地さんが今年作ったあんぽ柿


<実施スケジュール>

クラウドファンディング期間 4月30日〜5月30日

写真集完成 6月下旬予定 

リターン発送は写真集完成後になります

今後発売日までに、赤々舎サイトにて写真集ご予約も始まります。本のみをご希望の方はこちらでも御注文いただけます。予約が始まりましたらご案内します。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<応援メッセージ>

Coming soon!

<最後に>

写真家がプロジェクトの発表の形として写真集を出すことはとても重要です。1枚1枚の写真のみならず、全ての構成やコンテンツを考えに基づいて、本として編み上げた総体こそが、そのプロジェクトを表しているからです。

これまでの活動の中で、必ず写真展にきてくれる、必ず写真集を買ってくれる、プリント作品を買ってくれる、そのように応援してくださる方々が増え、そのことで私の作品は誰かに何かを感じさせるものがあるのだと実感することができました。個人の作家としてそのことが何より嬉しく、その方達のおかげでここまでやってこれました。クラウドファンディングで応援していただけるということは、一過性のものではないと思っています。今後も岩波友紀という個人の作家と一緒に作品制作の一端を共有していただきたい、そのような思いがあります。

今回皆さんのご支援で、この写真集を一緒に作り上げていただければ本当に嬉しいです。



  • 2021/05/14 11:01

    これまでご支援いただいた方々、本当にありがとうございます!皆様のおかげで現在のところ、目標金額の42%を達成することができました!目標に達するように今後も頑張っていきます。製作に関わる作業も同時に毎日しています。やることがたくさなりますが、焦らず確実に、良いものとなるように続けています!色見本...

  • 2021/05/02 16:02

    ご支援者の皆さま、スタートしてすぐのご支援をしていただきまして、誠にありがとうございます!個別にお礼の代わりで申し訳ありません、こちらにて皆様にお礼申し上げます。おかげさまで初日に目標額の20%を超えました!!クラウドファンディングでは公開から5日以内に達成率が20%以上になると成功率が約90...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください