ご挨拶

はじめまして。PARK DAYです。
2021年3月25日、大阪市淀川区にレンタルバスケットコートをオープンしました。

PARK DAY MAP

PARK DAY HP
PARK DAY instagram

コロナ禍という未曽有の状況ですが、大好きなバスケットボールを通じて、沢山の方の笑顔を与えられる場としてPARK DAYを色々な方に周知していただきたくために、クラウドファンディングを企画いたしました。

皆様のお力添えをお願い致します!


PARK DAY-streetball-とは

日本ではバスケットボールを行える場所は限りがあります。公園でも少ない方です。
バスケット人口が多いにもかかわらず、なかなか施設が増えない状況が続く昨今
自分達もいつもコートを探し、よりバスケットを気軽にできる環境を探していました。


そしてコロナという今までに味わったことのない不足の事態におかれ
様々な価値観を見直すようになり、「今自分達ができる事は何か?」と考えた時

「人と人との体験価値が心の豊かさの本質」

と考え、ならば自分達の好きなバスケットコートを作り
沢山のコミュニケーションが生まれる場所を作りたいと思い「PARK DAY」が誕生しました。


そして自分達がプレイして気分が高まる空間を作りたいと感じ
ストリートをイメージしたコートに仕上げました。



これまでの歩み・軌跡

私たちは50年以上続く老舗の飲食店を運営しております。
約30年前、洋食屋を先代が営みながら
ストリートバスケットコートを運営しておりました。

大阪の南港やアメ村、阿倍野と行った地域で運営しており
当時は子供から幅広くお集まりいただき、とても賑やかで笑顔が絶えない場所でした。

しかし、阪神・淡路大震災の影響から
全てのコートを辞めざるをえなくなってしまったのです。

「いつかまた」と常々考えていたのですが、

なかなか実現できずにその想いは膨らむばかりでした。


そしてこのコロナの影響を受け、とても苦しい状況の中
今だからこそコートを作り、人と人との繋がりを深めれる場所を
提供していきたいと感じ、今があります。


「バスケットコートがもっとあれば」と誰もが感じている状況が続く中
全くと言って良いほどその環境は作られていません。
ならば僕たちが率先して皆さんの想いをカタチにしていければと
思っています。僕は人生に於いてバスケットに心救われた事が沢山あります。

そのバスケットで沢山の人に笑顔を提供していきたいです。


資金の使い道・実施スケジュール

少しでも長く、
心地よく皆様に使っていただけるように。
設備費や管理費
コートの持続維持費用に充てます。
・返礼品製造、郵送費
・クラウドファンディング手数料(10%)



最後に

数あるプロジェクトの中、
こちらのプロジェクトを最後までご覧くださり本当にありがとうございます。

コロナウィルスの影響により様々な制限がかかる中で
少しでも沢山の方に心高まる環境を提供させていただきたいと思います。
正直、このコートをオープンするにあたり相当な覚悟が必要でした。

どうか皆様の温かいご支援をお願い申し上げます。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください