レベット・ファビアン・エロル(学校創設者/代表)

こんにちは、代表のレベット・ファビアン・エロルです。ページをご覧くださりありがとうございます。初めに自己紹介させて頂きます。パリ地域出身で東洋言語の学士号、そしてフランス、ベルギー、デンマークの機関で国際関係及びヨーロッパの政策修士号を取得した後、ヨーロッパ、韓国、日本で5年間外交に従事しました。 そして日本とアメリカにてMBAを取得した後、人々に寄り添う起業家として身を投じ始めました。 2020年の教育トロフィーのファイナリストであり、すべてに情熱を注いでおり、本校がフランス、日本、ヨーロッパの寛大で野心的で解放的でバランスの取れた見本としての顔となれば本望です。 生まれながらにして完璧主義者かつ心配性であり、経済的、社会的主要問題への解決策を提供し、行動し、助け、説明する必要性を心底感じています。家族の期待は計り知れず、より良い世界のために働くことは、すべての挑戦の中で最も優先される大切なことであります。

東京日仏国際学校とは?

本校は東京で唯一の日仏および日英プログラムを提供しているフランス政府認定候補校の国際教育機関です。優れた教育能力、公正な学費、透明性、少人数制クラスを備えており、ご家庭への配慮と子供の成長を保証します。日本初の高品質の教育かつ低価格な学費のために日本人のご家族からもたくさんのご支持をいただいております。
インターナショナル保育園・幼稚園・初中高等の教育機関として2019年1月から屋上を備えたスペースで学生を迎え、少人数クラスで実施される独自の包括的な日/仏/英バイリンガルのカリキュラムを通じて、子供たちが創造力に溢れた倫理的な個人になるよう教育しています。
2019年2月からは認可外保育施設として登録され、また、フランス政府とIB (国際バカロレア)の認定候補校(2019年10月)、LFITパートナーシップの候補校であります。

本校はCovid-19に対する衛生プロトコルを設け、一年中オープンしています。1歳〜2歳(両親が言語を決定)向けの3か国語対応の保育園、3〜11歳からは、「フランス語-英語」と「フランス語-日本語」のバイリンガル初等教育・中等教育、そして12〜18歳にも同様に高等教育を提供しています。 3歳〜6歳向けには、100%英語プログラムも設けています。また、2〜18歳向けにアフタースクールアクティビティ、語学コースなどを用意し、大人向けの講座も提供しています。東京日仏国際学校は、ご家庭が安心して経済活動をできるように、バイリンガルの少人数制クラスで幸福を追求した最高品質のフランス教育を提供します。

お陰様で設立より急速な成長を遂げており、1歳から9歳の日本人やフランス人、日-仏人、その他多国籍生徒を受け入れ西ヶ原キャンパスはすでに満員となっています。より多くの生徒を受け入れ、小学校から高校までの学校へとさらに成長し、一人でも多くのお子様に高品質のバイリンガル教育を提供する為に早急により広いスペースを必要としております。

そのため、是非皆様のご支援を賜りたく思っております。

設立からの歩み

設立から2年で日本人を含み22人のスタッフを雇い、お陰様で生徒の数も現キャンパスは満員となっております。本校は2020年2月よりいち早く新型コロナウイルスに対する衛生プロトコルを実施し、2020年4月のロックダウン中もクラスを継続した数少ない東京のインターナショナルスクールであります。皆様のご協力のおかげでコロナ禍で多くの子供たちが学習へのアクセスが断たれた中、高品質教育を提供し続けることができました。
また、本校はサマースクールをはじめとするホリデースクールの提供もあり、年中開放することによってご両親に安心してお仕事して頂いております。
そして本校の料金体制は他のインターナショナルスクールと比べ良心的であり、日本人家族に追加料金をお支払い頂く必要はございません。


教育学

フランス政府認定校となるため、また、日-仏人に奨学金を提供できるようするため、フランス教育省プログラムに基づいた独自の包括的なバイリンガルおよびトリリンガル教育を提供し、生徒一人ひとりのニーズに合わせ教育プランを設定しております。
フランス語バイリンガルプログラムには日本文部科学省のカリキュラムも含んでおり、一方でインターナショナルバカロレアのクラス形式をとっております。


保育園(1-2歳)では子供たちに料理、ガーデニング、音楽、歌、スポーツ、文化活動を提供し運動、個人衛生、自立能力などの発達を促しています。

幼稚園では重要な5分野(言語の他分野における使用/行動すること、自分を表現すること、身体活動を通して理解すること/行動すること、自分を表現すること、芸術活動を通して理解すること/世界を冒険すること/思考を構築するための最初のツールを構築すること)に基づきレッスンを組み立てています。
包括的な言語教育、アート教育、スポーツ教育、算数等を通じて子供たちの実質的な進歩を支えています。

小学校ではフランス語、現代語(外国語と地域)、芸術、音楽、芸術史、体育とスポーツ教育、市民と道徳教育、歴史と地理、科学と技術、数学を通じて生徒の抽象分析能力を高め、新しい知識を取り入れることで、思考を生み出し、倫理的な思考を促しています。このプログラムによって幼稚園で習得した知識を強化し、また、小学校から中学校への移行を支援しています。

そして本校では多種多様なアフタースクールアクティビティ(クッキング、仏語、英語、ギター/ウクレレ、アート、バレエ、ピアノ、バイオリン等)を提供し、子供たちの他分野での発達を支え、好奇心を伸ばしています。2020年の9月には日本初の東京国際日仏サッカークラブ「Hexagon FC」を発足し、クラブは現在北区の自治体に登録中であります。また、本校の生徒でなくてもご受講頂ける様になっています。

また、我々は日仏文化イベントを計画する等日本の市民、ルール、伝統を尊重しており、キャンパスが位置する北区の歴史の学習も大切にしています。ご年配の方をはじめとする近隣住民の方々との関係も大切にしており、一緒にフリーイベントやサポートを計画しています。


規模拡大ー日本の子供たちの未来のためにー

より多くの生徒を受け入れ、小学校から高校までの学校へとさらに成長し、一人でも多くのお子様に高品質のバイリンガル教育を提供する為に早急により広いスペースを必要としております。
1-2歳のお子様を迎え入れている本校の保育園は特に需要が高く、規模拡大が必須です。幼稚園以上の生徒たちを新たなキャンパスに移動させることで、非常に需要の高い保育園部門に40-50人を現キャンパスに受け入れることが可能となります。より多くの幼児たちをより静かなキャンパスで迎え入れることで出産後にご両親が仕事に戻れる環境作りに貢献したいと思っております。
新キャンパスでは200-500人の生徒を迎え入れ初等教育及び中等教育実施の場とすることを目標としており、現在本校は有力な日本人及び国際的なメンバーを含む理事会を設置し、学校法人認定を目指しています。
学校拡大のため借用契約(1.000平方メートル)、管理費/設備費、人件費、スクールバスのセッティング、広告費として皆様のご支援を承りたく思っております。
また、クラウドファンディングによってフランス、日本及びヨーロッパを繋ぐ就活機関やビジネス・文化機関、社会・地域を支援するシンクタンク、スポーツイベントを通じてヨーロッパビジネスを促進するP Rエイジェンシー及び日仏インターナショナルサッカークラブ、言語クラス及び職業訓練を発達させることができます。

スケジュール:

2021/10 借用契約締結
2021/12 ホームページ開設
2021/12 キャンパスオープン


SNSでの活動

SNSにて本校における日々の活動やイベントの様子を共有しておりますので目を通していただけましたら、また、フォローしていただけましたら幸いです。

Facebook:https://www.facebook.com/EcoleIntFRJP
Instagram:https://www.instagram.com/ecole.int.francojaponaise/
Twitter:https://twitter.com/EcoleIntFRJP


リターンについて

新校舎の生徒定員500人の3分の1の枠がご支援にご協力下さった方の関係者に提供されます。

10,000円:重要なイベントへの招待

100,000円①:重要なイベントへの招待、同意の上学内の記念碑へのご支援者の名前を刻銘

100,000円②:重要なイベントへの招待、お子様の東京日仏国際学校への入学

1,000,000円:重要なイベントへの招待、同意の上学校の入り口の記念額にご支援者の名前を刻銘、交代で15名によって行われる理事会への参加などさらなる特典

(*任意の金額に引き上げてご支援いただくことも可能です)
(*各イベントへの交通費、滞在費は自己負担となります)

最後に

最後になりますが、日本人に年中インターナショナル教育を提供することにおいて最高レベルであり続けたいと願っております。スタッフ一同より広いスペースに引っ越し、より良い教育を提供したいと切実に願っておりますので何卒ご支援を賜わりますよう宜しくお願いいたします。

○対応可能な言語

日本語/フランス語/英語

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください