はじめに

ー日本中で防護服が不足していた2020年4月19日、済生会中央病院の関係者から緊急要請があり、防護服支援プロジェクトは始まりました。要請の二日後には共同代表3人で活動を開始、4月27日には最初の300着の防護服をお届けすることができました。STAY HOMEが叫ばれる中、自宅でできる社会支援活動としてスタートして10か月。これまでに9万着を超える防護服を無償で提供してきました。


解決したい社会課題

ー医療機関向けの防護服は行き渡るようになってきましたが、高齢者施設・障害者施設でも防護服は必要であり、クラスターを防ぐためにたくさんの防護服が使用されています。
ー首都圏の医療機関向け支援は減少していますが、全国でみるとまだまだ防護服は足りていない状況で、無償で提供される防護服は多くの施設の安全を支えています。つい先日も長崎県で50以上の施設から防護服支援の要請があり、5000着の防護服を提供しました。
ー新型コロナウイルスとの戦いにおいて、日本中の人が助け合い、支えあうことでこの難局を乗り越える一助となるべく、防護服支援プロジェクトは活動を継続しています。

このプロジェクトで実現したいこと

ー全国のボランティア精神あふれる人々の「困っている人の役に立ちたい」という思いを受け止め、防護服支援という形で社会貢献するための手助けをこのプロジェクトは行ってきました。また各地の学校や団体で防護服支援の講演や作り方講習会を行って、老若男女を問わず、ボランティア活動を通じて社会に貢献する事の大切さをアピールしてきました。
ー高齢化が進む日本においては、人々が助けあい、支えあう事が大切です。特に地方都市においては助け合いの想いは無くてはならないものになっています。防護服支援プロジェクトに参加していただくことで、少しでもボランティア活動の大切さに目覚める人が増えてくれればと願っています。

ーこれまで個人や企業からの寄付で活動費用を賄ってきましたが、活動継続のために資材購入費を中心に200万円ほどの費用が必要になります。


応援メッセージ

ー新型コロナウイルスの感染が拡大する中、このプロジェクトに出会いました。防護服を一着一着作る過程は、自宅での在宅勤務・自粛生活の中で不思議と心が落ち着く時間です。なかなか会うことができない友人達とも、一緒に100着、200着、と制作目標を目指すことにより、新たな繋がりが生まれたように感じます。引き続き、製作者のひとりとしてプロジェクトを応援してまいります!       佐藤恭子

資金の使い道

ー資金の使い方

資材購入費:約140万円(約15000着分)
発送費:約20万円
事務局人件費:約30万円
手数料:約18万円 (9%+税)

実施スケジュール

ープロジェクト自体の実施スケジュール
既にHPは開設されており、活動は続いております。現状、手元資金で5月いっぱいの活動が可能ですが、6月以降も活動を継続するために1か月50万円程度の資金が必要です。

寄贈先

ープロジェクトで製作した防護服の寄贈先は以下の通りです。寄贈先については、先方からの支援要請によって追加になる可能性があります。その場合は、随時プロジェクトページにてご報告させていただきます。

長崎県、秋山脳神経外科、長津田厚生総合病院、京都武田病院、綾部さくらホーム、介護老人保健施設なでしこ、京都指月の郷、タケダ腎クリニック、ももやまの里・ふしみの里、京都ミモザの郷など。

<All-or-Nothing方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-or-nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターン

ー防護服支援プロジェクトからデジタル感謝状をすべての方にお届けます。
 ご希望者の方には、プロジェクト参加者限定のフェイスブックページへのアクセス権を開放します。


最後に

ー第4波が全国を襲う中で、防護服支援要請は全国から引き続き寄せられています。全国の感染拡大を防ぐために活動する1000人を超えるボランティアとともに、活動を続けていくことが今の日本には必要だと思います。このプロジェクトを通じて、助けあいの輪が日本中に広がっていくのを実感しています。皆様からのご支援をよろしくお願い申し上げます。

チーム/団体/自己紹介・活動実績など

ー防護服支援プロジェクトは3人の共同代表が、ゼロから立ち上げて、活動してきました。広告業、建設業、飲食業を本業とする共同代表3人がそれぞれの知見を持ち寄って活動をしてきました。ここまで大規模なボランティア活動を行ったことは3人とも経験がなく、毎週のようにリモートで打ち合わせをしながら推進してきました。また、気仙沼つばき会から始まったボランティアの輪は全国津々浦々に広がり、いまでは1000人以上の方にご参加いただいております。全国各地のボランティア精神あふれる皆様と共に活動しています。


  • 2021/05/16 15:51

    本当に最後のお願いです。防護服支援プロジェクトのクラウドファンディング、あと8時間ちょっとです。もう少しで220万円に届きます。何とぞよろしくお願い申し上げます。https://camp-fire.jp/projects/view/393234写真は昨年4月28日に気仙沼市民の方々が作ってくれ...

  • 2021/05/15 18:18

    防護服支援プロジェクトのクラウドファンディング、いよいよ期限まであと30時間となりました。明日16日の23:59までです。選挙ではありませんが最後のお願い(もう一回するかも知れませんが)となってきました。目標は達成したものの、少しでも多くの資材を団体ボランティアさんに送って簡易防護服を製作して...

  • 2021/05/14 14:59

    新たに3道・県に緊急事態宣言が発出されることになり、これで緊急事態宣言は11都道府県、まん延防止等は10県と全国の半分近くに出されることになります。高齢者のワクチン接種が本格化し始めた現段階では、とにかく高齢者への感染をいかに防ぐかが最大の課題と言えましょう。そんな中で高齢者施設、介護施設を中...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください