・ご挨拶

こんにちは。レーシングドライバーの名取鉄平です。

2020年度は HONDA 育成ドライバーの一員として SUPER FORMULA LIGHTS に参戦し、ポールポジション1回、2位1回、3位5回という結果でした。当然私はこの結果に満足することが出来ず、不完全燃焼のシーズンでした。

2021年度は既に TEAM UPGARAGE から SUPER GT300 への参戦が決定していますが、私の将来の目標は F1ドライバー になることです。カートを始めた頃から世界でたった20人しか走ることの出来ない F1 の魅力に惹かれ、日々レースをしてきました。

また、引退後のセカンドキャリアとしてもレーシングカートチームを立ち上げることも私のもう1つの目標です。最近では有望な若手、競技人口が不足していますが、積極的に若手育成に関わり、子供達に夢を与えて日本のモータースポーツをより良いものにしたいです。

その為、私が今やるべきことはステップアップを目指し、今シーズン SUPER FORMULA LIGHTS のシリーズタイトルを獲得することです。

今年度も SUPER FORMULA LIGHTS に参戦したく、スポンサーを募集しております。どうか私の将来の目標へのご協力をお願い致します。

・プロフィール

名前 名取鉄平(ナトリテッペイ)

生年月日 2000年9月11日(20歳) / 174cm 60kg RH+B

出身 山梨県

学歴 山梨学院高等学校 卒業

Eメール teppeinatori.911@icloud.com

・過去の戦歴

2008年 カート始める

2009年 APG CUP MINI CADET class シリーズ4位 / EXHIBITION RACE BRIDGESTONE SUBAR U CADET class シリーズ3位 / つま恋カートレース シリーズ2位

2010年 APG CUP YAMAHA CADET class シリーズ5位 / つま恋カートレース シリーズ2位

2011年 APG CUP YAMAHA CADET OPEN class シリーズチャンピオン(全7戦中6勝) / JAF ジュニアカート選手権 FP-Jr CADET 部門 シリーズ2位(全6戦中2勝)

2012年 APG CUP YAMAHA SS class シリーズチャンピオン(全8戦中4勝)

2013年 JAF ジュニアカート選手権 FP-Jr 部門 シリーズ4位(全6戦中1勝) / 鈴鹿選手権シリーズ YAMAHA SS class シリーズチャンピオン / CIK-FIA ASIA PACIFIC Championship FP-Jr class 優勝

2014年 JAF 地方カート選手権 FS-125 部門 シリーズ4位 / PETRONAS Challenge CUP シリーズチャンピオン(全10戦中3勝) / ROK by VORTEX CUP INTERNATIONAL FINAL 世界大会 6位

2015年 オートバックス全日本カート選手権 FS-125 部門 シリーズ6位 / CIK-FIA ASIA PACIFIC Championship X30 Challenge 優勝

2016年 オートバックス全日本カート選手権 KF 部門 シリーズ3位(全10戦中1勝) / 2016 Super FJ 日本一決定戦 3位

2017年 オートバックス全日本カート選手権 OK 部門 シリーズ3位(全10戦中3勝) / 2017 Super FJ 日本一決定戦 優勝 / SRS-Formula(鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ)主席 スカラシップ獲得

2018年 FIAF4 JAPANESE CHAMPIONSHIP シリーズ2位(全14戦中3勝) / オートバックス全日本カート選手権 OK 部門 シリーズ3位(全10戦中2勝)

2019年 FIAF3 CHAMPIONSHIP 参戦(最高位8位) / EURO FORMULA OPEN CHAMPIONSHIP シリーズ6位(優勝1回 / 2位1回)※スポット参戦

2020年 SUPER FORMULA LIGHTS シリーズ4位(2位1回 / 3位5回)

・雑誌掲載

MEN'S NON•NO 2021年3月号

Tarzan 801号

・レーススケジュール

  • 2021/03/12 13:29

    2021 SUPERFORMULA LIGHTS 鈴鹿オフィシャルテスト に B-Max Racing Team より参加させて頂きました。11日のセッション3のみの走行となりましたが、トップタイムで終えることが出来ました。去年の最終戦ぶりの SUPERFORMULA LIGHTS 車両でした...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください