こんにちは。

「サムタイム」応援プロジェクト発起人代表の長田龍二です。

1975年、東京・吉祥寺にオープンしたジャズ・ライブハウスの名店「サムタイム」。

訪れる観客はもちろん、スタッフ、ミュージシャンから取り引き業者に至るまで、多くの人に愛され続けてきた老舗ライブハウスです。

私も20代の頃から30年以上にわたり、「サムタイム」に通ってきました。
そんな「サムタイム」も全国のライブハウス同様、昨年から続くコロナ禍の影響で苦しい状況に立たされています。

そこで今回、「サムタイム」を愛する我々が中心となり、応援プロジェクトを立ち上げました。

「サムタイム」で素晴らしい時間を過ごしてこられた皆さん、その素晴らしさをこれから知るであろうみなさん。吉祥寺の文化の一翼を担ってきた「サムタイム」がこれからもスウィングし続けることのできるよう、お力をお貸しください。よろしくお願いします。

今では「住みたい町ランキング」上位の常連になっている吉祥寺。

そんな吉祥寺を作り上げた人物が「サムタイム」を立ち上げた故・野口伊織氏です。

まだ住宅地が主だった昭和40年代、吉祥寺のジャズ喫茶「FUNKY」で高校生ながらレコードをセレクトし多くのジャズファンを唸らせた彼は、以来、飲食店やライブハウスなど30軒を超えるお店を次々と立ち上げ、現在の街の礎を築きました。
中でも、彼自身もサックスを吹いていたことから、野口氏の手掛けたジャズ喫茶、ライブハウスは音楽ファン、ジャズ・ファンの心を掴み、日本中に広がるジャズ喫茶ブームの草分け的存在に。「サムタイム」も画期的なライブハウスとして脚光を浴び、オープン当初から多くのミュージシャンがそのステージで演奏を繰り広げてきました。

野口氏は惜しまれながら58歳の若さでこの世を去りましたが、「サムタイム」はその後も現店長の宇根裕子氏の下、発展を続けてきました。
「サムタイム」の素晴らしさは、数え挙げたらキリがありません。
一例をあげれば、ご自身もシンガーである宇根店長だからこそ出来るミュージシャンへのケアでしょう。苦しいこのご時世の中でも演奏者の苦労を労い、ギャラの保証はもちろん、まかないを出し、楽器運搬用に駐車場まで提供。「サムタイム」クラスのジャズ・ライブハウスで、これだけの気配りができるところはなかなかありません。

もちろん、気配りの対象はミュージシャンだけではありません。人気のステージともなれば、事前に予約をしていないとステージの見えない半地下の席へ通されるのは仕方のないこと。それでも、「サムタイム」では、前方の席が空けば即座に前の席を案内してくれるなんてことは当たり前。通っているうちに、思いがけずサービスの一品が出てきてびっくりした、なんて話もよく聞きます。そんな、観客に対しての細かな心遣いも、多くの人が「サムタイム」を愛する理由のひとつです。
「サムタイム」に関わる全ての人に「素敵な時間」を過ごし楽しんでもらいたいという思いから生まれる思いやり、”サムタイムからみなさんへの愛”が、素晴らしい演奏、素晴らしいサービス、素晴らしい料理の提供につながっているのだと思います。

「サムタイム」はすでに吉祥寺の文化になっているお店です。
そんなお店が今、苦しい状況に立たされている。
ならば、長年にわたって受け取ってきた”サムタイムからの愛”に、今こそ少しでも報いたい。
そう考え、今回の応援プロジェクトを発起しました。

「サムタイム」で素晴らしい時間を過ごしてこられた皆さん、その素晴らしさをこれから知るであろうみなさん。吉祥寺の文化の一翼を担ってきた「サムタイム」がこれからもスウィングし続けることのできるよう、お力をお貸しください。

そして今回のプロジェクトを成功させ、みなさんでまた一緒に素晴らしい時を過ごしましょう。

ぜひ力を合わせて今回のプロジェクトを成功させ、「サムタイム」を愛するみなさんでまた一緒に素晴らしい時を過ごしましょう。

よろしくお願いします。

  発起人 長田龍二


店長から

平素よりご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

2020年7月 サムタイムは開店45周年を迎えることができました。

これまでもバブルの崩壊や大きな震災、困難な状況も、皆様のご支援により何とか乗り越え、歩みを続けることができました。

心より感謝申し上げます。

この度の新型コロナウィルス感染拡大に伴う営業自粛要請以降、お弁当やTシャツの販売、現在の時短の営業でも、ミュージシャンが演奏をする機会を無くしてはいけない!出演料を少しでも渡したい!と、やれる事をやって前に進もうとしているところです。

しかし、この先が見えない戦いは本当に厳しく、どこまで維持できるかわからないのが現状です。

これまで、皆様のお力をお借りすることを躊躇して参りましたが、何とかこの場所とミュージシャンを守りたい!この一心でご支援をお願いすることを決心しました。

この業界のみならず、沢山の方々が困難な状況の中、大変心苦しいお願いではございますが、皆様のご支援を何卒お願い申し上げます。

サムタイム 店長 宇根裕子


資金の使い道

お寄せいただいたお金は必要経費(活動費、CAMPFIRE手数料、消費税ほか)を除き出演ミュージシャンのギャラとして、そしてライブハウスの維持に必要な経費として1円も無駄にすることなく大切に使わせていただきます。

なお、本プロジェクトはAll-inと呼ばれる方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

各リターンを選択いただいた方々には、プロジェクト終了後にメールにてご案内をお送りさせていただきますのでお待ちください。


リターン

個人

(1) 100万円:ミュージックチャージパス(1年間)
(2)   50万円:ミュージックチャージパス(半年間)
(3)   25万円:ミュージックチャージパス(3カ月)
(4)     5万円:ミュージックチャージパス(10回)
(5)     1万円:ミュージックチャージパス(2回)
(6)     5千円:ミュージックチャージパス(1回)
(7)     1万円:ドリンク券 10枚 + お礼メール
(8)     1千円:まかないを食べれる権 (1回)

ミュージックチャージパスをお選びいただいた方にはサムタイム名物のドル紙幣の伝票をモチーフにしたプレミアムカードを6月以降に郵送致しますので住所氏名を備考欄に記入ください。

【法人】

(9)   100万円:ミュージックチャージパス(ペア・1年間)
(10)   50万円:ミュージックチャージパス(ペア・半年間)
(11)   25万円:ミュージックチャージパス(ペア・3カ月)

【スペシャル】

(12) 100万円:夢のライブを叶える権(ジャズミュージシャンのブッキングから演出まで店長がサポートします)
(13)   30万円会場利用権(平日12:00-17:00までの3時間。商用の撮影、昼の演奏会などアイディアはご自由です。ご相談ください)
(14)    5万円:好きなジャズスタンダードを1曲歌か楽器でプロと演奏出来る権(演奏可能な曲目については応相談)
(15) 1.5万円:宇根店長にブランデー(Hennessy)のボトルをプレゼントする権+お礼メール
(16)    1万円:久保野マネージャーにスコッチウイスキー(Singleton)のボトルをプレゼントする権+お礼メール
(17)  5千円:アルバイトスタッフに「ご苦労様ビール」をプレゼントする権+お礼メール

【ノーリターン】

支援のみでリターンは希望しない

(18)    3千円(1口)+ お礼メール

※ミュージックパスは特別公演にはお使いいただけません
※ドリンク券は店内のメニューから全て注文いただけます
※領収書の発行をご希望の場合は、その旨を備考欄にお書きください
※法人向けパスはどなたでもお使いいだけます

このクラウドファンディングは発起人の長田龍二と株式会社 麦の共同プロジェクトです。


Come up and see me some time !



お問い合わせ先

SOMETIME(サムタイム)

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-31 B1F
電話:0422-21-6336
メール:sometime.crowdfunding@gmail.com
営業時間:12:00-21:00(無休)
URL:https://www.sometime.co.jp/sometime/index.html


  • 2021/05/24 21:35

    5月22日の毎日新聞の夕刊紙面に、サムタイムに出演いただいた中村恵介(tp)さんと宇根優子店長のインタビュー記事が掲載されました。コロナ禍で演奏を続けることへの想いや時短営業中の演奏風景が紹介されています。クラウドファンディングの活動についても書いていただきました。有料ですが下記リンクからバッ...

  • 2021/04/24 18:57

    皆様のご支援のおかげで公開わずか二日目にして目標金額の20%を達成することができました。早々のご支援本当に有難うございます。皆様の気持ちを無駄にすることのない様「サムタイム」の存続に向けて全力で踏ん張ります。お選び頂いたリターンはプロジェクト終了後に責任持ってお届けさせて頂きます。その際には再...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください