ご挨拶

私たちは日本一人口の少ない県、鳥取県で活動する社会人プロレス団体「鳥取だらずプロレス」です。

エンタテイメント、名物の少ない鳥取県でお祭りやイベント、老人ホームや小学校などでプロレスの試合を行っています。基本的に観戦無料で、プロレスを見るハードルを下げ、老若男女問わず楽しめるプロレス、そしてマニアもうなる試合を目標に活動しています。

2012年に道場を設立、旗揚げ戦を行い、現在までに約250興行を行ってきました。


このプロジェクトで挑戦したいこと

旗揚げ時は道場に1つのリングで練習、トラックもレンタルでほぼ収入と支出が一緒という状態でした。

その後 、トラックを購入しました。リングは現在、老朽化が激しく練習と試合に酷使するおかげで変形してきています。来年には10周年を迎えるにあたり、リングを新調したいと考えましたが、昨年は新型コロナウィルスの影響でほぼ試合ができず、収入がありませんでした。そこでこのプロジェクトを立ち上げました。


私が鳥取だらずプロレスを始めたきっかけ

大学生の時に、学生プロレスを始めました。卒業してもOBとして参加していましたが、大学側のNGで活動の場を移しました。その後、縁あって鳥取に移住し、鳥取だらずプロレスを旗揚げしました。

趣味で始めたプロレスはいつの間にかお客さんが付き、いろんなところに呼ばれて試合をするようになりました。そして鳥取県をプロレスで有名にする。という使命に行きつきました。

私たちは地位も名声もお金もいりません。ただ、鳥取県でプロレスを続けることに意味を見出しています。

資金の使い道・実施スケジュール

いただいた資金で低床6Mリングを製作いたします。

最後に

非営利でずっと続けてきました。これからも非営利で続けていきたいと思っています。

低床リングであればお子さんや高齢者の方もみやすく、楽しいプロレスをもっともっとたくさんお届けできると思います。ぜひご支援のほどよろしくお願いいたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください