はじめに・ご挨拶

ロックライター室矢憲治(ムロケン)さんのトークイベントのプロデュースをしている、小澤美幸と申します。

ふだん、レコード会社で法律まわりの仕事をしているのですが、ライフワークとして、室矢さん他、マネジメントのない音楽家の活動サポートをしております。


このプロジェクトで実現したいこと

廃校になった小学校音楽室で"Shool Of Rock"

3月27日14時~

旧清里小学校音楽室(現 八ヶ岳コモンズ)において、室矢憲治さんと、日本の音楽界ランナー達が、音楽の特別授業(トークとライブ)を行います。

生収録見学会(社会状況をみながら、キャパ50人の音楽室の50%まで入場可とする予定)と、後日収録動画の配信を予定。

1時間目:歴史 Woodstockから50年

2時間目:現代  今日を駆けるミュージシャン

3時間目:未来 コロナ禍の向こうの日本とアメリカ


《出演予定者》
●室矢憲治 MUROKEN:ロックライター

50年代東京生まれ、60年代ニューヨーク育ちの草分けロック・ライター。ビートルズUSツアー、ボブ・ディラン、ウッドストック、ラストワルツをリアル体験。以後、ビート、ヒッピー、パンクetc.世代を超えたロックの魂を、イベント、翻訳、評論、音楽活動を通じてメッセージ。『ニール・ヤング詩集』、『67-'69ロックとカウンターカルチャー激動の3年間』(河出書房新社)など著訳書多数。


●松本 淳 ドラマー

83年UGISSでデビュー。85年にTULIPにメンバーとして加入。その頃よりセッション活動を開始。これまでに渡辺美里、大江千里、藤井フミヤ、福山雅治、今井美樹、中森明菜、大塚愛、the brilliant green、Do As Infinity、ROLLYなど、数々のビッグ・アーティストと共演している。


●鎌田雅人 作曲家、編曲家、キーボードプレイヤー

茨城県ひたちなか市出身。2000年、作曲したhitomi「LOVE2000」で日本レコード大賞優秀作品作曲賞を受賞。作曲家としては、hitomi、KinkiKids、初田悦子らに楽曲提供。最近では、編曲家として、THE ALFEE、八代亜紀ほか、レコーディングに参加。音楽監督、キーボードプレイヤーとして、『I Love Musical Concert』、吉本芸人との即興コメディアンショー「THE EMPTY STAGE」を担当している。


●定塚遼 新聞記者。朝日新聞で音楽記事担当。深い知見と情熱をもって、歴史と国境を超えた音楽家の想いや功績を伝え続けている。

《プロデューサー》
●小澤美幸
メディア系レコード会社勤務。一級知的財産管理技能士。法務博士。ライフワークとして、マネジメントのない音楽家のをサポートしている。


プロジェクトをやろうと思った理由

音楽史の歴史的場面を経験し、時を刻むヒーローたちと交友関係を築いてきた、室矢憲治さん。その想いは、現代や未来を生きる人への愛そのもの。

世界はたくさんのことを乗り越えて、音楽は途絶えることなく、今がある。

だからこそ、室矢さんに賛同するミュージシャン・メディアマンと、開拓者の土地「清里」で、変わらぬ希望を発信したい。


これまでの活動

今日まで、室矢憲治さんのメッセージは、東京や、清里ほか、トークライブショーの形で伝えられ、友情と感動の輪を作ってきました。

小澤美幸プロデュースのものは、以下の通りです。

2019年10月:Woodstock Experience(清里 レストランROCK)

2020年3月:THE BAND Last Waltzから44年 卒業-ラストワルツ-という始まり(清里 レストランROBEN-SO)

2020年10月:ROCKIN'ON THE ROAD 愛しきロック・ヒーローたち(東京 本郷三丁目)

2020年11月:映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』公開記念(東京 新宿LOFT CAFE)


資金の使い道

・出演者費用

・会場費

・機材費・技術料

・著作権使用料

・リターン(厳選した清里の食をお送りします)


リターンについて

自然や音楽に並んで、食を誇る清里。

6,000円以上の支援につきましては、リターンとして清里の味をご用意いたしました。

●国内外の賞に輝いてきたレストランROCKの八ヶ岳タッチダウンビール。店舗より直送。

●清里を代表するレストランROBEN-SOの手作りピザ。店舗より直送。

●リピーター続出、食材を選ばないOLD AGEのドレッシング各種を、メイフェアより直送。


※3,000円コースを含む支援の際、メールアドレスを入れてくださった皆さまには、映像完成後、配信案内いたします。


実施スケジュール

2021年3月27日 本番

2021年4月 配信


最後に

予算ゼロで行ってきた、イベントシリーズです。

このたび、いただいたご支援は、すべて素晴らしいステージと、ミュージシャン、リターン品に、還元いたします。

また、余剰が出た場合は、次の室矢憲治トークライブショー経費に、持ち越させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/03/13 00:12

    はじめてのクラウドファンディング。時代の変化のなかでも変わらない一流音楽家の想いを届けるイベントを、なんとか成功させたい。そんな気持ちのもと、なかなか支援が集まらない、プロデューサーとしてのもどかしさですが、アーティスト自ら、宣伝してくださったり、お金を入れようかと言ってくださったり。それが、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください