皆様はじめまして、石原悠太と申します。私は東京学芸大学の学生です。この度は、本プロジェクトをご覧いただき誠にありがとうございます。最後までご一読の上、応援のお気持ちをいただけましたら大変光栄です。

 私は小学生の頃から、教員になりたいという思いを抱いていました。強く憧れていました。大学進学の際にも迷うことなく教育学部を選びました。東京学芸大学在学中に、Teacher Aideという学生団体に加入して「教員の労働」について学ぶうちに、私の教員への憧れが “別の何か” で覆い隠されるのを感じました。決して教員への憧れの気持ちが薄れたわけではありません。Teacher Aideの活動を通して、「子どものため」と朝から晩まで働き、心身を壊してしまう先生方のお話もたくさん聞いてきました。憧れの教職に就く夢を叶えた私の友人も、度重なる長時間労働から心身を壊し、休職しました。憧れて、夢を叶えたにも関わらず、今は苦しんでいます。

 教員の労働環境に関して、簡単には解決できない問題であるということは重々承知しています。しかし、私にできることが何かないだろうか。そんな思いから、多くの先生方にお時間をいただき、お話を伺いました。「月に120時間以上も残業(※)している。しかし、管理職には何も言われないし、自分がどれだけ学校にいるかも正確には把握していない。」このような声は、一人二人の先生からではなく、本当に多くの先生から寄せられました。そんな聞き取りをしている時、「教員の労働による公務災害の申請時に、総労働時間の客観的証拠の入手に苦労した」という話を耳にしました。この時思いつき、今回作り上げたものが、在校時間把握アプリ『Wormat(ウォーマット)』です。


 また、「他の先生方の授業や指導案を見て学びたいが、そんな機会がなかなかない」、「隣の学校ですら、どのような教育実践が行われているか把握していない」という声も多く聞きました。今は、コロナの影響もありSNS等で教育実践について発信されている先生方が増えました。その一方で、発信をしていない先生方も児童生徒に寄り添った素晴らしい実践をしていらっしゃいます。そんな実践が、共有されずにいるのはもったいないと考えるようになりました。全国の素晴らしい実践が共有され、各地で児童生徒に合わせた実践に変わり、また実践が共有され・・・そのような循環を生み出すことができれば、今よりもさらに良いものが生まれるのではないのかと考えました。そんな思いから、教育実践共有サイト『Liberus(リベラス)』を作りました。

(※) 基準の勤務時間を超えた部分を残業と表現しています。


① GPSで出退勤管理『Wormat(ウォーマット)』


 近年ようやく大々的に教員の労働時間が問題として取り上げられるようになってきました。

「自分がどれだけ働いているかわからない」、「タイムカードはあるけどきちんと使えていない」、そんな声に応えました。

▶︎ 位置情報から自動的に在校時間を記録し、週・月平均時間も算出してくれます。

▶︎ 必要なことは “スマートフォンを持ち歩く” 、ただそれだけ。

▶︎ iPhone、Andoroidの両方に対応していることも強みの一つです。


 4月に一般向けに無料公開いたします。



② 教育現場の“あったら助かる”にフォーカスしたクローズな会員制ポータルサイト
『Liberus(リベラス)』


『教育に特化した情報配信』

教員の知りたい、学びたいに応えます。

専門家によるコラム、教育現場の取材記事、教育ニュースを閲覧することが可能です。


『教育現場の業務書類の共有』

学習指導案や授業プリントなど、教育実践を発信、共有できます。

また、先生方は事務書類の増加に頭を悩ませています。

事務書類の “共有できる部分はしたいな” というものを、このクローズドなポータルサイトで実現します。


『さらなる情報のリクエスト』

今までなかった、「もっと知りたい!」をリクエストできる仕組みをご用意しました。

「私の授業を取材に来て!」や、「あのニュースをもっと深堀して!」などユーザーのニーズにダイレクトに応えていきます。

予定スケジュール
2021年4月 Wormat 一般公開開始
2021年7月 riberus 一般公開開始


今回のクラウドファンディングは、前回行なっていたものに引きつづき第二弾となっております。
前回ご支援いただいたことにより、上記アプリをリリースすることができます。ご支援いただきありがとうございました。

より多くの人に届けることができるように法人としてこのアプリケーションを運用していこうと考えております。
今回ご支援いただいた資金は、法人の運営費用にいたします。よろしくお願いいたします。



○ 3,000円 お礼メッセージ

 ご支援いただいた方全員にお礼のメールをお送りいたします。


○ 5,000円 お礼メッセージ、お名前掲載

 ご支援いただいた方全員にお礼のメールをお送りいたします。さらに、ホームページにご支援いただいた方のお名前を掲載させていただきます。(掲載に同意していただけた場合に限ります。匿名希望の場合はお礼メールのみとさせていただきます。)


○ 10,000円 お礼メッセージ、運営メンバーへの今後行なって欲しいことリクエスト   

 ご支援いただいた方全員にお礼のメールをお送りいたします。また、今後私たちにやって欲しいこと。実現したいこと。困っていることを教えてください。zoomもしくはメールにて教えてください。方法は別途メッセージにて調整。運営メンバーが実現に向けて方策を検討します。(希望者に限ります。)


○ 50,000円 運営メンバーへの今後行って欲しいことリクエスト、取材記事作成(限定10)

 今後私たちにやって欲しいこと。実現したいこと。困っていることを教えてください。zoomもしくはメールにて教えてください。方法は別途メッセージにて調整。運営メンバーが実現に向けて方策を検討します。(希望者に限ります。)また、取材をさせていただきたいと考えております。ご協力いただけた方のLiberusに込める思い、日々の実践などを記事にします。掲載は今回リリース予定のLiberusにて行ないます。

(公序良俗に反する場合、記事の掲載をお断りする場合がございます。)


○ 500,000円 広告掲載

 2021年4月、5月の間、Wormatのトップ1面(アプリ起動後、表示されます。)に広告を掲載します。企業様の商品広告や、プロジェクト広告などを想定しています。こちらをご検討いただける方は、事前にメッセージにてご連絡ください。記事が掲載可能かご相談させてください。
広告の入稿方法についてはメールでやりとりさせていただきます。
(政治活動、宗教活動、またはそれらにつながる広告、あるいは公序良俗に反する広告は掲載をお断りする場合がございます。)

 


 この二つのアプリを持って法人を設立いたします。皆様にご支援いただいた資金は2つのアプリケーションの長期的な運営に使用させていただきたいと考えております。本プロジェクトはAll-in方式で実施いたします。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けいたします。ご理解・ご協力をよろしくお願い致します。

リリース後の法人運営費:約50万円
手数料:約5万円

目標金額を上回った場合、新たなサービス開発費用といたします。



2021年

3月29日 クラウドファンディング終了

5月より順次お礼メールの発信などを行ないます。

取材させていただく方にはメールにて取材日程等の詳細を決めさせていただきます。

広告掲載、リクエストに関しても、詳細は別途メールにて調整いたします。


 最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

 新型コロナウイルス感染症の拡大は社会に大きな影響をもたらしており、今もなお、収束の兆しが見えません。そんな誰しもに感染のリスクがある厳しい状況の中で、教職員の皆様は自分の身を挺して未来を担う子どもたちのために、教育現場を支えてくださっています。

 どうか私にもお手伝いをさせてください。私なりの方法で、 “子供たちのために” 尽力くださっている『先生のために』に全力を尽くしたいと思います!応援とご協力よろしくお願い致します。


  • 2021/04/01 22:09

    みなさまお待たせいたしました!本日4月1日よりWormat(β版)がリリースとなります!ここまで辿りつけたのは、暖かいご声援とご支援をくださいましたみなさまのおかげです。本当にありがとうございました。▼Wormatの詳細はこちら▼https://www.educrew.jp/wormat▼ダウ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください