はじめに・ご挨拶

はじめまして!1歳8か月の男の子のパパです。

令和元年、何一つ不自由なく健康に生まれてきた息子ですが、生後8か月の頃、発熱が続き入院となりました。
診断は尿路感染症とのことで、症状も軽微でしたが、入院3日目の深夜、原因不明の心肺停止となり、29分の心肺停止後、無事に心肺蘇生となりました。
ICUに約1か月、一般病棟に半年程入院し、現在は在宅療養の下、家族3人で自宅で暮らしています。

プロジェクトをやろうと思った理由

息子は心肺蘇生後、低酸素性脳症による上肢機能障害・下肢機能障害、また体幹機能障害となり、現在は寝たきりの状態で、24時間呼吸器が必要な生活を送っております。
在宅医療での生活は間もなく半年を迎えますが、日常は大きく変化しました。

寝たきりで呼吸器が付いており、手足の屈折が難しい為、前開きの服が非常に有り難いのですが、市販のロンパースですと、体の成長と共にサイズアウトしていきます。
また外出時の服装に関しても、市販のデザインから選べる範囲が限られてしまう為、好みの服装を選ぶのは難しいのが現状になります。
私は元々ファッションが趣味であり、家族でお揃いのコーディネートを着るのが夢でした。


医療的ケア児、また同居家族は、自由に外出することは難しく、外部との関係が薄くなっていく現実があります。

また最近では新型コロナウイルス影響もあり、更に拍車がかかっている現状です。


今だからこそ、医療的ケア児、また同居されるご家族が明るく、ファッションを通して少しでも楽しい生活が送れるよう、医療的ケア児向けのオシャレなアパレルブランドを立ち上げたいと考えております。 


これまでの活動

退院後、大きく変わった日常生活になれるまで、オシャレとは無縁で、とにかく着せやすい服装を優先しておりました。
そんな中でも遠方に住む祖母より、外出用に既製品をリメイクした服を郵送頂き、重宝しております。

前開きの服装のイメージは以下となります。

↓↓↓



課題

・上下共に前開きのデザイン/サイズが少なく、服装が限られてしまう
・お祝い事等、晴れの日用の服装が無い
・家族でのお揃いのコーディネートが難しい

上記は、私達家族の一例ですが、体の状態によっては様々な課題があるかと思います。


解決策

・医療的ケア児専門のブランドを立ち上げ、上下共に様々なレパートリーのデザインを展開する

・利用者様の声を反映させ、体の状態によったデザインを作成出来るような仕組み作り


まずは自分たちが必要なデザインをベースに作成し、ご利用頂く皆様にご要望を頂きながら、体の状態にあわせたデザインを展開出来ればと考えております。


資金の使い道

ECサイト/ブランド作成/撮影費用:100万円
商品の作成/宣伝費用:50万円
その他手数料等:16万5千円


実施スケジュール

クラウドファンディング期間:2021年4月29日まで
ECサイト作成~商品の作成:2021年6月中
ブランドオープン:2021年6月~7月


最後に

医療的ケア児、同居のご家族様が前向きに明るく過ごせますよう、少しでも生活が豊かになるようなブランドを立ち上げたいと考えております。

どうかご支援の程、宜しくお願いいたします!


<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください