はじめまして、スポーツメンタルコーチングAthLead.代表の大迫慎太郎です。

1991年(平成3年)生まれ、普段は兵庫県尼崎市を活動拠点に、スポーツメンタルコーチ(MCS-JAPAN認定メンタルコーチ)としてアスリートや指導者、アスリートのご家族、ビジネスパーソンにメンタルコーチングを行っています。

選手としてのスポーツ経験は小学校から大学で引退するまで野球を、その後ゴルフに転向し、2019年にはアメリカロサンゼルスで修行、地方オープン(CaliforniaStateOpen、LongBeachOpen、LongBeachChampionship)に挑戦、帰国後JPDAドラコンプロのライセンスを取得。

現在も関西圏の競技に出場するなど、選手としても活動しています。


公式HP

インスタグラム

古くから“心技体”と呼ばれるように、スポーツにおいてパフォーマンスを上げるにはメンタル・テクニック・フィジカルを鍛えることが重要とされてきました。

時代とともに各競技の練習の多様化が進み技術レベルが上がり、トレーニング・栄養に関する情報の充実により昔と比べアスリートのフィジカルレベルもアップしました。

特にフィジカル強化に関しては今やパーソナルトレーニングが導入されるなど、昔のいわゆる“うさぎ跳び、手押し車、空気椅子”の時代と比べると飛躍的な発展を遂げました。

しかし一方でメンタル面に関しては未だ古くからの精神論•根性論が残ったまま、大半のアスリートはメンタル面へのアプローチができていないという現状があります。


私は平成生まれですが、小さい頃からスポーツをしてきて、“厳しい練習を乗り越えることがメンタルを強くする”という指導を受けてきましたし、“プレッシャー環境下で上手く動けないのは練習が足りないからだ”と言われてきました。

これが全面的に間違いだったかと言われると必ずしもそうとは言えないかもしれませんが、猛練習によって具体的にメンタルのどの部分が強くなったかというと答えることができません。

どちらかというと私の場合、”メンタル”よりも負けず嫌いという”性格”を作って頂いたという印象です。

大学野球部時代

他にも“集中しろ!”と言われることはあっても、実際に集中の仕方を教わったことなんてありませんでしたし、本当の意味での集中状態とはどんなものか教わったこともありませんでした。

もしかするとご覧頂いている皆様の中にも私と似た経験をされたことのある方もいらっしゃるかもしれません。


私は業界として未だ手付かずと言ってもいいこの部分が伸びることで、日本のアスリートレベルは確実に上がると考えています。

国内に留まらないような素晴らしいポテンシャル・技術・フィジカルを持っているにも関わらず日の目を見ないアスリートは数多くいます。

新型コロナの影響でキャリアの見直しを強いられたアスリートも数多くいると思います。

そんな選手をメンタル面からサポートし輝かせたい、少しでも上のステージで戦える選手を増やしたい。

そんな想いで2021年1月にスポーツメンタルコーチングAthLead.を立ち上げ、日々プロのスポーツメンタルコーチとして選手をサポートし、メンタル強化を普及させるべく活動しています。

まずは選手毎に強みと課題を整理し
成長をプランニング

しかしフィジカルトレーニングの発展の流れを見ると、“うさぎ跳び”がまだベーシックトレーニングとされていた1980年代から、近年のパーソナルトレーニングに発展するまで30年以上もの時間が経っています。

今のまま活動していてもスポーツ界全体に広めるには時間がかかり過ぎる。


そこで今回、何としても皆様のお力をお借りしたいのです。

今回はスポーツに携わる者として、スポーツ界全体の発展に向けた新たな挑戦をしたく、私の挑戦に対する想いをお伝えしたいと思います。

最後までお付き合い頂けると幸いです。

ロサンゼルス修行時
LongBeachChampionshipに挑戦

今回のプロジェクトでは

目標に向けて本気で取り組むアスリートに1年間無料でメンタルコーチングを提供(月3回12ヶ月間、別途実戦前後のミーティング)したい!

そして選手の成績を伸ばすことでメンタル面へのアプローチによる効果を示し、その重要性をスポーツ界に広めたい!

①選手のメンタルコーチング費用(実質的な選手のスポンサー様)

②スポーツ界へのメンタルトレーニング普及活動費用(外注での公式HPのSEO対策等リニューアル、広告宣伝、情報発信etc...)

③トレーニング設備導入費(脳波測定機、選手撮影カメラ)


以上を皆様からご支援頂きたく思います。

これが今回のプロジェクトで挑戦したいことです。

【概要】

本気で上のステージを目指すプロアスリート、本気でプロを目指すアスリートを募集し1年間無料でメンタルコーチングを提供
(月3回12ヶ月間、別途実戦前後のミーティング)

関西圏の選手は原則対面で、遠方の選手はZoomでのオンライントレーニングになります

アスリートにはSNS等を通じて一部広報活動にご協力頂きます

選手のサポート状況を随時HP、SNS等でご報告します
(守秘義務の観点から、可能な範囲でのご報告になります)

【今回のトレーニング提供対象】

・本気で上のステージを目指すプロアスリート

・本気でプロを目指すアスリート
 高校生•大学生可(高校生は保護者の方の同意が必要)

※条件として、既に技術面のコーチがいること、フィジカルトレーニングに取り組んでいることとします
※対象競技の制限はありません

頂いた支援総額に応じてサポート人数(32万円毎に1名、目標8名)を決定します。

支援者様が応援されている特定のアスリートへのトレーニング提供も可能です。
(事前に対象選手の同意と選手と私をお繋ぎ頂く必要があります、詳細はリターン内容をご確認ください)


なりたい”最高のプレーヤー”に近付くために
月•週単位の取り組みを一緒に作り上げていきます

私がプロのスポーツメンタルコーチになろうと思ったきっかけ、それはゴルフに転向後選手としてベストコンディションを作り臨んだ試合での経験からでした。

プレッシャー環境下で起きた一つのミスから感情のコントロールができずイライラ。それがまた次のミスを生む悪循環。結局何もできず終わってしまいました。

練習では順調にスコアが出ていて自信を持って挑戦した試合でした。


その後過去の取り組みを振り返っている中で気付いたのが、“メンタル面に対するアプローチをしたことがない”ということでした。

早速取り組むべくメンタルコーチを探しました。でもなかなか見つからない。私が望んでいたゴルフに強いメンタルコーチとなると尚更見つからない。探すことに本当に苦労しました。

しかし結局見つからず、最終的に行き着いたのがプロのメンタルコーチ育成スクール。そこで自ら選手としてのメンタル面のセルフコントロールやメンタルコーチングのノウハウを学びました。

実際にメンタル強化に取り組んでいく中でプレーの質が明らかに変わったこと、目標に対する意識や取り組み方が変わったこと、そして目の前のプレーだけでなくキャリア全体に目を向けられる力が付いたこと、
練習やフィジカル強化に取り組むことは言わずもがな大切ですが、メンタル面がパフォーマンスに与える影響の大きさを実感しました。


でも同時に思ったのが、自分の現役アスリートとしての限られた時間を見つからないメンタルコーチを探すことに使った時間がすごく勿体なかったということ。
そこが早く解決していればもっと自分のレベルアップのために時間を使うことができた。

ロサンゼルス修行時
日本人と欧米人のメンタル面の違いを痛感

実際、私と同じようにメンタル面に何か感じるものがあるアスリートはたくさんいると思います。
コロナ禍で自身のキャリアや目標を変更せざるを得ないアスリートもたくさんいると思います。

でもサポートを求められる人がいない。それなら私自身がコーチングできるようになればいい。

過去の自分のように多くのアスリートが貴重な時間を無駄にしないよう、上のステージに登っていけるようサポートする。そんな想いでスポーツメンタルコーチングAthLead.を立ち上げました。

そして私の想いにご賛同頂き応援してくださる方がいればと思い、今回クラウドファンディングを実施させて頂きました。


ちなみにですが、“AthLead.(アスリード)”という名前は、Athlete(アスリート)をさらに上のステージにLead(導く)する、そしてもうメンタル面で悩むのは終わりにしましょうという意味で.(ピリオド)を付けた造語でネーミングしました。

選手の”伴走者”として
タイムリーに試合前後のミーティングを行います

今回のプロジェクトでは、より効果を実証するために月初•月中•月末の月3回(1回60分)、選手が自ら自身の現状の取り組みとキャリア、メンタル面と真剣に向き合う習慣を身に付けられるようコーチングを行います。
(通常のコーチングでは月2回を基本としています)


・キャリア全体(セカンドキャリアも含む)のビジョン•目標•期限の設定•見直し、
 選手それぞれの成長をプランニング

・短期•中期•長期目標それぞれの達成に向けた行動•タイムスケジュールの設定•見直し•行動促進

・選手自身の情報の棚卸し(価値観•過去の成功体験•信念•モチベーションの源泉)

・プレーにおけるメンタル面の強みと課題の整理と強化トレーニング
 (感情コントロール•ゲームプラン•集中力•ゾーン•リラクゼーション•イメージ力 etc...)

以上をコーチングの大きな柱として選手をサポートします。

コーチングはマンツーマンで行い、必要に応じて実際の現場でのトレーニングも実施します。
加えて実戦前後にミーティングを行い、パフォーマンスの向上とアスリートとしての成長に繋げていきます。

プレー中の感情コントロールや集中力アップなど
現場でベストパフォーマンスを発揮するためのトレーニングを行います

プロアスリート2名のサポート後の声私は“メンタルトレーナー”ではなく“メンタルコーチ”です。
トレーニングを提供して終わりではなく、契約期間中はゲームの前後にミーティングを行い、目標達成に向けて“伴走者”として継続的にサポートしています。

また日々の活動では選手だけでなく、選手を支えるご家族、指導者、ビジネスパーソンへ向けたコーチングも行っています。 

指導者、ビジネスパーソンのサポート後の声

上のステージに行きたい、次のステップに進みたい、より良いサポート・指導がしたい等、それぞれの目標に対する意識や行動の見直し、実際に現場に出る前の“土台”の部分を大切にしたコーチングをしています。

私のメンタルコーチとしての長期的な目標は、メンタル強化をスポーツ界のベーシックトレーニングに成長させ、日本のアスリートレベルを引き上げることです。

そこに向かうプロセスとして、この1年で8名の長期サポート選手を抱え実績、サポート選手の成績アップで効果を示し、3年で今の私の主戦場であるゴルフ•野球界に“メントレ”を浸透させる、5年でスポーツ界に広く浸透させ【全てのアスリートが当たり前にメンタル強化に取り組む時代を作る】、この目標の達成に向けて日々活動しています。

プロメンタルコーチとしてのキャリアはまだ浅く発展途上ですが、昨オフからサポートした選手が今シーズン初戦から入賞、社会人アマチュア選手が競技で優勝するなど徐々に結果が出始めています。

遠方の選手、遠征中の選手には
オンラインでコーチングを行います

①選手へのメンタルコーチング提供費用(実質的な選手のスポンサー様)

②スポーツ界へのメンタルトレーニング普及活動費用(公式HPのリニューアル、広告宣伝、情報発信etc...)

③トレーニング設備導入費(フォーカスバンドという専門デバイス、選手撮影カメラ)


①ご支援頂いた資金を選手がトレーニングを受講する費用に充てさせて頂きます。
 つまり間接的、実質的に選手のスポンサーになって頂くという形になります。

ご支援総額が32万円毎に選手一名のサポートを予定しています。

【スポンサープラン】としまして、ご支援頂く金額に応じて応援されている特定のアスリートへのトレーニング提供も可能です。
(選手と私をお繋ぎ頂く必要があります、詳細はリターン内容をご確認ください)


また本プロジェクトはAll-in方式で実施します。ご支援総額が選手一名分に満たない場合も企画を実行し、リターンをお届けします。

②メンタルトレーニング普及のための広報活動強化のため、公式HPのリニューアル、広告宣伝等にご支援頂いた金額の一部を充てさせて頂きます。

③トレーニング設備の導入(フォーカスバンドという脳波測定機を用いたトレーニングと選手撮影カメラ)にご支援頂いた金額の一部を充てさせて頂きます。

【詳細】

選手へのトレーニング提供費 

  選手一名当たり年間32万円×人数(目標8名)
(同等のトレーニングを一年間行った場合の業界の相場は一人当たり約50万円)

HPリニューアル(外注、SEO対策)

   50万円

広告宣伝

   30万円

トレーニング設備導入(トレーニングデバイス、選手撮影カメラ)

   20万円

クラウドファンディング手数料、リターン費用

   10%+α

自己負担

   50万円

※イメージ等詳細は各リターンをご確認下さい




私の想いに最後まで目を通して頂きありがとうございました。


スポーツに携わる者として私の最終的な願いは日本のアスリートレベルを引き上げること、コーチとして夢を叶えるアスリートを数多く輩出すること、そして多くの皆様に活力を与えるアスリートを増やすことです。

そのために新しいアプローチとして業界として今まで手付かずだったメンタル強化というものを広めていきたい。

発展途上のスポーツメンタルコーチの挑戦に皆様のお力をお貸し頂きたく思います。

どうかご支援よろしくお願いします!



公式HP

インスタグラム



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください