はじめに・ご挨拶

 俳句バトル(俳バト)は2015年末より主にTwitterで楽しまれてきた競技です。2~4人の俳句に投票を募り、得票数の最も多い人が勝者となります。

 俳句と俳句を戦わせるという試みは「俳句相撲」や「俳句甲子園」に前例がありますが、誰もが投票権を持ち、その投票によってのみ勝敗が決まるという点は俳バト独自の面白さがあります。

 特に選手だけではなく、投票者も一体となって勝敗を見守る"緊張感"が、老若男女に広く親しまれる理由でしょう。

 今回はこの俳バトをより多くの皆様に楽しんでいただくために、競技環境の充実を図ろうと思い、クラウドファンディングを始めました。


プロジェクトを始めようと思った理由

 2018年頃まで、俳バト大会は年々人気を集めていました。しかし、参加者が増えるに連れて個人の努力による運営では継続が厳しくなり、運営を休止する又は運営を交代せざるを得ないという状況がありました。

 そのため2020年12月より運営体制を一新し、「俳バト運営」という団体を結成。複数人によって業務を分担する運びとなりました。

 それに伴って個人では難しかった大きなことに挑戦したいと考え、その第一歩としてクラウドファンディングを開始します。


俳バトの良さ

 これまでの俳句の楽しみと言えば句会や俳句イベントが挙げられますが、俳バトは以下2点の要素において、俳句を楽しみやすくなっています。

①手軽に楽しめる

 「俳句を並べて投票を集めるだけ」という簡潔な勝負だからこそ誰もが気軽に楽しめます。対戦を始めるために大きな準備が要らず、選句はボタン一つで終わります。

②俳句を詠まない人も楽しめる

 従来の俳句企画の問題点として、俳句を詠まなければ主体的に参加できないという点が挙げられたと思います。

 しかし、俳バトには投票があります。自分のお気に入りの句に投票し選手と一体となって勝敗を見守ることは、普段俳句を詠まない人が俳句に触れる機会として一役買うのではないでしょうか。


このプロジェクトで実現したいこと

 最も実現したいことは、俳バトの参加者を増やすことです。

 参加者とは選手と投票者を含めた呼称であり、参加者の増加は俳バトの発展、そして俳句の普及に欠かせない要素です。参加者を増やすための今後の活動、そして未来の展望については以下をご覧ください。

①競技性の充実

1-1、年四回の公式大会

 不定期開催となっていた公式大会を定期開催にします。

1-2、スイスドロー形式の導入(2021年1月大会にて実践)

 トーナメント方式を見直し、より実力の発揮される大会形式を導入します。

1-3、Eloレーティング*1の導入

 実力の指標となるレーティングを導入し、その上位者を掲載(ホームページを予定)します。

②公式作品集の発行

2-1、年一回の公式作品集

 俳バトの魅力を周知するため、作品集という媒体にも挑戦します。

2-2、編集部の設立

 作品集の編集業務を担う団体を設立します。

③システムの拡充

3-1、ホームページ

 大会の情報や過去大会の記録、その他連絡事項にアクセスしやすい拠点を作ります。

3-2、投票システム

 参加者が増えるとTwitterだけの投票では混雑してしまいます。より簡単に投票できる、より視覚的な投票システムを作ります。

④今後の見通し

 参加者が増えることにより、このような未来が想定されます。

4-1、非公式大会

 「俳バト運営」以外が主催する大会です。参加者が増えることによって多様なニーズが発生し、独特な大会が生まれることが想定されます。運営への申請をもって、レーティング計算の対象にします。

4-2、リアルタイム投票

 参加者が増えると、試合時間を10分などに設定した、より緊張感のある試合が楽しめると思います。ウェブ配信をしながら実況を付けて行うことも想定しています。

4-3、リアルイベント

 将来的には、会場を貸し切って行うイベントも開催したいと考えています。選手と観客ではなく、全員が参加者になれる俳句イベント、きっと楽しいことでしょう。


これまでの活動

2016年 1月 「第一回新春俳句バトルトーナメント大会~1%を掴み取れ~」参加者23名

2016年 9月 「第一回仲秋俳句バトルトーナメント大会」参加者24名

2017年 1月 「第二回新春俳句バトルトーナメント大会 」参加者30名

2017年 5月 「はつなつミニ俳句バトル」参加者25チーム30名

【運営を二代目に交代】

2017年 10月 「ながれぼし俳句バトル」参加者48チーム60名

2018年 4月 「第一回仮面俳句バトル」参加者47名

2018年 4月 「ながれぼし俳句バトル」公式作品集の作成

2018年 11月 「さざんか俳句バトル」参加者34チーム41名

【運営を三代目に交代】

2019年 10月 「秋蝶俳句バトル」参加者24チーム27名

2020年 3月 「春休み俳句バトル」参加者25チーム28名

2020年 8月 「なりきり俳句バトル」参加者20チーム25名

【運営体制の一新】

2021年 1月 「新春俳句バトル」参加者40チーム41名


資金の使い道

①運営予算

 主に人員の確保に使用します。デザインや広告など、多岐に渡り担当者を募集します。

②公式作品集の発行

 印刷や発送の費用として使用します。また、資金状況に応じて編集部に謝金を与えます。

③システム拡充費

 ホームページの作成や投票システムの開発に使用します。


リターンについて

①公式作品集

 俳バト編集部が作製する公式作品集です。主に対戦に関するまとめや名勝負の解説を始めとして、句評やコラムも充実させます。本クラウドファンディングはAll in方式のため、集まった金額に応じて規模や質を検討します。

②特別審査員の権利

 俳バト公式大会において特別審査員の権利が与えられます。ご自身の名を冠した賞を贈ることができます。2021年度に開催される大会のうち、一回の特別審査員を務めることができます。


実施スケジュール

2021年

4月 クラウドファンディング開始、ホームページ作成

5月 第一回公式大会の実施

9月 第二回公式大会の実施、新投票システムの使用

11月 第三回公式大会の実施、俳バト編集部の設立

12月 公式作品集の制作開始

2022年

1月 公式大会の実施

4月 公式作品集の完成、販売


最後に

 本企画について魅力的だと感じた方、是非ご支援をお願いします。共に俳バトを普及し、誰もが俳句を楽しめる世の中を作り上げていきましょう!


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください